皆さんは普段の生活でどのくらいストレスを感じて生活していますか?

ストレスは誰しもが感じるものですが溜め込まないことが一番大事になってきます。

ストレスを溜め込むことは体にとっても精神的にも良くないことで万病の源にもなったりします。

日常生活において一番ストレスがかかりやすいところというのが仕事です。

人は一日の大半を仕事で過ごしていますから当然と言えば当然のこと。

つまり仕事でのストレスを少なくすることで充実した生活を送ることができることでしょう。

ここでは仕事とストレスについて色々とお話していきたいと思います。

仕事ってストレスが溜まりやすいもの

どんな仕事をしていても仕事を続けていればストレスはどうしても感じてしまうものです。

ストレス社会と呼ばれる現代においてストレスフリーで過ごすというのは無理といってもいいかもしれません。

それだけストレスとは切っても切れない社会になっているのです。

ストレスを感じるとどのような悪影響があるのか、精神面ではイライラしたり、不安になったりしますし、肉体面では頭痛や胃の痛みなど様々な症状が出てきます。

勿論これらの症状には個人差があるので全員が全員こうなるというわけではありませんが、過度なストレスはこういった症状を引き起こしてしまうのです。

そしてストレスを最も感じやすいのが仕事です。

人によっては仕事に行くこと自体が大きなストレスとなり、出勤時に胃が痛んだり、吐き気がしたりすることもあります。

とはいえ仕事にストレスを抱えている人は働く人のほとんどが感じていることでそのストレスと上手に付き合っていくことが今のストレス社会では必要になってくるのです。

仕事でストレスをためやすい人の10個の特徴と乗り越えるための方法とは?

ここからは実際にどのような人がストレスを溜めやすいのかを見ていきます。

当然ながら同じことでも人によってストレスになったりならなかったり、溜めやすかったり発散しやすかったり、またその重さが違ってきます。

ストレスは溜めれば溜めるほど自分を追い込んでしまう結果になり、精神疾患や体の異変なんかを引き起こすきっかけになってしまうので、これからご紹介する項目に当てはまるかたは是非とも注意していただき、ストレスを溜め込まないような生活を送っていただければと思います。

細かい事が気になる人

些細なことが気になってしまう人はストレスを溜めやすい傾向にあります。

ストレスとは体に負荷がかかったときや嫌な事があったときなどに感じてしまうものなのです。

細かい事が気になってしまう人の場合、ストレスが多いために処理できず溜め込んでしまうことが多いようです。

例えば人の行動や言動、ちょっとしたことでも気になってイライラしてしまうとか、少し神経質な人はこのタイプに当てはまると思います。

確かに細かいところに気が利く人は素晴らしいのですがそれが知らず知らずのうちに大きなストレスへと発展している可能性があります。

ストレス発散はちゃんとできていると言う人でもすぐにストレスが溜まってしまうため結果として溜め込んでしまうようです。

それを乗り越えるための方法とは?

ではどのように克服したり乗り越えたらいいのでしょうか。

一言で言うと 許すということです。

細かい事が気になるな人は無意識に身の回りだったり周りの人の言動や行動、仕草を観察しています。

その中で少しでも自分のルールに反することがあるとストレスになってしまいます。

このような人の場合、もともとの性格を変えるということは無理なので、考え方を変える方法をオススメします。

許すというのは、例えば一緒にご飯をしている人の食べ方が気になったとしてもそれを嫌だなと思わずに、この人はこういう人なんだと許すのです。

もっと分かりやすく言うのであれば割りきるということです。

勿論最初はなかなか上手くいきません。

長年の考え方を変えるのですから根気強く常にこの意識を持っておく必要があります。

ですがこの考え方がセカンドネイチャーのようになれば以前のようなストレスは少なくなるはずです。

是非 割りきる、許すという考え方を取り入れて見てください。

一人で抱え込む人

当然ながらストレスを一人で抱え込んでしまう人は溜めやすい人になります。

ストレスを一人で抱え込む人の特徴として、ストレスが恥ずかしいものと思い込んでいる人がいることです。

人は他者に対して弱味を見せるという行為を毛嫌いする傾向があり、なかなか打ち明けることができないでいる人も多いのです。

事実、溜め込んでいるストレスを打ち明けたところバカにされたり、笑われたり、第三者に広められたりする可能性もあるため打ち明けることが恐怖だったり恥となり一人で溜め込んでしまうのです。

他にも特徴として、周りの人に頼れない人は一人で抱え込んでしまう傾向にあります。

自分で解決しようとどんどんストレスが重なっていくことでパンクしてしまったり、周りの頼れず人間関係が悪くなったりするためどんどんストレスが大きくなっていく事が多いようです。

それを乗り越えるための方法とは?

