仕事をしていると誰でも何かしらの不安を感じたことがあります。

みなさんは今までどんなシーンで不安を感じたことがありますか?

その不安は会社に対しての不満だったりしませんか?

ストレスを感じた時や何か失敗やミスをしたら不安に感じることがあるかもしれません。

他には上司や同僚、先輩などとうまく人間関係が構築できていないと感じたら不安になることもあるかもしれません。

人が生きていく中で不安に感じることは自然なことですし、対処法があればうまく乗り切れるものです。

今回は、仕事に不安を感じるときはどういうときか、どうすればいいのかやどうやって乗り切るかについて紹介していきます。

仕事に不安を感じる時ってどんなとき?

ほとんどの人は仕事に対して不安を感じる時、共通しているポイントで不安に感じているのではないかと思います。

例えば、何か大きな仕事や大きなプロジェクトのリーダーを任されて責任が重い時やプレッシャーに感じている時、または仕事で将来的な先行きが見えなかった時などで不安を感じる人は多いかと思います。

ここでは仕事で感じる不安はどういうところなのか、共通しているポイントを列挙し紹介していきます。

将来的な不安

仕事をする中でモチベーションとして挙がる項目は、会社の成長性、やりがい、キャリアアップ、給料アップや周りからの好評価などではないかと思います。

その中でキャリアアップや会社の成長性が見込めないとなると誰でも将来的な不安を覚えます。

例えば、将来的に昇進できないとわかると仕事に対してのやりがいがなくなるだけでなく、キャリアアップできないイコール会社の成長性がやばいのではないか、もしかしたら会社がどこかに買収されてしまうまたは倒産してしまうのではないかと考えてしまい不安になってしまいます。

責任感から来る不安

仕事に対して責任感が強い人は、仕事の先行きであったり、今取り組んでいる仕事に対しての姿勢だったりが正しいかどうかわからなくなると仕事に対して不安を感じやすくなります。

それは仕事を上手くやらないといけない、成功させないといけないや利益をもたらさないといけないという責任感が強すぎるがためにマイナスのイメージを自分自身で描いてしまい、実際はうまくいっていたとしても何らかの結果として現れないと仕事に不安を抱えたままになってしまいます。

漠然とした不安

仕事に失敗したり、上司に怒られたり、何かマイナスになることをしたわけではないのに漠然とした不安に襲われる時があります。

何かしら過去に受けた衝撃や経験が知らない間にトラウマ化していたり、何かしらの苦い経験が元になっている可能性はありますが、漠然とした不安を抱えている場合は、仕事より本人の過去に何かしらの経験があってその何かしらの経験が原因になっている可能性があるかもしれません。

人間関係の不安

仕事で不安に感じたり、ストレスに感じたりする原因を考えると間違いなくあがるのは人間関係の不安ではないかと思います。

人間関係は仕事に直接関係していないように思われますが、仕事をする上で上司の付き合い方や先輩との付き合い方は無視することはできませんし、ウマが合う上司や先輩や気があう上司や同僚などなら人間関係の不安はないかもしれませんが、やはり多くは上司が怖い、怒られる、パワハラ、セクハラや上司は仕事をせずに部下にばかり仕事をさせるなどのマイナス要因が多く、無視できたり、すぐに悩みが解消できるような環境ならいいのですが、ほとんど人間関係の不安は完全に無視してしまうことはできないものです。

会社に対しての不信感

会社に対して不信感を抱くと仕事に対して不安に感じる時があります。

例えば、幹部の収賄疑惑であったり、上司の経費使いこみや経費削減を部下に強いながら社長は使い込みをしているなどお金に絡む出来事、噂やニュースなどで会社の倒産や買収疑惑を知った時などが会社に対して不信感や嫌悪感を抱くきっかけになる出来事は、ますます仕事に対して不安を募らせてしまいます。

大きな仕事のプレッシャー

会社のプロジェクトでプロジェクトチームのリーダーに抜擢されたり、昇進して部下を持ったりすると周りの期待に応えれるか不安になったり、自分が選ばれていいのかと不安になったり、自信のなさから不安な気持ちが尽きないことがあります。

初めてのチャレンジで実績や経験がないため、自信がなく、不安になるのですが、大きな仕事を任されたり、昇進して部下を持ったりするとさらに不安は大きくなる傾向にあります。

待遇面やキャリアの不安

会社で部長職など限られたポジションがなかなか空きがでない、上に上がれないや給料が上がらないとなるとモチベーションが下がったり、このまま待遇が改善されないのではないかと不安になることがあります。

そんなときの13個の対処法とは?

