私は今までいろいろなところで仕事をしました。

業界も、飲食、建築、保険など様々な業界を経験しました。

その中で感じたこと、見たもの、聞いたものをもとに、仕事の人間関係が辛いと思う瞬間について書いていきます。

仕事の人間関係が辛いと思う4個の瞬間とは?

これはどこの職場でも感じることがありました。

それをふまえていくつかご紹介していきます。

これはほんの一部なので、他にも多々あるとは思います。

無駄な説教で時間のロス

働いている人の中には、ストレスのはけ口として、自分より弱い立場や下の立場にいる人に対して、愚痴や説教を行う人がいます。

私もいろんな職場でこれを経験しました。

特に気に入らない新人や後輩に対しては強くあたる人がいます。

珍しくやってしまったミスをすごい勢いで追求してきたり、一言言えば終わるようなことを、ぐちぐちと長時間に渡って言われたりします。

それによって他の仕事を取り組むのが遅くて、提出が遅くなったり残業をしたりすると、仕事ができない認定をされ、更にそれで長時間に渡ってぐちぐち言われたりします。

無駄な時間を取られ、精神的にもすりへらされます。

仕事量が違う

新米なんだからと多量の仕事を押し付けられたことがあります。

私が看護師をしていたときに、新入社員がその部署は私一人でした。

新人だから仕事を覚えないといけないからと、朝の点滴の準備や清掃などの雑用は新人の役目として全てさせられ、遅れるとため息をつかれました。

他にも受け持ちの患者数が私だけ倍の数を持ち、さらに緊急入院の対応までさせられたり、ナースコールが多かったり注文が多かったりと時間がかかる患者さんを担当させられたりしました。

確かに仕事を覚えたり、慣れるという意味では必要なこともあるとは思いますが、新人にまかせる量ではない量を与えられました。

なのでもちろん一日の中で昼休憩はもちろん、休憩なんてことはほとんどとれませんでした。

看護師は女性社会なので、新人いびりなどは陰湿なものが多かったです。

責任を負わされる

気に入らない後輩などに対して、自分の責任や他者の責任のものを、こいつのせいと関係ない失敗の責任を取らされることがありました。

嫌われたりしていると、話もろくに聞いてもらえず、一方的にお前が悪いという感じでひたすらお説教タイムみたいなこともあります。

逆に人間関係がいいと、ちょっとしたことは気にせずに、なにかやらかしてしまったとしても次やらなければいいよと守ってくれます。

他者との比較

嫌いな人に対して、自分のお気に入りの人との比較をされたりします。

あの子は細かいところをしてくれたりするし、などはまだいいのですが、あの子のほうが可愛いとか、付き合いがいいとか外見やプライベートなことまで言ってきます。

プライベートなことがでてくると、そこからはだからモテないとか友達いないとか勝手に決めつけられただの悪口をひたすら言われるなんてこともあります。

そういう人には、その後どんなにいろんなことをしても、ごますり?

とか何ポイント稼ごうとしてるのとかいいようにはとってもらえないことも多いです。

修復が難しくなるので、そうならないようにすることが大切です。

人間関係が辛い時の対処方法とは?

対処法はいろいろありますが、自分に合ったものを選んでみてください。

味方を作る

人間関係に悩むときに私が一番これをするといいと思うのが、味方を作ることです。

全ての人間が敵ということはなかなか考えにくい状況だと思います。

特に理不尽なことでの人間関係トラブルの場合、どこかであの人のせいではないのにとわかってくれている人はいるものです。

できれば、問題な人よりも立場が上の人間で味方がいると、なにか問題になったときにかばってくれたりします。

上司が問題の人の場合、いろいろなところで仕事に支障をきたすこともあるので、上司の上の人間に味方を作ることで、日頃の問題も相談し、上司にも一応報告はするが、味方の人に許可をもらったのでと仕事が進めれます。

こうすることでさらに気に入られないということはありますが、もともとそういう対応なので変わりはしないです。

場合によってはそういう対応を続けることで、無視というかたちになることもありますが、それが逆に仕事がやりやすくなるケースや、上司を変えてくれるというケースもあります。

