仕事が楽しい、毎日が充実しているなんて日々を送れたら幸せです。

もちろんそういった日々が理想なのですが、どうしても何かが原因である日を境に仕事に行きたくなくなったり、仕事が嫌になったりします。

それは、社内での出来事がきっかけなのか、プライベートでの出来事がきっかけなのかそれとも自分自身に問題があるのか、理由は様々です。

ただ、生活して行く上では仕事をすることが切っても切り離せません。

こういったネガティブに陥ってしまった場合の解決策は何があるか、どうすれば改善できるかについて今回はまとめてみました。

仕事に行きたくなくなった人、会社に行きたくない人、けど、そういった環境や状況を改善してまたやる気を起こしたい人などぜひ参考にして下さい。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

仕事行きたくないと思う時ってどんな時?

仕事が楽しくて毎日がハッピーならいいのですが、ずっと毎日そういうわけにはいきません。

どこかでつまづいたり何かが起きて仕事に行きたくないと思ってしまうことがあります。

仕事が行きたくなくなるときはどんな時かまとめてみました。

もし、現在仕事に行きたくないとかモチベーションが低い人がいたら参考にして下さい。

天気が悪い日

天気が悪いとなんだか気分がのらず外に出ることすら億劫になってしまいます。

特に大雨だったり、風が強かったりするとなかなか外に出ようという気持ちになりません。

正社員だと台風であったり、大雨であっても会社や職場に行かないといけないのでますます気持ちが沈んでしまいます。

頑張って気乗りしない気持ちを押し殺して外に出て雨の中を歩いてみたけど、電車やバスが遅れていたり、歩く道が水浸しなら服が汚れたりするとモチベーションはまた下がってしまいます。

風の強い日も同様に頑張って家を出たけど、せっかくセットした髪の毛が風でボサボサになったり、あまりにも風が強いと公共交通機関にも影響するので電車が止まったり、バスがなかなか動かないとイライラしたり、気持ちがまた沈んでしまいます。

寝坊した時

朝弱い人はやりがちですが寝坊して遅刻が確定したときは仕事に行きたくなくなってしまいます。

遅刻して上司や先輩に怒られてしまうのが怖くてついつい現実逃避をしてしまいます。

寝坊したのは悪いこととわかっていますし、早くいってリカバリーしないといけないのですが、足取りも気持ちも重いので仕事への意欲が薄れています。

怒られることばかりを考えるのではなく、寝坊してしまうと自分の行いを否定して自分にもイライラしてしまいます。

この悪循環は仕事にも影響してしまうため、抜け出すのに時間がかかってしまいます。

休み明け

休みの日があまりにも充実したり、長期の休み明けだったりすると体がついてこなかったり、気持ちが前向きになりません。

休みがあまりにも楽しいと仕事の内容をふと我に返って思い出し、憂鬱になってしまって仕事に行きたくなくなります。

休みがないと休みがないでモチベーションが下がったり、体がしんどくて仕事の効率が下がるのですが、楽しい休みがありすぎると今度は仕事へのモチベーションが下がってしまいます。

特に休み明けに何かクレームなどの問題がなくても休みが充実しすぎると仕事へのモチベーションは比例して下がってしまいます。

パワハラを受けている

仕事は好きで職場の先輩や同僚とも良好だけど上司やお局様からパワハラを受けている場合、会社に行くのが嫌になります。

上司やお局様は会社にいる人間の1-2名に過ぎないのですが、仕事をする上でどうしても関わらないといけない存在であるため、避けられないのと上司やお局様に悪い意味で目をつけられると執拗にパワハラを受けてしまうなんてこともあるのでそうなると仕事自体をしたくなくなりますし、誰にも相談せず一人で溜め込んでしまうとひどい時には鬱病になってしまいます。

天気の悪い日や休み明けのように一時的であればいいのですが、パワハラの場合は一時的ではなく、ひどいと長期化してしまいます。

もし、周りに相談できないのであれば、こちらの転職エージェントで相談してみると良いでしょう。

クレームなどの問題があるとき

クレームなどの問題が事前にあるとわかっているときは早急に解決しないといけませんがなかなか気持ちがのらず仕事に行きたくなくなります。

早急な解決をしないといけませんし、長引かせるとお客様にも周りにも迷惑をかけてしまいます。

頭では理解しているのですが、足取りは重く、モチベーションは下がります。

クレーム案件もタイプによってはすぐに解決できるものと長期化するものがあり、長期化してしまうと色々と社内での調整や交渉などもあり、心も体も疲れてしまいます。

仕事に行きたくないと思う原因と乗り越え方とは?