一人で抱え込んでしまう人は対策として信頼できる人を作るということです。

確かにそこまで仲の浅い人にストレスを聞いてもらうのは少し抵抗があったり、相手も真剣に聞いてくれなかったりします。

ですからまずは家族でも友達でも同僚でも、信頼できる人を作ることです。

そういった人間関係が作れると愚痴を聞いてもらったりすることでストレス発散にも繋がりますし、困っているときは力になってくれたりします。

誰かの協力を得ることであなたのストレスは案外簡単に解決することもありますし、一人で抱え込んでいても時間が解決してくれないこともたくさんあります。

まずは信頼できる人に打ち明けるということがストレスと向き合っていくための第一歩になるのではないでしょうか。

また今は一人で抱え込んでしまう人が多いためか、働く人のメンタルサポートをしてくれるホットラインも多数ありますしCMでも宣伝していたりします。

恥ずかしがらずにまずはここに電話してみるのも一つの方法かもしれませんね。

気の短い人

気の短い人もストレスを溜めやすい傾向にあります。

気の短い人はイライラしやすかったりちょっとしたことでも眉間にシワが寄ったりします。

そう考えるとむしろストレスを八つ当たりしているから発散できてるんじゃないかと思うかもしれませんが、気の短い人はイライラすることが多いのです。

このイライラとは何か、それはストレスです。

つまりストレスに敏感だったりするとイライラしたりするわけですね。

そしてイライラしているとホント些細なことがストレスの対象になり悪循環になっていきます。

ですから仮に発散をしていてもストレスが溜まるスピードが早いため結果として溜め込んでしまうようです。

そもそもイライラしたり気の短い人というのは気持ちに余裕やゆとりがないためストレス発散やリフレッシュという切り替えが下手くそな人に多いです。

それを乗り越えるための方法とは?

これを乗り越えるには気持ちに余裕を作ればいいのです。

ではどのように気持ちに余裕を作るのか。

それは少し適当になったり手を抜くことで解消できるかもしれません。

気の短い人の特徴として常に忙しくしていたり何か焦っているというところがあります。

実際皆さんも経験あると思いますが、寝坊して遅刻しそうな時はとにかく身支度だったりが忙しく慌ただしくなりますよね。

そんな時ってつい眉間にシワが寄っていないでしょうか。

何かにイライラしたりしていないでしょうか。

このように人は忙しく動いているときはイライラしやすいのです。

では反対にいつもより早起きした時は出勤の身支度にゆとりができたり、のんびり仕事に行けて全くイライラしないですよね。

ですから気持ちに余裕があるかないだけでこんなにもストレスに差が出てくるのです。

少し気が短かったり、どこかイライラしているという方は気持ちに余裕を作ってみてはいかがでしょう。

完璧主義な人

続いてストレスを溜めやすい人の特徴は完璧主義な人です。

これは言うまでもなくストレスが溜まっていそうな性格ですよね。

そもそも完璧主義とはどのような人のことを指すのか、具体的に特徴をいくつかご紹介してみます。

まず自意識過剰で他人の評価が気になる人。

とにかく周りの目を気にします。

ダメな自分を見られるのが怖かったり周りから常に良い評価をされていたいという気持ちが強いのが特徴です。

常に周りを気にするということはとてつもなくしんどい生活ですから当然ストレスも溜まりますし、それを発散するところも見られるのを嫌がるため溜め込んでしまうようです。

他にも責任感が強く妥協ができなかったり、理想が高く失敗が怖いなどの特徴が上げられます。

これらの特徴を見ただけで日々の生活において相当なストレスを感じていることでしょう。

いつ緊張の糸が切れるのか周りの心配が絶えないかもしれないですめ。

それを乗り越えるための方法とは?

完璧主義から受けるストレスを軽減するにはやはり完璧主義な考えを見直す必要があります。

一番手っ取り早いのは失敗やカッコ悪いことを受け入れることです。

完璧主義な人はどうしても自分のやることなすこと完璧にこなしたがりますし、完璧にすることが喜びになるのです。

ですが完璧に至るまで又、完璧を維持するのにはものすごいストレスを感じるのです。

ですから一度失敗を受け入れて見ることで完璧主義という考えが修正されていくことがあります。

失敗は恥ずかしいことではなく一つの結果として受け止めることができればストレスも少なくなっていきます。

他には完璧主義者はとにかく理想が高いので合格点やゴールを低く設定することでもストレスを大きく軽減できるはずです。

これまでは常に100点を目指してきたのであれば80点を目指すと言うように少し目標を下げるだけでプレッシャーはかなり抑えることができるので次第に気持ちにも余裕が出てきます。

物事を先延ばしにする人

物事を先延ばしにする人はストレスなんか溜まらないように思えますが実はものすごくストレスを溜めてしまう人の特徴でもあるのです。

その理由として物事を先延ばしにするということはその時は楽かもしれませんが後々になって処理しなければいけないことだからです。

例を上げるならば宿題です。

学生の時誰もがやってきた宿題ですがめんどくさいと思うこともあったと思いますし、そう思うことのほうが多かったのではないでしょうか。

宿題よりも友達と遊ぶことを優先したりゲームすることを優先して宿題を先延ばしにしてきた経験があると思います。

遊んでいるときは楽しいですが、後々になって結局宿題をやらなければいけないストレスは相当なものです。

また宿題をやらなければいけないがために見たいテレビが見れなかったり、寝る時間が遅くなったりと更にストレスは大きくなります。

子供の頃はここまでストレスについて考えることはありませんでしたが結果としてやらなければいけないことを先延ばしにしてもストレスがかかるだけで何も解決にはならないということです。

それを乗り越えるための方法とは?

乗り越えるためにはとても簡単なことで先延ばしにしないということです。

確かに仕事においてもやらなければいけないことは分かっていてもめんどくさいから後回しにしちゃおうとついついしてしまいがちです。

どうしたって楽なほうに今が楽なほうにいってしまいがちになる気持ちも分かります。

忙しいと言って後回しにすることは簡単ですが、後々のストレスを考えればすぐに取り掛かったほうが楽なのです。

今は忙しかったり辛かったりめんどくさくても、それを乗り越えることでストレスもなくなりますし、やりきった達成感も沸いてきます。

それに考えてもみてください。

仕事を先延ばしや後回しにばかりする人を仕事ができる人として見れますか?

こういった態度は徐々に信頼もなくなっていきますのでもし少しでも物事を先延ばしにしてしまう傾向があると思うのであれば改善していった方がいいと思われます。

悲観的な人

悲観的な人やネガティブな人もストレスを溜めやすい人の特徴と言えます。

何事も悲観的に捉えると思考から気持ちまでマイナスになってしまいます。

これは仕事においても言えることで、仕事をすることに対してめんどくさい、嫌だなと思って取り組めばストレスがそれだけかかってしまいます。

誰しも嫌なことめんどくさいことをしなければならないと思うとストレスになってしまうものです。

人は苦手なことや好きじゃないことなどには悲観的に考えることが多いと思います。

ポジティブに考えるよりもネガティブに考える方が楽ですし自分の気持ちに素直にいられるという点ではいいかもしれませんが、楽をすると言うことは必然とストレスを抱えてしまうと言うことにもなります。

ですが人の思考と言うものはこれまでの人生で形成されたものでなかなか悲観的な考えを変えることは難しいです。

ではどのようにしたら悲観的ではなくストレスを溜めなくてよくなるのかを次にご紹介していきます。

それを乗り越えるための方法とは?

悲観的な人がストレスを溜めないようにするためには考えを変えると言うことです。

簡単にいうと悲観的な考えから楽観的な考えに変えればいいのです。

とは言うものの先ほども述べたように自分の考えを変えることは容易なことではありません。

20歳なら20年、30歳なら30年の月日を経て今の人格形成が成されているわけですからちょっとのことでは変わりません。

ではどのように変えるのか。

それはズバリ常に意識することです。

常に楽観的にポジティブに前向きに考えると言うことです。

例えば仕事で嫌な事を任されたとしましょう。

当然嫌な事なわけですから普段であればめんどくさいだったり嫌だなという考えが先行してしまいますが、そこは一度堪えてこの仕事は自分が成長するために必要なんだ というようにプラスに考えることでストレスはなくなります。

ですが最初は楽観的に捉えることは難しいですがそこは常に意識することで悲観的な考えから楽観的な考えに変わっていくことでしょう。

発散ができない人

多くの人がストレスが溜まるとストレス発散を目的にその人なりのストレス発散法をもっているものです。

ですが中にはどうやってストレス発散していいかわからない、それを考える事自体が既にストレスになっているというようにストレス発散が出来ない人もいるのです。

そういった人は一番ストレスを溜め込んでしまう人の特徴です。

ではどのような人がこの項目に該当するのでしょうか。

ストレス発散が出来ない人なんているの?と疑問に思う人もいると思いますが案外気づいていないだけで身近にもいるかもしれません。

ストレス発散が出来ない人の特徴として仕事人間な人です。

仕事しかやることがないとか仕事以外何をやっていいかわからない、休日になっても何をするわけでもなく暇をしているというような人に多い傾向があります。

言い換えると無趣味な人とも言えるでしょう。

こういった方は仕事でのストレス発散が思うようにできず自分でも気づかないうちに多くのストレスを溜め込んでしまうこともあるため発散方法は必要になってきます。

それを乗り越えるための方法とは?

では一体どのようにして乗り越えたら、発散したらいいのか。

それは自分が楽しいと少しでも思えることをやることです。

特別な趣味などがストレス発散の全てではありません。

ストレス発散に一番いいのは自分が楽しいと思えるか、心身ともにリラックスしたりリフレッシュ出来るかどうかです。

ストレス発散と聞くと体を動かすイメージが強いかもしれませんが、普段から聞いている音楽を聴くということもストレス発散に繋がりますし、食べることが好きなら美味しい物を食べるでも大きなストレス発散になります。

またどうしても思い付かないという人はマッサージに出向いたり、どこか出掛けたり、好きなテレビをみたりするだけでもストレス発散に大いに期待できます。

このように一見ストレス発散が出来ないという人も客観的な目線で自分を観察し、何をしているときが楽しいのかを分析することでストレス発散方法を見出だすことができるのです。

自己主張ができない人

仕事において自己主張ができないという人は多いのではないでしょうか。

自分の立場にもよると思いますが若い人の多くは上司の意見や指示に対して自己主張をすることができずに飲み込んでしまう人の方が多いと思います。

こういった方はストレスを溜め込んでしまう傾向にあります。

とは言うものの仕事で自己主張を抑える場面は多く、意見を求められない限りは言い出しにくいということもあるでしょう。

気が強くて自分の意思をはっきりと誰にでも言える人はこのようなストレスを抱えることはないと思いますが、小心者でなかなか自分の意思を言えない人も多いのです。

ですがそれを責めてはいけません。

悪いのは言い出せない人ではなく、言えない雰囲気を作っている場にあるからです。

実際小心者でなかなか自己主張の言えない人でも周りの人がそれを理解し言いやすい環境や空気、雰囲気を作ってあげることによって自己主張が出来るようになることもあるのです。

ではどのようにしたら自己主張が出来ない人がストレスを溜め込まないようにできるのでしょうか。

次にご紹介していきます。

それを乗り越えるための方法とは?

自己主張が出来ない人の特徴として先ほど述べたように小心者の人もいれば、自信がない人もいます。

自信がないとは自分の意見や意思に対してこれを言って大丈夫なのだろうか。

とか間違った意見かもしれない等といったように自分の意見をいうことに対して臆病になっていることを言います。

ですから小心者な人は自分の意見に自信がないために小心者になってしまうのです。

そもそも意見や主張というものは間違えていたっていいのです。

何が正解で何が失敗かなんてことは結果論でしかなく最初からそこを考えて自分を抑えるのは無意味というものです。

日本人は控えめで大人しいという国民性があるためか自己主張をする人は少ないです。

ですが自己主張というのは周りの対して自分はこう考えているこう思っているということを伝えることによって初めて周りから認められたり認識されるものなのです。

ですから自己主張は恐れてはいけないのです。

あくまでも自分がどう思っているかを正直に言えば良いのです。

仕事では自己主張ができないあなたも友達や家族の中ではちゃんと自己主張するときはしているはずなのです。

できないのではなくやらないだけという事に気づいてください。

人は考え方一つで変わるものです。

努力に対する報いを求める人

努力に対して報いを求める人とはどのような人を言うのでしょうか。

分かりやすくいうのであれば自分の努力に対して見返りを求める人と言った方がいいかもしれません。

人間は欲深い生き物で自分が何かをしたとき何かを頑張ったときには見返りを求める傾向があります。

例えばダイエットです。

痩せようと食事制限やら運動を努力した見返りとして痩せることを求めます。

これは一見するとごく普通の事に思うかもしれませんがこの考え方自体がストレスとなっているのです。

実際に思った以上に痩せていた場合は喜びに変わりますが、もし思った以上に痩せていなかった場合大きなストレスとなるのです。

これは努力をした見返りに大きな報いを求めたがためにかかった不要なストレスとも言えます。

これは仕事に置き換えても言えることでしょう。

給料アップのために毎日毎日仕事頑張ったのに給料が上がらないとかボーナスが下がったなどといったようなことが言えます。

結果モチベーションが下がったりストレスをかかえることに繋がってしまうのです。

とは言うものの見返りや報いを求めないように生きるのはとても人間にとって難しいことなのです。

それを乗り越えるための方法とは?

ではどのようにしたらストレスがかからないようにできるのか。

それは考え方を変えることです。

本来努力の延長線上に見返りや報いがあるのは当然のことなのです。

では何故努力しているにも関わらず正当な報いを得ることが出来ない人がいるのか。

それは正当な報いを得るための正当な努力をしていないからです。

いわば間違った努力です。

例えば先ほどの例にのっとりダイエットの話をしますと、痩せるというのが報いです。

そのために食事制限や運動をしましたがそれでも痩せなかったとします。

ではその食事制限や運動はちゃんと痩せるようなメニューでしたか?

自己流ではないですか?

情報が少なくないですか?

そもそも報いを求めるの早すぎませんか?

などと言うように正しい方法で努力していなければ意味がないのです。

これが正しい方法でも報われなかったのであれば見直すことが必要になってきますがだいたいのことが正しい方法で正しい期間正しい努力をすれば正当な報いを得ることはできます。

努力の先に報いを求めることは人間の欲ですから仕方ないことです。

ですからもし努力しても報いを得られなかったときは努力の仕方が間違っていたんだと考え方を切り替えることでストレスはかからなくなるのです。

なにも難しいことではありません。

少しだけ考え方、物の見方を変えるだけでいいのです。

楽しめていない人

仕事を楽しめていない人も当然ながらストレスがかかってしまい溜め込んでしまう人の特徴です。

やはり楽しくないことをするというのは苦痛になります。

好きなことや楽しいことをやっているときはストレスを感じることはあまりありませんが嫌いなことや苦手なこと楽しくないことに関してはどうしても苦手意識が働いてしまうものです。

また仕事においてはそれが毎日です。

そうなれば小さなストレスでも大きなストレスへと変わってしまい、仕事自体がストレスになっていきます。

働いている人のなかで仕事を楽しんでやっている人は半分もいるか疑問なところです。

多くの人が生活のためだったり社会的地位のために働いている人がほとんどなのではないでしょうか。

お金をもらう以上好きじゃなくても楽しくなくても仕事をしなければいけないというのが正論なのでしょうが、人間頭で理屈や正論は分かっていてもその通りに動けないものです。

どうしても自分の気持ちや感情というものが優先してしまうのです。

それを乗り越えるための方法とは?

では楽しめていないことから生じるストレスを乗り越えるためにはどうしたらいいのか。

急に仕事を楽しもうと思ってもそう上手くはいかないものです。

乗り越えるためには楽しみを見つけることです。

それは仕事の中でも通勤や帰宅後でも何でもいいです。

何か一つ毎日の楽しみがあることで乗り越えられる場合があります。

例えば仕事で楽しみを作る例として、友達を作ったりすることもいいでしょう。

友達というと敷居が高く感じるかもしれないので仲のいい人ですかね。

職場に仲のいい人ができれば仕事自体が楽しくなくてもさほどストレスを感じることはないでしょう。

また帰宅してからの晩酌を楽しみに毎日仕事に勤しむのもありです。

このように単純な手法ですが毎日仕事をこなすことで得られる楽しみなんかがあったりすると日々のストレスは軽減されていくことでしょう。

また楽しめていないのであれば楽しんでみるのも一つの方法です。

どうしたらこの仕事は楽しくなるのか、どう変えたら楽しいと思える仕事になるかというように楽しくなるように工夫をしてみるのも面白いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで仕事においてストレスを溜めやすい人についてご紹介してきました。

冒頭でもお話したように現代のストレス社会においてストレスフリーに毎日仕事をするというのは非常に難しく、いかにストレスと上手に付き合っていくかが求められています。

ですがストレスとは本当現代社会において避けることのできないものなのではないでしょうか。

確かに一見避けられないように見えるストレスですが、考え方一つで避けることができるのです。

ストレスは嫌悪感や苦手意識、めんどくさいなどといったネガティブな感情から引き起こされることが多くポジティブな人はネガティブな人に比べてストレスが少ないのは事実です。

また状況が悪いときや何かに失敗したときも同様にその物事や出来事をどのように捉えて解釈し自分の中で消化するかだけでストレスになったりならなかったりします。

このように我々が日々抱えるストレスとは考え方の問題なのかもしれません。

自分の考え方を少し変えるだけであなたの世界はがらりと変わることでしょう。

仕事のストレス発散方法は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

仕事