看護助手になるために必要な事は、いくつかあります。

同じ国家資格のいらない医療事務にはよく資格が必要であると言われていますが、看護助手の場合は正直そこまで必要はないでしょう。

ただ自分の為として資格を持っておいて損はないです。

どういう資格が必要になってくるか、また看護助手の適正とはなにか?

それらも全てお答えさせて頂きます。

看護助手になりたい方は参考にしてみてください。

看護助手になるには?

看護助手になるには、特に必要な資格はいりません。

精神的な部分と、肉体的な問題かもしれませんね。

募集要項に記載されている事がないためご存知のない方もいるでしょうが、看護助手の資格というものは存在します。

同じように国家資格が必要ない医療事務は、資格や経験を重視している医療機関が多いので、看護助手に関しても不透明なものとも言えるでしょう。

資格はあればで構いません。

実際私は過去に看護助手を行っていましたが、特に困った事はありませんでした。

判断力、体力、業務を卒なくこなせるか、報連相、これらが重要ですね。

看護助手になるために必要な資格は?持っておくべき資格とは?

看護助手になるために必要な資格は、あくまでもあれば問題はありません。

医療事務と異なり、資格を重視されている訳ではないです。

ただし持っておいても良い資格ではあると思って下さいませ。

メディカルケアワーカー、メディケアエイダー、看護助手実務能力認定試験などですね。

聞いた事ないものもあるかもしれませんが、これらは全て看護助手としてあっても良い資格となります。

メディカルケアワーカー

メディカルケアワーカーとは国が認定した看護だけでなく福祉に関係する技能、地位を良くする為に作られた看護助手の資格となります。

日本初の看護助手の資格と言われており、認知度は低いですね。

名前すらご存知ない方も多いでしょう。

ただこのメディカルケアワーカーの資格を取るにあたり、条件があると思って下さい。

医療事務のように経験のない人間でも取得できる資格ではなく、メディカルケアワーカーの場合は看護助手として1年以上勤続年数がある事が条件となります。

看護助手として働いてからの地位向上の為の資格だと考えておいても良いですね。

初心者向けの資格ではありませんが、地位向上の為の資格だと考えて下さいませ。

実際1年程度ではまだまだ分からない事もたくさんあります。

勉強してメディカルケアワーカーの資格を得る事によって、基本的な知識の向上を測る事が可能です。

メディケアエイダー

こちらの資格はクリニックで働く看護助手向けの資格ではなく、病院勤務の看護助手を考えている方向けですね。

メディカルケアワーカーと異なり条件がある訳ではありませんので、勤務年数関係なしに取得する事が可能です。

どういう資格かと申しますと、介護に近い資格だと考えて下さい。

内容として看護業務と補助業務、院内介護技術などとなります。

費用は3000円ほどですが、資格の受験日に関してはメディカルケアワーカーと異なり、教育機関によって異なるため受講したい場合は、事前に日程を確認しておかなければなりません。

病院勤務の看護助手というのは、介護ヘルパーに近い仕事をしなければなりません。

私は過去病棟勤務の看護助手として勤めていた事がありますが、寝たきり患者の世話や、ベッドシーツの交換、食事の介助、おむつ交換などを全て行っていました。

ヘルパーと変わらないものであると思っておいた方が良いでしょう。

看護助手実務能力認定試験

こちらは通信教育などで受けられる簡単な資格です。

育児や家事で忙しい方にお勧めの資格とされております。

看護助手としての基礎知識、役割や医療従事者として働く心得、看護補助業務の技術に関して学ぶ事が出来るというものです。

こちらは誰でも受ける事が出来るため、難しい試験などはありません。

申請をすれば資格認定をもらえる事となります。

なくても良いものなのですが、医療系の知識が全くない方にはおすすめですね。

別に入ってからでも教えてもらえる事は出来ますが、ある程度知識を付けておきたいという方には良いでしょう。

看護助手の就職先や募集状況は?