仕事に行きたくなくても残念ながら仕事がある以上、責任を持ってこなさないといけないので仕事には行かないといけません。

ただ、様々な理由で頭は理解してても心や体が拒絶して仕事に行こうと思えません。

何としても仕事に行かないといけないのに気持ちがのらない、仕事に行きたくないこの症状をなんとかしたいですし、なんとかしないといけません。

ここでは仕事に行きたくないと思う時の原因と対処法を紹介します。

時間に追われていると感じること

時間に追われてせかせかしてしまう、やることが多くて時間が足りないと感じると忙しすぎて仕事に行きたくないと思ってしまいます。

時間に追われている迫られていると思うと何もかもが急かされているようでバタバタしてしまい精神的なストレスが溜まり、仕事を放棄してしまいたくなります。

結果、仕事に行きたくないと思ってしまいます。

その乗り越え方とは?

時間に追われているのは締め切りが近い提出物や資料があるからなのか、なぜ時間に追われているのかをまず明確化してみましょう。

やらなければいけないことリストを整理して本当に今日中にやらないといけないのか、明日以降に先延ばしできるのかを次に確認します。

明日以降に先延ばしできるものからどんどんと先延ばしにして行きます。

今日中にやらなければいけないことをまとめてスリム化することで時間に余裕が出て時間に追われている感覚はなくなります。

環境を改善することで時間に余裕が生まれると心にも余裕が生まれてくるので仕事に行きたくない気持ちにも打ち勝つことができます。

職場の人間関係がネック

職場の人間関係が悪かったり、雰囲気が悪かったりすると職場に行くことがネックになります。

例えば、上司と相性が悪いとかイジメに近いいびりをしてくる先輩がいるなど色々な原因がありますが、職場の人間関係がネックになると仕事へのモチベーションは下がりますし、仕事に行きたい気持ちがなくなってしまいます。

職場の人間関係は良好であることが一番望ましいですが、円滑な関係が保てなかったり何かしら問題があったり、自分に問題がなくても職場の人間関係に巻き込まれたりすることがあるため、ややこしい派閥とかに巻き込まれてしまったらますます仕事への足が遠のいてしまいます。

その乗り越え方とは?

職場の人間関係は、仕事が好きだったり、自分の周りの関係者が問題なければあとはビジネスライクに仕事は仕事と割り切って接していくのが最善です。

ただ、あまりにもひどい場合、どうやっても改善されない、ビジネスライクで接してても無理矢理巻き込まれるなどの場合は、転職という選択肢も視野に入れた方がいいかもしれません。

職場の人間関係は仕事をする上で非常に影響してくることなので色々対処法を試したけどダメだった場合は、別の職場へ行くことも一つの対処方法になります。

職場の人間関係の少ない仕事をしたいのなら、こちらから在宅でできる仕事を出して貰うと良いでしょう。

仕事の人間関係で疲れたときは、こちらの記事を参考に!

スランプに陥ったとき

仕事をする上で常に好調で楽しければいいのですが、いつかはスランプに陥る時があります。

スランプに陥ると全てがネガティブに働く気がして前に進めません。

それでも仕事をこなさないといけないのでますます気が乗らない、仕事がはかどらないとスランプの時期は精神的に辛いです。

スランプがなければいいのですが、スランプはどこかのタイミングでやってきてしまいます。

うまく乗り越えたり、うまくスランプと付き合えるとモチベーションは変わりますが、うまく乗り越えれなかったり、うまくスランプと付き合えないと長期化してしまいます。

その乗り越え方とは?

