美容室に行くと華やかな受付担当の方がご案内をしてくれます。

しかしそれ以外の仕事内容については意識することがなく、あまり知られていません。

楽なのか?他に業務はあるのか?

そんな美容室受付の仕事内容について、経験者がその詳細をご説明いたします。

「美容室受付の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容室受付の仕事は大きく3個の役割に分けられる

お客様ご案内

お客様が来店された際に、お名前をお伺いし、待合室やお席にご案内する業務です。

その後予約状況や担当美容師を確認し、担当美容師やそのアシスタントにお客様が来店された旨をお伝えします。

新規のお客様であればカルテの記入をお願いしたり、待ち時間が長くなるようであれば雑誌をお渡ししたり、さらにスカートを履いているお客様にはブランケットをお渡しするなど状況に応じた対応が求められます。

電話応対・予約管理

電話が鳴った際に応対します。

多くの場合は予約を取りたいというお客様からの電話のため、指名したい美容師を確認し、予約管理表と照らし合わせながらお客様の予約を取ります。

その他お客様からの問い合わせの電話の場合は状況に応じご案内やメニュー、料金の説明をすることもあります。

お会計

施術終了後にお客様のお会計をレジで行います。

担当美容師からその日の施術内容について適切に引き継ぎを行い、レジに打ち込みお会計を完了させます。

その後担当美容師が次の施術に入ってしまう場合にはお出口までお客様のお見送りを担当美容師に代わり行うこともあります。

お客様ご案内の3個の業務

来店客の応対

お客様が来店されたら、電話をしている場合を除き再優先で対応します。

美容室の第一印象を決めるため、挨拶や笑顔は欠かせません。

待合室やお席にご案内し、お荷物や上着などを預かります。

予約内容の確認や本日のご希望などを簡単にヒアリングすることもあります。

施術中の細やかなサービス応対

施術中にもお客様の様子を見て、飲み物を出したりお手洗いへのご案内などを行うこともあります。

待ち時間が長くなるようであれば雑誌を交換したり、寒そうにしていればブランケットをお渡しするなど状況に応じお客様の気持ちを察することが求められます。

担当美容師が複数のお客様を対応していて手が回らない部分まで、代わりにお客様の状況をみながらサポートしていきます。

時にはお見送り応対

基本的には担当した美容師が、お客様がお帰りの際には出口までお見送りをすることが美容室では多くあります。

しかし、担当美容師に次の予約が入っていたり、施術の途中などで手が離せず、お見送りが難しい場合には受付担当が美容師の代わりにお見送りをすることもあります。

電話応対の2個の業務

予約電話の応対

近年ではネット予約なども普及していますが、電話で予約をするお客様も多くいらっしゃいます。

そのため、電話で希望の日時や施術内容・指名したい美容師などを確認し、予約を取ります。

その際に誕生日や、お客様番号などから検索し、事前にカルテを用意しておくこともあります。

当日電話の応対

予約しているお客様が当日になってキャンセルの電話をかけてきたり、道に迷ってしまい電話をかけてくることもあります。

どのような場合にも丁寧に対応し、お客様にまた利用したいと思ってもらえる電話応対を心がけます。

お会計の2個の業務

お会計のレジ操作

お会計は受付担当が行います。

予約内容に加え、当日急きょ追加したメニューなどがないか担当美容師に確認し、レジでお会計を行います。

ポイントカードなどの説明

ポイントカードがある場合にはその説明を行います。

さらに、予約カードや担当美容師の名刺を渡したり、次回予約の確認・予約をしてもらうなどのお声かけをすることもあります。

「美容室受付の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容師受付の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

美容室に来店された、すべてのお客様と接することができ、髪型を変えたり気分をリフレッシュした嬉しそうな表情をみることがやりがいです。

さらに、自分がお声掛けしたことや、気遣い・サービスに対しお客様から感謝された瞬間には自分も嬉しいものです。

面白いポイント

美容室にはさまざまなタイプのお客様が来店されます。

美容師や受付担当とたくさんお話をしたい方もいれば、静かに過ごしたい方もいます。

美容師受付担当は瞬時にそのお客様のタイプを見極め、お客様によって対応を変える必要があります。

慣れていくにつれ見極めることができるようになると、無数のタイプのお客様がいらっしゃることがわかり、面白いと感じることがあります。

美容師受付の仕事はこんな人にはおすすめ!

美容やファッションに興味がある

美容室では最新の技術や流行を理解した美容師が常にトレンドの美容に触れています。

また、髪形やファッションは自由であることが多く、こだわりのある方にはおすすめの職場です。

美容師もオシャレを楽しんでいる人が多く、お互いに情報交換をしたり、ファッションについて刺激をうけることができる職場でもあります。

接客が好きで人を観察することが得意

美容室受付は究極の接客業です。

マニュアル通りのワンパターンの接客では通用しません。

人を観察することが得意で、どのようなご希望をお持ちなのか、どのようなタイプの方なのかを、本人が口にしなくとも瞬時に察する能力が求められます。

さらにその観察したことを接客に反映し、すべてのお客様が心地よい時間を過ごすことができる接客をしたいと考え、実際に行動でき得意とする人はとてもやりがいを感じられる仕事であるといえます。

「美容室受付の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

華やかであまりやることがなさそうな美容室受付の仕事ですが、実はさまざまな役割があります。

立ちっぱなしで体力も必要とされるうえに、常にお客様の状態に気を配ったり、電話や来店の対応に追われる大変な仕事です。

しかし、お客様が心地よい時間を過ごしてもらえたときや、髪形を変えて嬉しそうにしている姿を見たとき、自分の配慮に対し感謝してもらえたときには大きなやりがいを感じることができます。

ファッションや美容に興味があり、接客を極めたいと思っている方にはぴったりの職場です。

ぜひ美容室受付の仕事にチャレンジしてみてください。


関連キーワード

美容室受付仕事