皆さんこんにちは。

如何お過ごしでしょうか?

今回はアルバイトを辞めたいような時に、あなたがとるべき行動について書いていきたいと思います。

ではこれから、バイトを辞めたいと思ってしまうようなよくある原因とその対策、円満に辞めるための流れ等についても解説していきたいと思いますのでどうぞ最後までご覧になって下さい。

バイトを辞めたいと感じてしまう5個の原因と対策とは?

アルバイトは正社員とは異なり、様々な待遇の面で大きな差が生じる事になってしまいますが、その分此方が背負う仕事上の責任も少なくて済みますし、精神的にはかなり気楽でもあります。

しかし、いくらアルバイトの身分であるとは言え仕事は仕事ですから、やはり大変な事もありますし、辞めたくなってしまう時だってあるでしょう。

ここからはバイトを辞めたいと感じてしまう原因とその対策について幾つか具体例を書いていきたいと思います。

思っていた仕事と違う

仕事に就く前に想像していた内容と実際の業務が違っていたというのはとてもよくある話で、何もアルバイトに限った事ではありません。

憧れて入った会社が実はとてつもないブラック企業だったり、希望していた部署にいつまで経っても配属されなかったり、入社早々にど田舎に転勤を命じられたり等々。

アルバイトの場合によくあるパターンとしては、仕事が思ったよりもきつかった、つまらなかった、募集広告とかなり違った仕事内容だったといった所でしょうか。

その対策とは?

事前のリサーチをしっかりとしましょう。

仕事の募集と見合い写真と不動産の広告は嘘だらけ、とはよく言ったものですが、ともかく自分が想像していた仕事とかなりイメージがかけ離れているような場合、どうしてもそれが合わないと感じるのであれば早めにその旨を伝えて退職した方が良いです。

嫌々仕事を続けられたとしても雇用側は困ってしまいますし、仕事に対する情熱ややる気も沸いてはきません。

こうしたトラブルは応募する側にも問題がある場合があります。

その会社や仕事に対して十分なリサーチを行わずに、憧れと勢いだけで応募してしまったようなパターンではその背後にある苦労や大変な点が見えてはいないからです。

会社もどれもが皆優良企業ばかりだとは限りませんから、ブランドや業種だけに騙されず、慎重に検討していきたいものです。

仕事の条件が話と違う

面接等の時に説明された雇用条件や仕事内容が実際とは違うとか、面接官が意図的に異なる説明をしていたり、雇用者側に不利な条件や内容等を隠したまま明確に話していない、というのもよく聞く話です。

悪質な所では巧みに法の抜け穴を利用して雇用者の無知に付け込み、実に分かりにくいように不利な条件を組み込んでいたりします。

時間外でも残業代がつかないようになっていたり、口だけで実際には社会保険には加入しておらず、天引き分が社員のポケットマネーになっていたりと、ここまで来るともう犯罪と言えますが実際に起きた事例はあります。

その対策とは?

こちらも毅然とした対応をしましょう。

とにかく会社にいいように使い倒されない様にする為にも、こちらも就労するにあたってそれなりの知識と自分の意思をハッキリと持っておく必要があります。

労働に関する内容はしっかりと面接で聞いておき、曖昧な点はしつこいくらいでいいですから質問して、きちんと相手に説明させましょう。

契約書にサインや捺印をしてしまったらその条件に同意した事になりますので、しっかりと検討してから仕事は決める必要があります。

人間関係

仕事での人間関係はとても疲れるものです。

会社には色々な人達が居ますから、どうしても自分とは馬が合わないような相手が一人や二人は存在するのがむしろ当然と言えます。

特に男は一歩家の外へ出れば7人の敵がいると言われている位ですから、そう考えると人間関係というのはそもそも大変なのが当たり前で、何事も無く円満に事が進むようなケースというのはかえって珍しいと言えるのではないでしょうか。

その対策とは?