仕事に対して不安を覚えたらまずは不安を払拭したり、不安に感じる時間を減らすことから始めることをおすすめします。

後ろ向きにネガティブなことを考え出すと何もかもがネガティブに考えてしまったり、思えてきたりしてしまい、自分の可能性や将来を全て否定しかねません。

チャンスが巡ってきたり、周りはしっかり評価していたりしてもネガティブな思考でチャンスを無にしてしまうかもしれません。

そこで仕事に対して不安を覚えた時の対処法をいくつか紹介していきます。

自己投資する

自己投資をして自分磨きをしてみましょう。

例えば、転職やキャリアアップ、自分に自信をつけるためにMBAを取得する、資格を取得する、何か社会人サークルなどに入って様々な意見交換をして刺激をもらう、英会話スクールなどに通いスキルを身につけるなどなんでもいいので自己投資をし、自分のブランディングを高めるように努めます。

仕事に対して不安になっている時は、何かのせいにしたり、誰かのせいにしたりしてしまいがちですが、それではネガティブでしかなく、ポジティブに物事を捉えることや視点を変えることは難しくなります。

そのため自己投資をし自分に新たな考えやスキルを身につけることで今の環境を変えてみると仕事に対しての不安が軽減されたり、なくなったりする可能性が高まります。

趣味に没頭する

趣味に没頭することは、仕事に対しての不安をなくしたり、軽減したりするより、仕事のことを忘れてリフレッシュできます。

仕事に対して不安になる時は、仕事しか見ていない、仕事中心の生活をしており、周りが見えていない状況であることが多いです。

そのため、仕事から一度離れて好きなことや趣味に没頭することで仕事のことを一旦忘れます。

その後改めて仕事に取り組むことで意外と解決策が見つかったり、悩んでたことが何だったのかわからないくらい物事がスムーズになったりすることがあります。

時間が解決するのを待つ

仕事に対して不安を抱いている時に漠然とした不安や言い知れない焦りなどは原因がわからないことがあります。

そのため、趣味にも没頭できない、自己投資したくてもうまく手がつかないなどがあるかもしれません。

その場合は、時間が解決するのを我慢して待つというのも一つの方法です。

言い換えれば現状の苦境を受け入れて自分自身を見つめ直すということです。

旅行に行く

趣味に没頭するに近い発送ですが、海外旅行などへ出かけてあえて今の環境と違うところでリフレッシュするのも一つの不安解消の方法です。

気分転換や今いる環境を変えることで見えていなかったものが見えたり、悩んでいたことが意外と簡単に解消されたりすることがあります。

国内旅行でリフレッシュでも構いません。

要は今いる環境は仕事に没頭しすぎて何も見えていない可能性が高いので環境を変えることが必要です。

仕事を一生懸命しているけど報われないと思っていたり、仕事を真剣にやっているのに後輩が先に出世していて面白くないなど色々不安や不満に感じる環境下にいては精神的に健康ではなく、精神的に健康でないと周りを見る余裕がありません。

環境を少し変えるだけで実は自分のここが足りていなかったとかこういう仕事をして見たいやこういう道に進んでみたいなど糸口が見つかる可能性が高まります。

副業を始める

仕事に対して不安を抱いたり、会社に対して不信感を抱いているなら副業を始めてみるもの一つの解決方法です。

もちろん会社が副業を許可していないと就業違反になるので注意が必要ですが、副業を認めている会社にいるのなら空いた時間を使って何か他の仕事をしてみるといいかもしれません。

今の仕事と違う仕事をすることで違う考えやアイデアが浮かび今の仕事が円滑にできるヒントを得れる可能性がありますし、副業をすることでこづかい稼ぎにもなります。

副業を始めるなら、こちらの記事を参考に!

開き直る

仕事に対して不安を抱いたり、悩みを持っていたりして悩んでいる時間が勿体無い、悩んでばかりいたくないなら思い切ってもうどうにでもなれと開き直ってしまうのも一つの方法です。

真面目な人の場合は特にどう頑張ってもどうもできないことであっても周りの人のためにとか上司が怖いからなどの理由で自分を追い込んで頑張ってしまいますが、どうやっても無理なことはできないため、思いつめても答えは出てきません。

そのため、もうダメなものはダメなんだと開き直る勇気を持つのも大切です。

家族や友人に相談する

仕事に対しての不安は意外と一人で抱えて思い悩みすぎる人が多い傾向にあります。

周りに相談しづらい、言える雰囲気ではない、周りに弱音を吐いたらダメなやつだと思われてしまうと勝手なイメージを抱いて周りに打ち明けられずに一人で抱えて心が病んでしまったり、異常に疲れを覚えたり、仕事に不安や焦りを感じたりします。

少し勇気のいる行動ではありますが、一人で抱えてしまった悩みは一度周りに打ち明けるのも一つの方法です。

仕事場の先輩や上司や相談できれば一番いいのですが、以外と悩みの種が上司や先輩である場合は同じ社内の人には打ち明けづらいこともあるため、家族や友人にまずは打ち明けるのがいいかと思います。

不安なことをノートなどに書き出してみる

仕事の不安や焦りをそれでもなかなか家族や友達に打ち明けづらい、人には言えない、言いたくないなどの理由がある人は、不安に思っていることや悩んでいることなどをノートに書き出してみるのも解決の糸口になります。

ノートに綺麗に言葉を並べる必要はなく思ったことをなんでも乱筆で書きなぐってみて下さい。

思いの丈を書きなぐった後にノートの言葉を見返してみて下さい。

なんでこんなことで悩んでたのだろうかと思うことやこれはこうしたらいいんじゃないかと冷静に悩んでいることを見つめ直すことができます。

また悩んでいることを書き出すことで心のモヤモヤがはれることもあります。

逃げてもいいと暗示をかける

どうやっても不安や焦りが拭えない場合、行き詰まってしまって何も方法がないと思った場合は、逃げてもいいと自分に暗示をかけましょう。

例えば、仕事が失敗続きで上手くいかず、上司から怒られてばかりだと心が折れてしまいます。

それでも立て直そうとしたけど思いつめてしまって周りに相談もできず行き詰まった時は、転職を考えてもいいですし、仕事を辞めて一度旅に出てもいいですし、何らかの逃げ道を用意してあげましょう。

もちろん最初から逃げては何も解決しませんし、逃げることがよくない時もあります。

しかし、逃げないといけない時もあるのでどうしてももうダメだと思いつめて心が病んでしまいそうになるなら逃げてもいいよと自分に暗示をかけてみて下さい。

小さな成功体験から積み重ねる

仕事に対して不安や焦りが募ってきた場合、要因はいくつか考えれます。

もし、仕事に対しての不安や焦りが仕事に対してのプレッシャーからくるものであるなら、大きな仕事は一旦避け、小さな仕事や簡単に片付く仕事をこなし小さな成功体験を積み重ねて自信を取り戻してみて下さい。

スポーツや部活とかでも練習していると練習を休みたい時や途中で辞めてしまいたい時があります。

体育会系の部活を経験した人はわかるかもしれませんが、このような状態に陥った時は、少しだけ先に目標をおきとりあえず練習をしていくうちに集中力が高まりしっかり練習ができるケースがあります。

それと同じ効果を狙って仕事でも小さな成功体験を重ねることで不安に思っていることや悩んでいることから頭が離れて仕事に集中できるようになります。

自分を許してあげる、甘やかしてあげる

仕事に不安や焦りを覚える時は、真面目な人に多い傾向ですが、自分の起こしたミスや自分ができないことが許せないというケースがあります。

自分に厳しすぎるあまり他人の評価を過大にしてしまい、自分の評価を過少して追い込んでしまう人がいます。

そうなると何をやっても上手くいかなければますます仕事に対して焦りが募ったり、仕事に対しての不安や将来的なキャリアへの不安が増えるだけです。

そのため、甘やかしすぎたり、自分の能力を過大評価してしまうのはよくないですが、ある程度は自分を許してあげたり、甘やしてあげたりすることも大切です。

転職してしまう

最後の最後のカードとしては転職してしまう、仕事を変えてしまうことも一つの対処法です。

どれだけ一生懸命やってもどう考えてもどう見方を変えても何も変わらない、変えれないとなるともしかしたら仕事自体が合ってない可能性もあります。

そのため、転職して違う職場や違う仕事にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

念願の仕事場でもしかしたら離れたくない人もいるかもしれませんが、何も変わらず焦りや不安ばかり募ってしまっては心に不健康なままです。

一度その仕事が本当に合っているかどうかを見直してみてダメだと思うなら最終カードは転職という選択肢を自分に与えてあげて下さい。

仕事を人生のすべてにしてしまわない

仕事にのめりこんで出世や会社内の評価を上げるために躍起になって働く人は多いかもしれません。

給料をあげるために、昇進するためには会社の評価が良くなければいけませんので上を目指すために頑張って働いている人が多いかと思います。

ただ、一度行き詰まってしまったり、周りの人の評価が高いとわかったりしてしまうとやる気をなくしたり、仕事に対しての焦りや不安を感じたりします。

その時は、一度仕事の位置付けを考えてみて下さい。

人生で最優先しなければならないものなのか?

何のために働いているのか?

などを一度客観的に考えてみて下さい。

会社員である以上基本的には60歳が定年です。

22歳で新卒採用されて同じ会社で定年までは38年間少なくともあります。

ただ、最近は高齢化社会です。

80歳まで生きるとなると60歳から残りの20年は会社とは違う場所にいます。

38年間積み上げてきたものが残りの20年でどれだけ残るか、何が残るかを考えたら自分にとって大事なものが何かわかり、仕事に対しての不安は解消されるかと思います。

仕事の不安を抱えた時におすすめの食べ物と飲み物

仕事の不安やイライラを抱えた時、何とかして抑えたいものです。

イライラや不安感をちょっとした食べ物や飲み物で抑制できたら理想的です。

実は、昨今の研究で様々な食べ物や飲み物がストレス緩和や不安感の緩和などに役立つことがわかってきています。

前述で不安に感じる要素や解消するための対策を紹介しました。

せっかくなのでここでは仕事で不安やイライラを感じた時に緩和できる食べ物や飲み物についていくつかピックアップして紹介していきます。

ダークチョコレート

ストレスや不安を抱えると甘いものにはしる人が多いかと思います。

確かに甘いもの、例えば、クッキーやケーキなどは食べるとその時はリラックスや気分が落ち着いた感じになりますが長続きするわけではありません。

これはケーキやクッキーなどを食べた時に血糖値が上がるため一時的にハッピーな気分になれるようですが、血糖値が下がるとハッピーな気分はなくなってしまいます。

そのため、イライラしたり、不安になったり、焦りを感じたら甘いものというよりはチョコレート、それもダークチョコレートをおすすめします。

実際に医師とかでもストレスを感じたら診察などの合間にチョコレートをひとかじりしている方がいるくらいダークチョコレートに含まれるポリフェノールは気持ちを落ち着かせて不安な感情を緩和してくれる効果があります。

ポリフェノールと聞くと赤ワインと思い浮かべる人もいるかと思いますがさすがに仕事中に飲むわけにはいきませんので仕事中のイライラや不安な感情を感じたらダークチョコレートを食べてみて下さい。

緑茶

ストレスを感じたり、リフレッシュにはコーヒーを飲む人が多いかと思います。

確かにコーヒーに含まれているカフェインは脳を刺激して頭が働きやすくなるため、仕事がはかどったり、目が覚めて仕事がしやすくなる人もいます。

ただ、最近の研究では、コーヒーに含まれるカフェインは体のホルモンを攻撃して引き起こす一種の化学反応で脳が錯覚するだけでコーヒーを飲み過ぎてしまうとカフェインが切れてきたらイライラしたり、神経が緊張して頭がうまくまわらなかったりします。

そのため、イライラした際や緊張感、不安感にかられた時は、コーヒーではなく緑茶を飲むのがおすすめです。

緑茶はコーヒー同様カフェインがありますが、コーヒーよりはカフェインが少なく、かつ緑茶の成分には、リラックスさせて集中力を高める効果があるため、コーヒーよりストレス緩和になります。

ストレスや不安を感じた時の飲み物をコーヒーから緑茶に変えてみて下さい。

野菜とフルーツ

野菜とフルーツは、ストレス緩和や幸福感を向上させる食べ物として有名です。

実際に最近の研究家の発表により野菜とフルーツを毎日一定量取り続ける人とそうでない人の結果を比べたら野菜とフルーツを毎日一定量摂取している人の方が野菜と果物を摂取していない人に比べて幸福感や健康度が増したという発表がありました。

仕事中に野菜やフルーツを食べるのは難しいかもしれませんが、ランチなどの時にいつもより多く摂取してみるといいかもしれません。

例えば、普段牛丼だったところ野菜を多めに入れたサンドイッチにしてみるとかサラダを食べてみるとか3時のコーヒーや紅茶と一緒にバナナやリンゴを食べてみるなどです。

お菓子に比べて野菜やフルーツをしっかり食べることは健康にも悪影響はないため、おすすめです。

カシューナッツ

ナッツ類はよくストレス緩和に効果があると言われていますがカシューナッツは特にストレス緩和に一役買います。

飲み屋さんとかバーのつきだしで出てきてみたことがある人もいるかもしれませんが、カシューナッツは最近の研究で抗うつ剤の役割を担える食べ物として注目を浴びています。

それはカシューナッツに含まれる成分がストレス緩和の効果があり、ストレスで低下する免疫力の向上のサポートもする優れものということがわかったからです。

仕事でイライラした時や不安に感じた際には、カシューナッツをつまんでみるといいかもしれません。

オートミール

日本ではあまり馴染みのない食べ物なのですが、オートミールはストレス緩和や不安感の軽減に大きく貢献できる食べ物です。

オートミールに入っているナッツ類やベリー類は、ストレス緩和に役立ちますし、オートミールにはもともとビタミンが豊富に含まれています。

また、基本的には温めた牛乳をかけて食べるため、牛乳にもリラックス効果があり、満腹感も得られます。

そのため、毎日ストレスを感じて朝食の食欲がないとか夜ご飯たべれなかったけどがっつり食べたくないなんて時にオートミールを食べてみるといいかもしれません。

ヨーグルト

手軽に摂取できてストレス緩和効果のある食べ物といえばヨーグルトがおすすめです。

最近は飲むヨーグルトも種類が豊富なため、ヨーグルトを食べている時間がない人でもさっと摂取することができます。

ヨーグルトは、アミノ酸を含んでいてアミノ酸は緊張を緩和したり、ストレスでイライラしたり不安になった時の緩和効果もあります。

また、ヨーグルトは摂取することで空腹感を抑える効果もあるため、ダイエットにもつなげれるため一石二鳥の食べ物です。

仕事中に不安やストレスを感じたり、朝、仕事に行く前にストレスなどで押しつぶされそうになったらヨーグルトを食べることをおすすめします。

仕事の不安を抱えた時に避けるべき食べ物と飲み物

先ほどはストレスを感じたり不安を感じたりした時に緩和する役割を担ってくれるおすすめの食べ物を紹介しました。

ここでは逆にストレスを感じていたり、不安を感じていたりする時に避けるべき食べ物や飲み物について紹介していきます。

ストレスを感じている時に食べてはいけない、飲んではいけないというわけではありませんがなるべく摂取を控えるべき食べ物と飲み物を紹介します。

コーヒー

前述で緑茶をおすすめした際に記載しましたが、コーヒーのカフェインは、摂取しすぎると逆に興奮状態になってしまい、ストレスの緩和や不安感を緩和できずさらにイライラしてしまう可能性があります。

