私たちの生活に必要な食品や日用雑貨を取り扱っていて、全国にあって夏場は涼みに行ったりと、何気なく買い物に行っているスーパーマーケットでありますが、実際、どのような業務があって、どのような環境なのかを、私が経験した事を織り交ぜながら詳しく説明していきますので理解を深めていきましよう。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの仕事は大きく6個の役割に分けられる

レジスタッフ

スーパーマーケットの最後の砦である精算業務を担当するスタッフです。

一見淡々とこなしている業務のようですが実はやる事は沢山あります。

品出しスタッフ

商品全般を管理し、売り場づくりや商品補充を中心に行い、バックヤードの整理整頓も行うスタッフです。

精肉スタッフ・鮮魚スタッフ・青果スタッフ

今ではテナント様によって成り立っている精肉・鮮魚・青果部門がほとんどですが、自店で取り扱っているスーパーも少なくありません。

テナント毎で求人募集しているので内容を確認の上、応募してください。

惣菜調理スタッフ

惣菜部門もテナント様によって運営されている所が多いです。

会社によって概要が変わりますのでしっかりと確認してください。

ネットスーパースタッフ

ネットスーパーを行なっている店舗はまだまだ少なく普及段階にありますが、スーパーによっては、行なっていない店舗もありますので確認してください。

ネットスーパー求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

サービスカウンタースタッフ

一般のレジと違い、配達受付や返品交換・返金対応や今では免税の対応まで幅広い業務を行うスタッフです。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

レジスタッフの2個の業務

レジ

スーパー又は運営している会社によって、導入しているレジの機械で使い方やタッチパネルの位置は異なりますが、スキャンして会計するのは基本的に同じです。

レジ業務は最後の砦というだけあってやる事が沢山あります。

最初のうちは慣れない事が多いので戸惑う事がありますが、こなしていく内に流れるように作業を行えるようになります。

作業の中身としては、袋の有無と駐車場使用の確認、クレジットカード・銀聯カードでの決済、商品券等の処理、割り箸やデザートスプーン等の提供と、スーパーによって多少、内容は変わってくるとは思いますが、落ち着いてレジ業務に従事すればミスも少なくなります。

品出しの補助

基本的に品出しは品出しスタッフに一任されますが、雨天によって客数が少なかったり、シフトによってレジスタッフが過剰だった場合は、品出しを効率よく行う為に品出しの補助として売り場へ手伝いに駆り出される事もあります。

この作業を通じて売り場の商品把握をする事でお客様をご案内する時に役立ちます。

精肉スタッフ・鮮魚スタッフ・青果スタッフの4個の業務

梱包・品出し

取り扱う種類や量・切り分けによってトレイやパックの形が変わってきます。

商品ごとに予め決められたカットや量が会社で指定されているので、それに合わせて梱包する必要があります。

品出しに関して、見せる為のボリューム陳列は必要ですが生鮮品の為、過剰に陳列すると品質管理が難しくなるので、売り場の商品の売れ具合に合わせたり、ピークタイムを考えて補充する事が大事です。

機械や道具など作業場の準備・掃除

生鮮品を取り扱う作業場なので清潔保持は大切です。

1日の最後は作業で使用した器具や道具・機械は部品をばらして洗浄・消毒し組み立て直す作業が発生します。

床もデッキブラシで清掃して仕事は終了になります。

商品の見切り作業

生鮮品の為、その日に売り切らなければならない商品も出てきます。

長くて2・3日の賞味期限が設定されていて会社の方針で割引額が決定するので、しっかりと確認した上で処理しなければなりません。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

翌日の商品の準備

加工した商品ついては冷蔵庫保存して次の日に店頭に並べる事は出来ますが、基本的には精肉・鮮魚・青果はその日の早朝に食材が到着し、作業に入るので翌日の準備はあまり少ないです。

惣菜調理スタッフの4個の業務

調理・梱包・品出し

数種類のお弁当と多種多様な単品総菜に店舗によって違いはありますが、バイキング形式での提供が主になりますので、会社の方針で決められた手順・量・配置を理解した上で調理と梱包作業をしなければなりません。

