営業求人に関するコラム一覧

営業求人に関するコラムの一覧が掲載されています。営業求人に興味がある人の参考になるように、この職業の経験者や現在も就業している人がコラムを書いてくれています。経験者ならではの営業求人に関するコラムをぜひご覧になってください。

営業が上手い人の特徴とは?今すぐ真似したい5個のポイントを紹介します

営業マンになったはいいけど、ノルマが達成できない、伸び悩んでいる、という人も多いのではないでしょうか。小手先のやり方は色々ありますが、根本的な問題から改善した方が、数字につながるかもしれません。営業が上手い人の特徴を参考に、今すぐ改善に向かえる余地はないかを検討してみましょう。営業の仕事内容についておさらいしておこう営業は自社そのもの、または商品やサービスを売る、契約を取り付けるのが仕事です。店などで物を売るのとは違い、購入意志が明確ではない人に対して意欲を掻き立てねばならず、なかなか骨の折れる仕事です。顧客との信頼関係の構築ができるかどうかが、重要なポイントといえます。営業が上手い人の特徴9

営業のコツで知っておくべき15つのコツ。某企業で法人営業統括を務めた私がすべて明かします

突然ですが、皆様は「営業」という仕事に関して、どのような印象をお持ちでしょうか?営業職の経験がない方だと、テレビドラマなどの影響もあり、ノルマが厳しい、過酷、大変な仕事などのネガティブな印象が強い方が多いように感じております。営業という一言で表現されますが、法人向けの営業、個人向けの営業など営業対象によっても異なりますし、飛びによる新規開拓営業や、既存客向けのルート営業など営業形態によっても大きく異なります。営業とは簡単に言うと、顧客に自社のサービスや製品の購入を促し、契約・受注を取り付ける仕事ですが、売るもの、売り方、相手先によって全くと言っていいほど内容が異なってきます。ここからは営業の詳

女性が営業で活躍するための6つのコツや、得意な人の4つの特徴

現在は男女平等の時代です。昔は男性が営業というのは当たり前の時代ではありましたが、女性が営業というのは中々ありませんでした。強いて言うなら生命保険の営業職くらいというイメージしかなかったでしょう。今回は女性が営業で活躍するためのコツとは何かをお伝えさせて頂きます。営業の大まかな仕事内容営業の大まかな仕事内容をご説明致しましょう。そもそも営業とはお客がお求めているけど当人は気が付いていない、会ったら役に立つというのもを提供していく仕事になります。保健や備品のセールスなんかがそうですよね。セールスというとあまり良いイメージはないかもしれませんが、ニーズに合わせた戦略によってお客さんが購入してくれる

営業コンサルタントの仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

みなさんは、「営業コンサルタント」と聞いてどのような業務を思い浮かべるでしょうか?「コンサルタント」と聞いたら、アドバイスする人・経営を立て直してくれる人…様々なイメージがあると思います。「コンサルタント」と一言で言っても、その種類や業態は様々です。どのような領域を担当するかによって業務内容はもちろん変わっていきます。しかし、共通しているのは「コンサルタント」は、困っている人のアドバイザーということです。今回は、そんな困っている人のアドバイザーである「コンサルタント」の中でも、“営業”に特化している「コンサルタント」の仕事内容を、主に3つに分けてご紹介します。少しでも「コンサルタント」という職

商社営業の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

商社営業と聞くとかなり仕事ができそうなイメージですよね!ドラマのようなスーツをぴしっとしてアタッシュケースを持ち、かっこよく客先の会社へ行きプレゼンをして商談を決めてくるというイメージ。私自身も学生の頃はそんな印象を持っていました。だから、そんな商社営業マンにもなりたかったですし、まだ商社営業マンにはなれないとも考えていました。そして、学生の頃より社会経験を積んだ今は商社営業の実態を分かってきました。だから、今回は商社営業の仕事内容についての話をしていけたらと思います。商社営業の仕事は大きく3個の役割に分けられる販売先の営業これは鉄板・鉄則です!商社とか関係なく営業と名のつくものは常に販売先に

営業経験を活かせる仕事おすすめ7選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

営業の仕事を経験した人、今営業をしていて将来のキャリアアップに活かせないか考えている人は少なくないと思います。営業の仕事ができたら色んな場面に活かせると営業職の人から言われたことがある人もいるかもしれません。ただ、実際に営業経験がどういう仕事に活かせるのか、営業経験を活かして転職ができるのかなど具体的な話を聞いた人は少ないかもしれません。今回は、営業経験を活かしてできる仕事について紹介します。営業職で働いていて転職を考えていたり、営業職を辞めて違う仕事を考えている人など参考にしてもらえたら幸いです。営業経験を活かせる仕事ってどんなもの?まず、営業職として働いて得られるスキルはどういうものかにつ

営業が楽しいと感じる8個の理由やシチュエーション!これで皆も営業が好きになる!