そのため、イライラしたり、不安にかられたりしたらコーヒーの摂取は取りすぎないように注意し、緑茶やカモミールティーなどのリラックス効果があるお茶系の飲み物を飲むようにしましょう。

甘いお菓子

甘いお菓子はストレスを感じている時に食べるのはあまりよくありません。

食べてはいけないわけではないですが、甘いお菓子に含まれる砂糖は血糖値を上げて一時的なストレスの緩和効果がありますが、血糖値が下がるとまたイライラしたり、不安になってしまうため、何か甘いものを食べたくなったなら甘いお菓子よりはフルーツなどを食べるようにしましょう。

揚げ物

油を摂取することで幸福感を感じることがあると聞いたことがあるかもしれません。

ただ、実際はストレスを感じたり、不安にかられたりしている時に揚げ物を食べるのは避けるべきです。

それは、揚げ物に含まれる油と塩分は量が多く、砂糖のように一時的な高揚感や幸福感は得られてもきれてしまってはまた元に戻るだけなのでさらに倦怠感を感じてしまう恐れがあります。

また、大量の油と塩分は体調にも支障をきたす可能性があるため、仕事に対してストレスを感じたり、不安になったりしている時は揚げ物の量は控えた方がいいかもしれません。

アルコール

イライラしたり、不安にかられたりした時に最も注意しなければならない飲み物の一つがアルコールです。

昨今の一般人や芸能人で飲酒によるトラブルは増加していきます。

アルコールをとりすぎて酩酊状態になり、意識がなくなったことでトラブルに巻き込まれたり、アルコールのとりすぎで普段の性格と真逆の攻撃的な性格になり、周りの人に危害を加えたりしてしまう可能性があります。

そのため、イライラしたり、不安になったりした時はアルコールの摂取はなるべく避けるのが懸命です。

スイーツ

甘いお菓子同様、マフィンやケーキなどのスイーツ類も仕事でストレスを感じていたり、不安になっている時には摂取を控えた方が懸命です。

ケーキやマフィンなどのスイーツも甘いお菓子同様、大量の砂糖が含まれているため、血糖値を上げて一時的な幸福感を得られるため即効性のある薬みたいに食べる人がいますが、血糖値が下がると結局は元のイライラや不安を感じてしまうため、仕事でイライラしたり、不安にかられている時はスイーツを摂取することを避けるべきです。

その代わりにフルーツやドライフルーツなどを摂取することをおすすめします。

まとめ

仕事に対しての不安や焦りは色々な場面で感じてしまいます。

誰もが経験することなので100%防ぐことは難しいかもしれません。

ただ、仕事に対して不安になったり、焦りを感じたりするのはそれだけ仕事に情熱を持って取り組んでいるという証拠ではないかと思います。

もしやる気がなければ仕事に対して不安を抱いたり、焦りを感じたりすることはないはずです。

仕事に対して情熱を傾けて一生懸命取り組むことは悪いことではありませんし、そのために不安になったり、焦りを感じたりするのはごく自然の流れかと思います。

ただ、不安に感じたり、焦りを感じたりしたらそのままにしておくのではなくどう解消するかやどう解決するかなど、どう対応するかでその後が変わってきます。

うまく対応ができなかったら心が病んでしまうかもしれませんし、うまく対応できたら一皮むけてさらに成長できるかもしれません。

今回紹介した対処法を持って今後の対策をしっかりして仕事に取り組んでみて下さい。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご