介護求人に関するコラム一覧

介護求人に関するコラムの一覧が掲載されています。介護求人に興味がある人の参考になるように、この職業の経験者や現在も就業している人がコラムを書いてくれています。経験者ならではの介護求人に関するコラムをぜひご覧になってください。

ホームヘルパーの仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

「長く安定して働きたい」と、介護の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。高齢化が進むにつれて、介護サービスの必要性はますます増え、介護市場は今後も拡大すると予測されています。介護の仕事と一口にいっても、いろいろな種類がありますが、「ホームヘルパー」という仕事はご存知でしょうか?ホームヘルパーは、その名の通り利用者の自宅に訪問して介護を行う仕事です。介護の仕事なので、もちろん体力的にも精神的にもきついことがありますが、やりがいも多い仕事です。また、雇用形態によっては、好きな時間に働くことができるので、お子さんがいる方でも安心して働くことができます。では、肝心な仕事内容はどんなことを行う

埼玉で働きやすい福祉施設10選。女性が活躍できる職場環境プラチナ認定企業だけを厳選!

「介護などの福祉施設で働きたい」「でも、出産や子育てなどでなかなか思うように仕事が続けられない、条件に合った職場が見つからない」という女性も多いです。今回はそういった方々の中でも、埼玉県やその近辺に住んでいる人向けに、埼玉県の「多様な働き方実践企業認定制度」でプラチナ企業として認定を受けている福祉施設を紹介します。認定企業の中でもいくつか厳選しているので、女性も働きやすく・活躍もしやすい職場が見つかりやすいはず!ぜひ参考にしてみて下さいね。プラチナ認定企業とは?プラチナ認定企業とは、埼玉県が認定を行っている取り組みです。仕事と介護や育児の両立を支援する「多様な働き方実践企業認定制度」の一環とし

夜勤の介護は大変?経験して気づいた5個のメリット・デメリット

介護の仕事をしていると、3交代勤務があります。特に入所系の施設では夜勤が入ってきます。介護の仕事をしたいと考えている人で、夜勤に対して不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。これまでとは全く違った勤務体制でもあり、夜に働くといったことに対して不安な気持ちがあるのは当然です。「眠らずに働くってできるの?」とか「仕事量はどうなのかな?何をするのかな?」など不安はつきませんよね。夕方から朝まで働くってそんな簡単に考えることってできないですよね。なんとなく大変なイメージしか出て来なくって、なかなか介護の仕事に就くことができずにいる方もいるでしょうね。この記事では、夜勤を経験して介護士だからこそ分

介護が向いてない人の8個の特徴と対策とは?介護業界15年の私が解説します

介護福祉士の仕事をしていると、「自分はこの仕事に向いていないのではないか・・・」と感じてしまう瞬間はありませんか。仕事で失敗をしてしまったり、イライラしてしまったり。体が疲れてしまっているなど、色々なことがありますよね。これは仕事をしている中で、誰もが一度は感じてしまうことだと思います。どんな仕事をしていても必ず失敗してしまうことはあります。そしてそんな時は、「自分に介護は向いてないかも」と感じてしまうものです。本当にそうでしょうか。失敗は必ず誰にでも起こりえます。この記事では、「向いていない」と感じる人のために、本当に介護の仕事に向いていない人の8個の特徴とその対策をお伝えします。また新人育

介護求人サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

介護の仕事を探そうと思ったとき、今の時代はネットから求人サイトを探し、そこから仕事を検索される方が多いと思います。とはいえ、今は求人サイトの数がたくさんあり、介護職に特化したサイトも増えてきています。介護の仕事を探す上で介護求人サイトを比較し、おすすめのものをまとめてみました。介護求人サイトのおすすめ6選私自身、介護職を何回か転職し、そのたびに求人サイトを利用してきました。そんな私のおすすめするサイトをご紹介します。ハローワークインターネットサービスご存知の通り、厚生労働省職業安定局が行っているハローワークの求人を見ることができます。介護職専門のサイトではないですが、介護の求人もたくさんありま

介護でホワイトな職場の2個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

最近はブラック企業という言葉を当たり前のように聞いたり言ったりしています。介護施設も例に漏れずブラックな職場はあるようです。今回はブラックな職場やホワイトな職場の特徴に触れながら、どのようにいてホワイトの職場を見つけていくのかご紹介いたします。介護にブラックな職場はまだ多い?ブラックな職場と言っても、その人によっては「まだブラックと呼べるほどではないよ」と思えるものもあるかもしれませんが、一般的なブラックな職場という意味では少なくないのではないかと思います。私自身がブラックな施設と呼べるようなところで仕事の経験はありません。しかし、ブラックな部分と呼べるような経験や見聞きしたことはたくさんあり

介護夜勤辞めたい…と感じる人の2つの理由と乗り越え方。現役で仕事をしている私が解説!