スランプを乗り越えるためには、特別なことをする必要はありません。

まずは初心に帰って最初の頃にやっていた習慣やルーティンをもう一度試してみることです。

例えば、カフェに勤めていて、料理を作ったりドリンクを作る際にスランプに陥る前までは素早く丁寧に作れていたのに、スランプに陥ったら素早くうまく作ることができなくなってしまったらがむしゃらに仕事をやるのではなく、もう一度作り方の確認や作業の流れを確認しながらやってみると改善されます。

他にも営業職をしていて、スランプに陥る前は営業活動がスムーズだったのに、スランプになった途端、全てがスムーズにいかない時は、初めの頃にやっていたルーティンや習慣だけでなく、スムーズにいっていた時の習慣を整理して仕事に取り組むことで改善していきます。

自分の中でプラスのイメージを少しずつ植え付けていくことでスランプからも脱出できますし、モチベーションがまた上向くので仕事に行きたくない気持ちにも打ち勝つことができます。

仕事がマンネリ化した時

最初の頃は仕事を覚えることが多いですし、やることも多いので充実していますし、仕事が楽しいと感じます。

仕事を覚えてスムーズにこなしていくとさらに仕事が楽しくなります。

ただ、ずっと同じ仕事ばかりをしていたらどこかで飽きがきてしまいます。

楽しいことばかりだと人はどこかで飽きてきます。

同じように仕事がどんだけ楽しくてもどこかでマンネリ化がきます。

マンネリ化は仕方ないのですが、マンネリ化してしまうとモチベーションの維持が大変になります。

仕事がマンネリ化した時は仕事にも行きたくないと思ってしまいます。

その乗り越え方とは?

マンネリ化してしまうとモチベーションが下がりますので仕事への意欲もなくなってしまいます。

そうすると悪循環に入ってしまい、楽しかった仕事も楽しくなくなってしまいます。

マンネリ化を乗り越えるには、ちょっとした刺激を与えるだけで解決します。

同じ仕事を同じパターンでやると仕事に飽きが来て、マンネリ化します。

そのため、乗り越えるには、いつもと違うパターンで仕事をこなしたり、今まで取り掛からなかった違う仕事をやってみることです。

いつもの流れと違う流れにすることで脳に刺激を与えることができます。

刺激が少しずつ加わればマンネリ化は解消していきますし、マンネリ化が解消することで仕事への意欲も回復し、仕事へいきたくない気持ちに打ち勝つことができます。

ミスして周りに迷惑をかけている時

仕事でミスをするとお客様や自分だけでなく周りにも迷惑をかけてしまうことがあります。

ミスをしたとしても自分だけで収まるならそこまで気持ちが凹んだりすることはないですが、お客様や社内に迷惑をかけてしまうと精神的なダメージが大きいですし、解決するまで時間を要すると精神的負担も大きくなっていきます。

その乗り越え方とは?

ミスしてしまった時は、後悔や周りから怒られる、責められることから落ち込みがちですが、まずは何が問題だったか冷静に考える必要があります。

うまく気持ちが切り替えれる人ならいいですが、全ての人が気持ちを上手く切り替えられるとは限りません。

ミスしてしまって焦ったり、精神的ショックを受けたなら一旦、深呼吸したり、お水を飲んだり、心を落ち着かせることから始めて下さい。

その上で、なぜミスをしてしまったのか、どうしたら解決するか、どうしたら再発防止になるかを考えます。

最初は乗り気にはなりませんが、気持ちを無理矢理前向かせて問題に取り組むようにしましょう。

その際に、これが終わればこれを買うとか自分にご褒美をあげたり、これを解決したら休みをとろうなどのリフレッシュを考えてみましょう。

解決したり、終わった際のポジティブなイメージを思って仕事をすることで精神的負担が軽減されます。

通勤時間が長い

郊外からダウンタウンエリアで働く人の中で、通勤時間が長いことで仕事に行きたくないと考える人がいます。

当然ですが、電車やバスに乗っている移動時間が長いと、時間の無駄と考える人も多いですし、その時間長い時間を他に使えたらと考えれば、なんだか腑に落ちなかったり、フラストレーションが溜まります。

長い時間を通勤に費やすべきかどうか悩むと気持ちも落ち込むし、長く続けられるか不安になります。

また、長い通勤時間が果たして仕事の生産性としていいのかどうかも疑問に思えてきます。

その乗り越え方とは?