大人の対応をしましょう。

例え何処に行っても、あなたに何の非も無いのにつまらない事で逆恨みしてきたり、絡んできたり、いつまでもしょうも無い事を根に持ち続けたりするようなケチな人というのは確実にこの世の中には存在します。

数でいえば精神的に未熟だったり、悪辣だったり、モラルや人徳が欠けているような連中が優れた人々よりも多いと言われる位です。

勿論こちらも完全な人間ではあり得無い訳ですから、その辺はお互い様と言えるのですがともかくおかしな手合いとは距離を置く、何か変な事を言われたとしても相手にしない等して感情的にならないように対応する事が大切です。

バイトの人間関係で悩んでいる時は、こちらの記事を参考に!

仕事に対する熱意が無い

アルバイトに任せられる仕事というのは時給相応のものであり、特に賃金が安いような仕事ではそれ程責任重大であったり創造的な業務はやらせてくれない場合が殆どです。

誰でも出来るけど面倒なので誰もやりたがらないような雑用とか単純作業とか、逆にそういうものを敢えて求めている人もおりますが。

仕事によっては分厚いマニュアルがあり、やたらと細かい事まで覚えなくてはならないようなものもありますが、それはそれでバイトにしては大変すぎて時給にも見合っていないと感じてしまうものです。

しかし、報酬として給料を会社から頂戴する以上はこちらもやるべき事はやらねばなりませんから、例え退屈な単純作業であっても、自分の与えられた仕事はミス無くこなす必要がはあるのは言うまでもありません。

その対策とは?

どんな仕事にも想像力を持ちましょう。

仕事に対してやる気の無いという人は、自分なりの楽しさややりがいをその中に見出すような努力をしてみると良いでしょう。

随分前の事ですが、ソニーの重役の方が「どんなに単純な繰り返し作業であっても、想像力を働かせる場は無限にある」、との発言をされていたのを憶えています。

与えられた仕事をただ漫然とダラダラやるのではなく、自分で創意工夫を持って積極的に取り組む姿勢を持つ事が大切なのです。

ちなみにその頃のソニーと言えば誰もが入社したいと考えた憧れの企業で、ソニーブランドと言われていたものですが、私はずっとアメリカの会社だと思っていました。

多くのアメリカ人は今でもソニーとホンダはアメリカの企業だと思っているようです。

待遇の差に不満がある時

給料や福利厚生は言うに及ばず、他のあらゆる面においてもアルバイトと正社員の間には歴然とした待遇の差が存在します。

加えてアルバイトというのはいつ首を切られてもおかしくないような不安定な雇用なものですから、生活の安定とか社会的な信用度という点から考えてもかなりの不利を被る立場だと言えるのです。

例えばあなたが家を建てたいと思っても、正社員であればすんなり通るであろうローンを組む事が出来ません。

(余談ですが、私の経験ではすんなりローンが組めたのは身分が公務員であった時で、そうでない民間企業の時にはあっさりと落とされた記憶がありました。)

また、最近はそうでもありませんが、昔は部屋を借りる時やクレジットカードを作成する場合等、身分がアルバイトであったが故になかなか大変な思いをしたのを覚えています。

その対策とは?

正社員を目指してみましょう。

こうしていろいろと考えてみると、吹けば飛ぶようなアルバイトというのは全くこの世の底辺の存在だと言えます。

ボーナスは全くつきませんし、長く勤めれば勤めるだけ正社員との収入の差が大きく広がっていく事になります。

何か事情や目標があって限られた期間だけとか、しっかりとした本業を持ちつつWワークとして行うのならばアルバイトは便利で良いのですが、漫然と目的も無くただただ日銭を稼ぐ為だけにいつまでもそれだけをして生活するようなスタイルをあまり長く続けるべきではないと思います。

それならばいっその事一念発起して正社員を目指して頑張ってみましょう。

かつては不況で就職難の暗い時代が長く続いた我が国も今では状況が変わっています。

もっと以前のバブルに浮かれまくった時代を知る人達にとっては、その当時企業の正社員になるのは造作もない事で、公務員などという職業はそれこそ見向きもされなかったものですが、その後の不況に伴う就職氷河期真っ只中に成人を迎えて嫌と言うほど辛酸を舐めさせられてきたような人達にとっては正社員になると言うのは随分と敷居が高いという印象を今も持ち続けているのだと思います。

勿論、状況が改善された現在でも仕事を選びすぎているようでは難しいと思いますが、正規雇用の口は確実にありますから是非がんばってみて下さい。

バイトを円満に辞めるための流れとは?