看護助手の就職先や募集状況に関しては、病院やクリニックが主となります。

選ばなければどこでもあるのは事実ですね。

同じような立場にある医療事務よりも、どちらかと言うと就職先や募集状況は多いと思って下さいませ。

看護師ほどではありませんが、看護助手も必要とされている人材の1つです。

看護助手の主な就職先

看護助手の主な就職先は、病院やクリニックとはお伝えしましたが、内容によって大きく異なると思って下さい。

病院の看護助手はヘルパーと同じ扱い、クリニックの看護助手は医師や看護師の診療の手伝いになります。

同じ看護助手であっても、大きく変わります。

探してみたら結構就職先は多いですが、仕組みを知らない人からすればこんなはずではなかったと感じるでしょうね。

病院勤務

どちらかというと、ハローワークやその他の求人広告でよく見かけるのが、病院勤務の看護助手でしょう。

病院勤務の看護助手は、現在でも不足しております。

医療だけはいつの時代も必要なものですからね。

高齢化も進んでいるため、医療系は常に人手不足になっているのです。

私は過去に病院勤務の看護助手をしていた事がありましたが、3ヶ月ほどで辞めてしまいました。

配属された場所が寝たきり患者のいる病棟だったからです。

当時働いていた時は20代そこそこだったため、寝たきりの現実をしりショックに耐えられなかったとも言えます。

自分の配属される場所は自分が決めれる訳ではないので仕方がありませんが、ショックを受ける方も少なくありません。

ほとんどが入院患者の世話が多いため、ヘルパーのような仕事が多かったですね。

普通の入院患者もいるので病院にもよるかと思いますよ。

ただ職種名が看護助手なだけで、やっている事はヘルパーと変わりません。

介護の知識は多少なり必要なので、事前に勉強をしておいた方が良いでしょう。

またクリニックとは異なり、病院なので夜勤が普通にあるケースもあります。

求人広告で探していた時、夜勤が結構多い事もあり給料はクリニック以上に良かったです。

介護に抵抗がなく、また夜勤でも良いという方であれば病院勤務をおすすめいたします。

クリニック

私は耳鼻咽喉科で看護助手を務めていた経験を持っています。

働きやすさで言えば間違いなくクリニックでしょうね。

私の働いていたクリニックは看護師が少なった事もあり、看護助手の割合が多かったです。

時間帯も診療時間通りではありますが、残業は普通にあります。

何科にもよるかと思いますが、特に耳鼻咽喉科の場合はインフルエンザや花粉症の時期に左右されました。

給料も普通でしたし、働き方としては悪くなかったです。

分からない所は1から教えてくれましたし、初心者向けと言っても良いでしょう。

ただ本当に場所にもよるかと思いますが、看護助手が何かしらの検査を行ったりすることもあるので、その辺りは責任を持ってやらなければなりません。

私が務めていた所では、聴力検査を看護助手が行っていました。

これは違法ではなく、医師が認めていれば出来るそうです。

眼科などでは白内障や緑内障の検査を看護助手が行っている所も多いんですよ。

手術施設のあるクリニック

耳鼻咽喉科を2か所働いていた事があります。

もう1か所働いていた所は、手術施設のある大きなクリニックでした。

鼻の骨を取って、呼吸を良くするという手術だったのですが、1度その手術スタッフとして参加させて頂きましたね。

そこのクリニックが変わっていたのかもしれませんが、時折ローテーションで役割を変えるという事をしていたようです。

医療事務、診療の看護助手、手術の看護助手、院長の秘書などをやっていました。

新人の内に色々経験をするという事だったようですが、手術の看護助手として働くのは向き不向きがあるかもしれません。

私は診療の看護助手として働くのは問題ありませんでしたが、手術のように内臓などを見るのが非常に苦手だったので、とても出来る心境ではなかったです。

血液には抵抗がありませんでしたが、特殊な施設のある場所ではそういう事もあるので、どこに配属されるかある程度覚悟しておいた方が良いでしょう。

看護助手として入ったはずなのに、何故か医療事務として働いているというケースも本当にありますよ!