通勤時間が長く、仕事の生産性や時間の無駄に感じて不安になるなら、逆にその長い時間を使って情報収集したり、ノートにやることリストを書いたり、今日中に作らないといけない資料の下書きをしたりと下準備に費やすことで解消されます。

ただ、通勤時間を仕事の下準備に費やせれば理想的なのですが、現実問題、都心部やダウンタウンエリアへの通勤は満員電車のため、スマホやタブレットなどを取り出してみることが困難な時もありますし、椅子に座れるとも限りません。

外を眺めるか車内広告を見るくらいしかできない時もあります。

通勤時間がどうしてもネックな場合は、会社に相談してリモートワークにしてもらう、会社から比較的近いところへ引っ越しする、職場を変える方法もあります。

最近は就業時間を9時ではなく10時にしたり、フレックス時間を導入してコアタイムだけオフィスにいるようにしている会社も増えてました。

今のところ通勤時間があまりにも長いため早急に解決したいと考えると速効性のある解決策は引っ越しですが、リモートワークなども徐々に浸透してきているので働き方は改善されていくと思います。

働く環境が改善されて通勤時間が減れば仕事へのモチベーションも上がりますし、仕事をしたくない、仕事へ行きたくない気持ちも改善されていきます。

もし、通勤時間が長く不満に感じているなら、在宅でできる仕事をこちらから出して貰うのも良いでしょう。

プライベートの人間関係が悪化

仕事に関係ないとは思ってもプライベートの人間関係は仕事に影響してきます。

例えば、家族と喧嘩したり、恋人と喧嘩したり、別れたりしたら仕事が手につきませんし、仕事へのモチベーションは下がります。

ましてや恋人と別れた時は仕事にすら行きたくありません。

海外で仕事していたり、上司が欧米人なら「恋人と別れたから今日は仕事を休みます」という理由が許されますが、日本の会社で「恋人と別れたから仕事を休みます。」は会社を休む理由として通用しませんし、そんな中で仕事に行くのはやる気おきないし、そもそも仕事にも行きたくありません。

ただ、プライベートの人間関係の悪化は、仕事や日常生活に支障が出るので解決したり、改善しないと仕事へはますます行きたくなくなります。

心身ともにダメージが大きいままでは仕事に行ってもミスしたり、うまくできないことがわかっていますし、仕事を考える余裕もありません。

その乗り越え方とは?

プライベートの人間関係の悪化は、なかなかすぐにの解決が難しいため時間が必要になります。

恋人と別れたり家族と喧嘩したりして気分が滅入っている時に仕事をするのはハードルが高いのであまりにも気分が落ち込んでいる場合は、思い切って仕事を休んで自分の気分転換になることに費やすことがいいです。

まとまって休みが取れる人は、この際に旅行などに出かけてしまうのも一つの方法です。

仕事や日常環境から距離を置いて自分の時間を見つめ直したり、普段の生活を忘れてリセットすることで精神的にリラックスし、また仕事に戻ろうと思えるようになります。

もし、恋人が同じ職場だった場合は、かなり厳しい環境ではありますが、この場合も一度日常生活から距離をおくべきです。

旅行などして精神的にリラックスすると大抵の場合は仕事に対してのモチベーションも上がりますし、また仕事に行こうと思えます。

ただ、それでも職場に戻りたくない、耐え難いと思うなら仕事を変えてしまうのも一つの方法です。

逃げることを嫌がる人もいますし、逃げることばかりが策ではないですが、逃げないことが解決策って言うわけでもありません。

そのため、あまりにも耐えれない時は逃げることも有効な方法です。

朝が苦手で起きれない

朝起きるのが苦手な人は少なくありません。

低血圧だったり、夜遅くまで起きてたり、飲みすぎた日はなかなか起きることができません。

特に冬場は朝の寒さも手伝ってなかなか布団から出られません。

朝、眠いと、朝、起きれないと仕事に行くモチベーションは上がりません。

ちょっとした軽い仕事に行きたくない病になります。

頭はでは理解していても朝いきなり起きれるようになることは難しいですし、生活環境を見直す必要もあります。

その乗り越え方とは?

