アニメや海外ドラマを見て声優の仕事に憧れる人は少なくありません。

実際に声優になりたいと思い、声優養成学校へ入学し、日々声優になるために努力している人もいます。

特に最近は、アニメを映画化した作品がヒットを続けているため、若い世代に人気の仕事になってきています。

声優になりたい、声優のことを知りたいや声優って生活できるの?と思ったらやはり声優の収入が気になるところです。

今回は、声優の年収についてまとめてみました。

声優のことを知りたい人や声優の収入について知りたい人などぜひ参考にしてみて下さい。

声優の年収の相場はどのくらい?

声優の年収は、声優の活動形態や声優のランクにより異なります。

俳優やタレント同様、事務所に所属し、給料制で働く人もいれば、個人として働く人もいます。

事務所と個人では、収入が異なりますし、声優のランクによっても収入相場が変わってきます。

ここでは、まず事務所に所属しているケースと個人の場合について紹介していきます。

声優事務所や芸能プロダクションに正社員で所属する場合

声優の中には声優事務所や芸能プロダクションと正社員契約をしている方がいます。

その場合は、給料制なのでどんな仕事をしてもどんなに売れても最初に契約した契約書の給料になります。

例えば、月25万円で契約したら年収は300万円くらいになります。

事務所にもよりますが、ボーナスなどがなければ月収が収入になるため、年収は高くありません。

声優事務所や芸能プロダクションと業務契約を交わす場合

次は業務契約をする場合ですが、基本的には声優事務所や芸能プロダクションが依頼を受けた仕事を受ける形になるため、声優事務所や芸能プロダクションから中抜きと言われる手数料もしくはマージンなどを引かれて給料が支払われます。

業務契約の場合は、出来高制なので声優を担当する映画やゲーム、ナレーターとしての仕事1本につきいくらという仕組みです。

例えば、映画の仕事1本15,000円なら20本を月にこなすと300,000円になります。

ここから3〜4割のマージンを声優事務所や芸能プロダクションが差し引きますので給料は、180,000円〜210,000円になります。

その場合、年収は216万円から250万円になりますが、出来高制なので仕事をもらえばもらうほど収入は上がります。

個人事務所の場合

個人事務所の場合、フリーとして働く場合は、全ての業務を自分でこなすため、収入も完全なる出来高制になります。

声優事務所や芸能プロダクションと業務契約を交わした時と同じく出来高制ですが、事務所に所属していないため、マージンを取られることはありません。

そのため、担当するナレーションの仕事や映画など売れていなければ相場の金額しかもらうことができません。

相場の金額は、映画1本で15,000円、ゲームの場合は、1ワード2,000円前後が相場になります。

そのため、月に20本映画の仕事だけをこなした場合の年収は360万円ほどになります。

声優の収入の仕組みはどうなっているの?

声優の収入の仕組みは意外と知られていません。

声優は、俳優同様、プロとしてデビューすると日本俳優連合に登録します。

日本俳優連合は、いわゆる企業でいう労働組合のような組織で俳優や声優が正当に扱われるようにサポートしてくれます。

俳優や声優は、基本、使用される側ですが、使用する側にとって消耗品のように扱うところもあるため、使い捨てや不当な扱いを受けないように間に入ってくれるのが日本俳優連合です。

例えば、声優や俳優の場合、物を作ったり売ったりするわけではありませんので物の価値をつけるのが難しい仕事です。

この日本俳優連合に登録した声優にはランクづけがされます。

ランクは仕事の丁寧さやスキル、経験など企業に勤める会社員と似たような評価項目で評価され、ランクづけされることで仕事の量が増えたり、収入が上がったりします。

また、ランクによっては信頼度が違いますので、クライアントのニーズに応じてランクの低い安いコストで声優を雇うのか、ランクの高い声優を雇って質の高い仕事にしようかの評価基準になります。

収入が高い人は何が違うの?

声優で成功して収入が高い人、声優の仕事だけで生計を立てている人は収入が新人声優や他の声優と当然異なりますが、声優は声の仕事であり、目に見えるもので評価をすることが難しい仕事です。

そのため、収入格差が何で生まれるのか気になる人も多いと思いますのでまとめてみました。

先ほどの声優の収入の仕組みと合わせて参考にしてもらえたら違いがわかると思います。

ランク

日本俳優連合に登録した声優はランクづけされますが、ランクにより収入が異なってきます。

例えば、新人声優の場合、映画の仕事1本で15,000円前後が相場になりますが、ランク付けされた声優の場合は、新人声優のマックス3倍の収入を得ることができます。

個人か事務所か

収入が高い声優とそうでない声優の違いは事務所の所属しているかどうかによっても異なります。

事務所に所属しているとマネージャーが何かと身の回りのお世話をしてくれたり、事務所のパイプラインを使って仕事をもらうことができますが、個人の場合は、全て自分が切り盛りします。