今回は介護の仕事の中で夜勤について書いていきます。夜勤は心身ともにきつい仕事で、正社員の人でも夜勤はしていないという人も珍しくないです。夜勤を辞めたいと思う理由を、現在も夜勤をしている私がいろいろと説明していこうと思います。介護夜勤のおおまかな仕事内容とは?介護職の夜勤は施設によって勤務時間が違いますが、一般的には夕食~翌日の朝食までという所が多いと思います。食事の時間帯はそれぞれ遅出・早出がいますが、利用者様の就寝中から起床までは一人で対応するというところがほとんどでしょう。夜間のナースコール対応・排泄交換が主な仕事となります。施設によってほとんどナースコールが鳴らないという所もあれば、ひっ

介護の面接前にチェック!面接時によく聞かれること、事前に準備すべきこと、逆質問しておくべきこと

面接ってどんなことを聞かれるのか。いい印象を持ってもらえるかな。などと不安なことがたくさんありますよね。同じような職種に就く場合ですと、仕事内容を理解しているので、答えることや今後のビジョンがはっきりとしているので比較的面接でも答えやすいことが多いですよね。しかし、全くの未経験であったり、これまでとは全く違う業種に就こうとしている場合ですと、余計に不安が大きくなってしまいます。介護業界は今は未経験であったり、これから介護の仕事をしたいと考えている方も多くいることでしょう。そんな時に、介護施設の面接とはどんなものなのか。一体どんなことを聞かれるのか、全く予想がつかないと不安を抱えている人も多いこ

介護は未経験でも出来る!現役介護士が教える、未経験でも介護の仕事に就く方法

少子高齢社会が話題になり始めてますます注目されているのが介護の仕事。私は介護の仕事を初めて10年弱になります。人材不足が言われている業界のためか、介護の仕事未経験の人が就職してくるということも結構目にしてきました。今回はそんな介護未経験の人にテーマを絞って書いていこうと思います。介護の仕事はどんな仕事?介護の仕事と聞くとイメージしやすいのがお年寄りの生活のお世話をするというものだと思います。そのイメージ通り、介護の仕事のメインは高齢者の生活(食事・入浴・排泄など)のお世話をすることです。部署によっては夜勤や送迎があります。また、あまりイメージにはないかもしれませんが事務的な仕事も結構多くありま

介護スタッフが向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?

今回は介護スタッフに向いている人の特徴についてです。自分自身介護士として仕事をしていますので経験をもとに書いていこうと思います。介護スタッフとはどんな仕事?介護スタッフの主な仕事は介護の仕事をしていない人でもイメージがしやすい、お年寄りのお世話をするというものです。他にも事務仕事がイメージよりもかなり多くあるのですが、一言でいえば上に書いたようにお年寄りのお世話です。介護スタッフの大まかな仕事内容介護スタッフの主な仕事はお年寄りのお世話です。具体的な仕事内容ということで書いていくと「食事・排泄・入浴」の介助をするというものです。利用者様にあった方法、声掛けでそれぞれ介助をしていきます。利用者様

介護ストレスはどうやって解決してる?介護職18年の私がやっている5個の方法

私は介護の仕事を始めて18年です。施設やデイサービス、訪問介護等の現場職が10年、ここ8年はケアマネージャーの仕事をしています。介護の仕事は大好きで、天職とも思っていますが、とはいえやっぱりきつい事が多い仕事ですから、少なからずストレスは溜まります。それでもこの業界で仕事を続けて来られました。そんな私の介護ストレスについて、そしてその解決法についてお話しします。仕事ってストレスが溜まりやすいものですよね介護のみならず、仕事にストレスは付き物。ある程度は我慢しないと、仕事は続けられません。とはいえ、度を越してストレスを溜めてしまうと心身共に病気になってしまいます。上手く発散して、無理なく仕事を続

ハローワークで介護職に転職するまでの全流れ。私はこれでヘルパー2級を取ってグループホームで働き始めました

現在、年々高齢者が増えていく中、介護の人手不足が問題視されていますね。私が介護の仕事を始めた8年前もそうでした。今回は、ハローワークで介護の資格を取り、実際に働くまでの流れをお伝えさせて頂きます。ハローワークで介護職と出会う私はハローワークに行くことになった8年前まで営業の仕事をしていました。当時勤務していた会社が業務停止命令を受け退職し、今まで全国いろいろ飛び回っていましたが、一度少し休もうと地元に戻りました。私が営業の仕事を辞めたのは会社都合にあたるため、すぐに失業手当が出て、半年間ゆっくりする事ができました。ただ、失業手当を頂くためには、ある程度就職活動することは必須条件でした。その休職

介護の仕事資格を取るには?この資格を活かせる仕事3選も紹介!

