お薬をもらうときに必ず会う人は誰でしょう?

医者に会うのはもちろんですが、実はほかにも会っている人がいることをご存知でしょうか。

それは、薬剤師です。

薬剤師は、医者が処方した処方箋をもとに皆さんが飲むお薬の準備をしてくれます。

お薬をもらうときに必ず会う薬剤師のお仕事を知っていますか?

今回は、薬剤師の仕事内容を紹介していこうと思います。

薬剤師の仕事は大きく4個の役割に分けられる

調剤

皆さんがお薬をもらうまでにどのような過程があるかご存じでしょうか。

風邪を引いたり、高血圧や糖尿病などの慢性疾患に罹患すると病院やクリニックに受診します。

ここでは、皆さんの状態に合わせたお薬を医者が処方してくれます。

この処方内容は、処方箋となり薬剤師の手元に渡ります。

ここで薬剤師は、処方されたお薬が皆さんに適切に渡るように様々なステップを踏んで準備をします。

このステップを調剤と言います。

疑義照会(ぎぎしょうかい)

医師は絶対だと思ってはいませんか?

医師だって人間です。

そのため、ミスはつきものになります。

思い込みで間違った薬を処方したり、間違えて10倍の量を処方することだってあるんです。

薬剤師は持っている薬に対する知識を使って、このような間違いを見つけます。

間違いに対する疑いが晴れない限り薬剤師がお薬を用意することは決してありません。

医師に対して疑いを晴らす処方内容の問い合わせや確認を疑義照会といいます。

すべての処方が間違っているわけではありませんが、皆さんに誤ったお薬が渡ってしまわないように薬剤師は日々疑義照会をおこなっています。

服薬指導

お薬には必ず服用すべき量(用量)と服用すべき方法(用法)が存在します。

医者が処方して薬剤師が調剤したお薬がどれだけ正しくてもきちんとお薬を飲むことが出来なければ意味がありません。

薬剤師は、お薬をきちんと飲むことが出来るように用量や用法を説明する義務があります。

また、ただ単位の見方を説明するだけではありません。

今飲んでいるお薬と新しいお薬との飲み合わせを確認します。

例えば、お薬の効果を下げてしまう組み合わせをしている場合、せっかくお薬を飲んでも十分に効果を発揮することが出来ません。

下手をするとお薬を飲む意味がなくなってしまう事態になりかねません。

薬剤師は、治療上どうしても飲むことを回避できない飲み合わせがあった場合、これを回避することが出来るようにアドバイスを教えてくれます。

薬剤師の説明に耳を傾けると意外と大切なことを教えてくれます。

一般用医薬品の販売

セルフメディケーションという言葉を知っていますか?

セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。

つまり、体調不良は自分で治しちゃおうということです。

日々の健康管理に気を遣うことはもちろん、風邪や軽いけがなどは、市販されている一般用医薬品を用いて自分で手当ができます。

例えば、風邪の時には総合感冒薬を飲み、傷には絆創膏を張るなどといった対応が該当します。

ただし、これには自分の体調をきちんと管理することやお薬を適切に使う必要があります。

しかし、病気やお薬に対して正しい知識を持っている人は少ないでしょう。

ここで、かかりつけ薬剤師は力を発揮します。

薬局やドラッグストアにいる薬剤師は、皆さんの状態に一番合ったお薬を提案し、適切な説明をしてくれます。

もちろん、セルフメディケーションでは対応できないような状態であれば、受診勧告をも行ってくれます。

調剤の3個の業務

初めての薬局では、治療に必要な情報を集めるために問診票などへ記載をお願いすることもあります。

処方箋の確認

受け取った処方箋の記載内容を確認します。

お薬を安全に使用するために次の内容を確認します。

  • 体質・アレルギーの副作用歴
  • 患者さんやそのご家族からの相談事項
  • 服薬状況・残薬状況・服用中のお薬による体調変化
  • 併用薬情報
  • 合併症や既往歴
  • 他科受診について
  • 副作用の発現
  • 飲食物の摂取状況
  • 後発医薬品への変更に対する意向