品出し作業は生鮮品同様にピークタイム時の売り場のお客様の流れや商品の売れ方によって補充を変えていく必要があります。

調理道具などの準備・掃除

最近では食中毒予防の為に定期的に、調理場の清掃を行う事を義務付けられている所もあります。

作業終了時には毎日必ず調理器具の洗浄・消毒と、週1回の油の交換など行い、さらに決められた時間帯による床清掃も1日の業務内容に含まれています。

商品の見切り作業

会社の方針によって見切りを行う時間帯が決められていて、尚且つ値引き額も決められています。

翌日の商品の準備

翌日に使用する食材を解凍処理する為に必要な分を冷蔵庫に入れる作業は発生しますが、基本的には始業してから調理開始するので、事前の準備は一般の飲食店とは異なります。

ネットスーパースタッフの4個の業務

商品のピッキング

注文された商品が、リストアップされピッキング作業するスタッフに送られてきます。

新鮮さや賞味期限を重要視しているお客様が多いので、その点を考慮しながらピッキングしていく事が必要になります。

ネットスーパーの需要が増えつつあり、多くの利用者の商品をピッキングしていく為、迅速も大事ですがそれ以上に間違わない正確さが要求されます。

梱包

会社によって指定された折り畳みコンテナ(折りコン)を使用する事が多いので、商品をその中に入るようにしなければなりません。

無理な入れ方はせずに、ビン物・箱物・パック類は折りコン内で倒れないように配慮しながら、袋詰めした商品を入れていかなければなりません。

配達先に着いてから野菜が潰れていたとか、商品の状態が悪くなっていたという事になれば事態を処理する為に時間を浪費したり、最悪の場合、信用問題に発展し顧客を失う事に繋がりかねません。

配達

店舗毎で配達担当区域が設定されていて、受付時に配達時間指定や「○○時から○○時の間で」と言った要望もありますが、スーパーでは配達スタッフが限られているので他の配送業の様に細かな配達時間指定を設けていない店舗もあります。

配達の際、安全運転は当然ではありますが、丁寧かつ迅速に業務を行う事が大切です。

軽い物から重い物まで様々ありますが、運搬の際には無理しないように台車を使用し、エレベーターのない配達先では慎重に届けるようにしましょう。

オペレーター

ネット通販ではお客様との最初の窓口がオペレーターになります。

豊富な種類の中からお客様は商品を選んで購入します。

オペレーターはお客様の詳細情報をしっかりと確認した上で、商品情報をピッキング担当の方に連絡します。

詳細情報や購入リストに不備があった場合は、お客様に速やかに連絡できる様に準備をしておく事も大切です。

1日に多くの注文を受けるので効率を良くする為に、配達を時間帯によって選別したり、近辺のドライバー間での配達商品の受け渡しをスムーズに行わせる事で配達時間を短縮できるような柔軟性も必要になります。

スーパーの仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

スーパーマーケットの仕事を始めた当初は覚える事が多く、接客用語を使用しての接客はなかなか難しく言葉にならなかったり、敬語を使うけど噛んだりして上手く喋れなかったり、慣れるまでは時間が掛かるけど使い続けると意外と敬語の方が話しやすかったりします。

個人的な感想ですけどね。

後は商品の陳列してある売り場の把握が出来ていないと、案内も出来ないのでこまめに店内探索をすると新しい事を発見できたりします。

仕事を続けていく内に、やりがいを感じる事に出会えるでしょう。

例えば、お客様に「ありがとう」と言われる事でやりがいを感じる方もいらっしゃるでしょう。

私の場合は売り場管理と品出し担当だったので、バックヤードの商品が無くなっていき、倉庫がスッキリしていく様子がリアルタイムで見られると、「出した!」と言う達成感を感じ、やりがいに繋がりました。

バックヤードの仕事は料理の腕や知識が上がる

精肉部門の場合は鶏肉や牛肉を様々な部位に切り分け、さらにブロックやスライスにミンチにしたり、鮮魚部門の場合は三枚におろしたり、刺身にしたりと捌き方に種類があったり、青果部門の場合は基本的にグラム売りが主になるので、しっかりと計量した上で傷みのある野菜・果物を選別して取り除く事で、質の高い商品提供が出来るようになります。

