編集仕事にはどのような求人があるのでしょうか?

募集の内容や職種について、またおすすめ求人のポイントなどについても合わせて紹介していきます。

編集仕事求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

編集仕事には出版社での書籍・雑誌の編集の仕事があります。

編集プロダクションでの編集の仕事もあります。

また出版社で編集作業を手伝う編集アシスタントの仕事もあります。

編集仕事求人にはどんな種類があるの?

編集仕事の求人にはどのような種類があるのでしょうか?

施設や事業形態のパターンから、仕事内容、雇用形態のバリエーションに至るまで、それぞれ詳しく見ていきましょう。

編集仕事求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

施設

一部の大手出版社には自社ビルを持っている所もあります。

中小の多くの出版社はテナントビルのフロアを借りて職場としています。

編集プロダクションも同様ですが、中にはマンションの一室が職場という所もあります。

事業形態

ほとんどの求人で株式会社や有限会社の事業形態となっています。

有限会社は編集プロダクションによく見られます。

編集仕事求人の募集でよくある職種

書籍編集者

一般書籍や専門書籍の編集者です。

大手の総合出版社以外は、出版社ごとに扱う書籍のジャンルがある程度決まっている事が多いです。

雑誌編集者

雑誌の誌面作りを手がける編集者です。

同じ出版社であってもどの編集部に所属するかで扱う記事の内容は大きく違ってきます。

編集プロダクションの編集者

出版社から様々な委託を受けて編集などの業務を行う仕事です。

編集アシスタント

出版社で主に雑誌編集の仕事の制作補助を行う仕事です。

編集仕事求人でよくある募集内容とは?

編集仕事の求人にはどのような募集内容が多いのでしょうか?

給与や雇用形態など項目ごとに詳しく見ていきましょう。

給与相場

書籍や雑誌の編集者の求人では、30~40万円の月給となっています。

編集プロダクションの求人では、20~30万円くらいの月給となっています。

パート・アルバイトの雇用形態が主の編集アシスタントの求人では、時給1000~1500円あたりの求人が多いようです。

勤務時間や休日、残業

正社員、契約社員の場合は、10:00~18:00が勤務時間帯の所が多いようです。

最近ではコアタイムのあるフレックスタイム制を採用している会社もあります。

また、みなし労働時間を8~8.5時間とする裁量労働制を採用している会社も増えています。

休日については週休2日制の所がほとんどです。

祝祭日の休みや夏期休暇に年末休暇、他に有給休暇もあります。

福利厚生

正社員、契約社員の場合は、交通費の支給に加え、社会保険完備の所がほとんどです。

パート・アルバイトの場合、交通費の支給はありますが、社会保険の適用には一定の条件を満たす必要があります。

勤務場所

ビルの同じフロアで異なる部署の人間がそれぞれの仕事に取り組んでおりいつも雑然としています。

フレックスタイム制の導入などで時間帯によっては人がまばらな時もあります。

求められる人物像

編集という形で出版に携わる以上、本が好きな人が求められる事は言うまでもありません。

報告・連絡・相談のいわゆる「ホウレンソウ」がきちんと出来る人である事も必須でしょう。

手順を踏んで物事を進める事が得意な人は適性があります。

必要なスキルや資格、経験

経験者の求人であれば出版社や編集プロダクションでの実務経験が求められます。

編集アシスタントの求人ではPCの基本スキルやコミュニケーション力などが求められます。

編集仕事のおすすめ求人のポイント

編集仕事のおすすめ求人を見分けるポイントにはどのような物があるのでしょうか?

編集する書籍や雑誌のジャンルが明確な求人

編集仕事とひと口に言ってもファッション誌とビジネス誌とでは方向性がまるで違います。

どういったジャンルの出版物の編集者を求めているか明確に示されている求人がおすすめです。

自身の適性とのマッチングをよく考えて応募するかどうか決められます。

残業について情報が書いてある求人

編集仕事には残業が付き物です。

裁量労働制ではみなし時間以上働いても残業代は出ません。

どのような形であれ残業について言及している求人はチェックしておきましょう。

少しでも給料の良い求人

編集仕事には職場を問わず様々な苦労が付き物です。

それは他の業種でも同じであり、仕事を続けるモチベーションの維持には対価の大きさが鍵となります。

「これだけ貰えるなら文句ない」と思える位の報酬額を提示している求人がおすすめです。

編集仕事求人についてよくある疑問

編集仕事の求人でよくある疑問にはどのような物があるのでしょうか?

正社員と契約社員が同じ職場で働く事はありますか?

もちろんあります。

待遇には違いがありますが、同じ職場で働いたからと言って互いにけん制し合うような事はありません。

待遇の差はあくまで会社との関係で生じているだけなので、編集者同士にはむしろ仲間意識があります。

会社の求める人物像に「本好きな人」とありましたが、年に何冊読めば本好きだと言えるでしょうか?

読書離れの話題で時々「5冊以下と100冊以上」という話を耳にします。

本を読まない人は年に5冊も読まないが、本好きな人は100冊以上読んで、その差があまりに大きいという物です。

年に100冊本を読む人は文句なしに本好きと言えるでしょうが、これはハードルが高すぎます。

マンガや雑誌は除いてこれまでに本を100冊読んだ事があれば、面接の場で本好きを名乗って良いでしょう。

PCスキルが必要とありますがどの程度の知識があれば良いのでしょうか?

編集職ですからWordやExcelがある程度使いこなせれば問題ありません。

フォトショップやクォークエクスプレスまで使えなければならないというケースは稀です。

まとめ

いかがでしたしょうか。

編集仕事の求人について、募集内容や職種、おすすめポイントなどがおわかりいただけたのではないでしょうか。

裁量労働制の導入など編集仕事を取り巻く環境にも変化が出始めています。

雇用形態や給与の基準などをよく吟味した上で、モチベーションが維持できるような求人にアタックする事が大切です。

この記事が編集仕事の求人に対する皆さんのアプローチにほんの少しでも役立てていただけたなら幸いです。


関連キーワード

編集仕事