お薬の準備

狭義の意味では、この段階を『調剤』とも言ったります。

該当するお薬によって準備の方法が異なります。

錠剤

処方箋に基づき、PTPシートと呼ばれるアルミシートを取りそろえます。

粉薬

処方箋に基づき、粉薬を計って分包します。

外用剤

処方せんに基づき、軟膏やクリームなどを混ぜ合わせます。

1包化調剤

医師が指示をした場合、複数種類あるお薬を1回分ごとにまとめます。

お薬の確認

用意したお薬を患者さんに渡す前に間違いがないか確認をします。

ここでは、調剤を行った薬剤師とは違う薬剤師が確認をすることでダブルチェック体制を取っています。

疑義照会(ぎぎしょうかい)の6個の業務

処方箋の疑問点は薬剤師が必ずチェックしています。

この時、薬剤師は、知識や経験、患者さんの服用歴などを用いて次に示す内容を確認します。

必要があれば医師に確認して変更依頼や提案を行います。

薬剤名は正しいか

お薬の名前はカタカナです。

毎年次々に新しいお薬が発売されますが、似たような名前のお薬を多くあります。

近年では、手書きの処方箋で文字が読めないなんてことはありませんが、パソコンでタイプミスをしてしまい、思っていたお薬以外のお薬が処方されていることもあります。

用量・用法は正しいか

お薬は正しく服用しなければ意味がありません。

誤った用量や用法は体の害にしかなりません。

副作用やお薬によるアレルギーはないか

薬剤師は患者さんが訴えている症状はお薬によるものではないのかという視点を常に持っています。

治療に必須のお薬ですが、すべてのお薬が安全性が高く誰にでも使用できるものではありません。

強い作用には、副作用といった体にとって悪影響を示す有害な反応も存在します。

また、体に痒みが生じたり時には呼吸が出来なくなるようなアレルギー症状も出現することがあり命にかかわります。

一度そのような症状が出たお薬は特別な事情がない限り服用できません。

この確認を行うことも薬剤師の仕事の一つです。

同一成分や同類成分を含むお薬が処方されていないか

A病院をもともと受診していた患者さんがBクリニックを受診するなど複数の医療機関を受診していることはよくあります。

医師は、今の状態に適したお薬を処方するため、お薬が被ってしまうことが多々あります。

これによって、お薬の過量投与や思わぬ副作用、相互作用に発展する可能性があります。

薬剤師は処方歴を確認することで無駄なお薬が処方されていないか常に確認しています。

相互作用はないか

お薬は、単独で効果を担保されています。

色々な病気になってしまうとお薬が2種類、3種類と増えていくこともしばしばあります。

思いもよらない相互作用が生じたります。

薬剤師はこの相互作用に対する知識を持っています。

相互作用が出ないような飲み方や違うお薬への変更提案など知識を生かしています。

処方箋に不備はないか

処方箋を偽造して不正にお薬を入手する人もいます。

これは、転売目的など様々です。

薬剤師は適切な薬物療法に貢献するため、このような不正取引には絶対に応じません。

服薬指導の4個の業務

正しい服用方法の説明

間違った飲み方・使い方をしてしまうと治療効果を期待できないだけでなく健康を害することがあります。

これを防ぐために、薬剤師は正しいお薬の使い方を説明します。

注意したい副作用や飲み合わせの説明

副作用に対する情報提供

お薬には風邪薬から抗がん剤まで非常にたくさんの種類が存在します。

これらのお薬には期待すべき作用だけでなく、副作用があります。

しかし、ただ起きる副作用を黙ってみていることはありません。

副作用が重症化しないようにその初期症状を知っておくことで副作用を軽微に抑えることが出来ます。

また、それが眠気など重度ではありませんが、日常生活に影響を及ぼす可能性が高いものであれば注意を促します。

場合によっては、危険な行為を控えたり、禁止させたりすることもあります。

飲み合わせを回避するための方法

飲み合わせが悪いものは回避する必要があります。

飲み合わせには治療を無効化したり、過剰な反応を示し体に悪影響を与える可能性があるからです。

使用するお薬がどうしても治療に必要な場合、薬剤師はその知識を用いて最大限のアドバイスを行います。

同時服用が問題な場合は、1つのお薬は朝服用し、2つめのお薬は夕方に服用するようアドバイスします。

また、飲み合わせはお薬同士だけではありません。

健康に気を使って飲んでいるサプリメントや食べ物にでさえ避けるべき飲み合わせは存在します。

青汁やグレープフルーツはその代表例です。

お薬の保管方法の説明

お薬には適切な保管方法があります。

きちんと守らなければお薬の効果を100%担保できません。

水分に弱いものは、アルミシートから出してはいけません。

持ち運びの利便性のため独自のケースにお薬を裸で入れている人がいますが、実はお薬の効果を下げているかもしれません。

お薬が変更・追加した時の説明

知らない食べ物を好き好んで食べる人はいないでしょう。

お薬も一緒です。

これまで同じお薬を数年飲んでいても体の状況や治療方針の変更に合わせて急に薬が変わったります。

お薬に対する不安を少しでも取り除くことが薬剤師の使命です。

一般医薬品の販売の2個の業務

一般医薬品は処方箋なしでお薬を購入することができます。

患者さんの情報収集

一般医薬品を購入する人は、次の2つのメリットがあると言われています。

  • 1.医療機関が空いていない時間帯でも購入することが出来る
  • 2.病院に行く時間や費用を抑えることが出来る

健康増進、体調が悪いなどいろいろな理由をもって薬を求めてやってきますが、それをすべて鵜呑みにしてお薬を進めるわけではありません。

一般用医薬品を購入しようとする人の多くは、病気やお薬に対して正しい知識を持っていません。

言われるがままにお薬を進めてしまうと、病気や副作用の初期症状を見逃してしまいます。

また、その症状の改善が求めているお薬ではないこともあります。

一般用医薬品を勧める薬剤師が一番にすることは、薬の専門家として患者さんの情報を収集することです。

適切な薬剤選択と情報提供

必要な情報を収集し、薬学的な判断をすればその症状や訴えを改善するお薬を提案します。

次にこれをきちんと使わなければ意味がないため、必要な情報を提供するために説明を行います。

多くの一般用医薬品は症状を和らげる対症療法のお薬が多いです。

購入した一般用医薬品を服用しても症状が改善しない場合は、医療機関へ受診する必要があります。

この受診勧告を行うことも薬剤師の仕事です。

薬剤師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

持っている薬の知識で患者さんの治療に貢献できることが最大のやりがいです。

薬剤師の仕事は処方箋が必要不可欠です。

しかし、患者さんなしではいくら正しいお薬を用意しても意味がありません。

患者さんとコミュニケーションを取り、お薬に対して必要な情報を提供することが薬剤師の責務です。

患者さんからの言葉

患者さんからの言葉は、薬剤師として患者さんに接することが出来た最大のご褒美です。

患者さんには言うまでもなく正しいお薬を渡し、必要な情報を説明・提供します。

『これまでわからなかったことがわかりました』

『あなたのおかげで良くなりました』

など、患者さんからもらえる言葉に最大のやりがいを感じます。

的確な疑義照会で予期せぬ事態を未然に防ぐ

何も起きないことは薬剤師の頑張りの裏返しです。

医療ドラマに薬剤師はほとんど出てきません。

その認知度の低さにも起因していますが、その業務が地味なのが最大の要因でしょう。

だからこそ薬剤師が行っている業務は医療現場で活きてきます。

薬の専門家として膨大に持っている知識を一番有効に使えるのは疑義照会です。

ただの倍量投与で済めばなにも困りません。

しかし、その倍量投与で死亡事故が起こっているもの事実です。

あくまでも適切な医療の提供が薬剤師の役目です。