みなさまこんにちは、こちらでは介護の資格と資格取得後の就職先や収入面などについてご紹介してまいります。介護の仕事に興味があるけどあまりわからない、これまで考えてもみなかったけど、ちょっと考えてみたいと思っている方がいらしたら、是非ともご一読いただければと思います。介護の資格とは?大きく以下の三つの資格に分けれます。1、介護福祉士 2、社会福祉士 3、精神保健福祉士その中でも介護のお仕事に一番近い資格が介護福祉士となっており、主に在宅介護や施設介護、病院介護の第一線で活躍します。他にもヘルパー1級や介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)などがあります。介護の資格取得ルートこちらでは主に介護福祉士の

障害者介護が向いている人の8個の特徴や必要なスキル・適正とは?

介護福祉の仕事の中には、障害者に関わる仕事がたくさんあります。高齢者の仕事と似ているところもありますが、そもそも法律が違いますので、根本的に違っているところもたくさんあります。障害者介護の仕事をする上で、どういう方が向いているのか、どんなスキルが必要なのか、わかりやすく解説していきます。障害者介護の仕事とはどんな仕事?高齢者と比べて、障害者は手帳の種類も様々で、それに応じて仕事の種類もたくさんあります。大まかには、通所系、訪問系、施設系と、介護保険と似たような仕事のほか、障害者独特の作業所のような場所での仕事があります。障害者介護の大まかな仕事内容通所系の場合は、利用者を迎えに行って日中をデイ

介護士が辛いのはなぜ?そう感じる人の5個のパターンと改善策

介護という仕事は「汚い・辛い・きつい」と言われていますが、介護の仕事はもちろん辛い時もありますが、介護に慣れたくさんの経験や体験を積み重ねる事で、介護の良い所も見えてきます。ここでは私が体験した事を元にどんな時に介護が辛いと感じるのか、そしてそんな辛いと感じてしまった時にどういう風に考える事で気持ちのリセットが出来るのかご紹介します。介護士が辛いのはなぜ?介護の仕事がつらいのは、人が汚いと思う事を日常的に行わなければならないという所です。1番汚いと感じてしまう事は「オムツ介助」や「トイレの介助」でしょう。排泄物を処理しなければならないのは、排泄の介助に慣れないと辛いものです。小便や大便は他に仕

訪問介護の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

介護サービスの中でも古くからあり、仕事内容は周知されている訪問介護。しかしながらどういう働き方でどれだけの給料が貰えるのか、というのは分かりづらいかと思います。この記事では、訪問介護の給料の相場や決まり方を解説します。訪問介護の給料の相場はどのくらい?正職員で未経験入社した場合の訪問介護の給料相場全くの未経験の場合、正職員で大体17万円~20万円程度が月給の相場になります。ただし、ヘルパー以外の介護職の経験があればそれが加味されることもありますし、訪問介護の場合は少なくとも初任者研修、ヘルパー2級以上の資格があるわけですので、そのあたりの資格の手当がつくこともあります。正職員で転職した場合(常

訪問介護を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない!訪問介護の大変さを紹介します

訪問介護の仕事は、資格が必要な上に仕事がきついと敬遠されがちで、介護業界の中でも最も人手不足と言われています。私もこの仕事の経験はありますが、辞めたいと思う事はたくさんありました。いくつかあった理由をお話しさせて頂きます。訪問介護の仕事を辞めたい!5つのよくある理由とそれの対策とは?実際に仕事を辞めたいと思っても、すぐに辞められる訳ではありませんし、対策を講じて続けられるならそれに越した事は無いはず。こうすれば、解決出来ないにしても状況は改善する、という対応方法を考えてみました。移動が辛い訪問介護を含め、訪問系サービスで一番辛いのがこれではないでしょうか。雨の日、暑い日、寒い日関係無く、時間が

介護の仕事辞めたいけど辞めれない5個の理由。経験者が教えます!

この記事では、経験をもとに、介護の仕事を辞めたいけど辞められない理由を紹介していきたいと思います。介護の仕事とはどんな仕事?介護の仕事は、高齢者の命と生活を守ることが仕事です。これまでの日本社会を支えてくれた高齢者に対し、敬意をもって身体介護や環境整備をしたり、生活全般の支援などを行います。介護の仕事辞めたいけど辞めれない5個の理由介護の仕事辞めたいけど辞めれない理由1:相手に喜んでもらえることは自分の幸せにもつながる我々健常者は、ごくあたりまえに食事をとり、お風呂に入り、トイレにいき、仕事や子育て、人づきあいをしています。しかし、高齢になることで生活環境がガラリと変わってきます。身体の機能は

介護士を辞める理由にはどんなのがある?介護現場にいる私が感じているつらさを紹介

介護をする仕事は、関わる人たちが優しそう・3K・お年寄りのイメージetc…あなたは介護にどのようなイメージを持っていますか?これから、介護の仕事をしようと考えている方や、介護に興味がある方へ想像しただけでは分からない介護を辞める理由など、介護体験者の話や私が主観的に感じたことを分かりやすくお伝えします!是非、ご参考にしていただけたらなと思います!経験者が語る介護士の仕事とは?介護の仕事は、平たく言えば利用する方に寄り添って生活のなかで不自由に感じる部分を手助けすることです。例えば、足腰が弱くなって膝の曲げ伸ばしが辛くなった人の、段差の上がり降りをサポートする。また、生まれつき目が見えにくい人の

介護疲れた…とならないために。介護士が教える介護する側の負担を減らす工夫とは?

介護はとても大変な仕事です。介護の経験がある人でも、家族の介護をするとなると、自分の仕事でも介護と帰った後でも自分の家族の介護が待っている状況が重なると、体力的にも精神的にもストレスが溜まります。近年、高齢者が高齢者を介護する老老介護が原因で、介護疲れから悲しくも殺人を犯す人もいます。介護の疲れは大きなストレスになり、自分では解消しきれないほど大きいものになる事もあります。ここでは介護疲れにならないようにどんな事をすれば良いのか、どんな人が介護疲れになってしまうのかをご紹介します。自分では気づきにくい介護疲れにご注意ください!介護疲れは自分でも気付かないうちになってしまう人が多くいらっしゃいま

介護職を辞めたいと思う6つの瞬間。経験者が解説します!

マイナスイメージが多い介護業界。私自身、介護業界内で転職を経験しています。そんな私から介護職を辞めたいと思った瞬間を紹介していきます。経験者が紹介!介護職を辞めたいと思った6つの瞬間とは?介護職を辞めたいと思った瞬間を一つ一つ紹介していきます。介護職を辞めたいと思った瞬間1:給与が低いこれは介護職を辞めようと思った人が挙げる理由で最も多い意見だと思います。私自身は、これを理由に原因で転職をしたわけではないのですが、給与が低いために生活が苦しいと感じることはあります。同僚から聞いた話で多いのは、やはり収入に関係することです。結婚し子供がいるという状況ならもちろん、独身者で比較的お金の自由がきくよ

介護の人間関係でよくある8個の悩み。こんな時、どうしたらいいの?

介護職を始めて18年、様々な職場で働いてきましたが、人間関係の悩みというのは大なり小なりどこに行ってもありました。女性が多い仕事ですので独特の揉めごとも往々にありますもちろんいじめやパワハラ等耐えられない様な問題であれば、転職した方が良いでしょう。介護職は求人が多くありますので、非常に辛い環境で我慢する必要はないと思います。ただ、何とかなる程度の人間関係の悩みであれば、どこの職場に行っても同じことです。それならば考え方を変えて乗り切ってみてはいかがでしょうか。介護の人間関係で良くある8個の悩みは?介護職は仕事のキツさもさることながら、人間関係が問題で離職する人も多いです。私の20年近い介護職経

介護夜勤ってツライと思う4つの理由。経験者が語る実態とは?

特別養護老人ホームや老人保健施設、その他にもたくさん介護施設はありますが、正職員などフルタイムで働く場合、夜勤は必須の勤務となります。夜勤と聞きますとつらい、しんどいと想像してしまいながらも、では何が具体的につらい事なのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。介護士として夜勤業務をしてきた私が、そのつらかった理由や、夜勤の実態をお話させて頂きます。私が夜勤をしていた介護職は?私が介護士として夜勤をしていたのは、老人保健施設と特別養護老人ホームでフルタイム勤務していた頃です。元々全くの未経験から老健の介護士になり、その次に特養に転職しました。当時から介護業界は人手不足で、特に夜勤希望者が少