営業の仕事はノルマに追われるイメージを始め、あまりポジティブな話を聞かない職種、と思われる方も多いでしょう。しかしながら、この仕事には実際に従事してみると「楽しい」瞬間もたくさんあります。今回は私自身の経験をもとに、営業が「楽しい」と感じる理由やシチュエーションについて、いくつか紹介していきます。営業のおおまかな仕事内容とは?まずは営業職の仕事をおおまかに把握しておきましょう。営業職はその名の通り、商品・サービスや会社そのものを「営業」することが職務とされていますが、その方法や手順、求められる結果などによってさまざまな分類が存在します。たとえば、一般的に営業職といえば「外回り」をしているイメー

営業が大変だと感じる5個の瞬間とは?大変だけど楽しいポイントも紹介します

文系科目を卒業した新卒者を中心に人気がある営業職。会社では花形と呼ばれることもある職種ですが、大変なことも数知れず。今回は営業職の大変だと感じるポイントと楽しいと感じるポイントについてご紹介していきます。営業職を希望している学生さんや未経験だけど挑戦してみたいと転職を意気込んでいる方はぜひ参考にしてください。営業職の基本についておさらいしよう営業先の違いについてB to BやB to Cという言葉を聞いたことはありませんか。簡潔にいうとB to Bは客先が法人でB to Cは客先が一般消費者ということです。例をあげて考えると、メーカーはB to B、保険会社はB to Cのイメージが強いですね

新卒で営業をやるのがおすすめな6個の理由。でも入社後に誰しもがぶつかる壁があった!乗り越え方も紹介

就職を考えている学生の皆さん。就職といっても漠然としていて、自分がどんな仕事に就きたいのか決めかねている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな貴方に、この記事では営業職の魅力についてお伝えします。営業といえば、何となく「キツそう」という印象があると思います。正解です。ノルマや上下関係、取引先との付き合いなど、学生の頃に経験したことのない面倒なことが沢山あります。ですが、そもそもキツくない仕事なんて存在するのでしょうか?事務職、企画職、管理職、人事職、どんな仕事にもその仕事なりのキツさがあり、面倒なことがあります。営業職は配属される人材が多く、そのため必然的によく声が通ります。でも、どんな

営業辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

営業の仕事って楽しいと思いますか?それとも営業の仕事は辛い、大変だと思いますか?営業の仕事は、色々な人に出会えたり、刺激のある毎日を送れる仕事です。給料も他の職種に比べると稼げる率が高いとも言えます。給料をたくさん欲しい人やチャレンジ精神の多い人など一度はやってみたい仕事かもしれません。ただ、営業の仕事は未経験者でも始めれますし、イメージしているより楽しい仕事です。しかし、営業の仕事であっても辞めたいと思うことは少なくありません。どの仕事でも何かしらのタイミングで辞めたいと思うように営業の仕事でも辞めたいと思うターニングポイントがあります。今回は、実際の営業現場において辞めた理由や辛さなどを紹

内勤営業でやりがいを感じる6個のポイント

営業職は外勤営業と内勤営業の2つに分類されます。内勤営業はいわゆる「スーツで外を歩き回る」一般的な営業のイメージとは違い、会社の内部で来店されたお客様に対して営業活動を行う仕事です。今回はそんな内勤営業のやりがいについて紹介しますので、内勤営業への就職や転職をお考えの方は参考にしてください。内勤営業の仕事でやりがいを感じる6個のポイント内勤営業と外勤営業の違いは、お客様を接客するのが社内か社外かです。社内で接客する内勤営業は、サービスや商品を購入する気でいる意欲の高い顧客に対して、商談を成立させやすいというメリットがあります。反面、ゼロから顧客とのパイプを作り上げていく事は苦手としています。直

広告会社営業の給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

広告会社に就職したいという人は多いと思いますが、実際に業界に飛び込むとなると、お給料の相場が気になるところです。そこで広告会社の営業職の平均的な賃金事情と、入社後、高待遇を得るコツをご紹介していきます。広告会社営業の給料の相場はどのくらい?広告に関わる会社には、電通や博報堂などTVメディアなどにも関わる大手広告代理店では給料も高くなる傾向にありますが、一般的な広告会社の場合、それとはかなり格差があり年収にして300万円以上〜400万円未満の条件で働いている人が一番多いのではないかと言われています。正社員で新卒入社した場合新卒で広告会社に正社員入社した場合、おおよそ20万円前半からのスタートとな

営業辞めたい女性の4個のよくある理由とそれの対策とは?

営業職といえば、特に女性にとってはなりたい人気職No1とは言えない、どちらかというとネガティブな印象を持たれがちな職種です。しかし、具体的には一体何がそんなに嫌で、みなさんは営業を辞めたいと思うのでしょうか?今回は、よくある営業職を辞めたい理由と、そんなときの対応策をご紹介します。営業を辞めたい女性の4個のよくある理由とは?営業をやりたくて営業のお仕事をやっている方、また、本当は営業を志したわけではないのに、営業職に配属された方など、営業をしている女性にはいろいろとご事情があると思います。どんなお仕事でもそうですが、楽しいこともあれば辛いこともありますよね。今回は、特に営業のお仕事が難しい!辛

営業の人間関係でよくある3個の悩み。皆さんの周りではこんなのありませんか?

営業という仕事は、自分の会社で扱う商品を提供するだけではなく、自分自身を買ってもらう仕事です。人間関係はバランスが重要になり、仲良くなり過ぎると利益が下がってしまうし、お客様のお誘いを無下にすることも出来ません。メーカー様やパートナー会社様とも同じですが、どこかに連係ミスが生じた場合のために、ある程度の距離感でお付き合いをしないと言いたい事が言えなくなってしまいます。そんな誰しもが経験したことがある営業の悩みと解決法を考えていきたいと思います。営業の人間関係のよくある3個の悩みとその解決方法とは?お客様の御用聞き問題営業という仕事をしていく上で、私たちはお客様の新規獲得をしなければなりません。

飛び込み営業にコツはあるの?経験者の体験談を元にお教えします

営業をしている方、営業をしてみようと思っている方、どちらの方も、営業にコツがあったら知りたいと思いませんか?今回は、飛び込み営業にコツはあるのか?経験者の体験談を元にお教えします。私が経験した飛び込み営業の失敗や成功体験私は、今まで数多くのお客様の所へ飛び込み営業をしてきました。その中には、失敗した事も、成功した事も沢山ありました。幾つか私が経験した事をご紹介したいと思います。飛び込み営業の失敗談扉をノックして開けてみてビックリなんて事は飛び込み営業では、よくある事です。ドキドキしながら、開けたら倉庫だったり、事務所の中が深刻な打ち合わせ中だったり、そんな中でも一番は、開けたらカブトムシの飼育

営業アシスタントの仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

営業アシスタントという職種をご存知でしょうか。もちろん聞いたことがあるという人も多いと思いますが、今回は意外と知らない営業アシスタントの仕事内容について、お伝えしたいと思います。営業アシスタンとはどんな仕事?営業アシスタントと聞くと、営業なの?アシスタントなの?と迷ってしまいそうですが、募集されている営業アシスタントの多くが、営業スタッフのアシスタント業務を行います。言わば、営業スタッフをサポートする「縁の下の力持ち」という言葉がぴったりの職種です。ただし、一言でアシスタントと言っても、会社の重要な売上げを左右する営業スタッフのサポート業務なので、細かい事務作業はもちろんですが、外部の顧客対応

営業スキルを上げるためにやるべき10個の事やおすすめの方法を経験者が教えます

今回は、営業スキルをアップさせるためには、どんなことを実践すればよいのかを解説していきます。営業スキルを上げるためにやるべき10個のこと商談の内容はすべて記録しておくこれは、スキルアップの方法のなかでもとりわけ重要なタスクになります。私自身、売れていない時代は、商談の記録をろくすっぽとっておらず、いつも場当たり的に、営業をしていました。売れる営業マンは、どの時期にどんな内容でお客さんに電話するか訪問するかをすべて管理しています。これは前回どんな会話をしたのかを記録しているからこそできること。記憶に頼るのは得策ではありません。営業の仕事では、たまに初回の訪問で受注できることもありますが、最初の目

営業向いてない人の5個の特徴と逆に向いてる人の特徴は?営業として成長するか、自分にあった他の仕事を見つけてみましょう

営業職と聞くと会社の花形部署だというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。求人の募集も多く、文系学部出身の学生の多くは営業職へ配置されることが多く、一見誰でもできて、稼ぎも良いというイメージですが、かなり大変な職種です。今回は、そんな営業職に向いていない方と向いている方の特徴についてお話ししたいと思います。営業の大まかな仕事内容営業職は会社の取引先である顧客との取引窓口をする仕事です。BtoBもBtoCも会社によってはあります。そして営業方法にも種類があり、新規開拓営業とルート営業というのが主な営業方法です。新規開拓営業では、今まで取引をしたことがないお客様との商談になるため、テレフ

新規営業が向いてるのはどんな人?8個の特徴や適正、特にあると重宝するスキルとは?

新規営業という言葉を聞くと、難しい仕事なんじゃないかって身構えてしまいますよね。営業に携わっていた事がある方なら、経験やノウハウを活かした方法で契約を結ぶ事が出来るでしょう。ここでは営業をした事がない方や、新規営業に対する考え方をより深く理解して頂く為に、向き不向きやスキルについて少しでも不安を払拭出来る様に紹介していきます。営業とはどんな仕事?会社を成長させる為に、自分の勤めている会社の扱っている商品やサービス・技術を相手先に売り込む仕事です。新規営業の大まかな仕事内容会社が調査して顧客になりうる顧客リストを基に営業をかけ、自身の勤めている会社の商品やサービスを理解し、相手が納得のいくような

営業辛い…と感じる10個の瞬間とその乗り越え方

営業の仕事って辛い部分が多いですよね。私も経験があるので少しでも皆様のお力になれると嬉しいです。それでは、私の経験も交えながらお話していきたいと思います。営業職のおおまかな仕事内容とは?営業職とは自社で扱っている商品や技術、情報、サービスの購入を相手先に促し、売買契約を結ぶ業務のことを言います。営業の仕事がきついと言われる10個の理由とは?営業職を初めて経験した人の中には、きつくて辛いという想いが強く残る人もいるようです。営業職で入社すると、毎日新規開拓の為の情報収集や、自社の特徴をより理解する為に、外回りのとき以外は遅くまで社に残り勉強するなど、やるべきことが多く、その結果、精神的・肉体的に

人材紹介の営業に向いている人の5個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

人材紹介の営業ってどんな仕事?飛び込み営業やったりするの?皆様の疑問にお答えします!現役で転職エージェントに在籍する筆者が、今回は人材紹介の営業について書かせていただきました。大まかな仕事内容から、人材紹介の営業に向いている人の特徴、その後のキャリア、そこから学んだことや人材紹介の営業のすべてをお伝えします!人材紹介の営業はどんな仕事?人材紹介とは、「優秀な人材を採用したい企業」と「転職をしたい人」の仲介役を行っています。人材紹介の営業は、「優秀な人材を採用したい企業」を担当する仕事をしている人たちを指します。ちなみに、「転職をしたい人」を担当する人たちは、キャリアコンサルタント、もしくはキャ

営業がきつい…と思う人の5個の理由と乗り越え方

会社の「花形」ともされ現場では中心的な存在である「営業職」。しかし高いレベルに設定されることの多いノルマ・目標や、働き方次第では労力の割に稼げないといったネガティブなイメージも根強く、営業職に興味があっても一歩踏み出せないでいたり、もしくは現在営業職として働いていて想像以上のきつさから転職を模索している人もいるでしょう。今回は現在営業職として働いている私自身の経験や職場で同僚や先輩から聞いた話などをもとに、営業の仕事がきついと言われる理由やその乗り越え方をいくつか解説していきます。それでも私が営業職を続けている理由も最後に紹介しておきますのであわせて確認してみてください。営業のおおまかな仕事内

営業の女性が転職するなら!向いている仕事3個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆さんは女性の営業職というと、どのようなイメージを持っているでしょうか。スーツを着てバリバリ働いているキャリアウーマン?しかし、他にも女性が活躍できる営業はたくさんあるのです。今回は、女性の営業という観点から、様々な営業職をご紹介していきたいと思います。営業の女性が向いている仕事3個の特徴とは?営業といっても、広い意味で言えば、接客・販売のような店頭の営業から、保険のような外交員、新規の飛び込み営業や既存のルート営業など、まさに様々な営業形態があります。一言で営業といえば、スーツの男性が汗だくで外を回り、たくさんの方と名刺交換をしているような印象をお持ちの方も多いと思いますが、意外とそうでもな

営業のサボりってどう?癖になるからサボりをすべきじゃない5個の理由

皆さんは営業の仕事と言うとどのようなイメージがあるでしょうか。ノルマとかしんどいとかあまり好印象でない職種に思えます。また公園とかに日中行くと休んでいるサラリーマンや車の中で休んでいるサラリーマンを見かけたこともあると思います。その休んでいるサラリーマンの多くが営業の可能性が強いです。そう営業は他の職種と比較してサボることができやすい仕事でもあります。ここでは営業職ならではのサボりについてお伝えしていきたいと思います。営業の仕事ってサボりやすいの??営業の仕事は就労している企業の商品を別の企業だったり個人に対して売っていく仕事です。これだけ聞くと販売業と似ていると思うかもしれませんがその内情は