朝が起きられない人は、朝が起きれない原因を考える必要があります。

なぜ朝起きられないのか、主な原因は、低血圧、夜更かし、深酒、睡眠障害などが考えられます。

すぐに改善できるのは、夜更かしと深酒です。

夜更かしは夜遅くまで起きている生活習慣を見直して改善すれば解決します。

例えば、だらだら夜遅くまでテレビを見ている生活を止めたり、仕事がなかなか終わらないから遅くまで仕事しているなら優先順位をつけて緊急なものだけ片付けたらあとは明日に後回しにして切り上げることで睡眠時間は確保できます。

他にも深酒の場合なら飲酒の機会を減らしたり、お酒を飲む数量を限定したり、飲みすぎないように改善すれば朝起きれなくなることは改善されます。

低血圧や睡眠障害の場合は、無理に改善できないこともありますのでその場合は病院へ相談してみて下さい。

朝の苦手が改善されると仕事へ行きたくない気持ちは改善されて仕事へのモチベーションも上がります。

仕事が少ない

出勤して一日中オフィスにいるけど仕事をすることが少ないとそれはそれで苦痛です。

仕事の少ないことがわかっていて出勤するのは気が滅入りますし、仕事へ行きたいと思いません。

特に入社したばかりの頃はやることが少なく、きちんとした研修制度がないとやることも少なく、仕事を覚えることもできないので仕事を好きにはなれません。

会社に行って何もすることがなく1日終わると仕事へのモチベーションだけでなく、1日を無駄にしたことへの後悔や残念な気持ちでいっぱいになり、軽く鬱な気分にもなってしまいます。

その乗り越え方とは?

仕事が少ない時はモチベーションがなかなか上がりませんが、自分なりに仕事を作ったり、周りの先輩や上司に何か他にやる作業がないか聞き、仕事を作り出すことから始めてみましょう。

仕事が少なく、仕事へ行く気が失せてしまっているなら自ら仕事を作り出して増やして行くことで仕事が楽しくなりますし、モチベーションも上がります。

受け身なままで会社にいるのではなく、積極的に取り組むことで仕事を増やせばモチベーションが上がるだけでなく、仕事増やしてこなしていけば社内の評価も上がるので一石二鳥です。

同期や同僚と比べてしまう

会社の同僚や同期は近い分、色々と比べてしまいます。

例えば、同じように頑張っているのに同期の方が成績がいいとか同僚より遅くまで仕事頑張っているのに先に同僚が出世しただとか何かと比べてしまうことがあります。

同僚や同期といえど、得意な仕事や苦手な作業など自分とは違うことが色々あるのは頭で理解していても同期や同僚が評価されたり、仕事ができたりするのをみているとどうしても自分と比べてしまいますし、差を感じるとモチベーションが下がります。

その乗り越え方とは?

会社の同僚や同期と比べたくなくても近いとどうしても比べてしまいます。

比べてもいいのですが、相手のいいところばかりをみたり、あらを探して安心するのではなく、自分にもいいところを見つけたり、自信を持てる部分を探しましょう。

同僚や同期のいいところばかりを見て自信を無くしてしまってはこれからの仕事は苦痛でしかありません。

どうしても比べたい場合は、比べる前に自分の自信を持てるところを書き出してみて下さい。

文字化したり視覚化することで自信を持てます。

それでも同僚や同期と比べてしまって自信をなくしてしまうなら思い切って同僚や同期のいいところを勉強しましょう。

いい部分を吸収していきましょう。

そうすることで自分の能力のプラスにもなり、仕事の生産性をあげたり、効果を出すことができるようになります。

同僚や同期のいいところを真似て自分能力が上がって行けば仕事に行きたくなくなる気持ちは衰え、仕事に対してのモチベーションも上がります。

嫉妬

仕事や人間関係で嫉妬してしまうと仕事へ行きたくない理由の一つです。

同僚や同期の功績、職場の恋愛関係など色々なことで嫉妬してしまうことがあります。

嫉妬するとイライライしたりモヤモヤしたりとやるせない気持ちになり、仕事にも集中できません。

嫉妬をする感情がなければいいのですが、人間である以上、嫉妬はどうしてもしてしまいます。

嫉妬する感情と向き合えば仕事が円滑にできるか知りたいところです。

その乗り越え方とは?

