看護師求人に関するコラム一覧

看護師求人に関するコラムの一覧が掲載されています。看護師求人に興味がある人の参考になるように、この職業の経験者や現在も就業している人がコラムを書いてくれています。経験者ならではの看護師求人に関するコラムをぜひご覧になってください。

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科の看護師の役割とは何か?また他の科と何がどう違うのか?と気になる方もいるようです。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。実は他の科以上に人気があるとされています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。注射、手当などをする程度くらいでしょうか?私は3年ほど耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、いざという時に頼りになるという事でしょうか?点滴、注射などの処置耳鼻咽喉科に来院される患者というのは、結構多い

内科看護師が給料を上げるためにやりたい3個のこと

看護師として働いていると仕事に対してのやりがいも必要ですが、やはり給料も大事なところですよね。今回は、内科の看護師の仕事内容や都道府県別や働き方などを比較した給料、また看護師として働く中で給与をあげる方法などについてお話をしていきたいと思います。なかなか聞けない給与事情についてお伝えしていきます!内科看護師のおおまかな仕事内容内科とは、体の中の疾患に対して手術など外科的な処置をせずに治療する診療科のことをいいます。内科の看護師の仕事は、医師の診察介助、バイタル測定、投薬(注射・点滴)、採血、看護ケアなどが主な業務となってきます。病棟での1日の業務は、バイタル測定し、点滴や採血、食事や排泄などの

看護師にとってホワイトな職場の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

看護師にとって、病院選びはとても難しいものです。募集内容と実際の勤務内容が一致している病院には、なかなか出会えません。一度働き始めてしまうと患者さんの事が気になってしまい、自分が辛くても、すぐには辞められない看護師もとても多いので、ホワイトな職場を選ぶことが大切です。そのために、どんなことに注意すればいいでしょうか。看護師の大まかな仕事内容看護師は専門職ではありますが、総合的な視野が必要で、患者さんに関わること意外に、常に細部まで観察しなければなりません。看護師の役割と仕事について大きくまとめてみました。ベッドサイドでの看護ベッドサイドでの看護は、もちろん看護師のメインの仕事です。患者さんの体

クリニック看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

夜勤や残業の多い病院勤務は、心身ともに負担が大きく、疲れてしまう看護師さんも多いと思います。その為、クリニックでゆっくり、楽に働きたいなぁ…と思うのは良くある話ですよね。クリニックは、夜勤のない日勤勤務で残業も少なく、業務に慣れればルーティーン化できるなど、病院勤務より負担が少なく働くことができます。その反面、クリニックならではのデメリットが存在するのも、また事実です。今回は、実際にクリニックでの看護師業務を経験した私が、クリニック看護師の仕事内容、やりがい、メリット・デメリットなどをご紹介したいと思います!クリニックは地域密着型で、地域の皆様にとっても身近な欠かせない存在です。そんなクリニッ

看護師の勤務時間って不規則なの?看護師の仕事内容、生活リズムなどをご紹介します

医療現場や介護現場は基本的に、24時間365日営業しています。それはわかりやすく説明すると、お客さんとなる患者さんや利用者様が常に目の前にいて、店員さんとなる医師や看護師は、お客さんである患者さんや利用者様のために働いているということです。人間はこの世にいる限り、常に心臓は動き生きています。健康な人は自分の力で生きていくことが出来ますが、病気を患っている患者さんや、病気によって後遺症や障害を抱えている利用者様は、私達医療者の手助けが常に隣り合わせです。そんな医療者はいつでも手助けが出来るように、24時間365日スタンバイをして手助けをしていかなければなりません。しかし、24時間365日営業では

皮膚科看護師の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

病棟・クリニック・訪問看護など、看護師さんの仕事はさまざまです。多くの現場で看護師さんは活躍していますよね。その中でもクリニック外来は私たちの日常生活で身近な存在の一つです。何かあった時にすぐに受診できる病院です。今回はクリニックの外来の看護師の業務に視点を当ててご紹介していきたいと思います。例えば、「虫に刺されてて腫れて痛い!」「体にぶつぶつができてかゆみが止まらない!」などと日常生活で体に異変が起こることってありますよね。皮膚に異常が出た時にかかる皮膚科。そんな皮膚科看護師の仕事内容や役割りについてお話していきたいと思います。皮膚科看護師の仕事内容皮膚科にやってくる患者さんはどんな患者さん

看護師として働くなら何科で働きたい?オススメの科をご紹介いたします

看護師を志望する人は多いと思いますが、いざ、看護師になった時に「何かで働きたいか」明確に目標を定めて進んでいる人は少ないのではないかと思います。学生の間は勉強に実習に追われて、とにかく試験に合格することが最優先だからです。看護師が働く診療科目にはどんなものがあるのか、それぞれの特徴を説明していきます。看護師はどんな仕事?看護師の仕事内容は非情に多岐に渡ります。看護師の主な仕事内容を簡単に言うと、医師の診療の介助を行いながら、患者の療養生活を手助けする仕事です。看護師の配属される科の種類内科総合病院であればたくさんの診療科目があり、その診療科目に特化したマニュアルもあります。そこでしか経験できな

看護師の仕事の魅力とは?様々な職場での仕事内容からやりがいまで詳しく紹介します

看護師は、白衣の天使と評され、ドラマの設定などにも多く使われる人気の職業の一つです。第一生命が実施する小学生向けの「大人になったらなりたいものアンケート」において、2016年は4位と毎年根強い人気を誇る憧れの存在でもありますね。そんな看護師として私は5年働いていますが、看護師となった動機は人それぞれです。病気の時に優しくしてくれた看護師さんに憧れてなった人。手に職をつけるためにと安定的な給与を求めて看護師を志した人。動機も様々ですが、実は看護師の仕事も多様で、その魅力、苦労も数多くあります。今日は、看護師の仕事内容と、看護師の魅力、大変なことをまとめて解説します。看護師の大まかな仕事内容とは?

介護看護師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?経験者が解説します

看護師とは一概に医師の医療のサポートだけではありません。病院にいるような治療のサポートをしているのが看護師だと思われている方が多いと思いますが、違う面での看護師としての役割である、介護施設での看護師の役割を書いていきたいと思います。介護施設の看護師とはどんな仕事?健康管理はもちろん、病気のことだけでなく、日常生活動作や精神面等、生活していくための管理も必要になります。病気において機能障害が残ってしまった方も多く、それによって日常生活動作も一人一人違います。その一人一人違う日常生活動作を把握し、この日常生活動作を落とさぬようにしつつ、健康管理を利用者自身と行っていかなければなりません。病院の看護

医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み。内緒で付き合っている人も多いの?

皆さんは医者と看護師の関係性はどんなものだと思いますか?看護師の役割として「医者の指示のもとに診療の補助を行う」というものがありますので、医者=指示を出す人、看護師=指示を受ける人、という解釈が多いかもしれません。しかし、医者も看護師もあくまで職種。自動車のディーラーに、整備をする係と販売をする係がいるように、医者と看護師も本来であれば同等の立場であり、同じ職場の同僚なのです。まぁ実際はそんな理想的な関係を築けるのはごくまれだと感じます。ここではほんの少し看護師の立場からの本音を暴露したいと思います。医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み今は話しかけてもいいかな?これはどう伝えたらいいかな

看護師を辞めて違う仕事に転職するなら!おすすめの仕事7選と選ぶ時の注意点

看護師は、不規則な勤務に加え、命を預かるプレッシャーを感じることも多く、大変な職業のひとつです。その分、やりがいがあったり、他の職業に比べ給料が良かったりと、魅力も多い職業でもあります。看護師として働いていくうちに、向き不向きを感じたり、また他の職業への好奇心などにより、看護師を辞めたいと思うこともあるかもしれません。しかし、看護師一筋で仕事をしてきた場合、一体どのような仕事に転職できるのか、転職する際の注意点にはどのようなものがあるのか、見当がつきにくい現状もあるかと思います。そこでここでは、看護師を辞めて違う仕事に転職する際の、おすすめの仕事5選と、選ぶ時の注意点について紹介していきます。

看取り看護師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

病院で働く看護師にとって避けては通れない看護業務の中に「看取り看護」があります。もちろん全ての看護師が看取りが出来るものではありません。看取りを経験し、看護師の仕事が出来なくなってしまった看護師もたくさんいらっしゃいます。たくさんの看取り看護をする事で、看護師として成長する事も確かです。ここでは、看取り看護はどんな看護師が向いているのか。また看取りの看護に向かない人はどんな看護師なのかをご紹介します。看取り看護師とはどんな仕事?看取りの看護師はその名の通り、患者さんの最期を看取る看護師です。もちろん1人で看取る事はありません。医師や家族と共に死を迎える患者さんの病室で、人生の最期を看取る事が業

看護師を辞めるタイミングはいつ?おすすめの5個のタイミングと迷惑をかけないための辞め方を経験者が解説

看護師は、様々な働き方がある職業のひとつです。例えば病院ひとつをあげても、消化器内科や脳神経外科、小児科や産婦人科など、診療科によって働き方は様々です。また、病院以外の企業や大学で活躍する看護師もいます。一方で、働き方を変える際には、「現在の職場を退職する」必要が出てきます。看護師にとっては比較的身近な話題であると思いますが、実際に辞めるとなると、言い出すタイミングや相手など、悩ましいことが多いと思います。ここでは、去る方も送る方も、お互いが気持ちよく退職を迎えるための、おすすめの5個のタイミングと迷惑をかけない辞め方を、転職の経験者が解説していきます。看護師を辞めるのにおすすめのタイミングと

子育て看護師の働き方とは?働き方や仕事内容・給料に違いはあるの?気になる疑問について解説します

看護師としてバリバリに働いていた頃とは一変。結婚・出産・育児と、環境は年々変わっていくものです。育児休暇も終え、復帰の時期になった時に考えるのが「以前の様に働けるのか?」「夜勤は大丈夫か」といった不安が出てくるかと思います。看護師の仕事は、一般企業とは異なりシフト制で不規則な場合がほとんどです。子育てをしながら夜勤をしている人もいれば、働き方を変えるといった手段をとる人もいて様々です。では、看護師の働き方にはどういったものがあるのでしょうか?私の体験談も交えながらお話していきたいと思います。子育て看護師の働き方とは?子育てをしながら働く看護師も数多くいますが、実際フルタイムで働く以外にどういっ

産婦人科看護師の仕事内容4個の業務や産婦人科ならではのやりがいとは?

少子化と言われている現代ですが、実際に出生率は現象の一途を辿っており97万人前後で推移しています。しかし、合計特殊出生率においては増加傾向にあるのが日本の特徴です。出生率は減少しているというお話をしましたが、毎年赤ちゃんは生まれているので産婦人科医や助産師。看護師は必要になります。産婦人科というと助産師というイメージが強いかと思いますが、実は多くの看護師も活躍しています。では、産婦人科で働く看護師はどういった仕事をしているのでしょうか?ここでは、産婦人科で働く看護師の仕事内容をご紹介していきたいと思います。産婦人科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる妊婦の経過を管理するまずは、妊娠が成立

看護師辞めたい辛い…。そう感じる理由と私なりに考えるナースを続けることの意味とは?

「看護師辞めたい・・・」多くの看護師をされている方が一度は思ったことがあることだと思います。看護師を辞めたいと思う理由は様々ですが、今回の記事は、看護師を辞めたい、辛いと感じる理由や自分が思う看護師を続ける理由についてご紹介させて頂きます。看護師を辞めたいと思うよくある理由体力的にきつい看護師は慢性的な人手不足の状態です。女性が多いことから、出産や育児などで退職する方も多く、新人看護師が入職しても、その分だけ退職されてしまう病院も多いはずです。さらに残業が多い、夜勤勤務がある、重労働を課せられる機会も多いなどが加わり、体力的な負担はきつくなっていきます。年齢を重ねるにつれて、「これ以上は体力が

看護師の悩みでよくある7個のこと。みんなどうやって解決してる?対処法も解説します

「白衣の天使と言われている看護師になったけれども、現実は想像していたよりもはるかに大変な仕事だった」と感じている人は多いのではないでしょうか。最近は男性看護師も増えてきてはいますが、未だ女性の多い職場となっています。結婚、妊娠、子育てと働く女性ならではの葛藤や悩みが看護師にもあります。そして、夜勤を含む勤務があることや、看護師の人手不足により、その業務は激務と言われています。そこで、看護師によくある悩みとその解決法について実体験を交えて解説していきます。看護師のおおまかな仕事内容とは?看護師の仕事は、診療の補助から患者さんの療養の世話まで多岐に渡ります。そして、人を対象としているため、24時間

看護師はどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

突然ですが、看護師の仕事に興味を持ったことはありませんか?看護師と聞くと、世の中のイメージとしては3Kと言われる「キツい、汚い、危険」といったイメージを持たれる事も多いのではないかと思います。実際の仕事内容はどうなのでしょうか?現役看護師である筆者が看護師という職業の実態をご紹介していきたいと思います。看護師はどんな仕事?看護師の仕事は「医師の診療の補助と傷病者若しくは褥婦の療養中の世話」と法律で定められています。この言葉どおり、看護師の仕事は医師の診察の介助を行い、患者様の日常生活の援助を行います。看護師として働くメリットとは?一生仕事に困らない看護師として働く最大のメリットは、なんと言って

看取りの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

看取りというのは看護師になると、避けては通れないものです。クリニックや無床の診療所では看取りまで行う所はなかなかありませんが、ほとんどの入院施設がある病院では看取りの業務はあります。しかし、日々の看護は向いているが、看取りに対しては抵抗があるという看護師も少なくありません。ここでは看取りの仕事に向いている看護師・看取りの業務に向いていない看護師の特徴をまとめてご紹介します。看取りの仕事の大まかな仕事内容看取りの業務を大まかに説明すると「看取りとは、患者さんの息を引き取る瞬間を看護し、死後の処置を行い、家族に最後のお別れの援助をする事」です。患者さんの状態が悪い時から、看護師は状態の観察を行いま

看護師を辞めてよかったと思う5個の理由とまた始めるならこんな職場がおすすめ。経験者が教えます!

ここでは看護師を辞めてよかったと思う理由と、今度また仕事を始めるならどんな職場が良いかおすすめを紹介します。看護師を辞めたいと思ってしまうことは働いている人なら何回も経験していますよね。しかし、辞めたいからすぐに辞められないのも現実です。結局そのまま辞められずに、心身ともに疲れてしまい休職に追いやられるまでにいたってしまうケースを私は何度も見てきました。疲れても、踏ん張って乗り越えられる状況なら話は別ですが、心身ともに壊れてしまうくらいならいっそのこと辞めてしまったほうが良いです。もしいまこの記事を読んでいる人で、同じような気持ちを持っているとしたらどうか最後まで読んでほしいです。看護師の仕事

看護師になりたい!そのために必要な資格や勉強、適正の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

ここでは看護師になりたいと考えている未来の有望な看護学生達に向けて、必要な資格や勉強、適正の見分け方、働き先の見つけ方を解説します!すでに看護師になりたいと思っているだけで「合格」にしてあげたいです(笑)でもそれは無理なので、そんな志の高い人に少しでも看護師への道のりを楽にする方法を教えます。万人にあった方法ではありませんが、努力さえ怠らなければ看護師の国家試験はそんなに難しく感じないでしょう。私の学生生活のエピソードも交えながら解説していきますね。肩の力を抜いて、深呼吸してからご覧ください。看護師になるには?看護師になりたいと考える人ならお分かりかと思いますが、看護師になるには合格しないとい

主婦が看護師になるには?資格や勉強しておくべきこと、仕事探しで気を付けることまで経験者が解説!

ここでは主婦が看護師になるために勉強しておくべきことの紹介、仕事探しで気を付けることの紹介をしていきます。看護師を目指すということに関しては、高校を卒業したばかりの人、フリーター、大学を卒業したばかりの人、社会人経験者、主婦、どれにおいても苦労することや我慢しないといけないことなどがあります。本記事では、主婦が看護師になることに焦点をあてて紹介をしていきますね。主婦が看護師になるには?まず、本当に看護師を目指す人の中に主婦はいるのでしょうか。正直ほとんどいないでしょうが、まったくいないとは言えません。実際に私の学校にも30代後半のママさん看護学生がいました。子どもは確か入学当初12歳くらいで、