お惣菜の場合は、より日常生活の料理に近い物になるので吸収できる技術が沢山あります。

それに続けていく事で、調理師免許取得に必要な条件の飲食関係での2年以上の経験を経る事が出来ます。

作業自体は会社の方針によって量や配置も決定されているので、現場の一任では変えられません。

ですが、調理する総菜の種類が多いほど上達するのが早いので良い経験になるでしょう。

売り場部門の場合はテナント様の作業とは全く違う形態になります。

テナント様の商品搬入は早朝の時間帯に行われる事がほとんどですが、店舗の場合は1日に数回の商品の搬入があり、次のトラック搬入が行われるまでに荷捌きと品出しをしなければなりません。

商品によって搬入される形態が違ったり、季節商品を扱う店舗ではサイズは様々で重い物から軽い物・形が歪な物等、多岐に渡るので品出しに時間を要します。

ここで必要になるのは、品出しスタッフの円滑な行動を促す為の指示と品出しを手伝ってくれるレジスタッフです。

バックヤードは店舗によって大きさや広さが変わるので、効率良く動かないと倉庫が荷物で埋め尽くされて、追われる仕事になり気持ちに余裕が無くなっていきます。

仕事を続けていく内に品出しの優先順位が付けられるようになり、早さが上がり片付けの効率も上がります。

商品知識だけではなく、作業内容の改善を思いつくのも、仕事を通して得た知識なので役立てる事が出来るでしょう。

帰りに買い物できる

スーパーで働く事の一番のメリットは、やはり仕事帰りに買い物が出来る事ではないでしょうか。

仕事中に知った商品やレジで商品を通している時に気になった商品を「仕事終わってから買おう」なんてモチベーション維持の一つになる事もあるでしょう。

しかし、閉店までの業務だと「欲しい」と思ってた商品が無かったり、「買い物したい」という連絡を忘れて締めの作業に入り、意外に時間が掛かって買い物出来なかったなんて場合もあります。

そういう時は従業員の利点を生かして確保しておいてもらうという事も出来ます。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

面白いポイント

スーパーは業種上、1点特化されている専門店とは異なります。

生活に関わる物が部門ごとに陳列されています。

何気なく利用し働いているスーパーではありますが、従業員の立場から見ると面白い点に気付く事があるかもしれません。

新商品を早くチェックできる

レジスタッフの場合は、レジでスキャンしている時や休憩時間に、店舗内探索をしていて気付く事が多いですが直接、品出しに関わっていると様々な部門で新商品を発見する事があります。

その時期しか扱わない物とか飲料メーカーからは毎週、新商品が発売されると言う情報を得られたりと働いているからこその利点はあります。

サンプルがもらえる

各メーカーが新商品を発売する前や商品の販売促進を行う時に、区域担当者(ラウンダー)さんが店の各担当者に試共品という形で、サンプルを持参する事があります。

数は少ないものの販売する前の商品だったり、取扱いを検討してもらう為に持ってきたりと様々ではありますが、各担当者の許可を得る事が出来ればもらえる事があります。

報告書を出すまでにはいきませんが、軽く感想は聞かれる事はあるでしょう。

まとめ

今回は私の実体験を基に執筆してみました。

色んな部門の方と仲良くしていたのでかなり詳しい内容が紹介できたと思っています。

スーパーは初めてのバイトとしては、色々なものを吸収する事が出来る職場になると思います。

失敗して落ち込んでしまう事もありますが、必ず自身の経験に繋がりますので損はないと思います。

しかし、バイト先選びは慎重に検討してくださいね。

皆さんの道標の一つになれば嬉しいです。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

実際にスーパー求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

スーパー仕事

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「レジ」であったり、「商品の品出し」であったり、一般的に店舗で買物をしている際に、働いている人の姿を見て想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそんな普段は視えないスーパーの職種についても紹介していきたいと思います。スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にしているお仕事は「販売」の仕事になります。「販売」の仕事には「レジ清算」と

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働いています。他の業務はバックヤードで仕事をしたり、店頭に出ることは

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

皆さまこんにちは。世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。今回はその様な転職しやすい時期において食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があり、「販売」の業務は「接客」のスキルが必要となり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異業種から転職する場合はこの「接客」や「商品加工」、「調理」などのス

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配」の管理業務は「利益管理」が主になります。それでは次にそれぞれの

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事といったら『レジ』が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらい、レジの仕事というのは花形でもあり、お店の顔でもあるので責任重大です。今回は、そんなスーパーレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品を打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているのかご紹介します。愛嬌のある人お客様