薬剤師は縁の下の力持ちでこそ意味があります。

面白いポイント

薬剤師は薬の専門家だからこそ医療への貢献が出来ます。

医師はすべての薬を知っているわけではない

大抵の医師には得意とする診療科があります。

言い換えれば、全くわからない領域があるということです。

薬剤師は薬の専門家のため、診療科の枠にとどまることがありません。

だからこそ薬学的な知識を生かした提案が出来ます。

医師はプライドが高い人が多いです。

そのため、明らかな間違いにもなかなかうんと言いません。

ぶれない薬の知識は、プライドが高い医師をも唸らせる力を持っています。

薬の内容で患者さんの変化がわかる

薬剤師は薬の変化にとても敏感です。

患者さんにお薬を渡してから次の受診の時にお薬の内容が変わっていると良くなったんだということを誰よりも感じることが出来ます。

これはその患者さん専門のかかりつけ薬剤師だからこそできる技です。

まとめ

薬剤師はお薬の専門家として医療に密接に関わっています。

医療は医師だけでは決して成り立ちません。

薬剤師が調剤・疑義照会・服薬指導を行うことで医療の質を飛躍的に高めることが出来ます。

また、患者さん自身が行うセルフメディケーションにも積極的に関わっており、活躍の場は留まることがありません。

いつも何気なくもらっているお薬は、薬剤師が活躍することによって何事もなく患者さんの手元に届いています。

患者さんからもらえるやりがいを感じてしまったらもうやめられません。


関連キーワード

薬剤師仕事

薬剤師求人についてもっと深堀りした情報を見る

薬剤師の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

給料が少ない、上司が傲慢で職場環境が悪いなど仕事について悩みを持っていませんか?薬剤師は誰もが羨ましがる仕事の一つです。しかし、薬剤師がみんないい条件で働いているなんてことありません。薬剤師だって不満が溜まります。その不満が爆発すれば、自ずと転職の文字が頭をよぎるでしょう。国家資格である薬剤師の転職はそれほど難しくありません。今回は、現役で転職を経験した私が薬剤師の転職を成功させるためにその特徴と注意点をご紹介しましょう。薬剤師で転職する人は多い?一般的に転職は就職してから3年までに多いと言われています。もちろん、薬剤師もこれに該当します。働き出して1年も経過すると職場環境が良く見えてきます。

薬剤師の年収・給料はどのくらい?経験者の私が相場や年収の決まり方を紹介します

薬剤師と聞くと給料が高いとイメージする人が多いでしょう。ではどれくらい高いか知っていますか?インターネットではいろいろと紹介されていますが、実は薬剤師でないとわからない要因がたくさんあります。今回は、薬剤師の年収・給料を内部から見ていきましょう。薬剤師の年収の相場はどのくらい? 薬剤師の年収は、雇用形態と職域で大きく異なります。雇用形態を正社員、パート・アルバイトの2つ、職域を薬局、病院、ドラッグストアの3つに分けて紹介します。正社員で新卒入社した場合薬局平均年収:550万円薬剤師と言えば薬局を想像する人が一番多いでしょう。薬局はコンビニよりも数が多いとされており、薬剤師が働いている職域として

薬剤師正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

『薬剤師』って聞いたことありますか?職業に『薬』という文字が入っている仕事は薬剤師くらいです。薬剤師の活躍の場は病院や薬局などの医療現場に限定されています。そのため、健康な人では薬剤師という職業があることでさえ知らない人もいるでしょう。現在の医療では、薬剤師は縁の下の力持ちのような役割を担っているため、その認知度はあまり高くありません。そのため、今回は薬剤師正社員についてご紹介していきたいと思います。薬剤師ってどんな仕事?薬を飲んだことがありますか?食事は人間に必要不可欠のため、必ず食べますね。薬は必要なければ飲むことはありません。そのため、一般の人が持っている薬の知識は人により大きな偏りがあ