一度嫉妬してしまうとすぐには気持ちを切り替えることはできません。

嫉妬してしまった場合の解決策は2つです。

社内で一人になれる場所を確保することと周りを見る余裕がないくらい仕事に打ち込むことです。

オフィス内で会議室とか個室があればその場所を確保したり、長い間時間を確保できなければ外のカフェにコーヒーを買いに行ったり、トイレでリフレッシュしたりとちょっとの時間でもいいので少し環境を変えましょう。

そうすることで気持ちの整理をつけることができ、嫉妬の感情を少し抑えることができます。

もう一つは周りをみる余裕がないくらい仕事に打ち込むことです。

忙しくすることで嫉妬する暇もなくなるので気づけば嫉妬心は消えてしまいます。

気持ちの整理をすることが上手じゃないと思っている人は仕事に打ち込むことで気持ちの整理がしやすくなります。

気持ちの整理がつくことで仕事へのモチベーションも上がります。

仕事で疲れすぎている

仕事が忙しい、夜遅くまで仕事をしないといけないストレスが溜まり疲れがうまく取れなくなります。

疲れがうまく取れなくなると仕事の生産性が落ちたり、仕事自体へのモチベーションが下がってしまいます。

仕事で疲れすぎると仕事だけでなくプライベートにまで影響してくるので悪循環が生まれてしまいます。

仕事環境の改善や仕事を変えることで改善する場合もありますが、そうでない場合もあります。

その乗り越え方とは?

仕事で疲れすぎている場合、ただただ忙しくて仕事で疲れたかストレスが溜まりすぎて疲れたか要は身体的に疲れたか精神的に疲れたか2つに分かれます。

前者の場合は、よく休むことで改善されますが、後者は改善するのに時間もかかりますし、改善方法を探す必要もあります。

前者の場合は、週末や休みを利用してリフレッシュすることで改善できます。

旅行に出かけたり、スポーツをしたり、趣味に没頭してリフレッシュしたら気持ちも前向きになり仕事へのモチベーションが回復します。

後者の場合は、休みを取るだけでは不十分かもしれないので病院や専門家に相談する必要があります。

病院や専門家に相談して解決策が見つかればいいのですが、見つからない場合もあります。

もし、見つからない場合は、仕事を変えることも解決策の一つです。

好きな仕事、モチベーションが上がるような仕事内容に思い切って変えてみることでまた仕事へ行きたくなる気持ちを呼び起こすことができます。

「どんな職場」が自分に合っているか診断するにはこちら →

まとめ

仕事に行きたくない時は誰にでもありますし、無理して行くのは仕事の生産性にも影響があります。

また、仕事に行きたくない理由の中にはすぐに改善できたり、改善できなかったりします。

まずは仕事に行きたくない気持ちを奮い立たせることが大切ですが、どうしても改善できない、改善されないなどどうしようもない時は、職場を変えたり、仕事を変えたりすることも一つの方法です。

逃げることが好きな人はいませんが、時には逃げることも必要です。

いろいろな方法を試してみたけどダメだった場合は、逃げることも選択肢に入れてみて下さい。

ただ、いきなり逃げるのではなく、せっかく始めた仕事で好きになりかけていたり、好きな仕事であるならまずはモチベーションが上がる方法を試してみてください。

ここでは12の仕事に行きたくない理由とその乗り越え方について紹介しました。

前は仕事が楽しかったけど、今は仕事が楽しくないとか、仕事で疲れすぎてて転職しようかと考えている人、仕事に対してのモチベーションが全然上がらない人などこの記事がお役に立てたら嬉しいです。


関連キーワード

仕事の悩み 仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

この記事では、生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているのですが、その会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご