運送会社の求人と言えば、皆さんが一番に思いつくのは「ドライバー」ではないでしょうか。

事実、運送会社には事務員よりも圧倒的な数のドライバーが存在しています。

ドライバーが運送会社の顔であり生命線でもあります。

では、運送会社求人でよくある「ドライバー」職について焦点をあて、募集内容やおすすめの求人ポイントなどを紹介していきます。

運送会社の仕事ってどんな仕事?

全国各地から届いた荷物を配達したり、全国各地へ送る荷物の集荷を行います。

ドライバーが集荷した荷物を、夜間に大型ドライバーが各地へと運搬を行います。

特に、荷物の配達や集荷を行うドライバーの数が圧倒的に多く、運送会社のメインの仕事と言えるでしょう。

運送会社の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

運送会社求人でよくある募集内容とは?

運送会社求人でよくある募集職種は、配達や集荷を行うドライバー職が多いでしょう。

では、よくある募集内容について紹介をしていきます。

給与相場

年収400万円から500万円程が多いでしょう。

体力勝負なところがあるため、給与相場は高めとなっています。

勤務地や家族の人数などによっても変動するでしょう。

勤務時間や休日、残業

年間休日は100日程の運送会社が多いでしょう。

運送会社は休みが少ないイメージですが、昨今の働き方を見直す風潮により、意外と休みが取れる印象です。

しかし、中には極端に休日の少ない求人もありますので注意が必要です。

求められる人物像

仕事に対して誠実で真面目な人物が求められます。

ドライバーの仕事のイメージは、トラックを運転して荷物を届けるだけのようなイメージをされることが多いですが、実際には違います。

荷物を届ける先にはいつもお客さんが待っており、真心を込めて荷物を配達する必要があります。

一つ一つの荷物を大切にお届けすると、お客さんにも気持ちが伝わって会社のイメージアップができ、ひいては売り上げ増に繋がる可能性があります。

ただ荷物を届ければ良いという時代は終わり、ドライバーもお客さんに対して十分なサービスを提供する必要があります。

運送会社求人のおすすめのポイント

運送会社求人で数多くあるドライバー職の求人ですが、同じドライバー職でも会社によって待遇は全く異なります。

入社してから「こんなはずではなかった」と思わないためにも、これから紹介するおすすめ求人のポイントをしっかりと確認してから応募をすると良いでしょう。

年間休日日数の記載がある

年間休日日数の記載がある求人は、何も記載がない求人よりは安心して応募ができるのでおすすめです。

運送業界は、ただでさえ休みが少ない業界であると言われています。

何も記載のない求人の場合、休日が極端に少ない可能性があります。

そのため、プライベートも充実させたいという人は、年間休日日数の記載がある求人をおすすめします。

平均残業時間の記載がある

平均残業時間の記載があるとおおよその帰宅時間が分かるため、記載のない求人より安心して応募することができるのでおすすめです。

運送業界は、拘束時間が長い業界として知られています。

平均残業時間の記載がないと、夜遅くまでの拘束を強いられる可能性があるでしょう。

体力勝負の職場で夜遅くまで業務を行うと、慣れていない人は疲労困憊となってしまい、仕事が続かない可能性があります。

運送会社が未経験の人は、平均残業時間の記載がある求人がおすすめです。

資格取得費用が会社負担である

資格取得費用が会社負担であると、社員を大切にしてくれる会社の可能性が高いのでおすすめです。

運送会社が扱う荷物にもよりますが、会社によってはフォークリフトや大型免許などを取得してほしいと要請されることがあります。

その資格取得のための費用が、自己負担か会社負担かで、会社の社員に対する考え方や扱いなどが異なることがあります。

資格取得の費用が会社負担であれば、社員に負担を掛けたくないという会社の考えを読み解くことができます。

そのため、資格取得費用が会社負担の会社の方が、より好待遇である可能性があるのでおすすめです。

入社してからやその後の研修について記載がある

入社してからやその後の研修についての記載がある求人は、業界未経験者であっても安心して応募することができるのでおすすめです。

入社してから数日先輩と同行を行って、その後いきなり独り立ちという会社だと、業界未経験者の場合全く勝手が分からないために、スムーズに業務を行えない可能性があります。

スムーズに業務が行えないと、肉体的にも精神的にも疲労してしまい、入社後にすぐ退職してしまう危険性があります。

そのため、研修制度についての記載がしっかりとある求人がおすすめと言えます。

ワークライフバランスについて触れている

求人でワークライフバランスについて触れている会社は、プライベートを充実させることができる可能性が高いのでおすすめです。

昨今、ワークライフバランスの考えが日本企業でも浸透し始めました。

しかし、運送会社は、休日が少なく拘束時間も長い会社が今だに数多くあります。

拘束時間が長くて休みが少ないと、疲労困憊となってしまい、仕事を長く続けることが難しいことも考えられます。

そのため、ワークライフバランスの考えを取り入れている運送会社はおすすめです。

運送会社求人についてよくある疑問

運送会社のドライバー職は体力勝負の世界のため、今まで内勤をしていた人や業界未経験の人では、応募するのを迷ったり躊躇する人が多くいるかもしれません。

そんな運送会社求人の仕事を検討している人や、迷っている人の疑問点を解決していきます。

やっぱり体力は必要なのか?

間違いなく体力は必要です。

一日中荷物を持ったり運んだりということが続きます。

朝出社したらまずは、自分の配達担当エリアの荷物を、トラックの荷室へと積み込む作業から始まります。

眠くて頭がまだ働かないときから、いきなり体力を使う仕事になります。

その後は配達に出発し、様々な形や重さの荷物を持って配達します。

午後からは荷物を集荷し、帰社後に荷物を各行先ごとに仕分けを行います。

このように、朝から晩まで肉体を使うため、体力は必要です。

業界未経験でも大丈夫か?

業界未経験でも、研修制度がしっかりと確立している会社であれば大丈夫でしょう。

ほとんどの会社が、入社して1,2ヶ月程は先輩社員と同行して仕事を覚えていきます。

1,2ヶ月も同行していれば、配達エリアやルート、よく配達や集荷に伺うお客さんの場所、荷物の仕分け方などを覚えることは可能です。

先輩社員との同行期間が終了しても、その後のフォロー研修制度がある会社であればより安心です。

しかし、研修制度が確立されていない会社の場合、入社後に数日間先輩と同行した後、すぐに一人で回るという会社もあるでしょう。

業界未経験の人は、研修制度がしっかりと確立されている会社を選ぶと良いでしょう。

繁忙期はいつ頃か?

年末年始、ゴールデンウィーク前後、お盆休み前後、クリスマスなどが繁忙期となります。

繁忙期には荷物の取扱量が大幅に増加します。

退社時間も格段に遅くなり、肉体的にも精神的にも疲れが生じます。

トラブルや車両事故が発生しやすいのも、こういった時期になります。

いつも以上の集中力が必要となる時期です。

昼食を食べる暇はある?

時間を見つけて、昼食を済ませることは可能でしょう。

ただし、運送会社や担当エリアなどにもよって環境は全く異なるので、一概にゆっくり食べる時間があるとは言えません。

しかし、どんなに忙しい会社や担当エリアの場合でも、車の中におにぎりやパンなどを積んでおけば、少し時間が空いた際に食べることが可能です。

運送会社は体力勝負のため、どんなに忙しくても、軽くでも良いので昼食は食べることが重要です。

ドライバーは荷物を配達するだけじゃないの?

運送会社にもよりますが、特に大手の宅配運送会社のドライバーは、荷物を配達するだけが仕事ではありません。

大手の宅配運送会社は、配達ドライバーを「セールスドライバー」と呼んでいる会社が多いです。

では、なぜ「セールス」ドライバーなのでしょうか。

それは、「営業」も行うことから「セールス」という名前が頭に付いています。

何を「セールス」するのかと言うと、第一に、自社で荷物を発送してくれる新規顧客獲得を行います。

会社には、新規顧客獲得専門の営業も数名いますが、その営業だけでは戦力が足りません。

運送会社で一番多くいる職種はドライバーです。

その数多いドライバー全員で営業を行えば、数名の営業だけで攻めるよりも断然力があります。

しかし、ドライバーの本業は荷物の配達と集荷なので、ドライバーが営業する先は比較的小さい会社となります。

次に「セールス」するものは、カタログ商品や季節ものの果物などの「物販」です。

この「物販」が年に何度かある運送会社も多いでしょう。

このようにドライバーは常に忙しい職種です。

理不尽なクレームはよく来るの?

ドライバーをしていると、様々なクレームが来ます。

真っ当なクレームももちろんありますが、中には理不尽なクレームが来ることもあります。

例えば、代金引換の商品を配達指定日に配達した際に「今お金がないから来られても困る、なぜ今日来るんだ」といったものがあります。

また、配達先の家で何度もチャイムを鳴らしても出てこないため、名前も呼んだがそれでも出てこないので不在票を入れて帰社したところ、「家にずっと居たのに不在票が入っているのはおかしい、チャイムは押したのか」と怒りの電話が来ることもあります。

このように、特に宅配運送会社ではクレームというものが付き物です。

へこたれない性格の人が向いていると言えそうです。

毎月の給料はどうやって決まるの?

これも運送会社によって変わる項目ではありますが、給料が固定の会社だけでなく、荷物を配達した量や集荷した量で変動する会社も多いでしょう。

給料が固定の場合安定はしていますが、繁忙期で荷物量が増加して忙しくなった場合でも給与額は閑散期と同じのため、士気が上がらない可能性があります。

しかし、荷物量で給与額が変動する場合は、特に繁忙期や荷物量が多いエリアを担当する場合などは、給与額が増加するのでやりがいを持って業務を行うことができます。

自分にとって、どちらの給与形態が合っているのか考慮して応募すると良いでしょう。

運送会社はなぜ拘束時間が長いの?

運送会社は、顧客の営業時間に合わせての業務となるので、自ずと長時間労働になってしまいます。

例えば、顧客は配達される荷物を待っている可能性があるため、なるべく全ての顧客の所へ早めに配達を行わなければなりません。

そのためには、朝早くから出社して荷物を積み込み出発しないといけません。

また、顧客がその日に発送する荷物が出来上がるのは、顧客の営業時間が終了する頃という顧客が多いです。

そのため、自ずと荷物の集荷時間も遅い時間になってしまいます。

荷物の集荷時間が遅くなると、帰社してから荷物を行先ごとに仕分けをする時間も遅くなります。

また、仕分け時間が遅くなれば、それだけ夜間大型ドライバーの積み込み作業も遅くなり、出発時間も遅くなってしまいます。

このように、運送会社は顧客の時間に合わせて営業しているために、長時間労働となり拘束時間が長くなってしまうのです。

しかし、昨今の働き方を見直す風潮により、長時間労働を是正しようという運送会社が多いのも事実です。

求人欄に、「ドライバーの負担を少なくする」といったニュアンスの文章が記載されている可能性があります。

そういった取り組みをしている運送会社の求人に応募すると、拘束時間がそこまで長時間にならない可能性があります。

まとめ

運送会社求人でよくある募集内容やおすすめの求人、よくある疑問について紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

運送会社は、一昔前までは「きつい」「汚い」「危険」の「3K」の業界と言われていました。

しかし、昨今の働き方を見直す風潮により、「3K」の是正に取り組んでいる運送会社も増えてきました。

女性を積極的にドライバー職で採用したり、週3日休みを選択できるようにしたり、出社時間を遅くして拘束時間を少なくする、といった取り組みを実際に行っている会社もあります。

運送会社は、お客さんの反応がダイレクトに分かってやりがいのある仕事です。

これから更に働きやすくなると予想される運送会社に、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。