介護士を辞めたいと思った4個の理由。働いてみると大変さがわかった

どんな仕事をしていても誰もが一度は思うでしょう「もうこの仕事辞めてしまいたい」と。介護の仕事ももちろん例外ではありません。ここでは実際に私が体験したことも含めて、介護の仕事の大変さや辞めてしまいたいと思ったことと併せて、介護の仕事のやりがいがどこにあるのかをご紹介します。介護士を辞めたいと思った4個の理由介護の仕事をしていて辞めたいと思ったことは何度もあります。ここでは私が体験した身体的苦痛と精神的苦痛の2種類についてご紹介します。介護士を辞めたいと思った理由1:給与の低さまずは他の職業と比較し身体的にも精神的にも辛い職業でありながら給料が低いことが挙げられます。人を相手にしている仕事ですので

介護士がブラックな仕事だな…と感じた5個の瞬間

介護の仕事は近年求人数が急上昇している職業です。そこで、介護を始めようと感じる人も、求人が介護の求人しかないから仕方なく介護を始める人も「介護」を始める理由は人それぞれです。どんな理由で介護を初めても要介護者にはわからないし、関係のない事です。介護の現場に入る事を決めたら、しっかり決断し自分が出来る事を精一杯出来るように心掛ける事が大切です。私は高校の時から介護を志して資格を取りましたが、今まで介護の仕事に携わり、私自身が介護がブラックだなと感じた経験談を元にご紹介します。経験者の私が思う、介護士の仕事がブラックな理由とは?介護の仕事はブラックな仕事だと感じる人が多いでしょう。それは「人」が相

介護と看護の違いとは?病院で必要な介護業務や、介護で必要な看護の仕事など。両方の経験談を元に解説します!

高齢化社会の中で増えているのは「高齢者介護施設」です。ここでは必ずしも介護の求人だけではありません。介護士の求人と同じように介護施設の看護師も募集されています。もちろん病院の中でも看護師だけではなく「看護助手」という形で介護士の求人も多くあります。ただし同じ職場において介護と看護は仕事内容に大きな差があります。ここでは介護と看護の業務内容の違いとそれぞれの仕事の利点についてご紹介します。介護と看護の違いとは?介護と看護の仕事の明確な差は「医療行為があるかないか」です。もちろん介護施設の看護師が要介護者に対して介護を何も行わない事はありません。看護師も介護士と同じように介護の業務を行う所もあれば

介護求人で出ている5個の職種や働き先。18年経験者が全部解説します!

介護求人はたくさんの種類があり、興味があっても何がどう違うのか、自分に何が向いているのかわからず、尻込みされる方も多いかと思います。私は介護保険施行当初からこの業界で働き始め、今年で18年になります。全くの未経験で飛び込みましたが、いくつかの資格を取得し、たくさん転職してきました。介護職はとても奥が深く、そしてとても面白い仕事ばかりです。その中で、特に普段から求人数の多い職種をピックアップして解説致しましたので、ぜひ参考になさってみて下さい。介護職を取り巻く環境とは?介護業界が深刻な人手不足であることは社会問題化しており良く知られている事と思います。長くこの業界で働いている立場から、さらに詳し

介護資格19選。資格内容ごとに、実際の現場でどういった業務をするのか紹介します

はじめに介護施設は高齢者の24時間の生活を支える場所なので、介護部門だけでなく様々な職種の部門から成り立っています。介護の仕事に必要な資格→介護施設の介護以外の部門で働く際に必要な資格→自己啓発として持っておくと良い資格や研修 の順で紹介いたします。また、各資格の就職先や仕事内容については、介護関係に絞って説明いたします。介護の仕事に必要な資格高齢者介護の仕事をするために必要な資格には、以下のようなものがあります。介護職員初任者研修概要これから介護士として働きたい人が介護の基本を知るための資格です。負担が少ない身体介護の方法や高齢者の心理など、介護に関する必要な知識と技術が習得できます。取得方

介護の仕事内容にはどんなものがあるの?わかりやすく紹介します

介護の仕事といってもいろいろな種類があります。大きくは、訪問介護と施設介護に分かれます。それぞれについて説明します。訪問介護の仕事内容訪問介護には、利用者の「身体介護」と掃除や調理等の「生活援助」の2種類があります。① 身体介護の主な内容入浴介助、食事介助、更衣介助、口腔ケア、水分摂取、排泄介助、おむつ交換、清拭、通院介助等があります。利用者の自宅で行うため施設に比べて設備が整っていないことが多く、利用者の家族と相談しながら工夫する必要があります。② 生活援助の主な内容掃除、調理、洗濯、買い物代行等が挙げられます。③ 身体介護と生活援助 どちらが多いの?介護度の高い方は身体介護を利用され