営業の給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

営業の給与相場はどのくらいで、どのように決まっていくものなのでしょうか?営業といえば、毎月のノルマが大変で、汗をかきながら努力をしているイメージがあるかもしれません。しかし、広く言えば、接客業やコンサルタントも営業ですし、会社の社長も自社を売り込む営業です。今回は、知っているようで意外と知らない営業の給与相場や、どのように給与アップに取り組むかをご紹介していきます。給料相場についてはもちろん会社によって大きく変わりますが、あくまでここでは一般論についての解説になります。営業の給料の相場はどのくらい?営業のお給料の相場というのはどのくらいなのでしょうか?そもそも、営業と言っても、広い意味でいくと

営業コンサルタントが向いている人の8個の特徴や必要なスキル・適性とは?

営業コンサルタントという仕事は取っつきにくく、それを本職とする事は難しいハードルの高そうなイメージだと思いますが、そもそも営業コンサルタントそのものの資格は明確には定義できません。つまり「自分は営業コンサルタントだ!」と声高々に宣言すれば、その人は営業コンサルタントだという事になります。どうでしょうか?これで一気にハードルが下がったのではないでしょうか?誰でもなれそうで、なれない営業コンサルタントという仕事をわかりやすく解説していきます。営業コンサルタントとはどんな仕事?まず、最初に営業コンサルタントとはどんな職業でしょう?コンサルタントと付く職業には種類が沢山有り、一般的に良く知られているの

営業辞めたい人の4個の理由とその乗り越え方。他の仕事から営業に転職した「現役営業マン」が体験を元に解説!

現場での花形業務でありどんな業種・業態の会社でも欠かせない存在である「営業職」。社内における営業職社員のポジションは非常に重要なものであり、外回り営業に奔走する姿にはかっこよさも漂います。今回は私自身の経験から営業職に従事する中で直面しがちないくつかの問題をとりあげ、またそれにどのように対処していったかを紹介していきます。営業の仕事内容とは?営業職の仕事を簡単に説明すると「お客様から契約をいただく」ことといえます。実際は営業の仕事は一言で表すことができないほど非常に細かく分類することができ、顧客の性質による分類、顧客との関係性からの分類、契約形態をもとにした分類などがあります。それぞれの呼称や

人材派遣営業の仕事内容と6つの業務。経験者が教えます!

人材派遣の営業の仕事内容はどうのようなものか、私の人材派遣での営業の経験を踏まえご紹介していきます。私がしていた人材派遣の営業は、建築現場や土木現場などに施工管理や、CADオペレーター、事務などを派遣する会社の営業でした。基本的なことは、他の派遣会社の営業と同じだと思います。ですがあくまでも参考までにしていただければと思います。人材派遣営業の仕事は大きく6つの役割に分けられる人材派遣営業の仕事の役割1:電話営業私が働いていた人材派遣の営業では、自分で営業する会社をネットや電話帳からピックアップし、そこへ電話をしていました。事務の人が出て繋がらない時は、事務の人がいない時間帯を探すために色んな時

営業未経験でも営業の仕事に転職できる?おすすめの業界と注意したほうが良い6個のこと

今の職種から転職を考える方は様々な理由がありどういった仕事に決めてよいものかと悩む事も多くなりますが、営業職を目指そうという方も少なくありません。自分の売り上げなどによっても収入が違ってきますしやりがいなどを感じる方も多いのではないでしょうか?また、話が好きな方なども営業職への転職を一度は考えることが多く、どうせ働くのであれば稼いだ方がいいという理由から営業の世界へ飛び込むという人も増えています。昔から営業にはノルマがきつい・残業だらけなどといった悪いイメージもありますが、労働の環境は大きく変わろうとしています。残業に対しても厳しい監視の目などがありますし昔ほど厳しいノルマというものもなくなり

営業の転職で年収アップ出来るかはここで決まる!元転職エージェントが教える「成功する人・しない人」

営業の転職で年収アップ出来るかはここで決まる企業が営業活動をする最大の目的は「今以上に利益を出すこと」…所謂「数字を上げる」ことが最大のミッションです。当然といえば当然の話ですね。昔は独り勝ちをして渡り歩く一匹狼営業がこのミッションをクリアしていました。でも今は利益を出したからと言って決してよい営業活動とは言われません。コンプライアンス、CSR、ガバナンス等、企業という組織単位が評価されます。個々がどんなに利益を出していても組織が連動していないと社会的評価はありません。組織の中で仕事をする以上、その組織に沿って、その組織の仲間と協同で実績を積み上げることが求められます。チームマネジメントとも言