しかし、全て自分が切り盛りすることで報酬のマージンを事務所から取られることがないため、仕事で得た収入は全て自分の収入となります。

声優のギャランティの決まり方

声優の年収はイメージつく人も少なくないかとは思いますが、声優の収入がどのような仕組みになっているかが気になる人は多いかと思います。

声優は、先ほど紹介したようにランクが決められています。

新人の場合は、ジュニアランクからスタートして日本の声優界を牽引しているベテランの声優、有名な声優がいるノーランクまでピラミッド構造になっています。

ただ、声優のギャランティはそれだけでは決まりません。

受ける仕事によってギャランティは当然変わってきます。

新人声優にはどんな仕事でどれくらいの相場があるのかここで紹介していきます。

映画・アニメ

売れっ子と呼ばれる有名な声優を除き、映画・アニメを担当する場合は、1本15,000円前後が収入相場になります。

1本15,000円なので長いセリフの仕事であっても15,000円ですし、短いセリフの仕事であっても15,000円です。

アニメや映画の場合、拘束時間はおおよそ4.5時間になりますので時給に換算すると約3,300円です。

ラジオ

声優にはラジオのパーソナリティーを務める仕事もあります。

ラジオの仕事は、相場が5,000円から10,000円前後になります。

ラジオの場合は、番組により拘束時間が異なりますがおおよそ1時間から1.5時間になります。

ラジオの仕事は、映画・アニメやゲームに比べて収入は少なめです。

それは、ラジオの運営が広告収入により賄われていて、ラジオの広告収入は映画・アニメに比べて少ないためです。

ただ、近年登場したネットラジオの場合は、広告収入だけでなく何かとタイアップやコラボした場合の広告収入もあるため、ネットラジオの報酬は、ラジオの報酬よりいいとされています。

ゲーム

ゲームの相場は、1ワード約170円くらいになります。

ゲームの仕事は、声優の仕事の中でも単価の高い仕事になり、声優の間でも人気の仕事です。

相場は、1ワード約170円ですが、ゲームによっては、20ワードくらいで30,000円の仕事もありますし、300ワードで50,000円前後の報酬になることもあります。

その他

声優の仕事には、映画・アニメ、ラジオやゲーム以外にもパチンコやナレーションの仕事があります。

パチンコの仕事は、タレント同様、声優の仕事の中では単価が高い仕事ですがゲームより高いですが、求められる技術もかなり高くなっています。

パチンコの場合は、10〜15ワードで50,000円前後のケースもありますが、その場合は、決められた尺内にセリフを納めないといけないので経験とスキルが必要となります。

また、ナレーションの仕事は、例えばCMナレーションの場合、放送される地域や担当する局により異なりますが、声優の仕事では1、2を争う高収入の仕事のため、声優としては欲しい仕事の一つです。

その理由は、新人声優でも単価が高く、1本50,000円〜100,000円、地域や担当するCMによってはさらに高い単価の場合があります。

経験者が教える、実際にギャラがアップしたのはこんなとき

声優のギャラがアップするタイミングがどんな時か、声優のギャラどうやって決められているか意外と知られていません。

もちろん、興味を持っている人は多いと思います。

ここではギャラがアップした時、収入が多かった時はどんな時か紹介します。

ランクがアップした

まず、声優が収入を上げるための最も大切なポイントは日本俳優連合のランクを上げることです。

ランク付けされることで報酬は3倍〜4倍になることがあります。

ランクはジュニアからスタートし、売れっ子の超ベテラン声優になるとノーランクになり、ノーランクになると出演料は言い値交渉になります。

ナレーションやパチンコの仕事が増えた

新人声優で日本俳優連合に所属しているのにランクがまだない場合に稼ぐ方法は、ナレーションやパチンコなどの高単価の仕事を増やしていくことです。

事務所に所属する際のメリット・デメリット

声優としてデビューをするためにいきなりフリーランスとして活動することはなかなかハードルが高く、ほとんどの声優は、まず事務所に所属するところから始めます。

声優は事務所に所属したらすぐに仕事がもらえる、収入が安定していると思われるかもしれませんが、契約する事務所や所属する事務所により条件などが異なるため、注意が必要です。

ここでは事務所に所属するにあたり、声優が事務所に所属するメリットやデメリット、注意点などを紹介します。

メリット

メリットは、まず何と言っても仕事を定期的に依頼してもらえることです。

声優としてデビューして最初の不安は仕事がもらえるかどうかになります。

事務所に所属していると担当マネージャーが仕事の依頼を獲得してきてくれますので仕事を自分で探す手間が省けます。

また、事務所と給料制で契約した場合は、出来高ではないので安定的に事務所から給料が支払われます。

デメリット

逆にデメリットは、事務所が間に入ることで報酬からマージンが引かれます。

そのため、仕事を受けて得た報酬全てが自分のものになることはありません。

また、給料制にした場合、高単価の仕事を受け持ったり、ランクアップしたところで給料制のため、どれだけ売れても得られる収入は給料のみになります。

事務所と契約するにあたっての注意点

事務所と契約するにあたって見落としがちなのは契約条件です。

声優として仕事を開始するのに事務所と契約することは多くの人が選ぶ選択肢なので間違っていませんが、事務所を選ぶ際にまたは事務所と契約する際には注意が必要です。

例えば、通常、声優が事務所と契約する時は、1年契約がほとんどです。

その後、声優から申告がなければ自動的に更新されていきます。

しかし、事務所によっては1年ではなく複数年数契約をしているところがあります。

例えば、3年契約で事務所と契約を結んだ場合、何かのきっかけで売れっ子声優に成長し、独立して仕事をしていきたいと思っても、3年経たなければ事務所に違約金を支払って事務所を退所することになります。

また、この問題は度々芸能ニュースで目にするかもしれませんが、契約問題が発生し、メディアに取り上げられると声優として活動しづらくなるので事務所との契約時に注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

声優の仕事は、どんな仕事か知っていたとしても収入のことに関してはあまり知られていません。

声優を目指している人は、もちろん売れっ子の声優になりたいと思っている人ばかりですが、声優もランクが上がらないと声優の仕事だけで生計を立てていくことは難しいのが現状です。

声優の中には、声優の仕事だけでなく、歌手をしたり、俳優をしたりと副業をして生計を立てる人も少なくありません。

これから声優を目指す人、声優を目指してみたい人や実際に声優を目指して努力している人にこの記事が参考になれば嬉しいです。