ここからは、アルバイトを辞める時の流れについて見ていく事にします。

仕事を辞めると決めた時点から、退職に向けての色々な準備をしておかなくてはなりませんので、それなりに時間を要する事になります。

辞め方一つであなたの印象ががらりと変わりますから、立つ鳥後を濁さずと言った感じでスマートに職場を去るようにしたいものです。

1.早めに会社に伝えておく

今はどこの業界でも慢性的な人手不足に悩んでいるような状況ですから、人が集まらずに必要最低限の人数でぎりぎりに回しているような現場も決して珍しくはありません。

そんな環境では例え一人のアルバイトであっても抜けられたら業務に支障が出てしまいますので、辞める場合の連絡というのは出来るだけ早いに越した事は無いのです。

最低でも離職する1ヶ月前までにはその旨を伝えておくのがマナーです。

2.業務の清算

アルバイトの場合、そこまでの事もしないかも知れませんが、必要に応じて後の人にあなたがやっていた仕事の引継ぎ等、会社での業務は清算して職場を去るようにしたいものです。

3.有休の消化

例えアルバイトにもちゃんと有休が貰えるようなまともな会社に勤めていたとしても、退職までにそれをあなたが全て消化しきれていない場合、残りの休みの分は全て消えてしまう事があります。

良心的な所では消化しきれずに残った分の有休を買い取ってくれるような場合もありますが、ケースバイケースなので基本的には辞めるまでに全て使い切ってしまうのがベストです。

まとまった休みを申請したとしても、会社側はもう退職するのが決まっているような人にあまりうるさく言って来るような事も無いでしょう。

4.必要な手続きを済ます

会社に保険証を返還したり離職票の受け取り等、必要な手続きを済ませておきます。

こういう手続きもいきなり辞めてしまうと行う事が出来ませんから、会社側も非常に困ります。

やはりいきなり会社に来なくなるような辞め方はするべきではありません。

バイトを辞める時は、こちらの記事を参考に!

まとめ

今回のテーマはアルバイトを辞めたい時の原因と対策、円満に仕事を辞めるための流れについてでした。

お金を稼ぐ為にせっかく始めたアルバイトでも、心境や思考の変化と共に色々な事情から辞めたくなってしまうような場合もあるでしょう。

思い立ったが吉日とばかりに直ぐそのバイトを辞めるのも一つの方法ではありますが、そうもいかない事情を抱えている人も少なくないと思いますので、ここではなるたけ今の職場に残るという選択肢を考えながらどう上手く対応していくかについて書いています。

辞める前には失業保険の受給資格や有休の消化等を考慮して、あなたの状況によっては今の職場にしばらく残った方が有利となるような場合もあります。

そして、いよいよ仕事を辞めるとなった場合には出来るだけ円満に職場を去るようにしたいもので、いきなり何も連絡せずに会社に来なくなってしまうなどは以ての外。

数日前に急に辞めますというのも良くありません。

会社に入る時と同様に辞める時にもそれなりの手続きを踏む必要がある訳で、そうしたものは時間に余裕をもって行う必要があるからです。

幾つもの職場を渡り歩いてきたような人にとっては退職は毎度の事に感じられるでしょうが、話を切り出すタイミングや退職理由等は毎回結構気を使って考える事が多いと思います。

アルバイトでも、長年その職場に勤めている人であれば色々と築き上げた人間関係もある事でしょう。

長く勤めた会社であれば、あなたに対して送別会を行ってくれたりする場合もあるかも知れません。

会社を辞めるとなった時には、次の仕事に対しての準備等に追われて色々と忙しくなるのは当然だと思いますが、やはり今いる職場に対しての責任は大人の対応として最後まできちんと果たすようにしたいものです。

終わり良ければ全て良し。

物事は入り口と出口が大切と言われるように、出来るだけ気持ち良く颯爽と職場を去るようにしたいものですね。