看護助手の働き先の見つけ方

看護助手の働き先の見つけ方は、特に難しくはありません。

ただ働き先を見つける時に注意して頂きたいポイントは多いのは事実ですね。

そうでない限り、失敗される方もたくさんいます。

給料面のみをチェックしてはいけませんよ。

働き先を見つけるときに注意したいポイントは?

ポイントとしては病院であるか、クリニックであるかですね。

地元民なら病院に関してある程度噂が流れこむ事が多いです。

クリニックであれば何科であるかとかは記載しているので、ある程度どういう所かは想像つきますし、また来院患者もどういう方なのかも予測できます。

何事も調べる事は必要ですよ!

病院の場合はネット検索

結構病院の看護助手を募集している所は多いのですが、クリニックと異なり何で有名な病院かを理解出来ない方もたくさんおられます。

病院って大体何科でもあるでしょ?と思っている方もいますが、実はそうではありません。

確かに全ての科が入っている事が多いのですが、病院によって何を専門としているか大きく異なります。

例としては精神内科だったり、寝たきりの方が世話になる事が多い病院だったりするのです。

地元民であればある程度噂を耳にするため、どういう病院であるか判断は付きやすいのですが、実際私が病院の看護助手として働いていた時も、詳しく知らなかったからというものありました。

ネット検索してどういう病院か調べた方が無難ですよ!

施設がある場合は注意

基本的に手術を行うクリニックや姉妹クリニックがある所は少ないものです。

最近では手術を行うクリニックも増えてきているため、そういう施設があるのかどうか調べておいて損はないですね。

診療スタッフとして働くか、また手術スタッフとして配属されるかは働き次第にもよるからです。

どちらも看護助手が働いている為問題はありません。

ただ私のように手術の内容を見るのが苦手だという人には不向きだと考えて下さい。

甘いような考えに聞こえるかもしれませんが、もっと重度の方だと血液を見るのですら難しいという方もいます。

そういう理由で診療スタッフにしてくれと言われても、他の方からすれば人手不足なのに困ると思われてしまうでしょう。

姉妹クリニックがある所は少ないのですが、姉妹クリニックがある場合は転勤の可能性があると考えておいて下さい。

実際私は人手不足の時に姉妹クリニックに行くように言われた事がありました。

別に良いのですが、場所が遠いので結構しんどかったですね。

看護助手の私が考える看護助手としての適性とは?

看護助手としての適性は、臨機応変に対応できる能力があるかどうか、医療従事者である事を認識しているですね。

臨機応変に対応できるは、どの職業でも同じ事が言えるでしょう。

しかし医療従事者である事を認識しているかどうか、これは最も重要な心得であると思って下さい。

臨機応変

看護助手は医師や看護師と一緒に、患者の治療に当たる事が多いです。

それ故何でも対応出来る能力が必要となります。

これはよくあった事なのですが、治療中患者が意識を失った事が何度かありました。

慣れていない人間からすればどうすれば良いのか全く分からず、ただ慌てる事しか出来なかったです。

ある程度慣れていけば自然と心構えは出来るでしょうが、いざという時対処できなければどうしようもありません。

気を失うって実は怖い事ですよ!

漫画とかでよくある事だと思っている方も多いのですが、そのままの状態で放置していると舌がくぼんでしまい、呼吸が出来ない状態にあると言われているのです。

先生がビンタをして患者を目覚めさそうとするのですが、目覚めない人の場合はベッドまで運ばないといけません。

そういう事態に備えて自分も医療従事者である事を常に頭において頂きたいですね。

どんな人が看護助手に向いているかは、こちらの記事を参考に!

まとめ

看護助手には誰でもなれます。

適正もちゃんとしている方であれば、特に問題はないでしょう。

看護助手として上手くやっていっている方もいますからね。

資格はなくてもいけますが、知識は絶対にあった方が良いです。

看護助手なのに全く知らない事もあるというのは、患者からすれば不安にさせてしまいますからね。


関連キーワード

看護助手求人