ですので、できれば地位が上の人の味方を作るといいです。

他にも気軽に相談できる味方を作る、そして何人か作ることで、負担は軽減されます。

リラックスできる時間を作る

人間関係でトラブルがあるときは、かなり精神的にきていることが多いです。

ですので、自分がリラックスできる時間を作ることが大切です。

ストレスがかかっているときは、常に緊張状態にある感じでとても疲れます。

どこかで息抜きをしないと、いっぱいいっぱいになってしまいます。

リラックスの方法は、紅茶やココアを飲むなどしてみたり、映画や本などゆっくりする時間、スポーツなどで身体を動かす時間など自分に合ったものを選んでみてください。

私はスカッとするアクション映画を見たり、戦争ゲームなどで銃を撃ちまくるということをしてストレス発散したり、カラオケに友達といくということなどを実践していました。

なので、休日や仕事終わりの時間をどう予定たてるかは重要です。

事前に予定を立てておくことで、そこに向かって頑張ったりもできます。

仕事にやりがいを求める

人間関係で嫌だなと感じると、転職を考えたりもします。

それをふみとどまるための一つとして、今働いている会社での仕事のやりがいです。

このプロジェクトに関われるからや、このお客さんとの仕事や仲間との仕事が楽しいから、などやりがいを求める先は様々です。

私は、営業をしているとき、やったらやったぶんだけ収入になることにやりがいを感じ、他の会社と比べても収入が良かったので続けるという時期がありました。

他にも看護師の時は、患者さんとの時間が楽しいということがやりがいになっていました。

そういうふうに自分が楽しいこと、やりがいを見つけてみてください。

まとめ

仕事をする上で、ほとんどの仕事で人と関わることがあります。

そうなると人間関係の問題はついてまわります。

全員に好かれる人なんていないからです。

でもきちんと責任もって仲間を大切にして仕事をしていれば、確実に味方になってくれる人もいます。

少しでも参考になれば幸いです。


関連キーワード

仕事の悩み


仕事の悩みに関するコラム

調剤薬局事務の仕事を辞めたいと思う6個の理由とその乗り越え方とは?

調剤薬局事務といえば、勤務形態が選べるため結婚・出産後も働きやすいイメージで女性に人気の職業。しかし、実際に働いてみるとその大変さから辞めたいと感じるケースも多くあります。この記事では、調剤薬局事務員が仕事を辞めたいと感じる理由とその乗り越え方について解説していきます。調剤薬局事務の仕事を辞めたいと感じた6個の理由と乗り越え方とは?調剤薬局事務は患者さんから処方箋を受け取ってお薬代を計算したり、薬剤師のサポートを行ったりする業務がメインとなります。一見すると受付に立って応対するだけの簡単な仕事に見えるため、実際の業務の大変さとのギャップに苦しむ人が多いようです。それでは、調剤薬局事務員が仕事を

言語聴覚士の仕事を辞めたいと思う8個の理由とその乗り越え方とは?

言語聴覚士は専門性が高い仕事であるが故に難しい判断を迫られる場面が多くあります。しかし、後先考えずに辞めると後悔する事があります。辞める前にやっておくべき事、知っておくべき事、また、辞めたいと思った時にどう乗り越えていくと良いかをご紹介致します。言語聴覚士の仕事を辞めたいと感じた8個の理由と乗り越え方とは?言語聴覚士を辞めたいと感じるのは、患者さん、他の言語聴覚士、他職種との人間関係が原因となる事が多いです。辛い思いを共感しなければならない何かしらの障害を持っている方と接しなければならないため、患者さんは精神的に不安定である事が多いです。なぜこんな病気になってしまったんだろう。この病気は治るの

航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とそれでもやりがいを感じる4個のこと。

航空会社というと、華やかなイメージを持っている人も多いと思いますが、体力勝負の仕事ですし、シフト勤務で大変な仕事でもあります。こんなに大変なのに、この苦労は報われない…そんな時、ブラックだな、と感じることがあります。私は空港で働いていたので、現場寄りの偏った意見になってしまいますが、客室乗務員やグランドスタッフ、整備士やグランドハンドリグといった職種には、何か1つ当てはまる内容になっていると思います。航空会社がブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間とは?航空会社の仕事の中でも特に人気なのが、客室乗務員とグランドスタッフです。客室乗務員やグランドスタッフは、多少条件が悪くても、なりたいと思う人は

事務の仕事に休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

今回は、事務職の休み事情について、休みを取るときに気をつけることなど、詳しく見ていきましょう。休みが多い雇用形態はあるのでしょうか?事務の業務にフォーカスする形で雇用形態別に掘り下げていきます。事務の仕事に休みは多いの?事務職では、どのような雇用形態に休みが多いのでしょうか?正社員や派遣社員など、その働き方には色々あります。休みの多寡を含め、自分に合った働き方が選べるようにしたいものです。正社員社会保険が完備されていたり、雇用期間の定めがなく働けたりと、安定して身分が保障される雇用形態といえば、やはり正社員。正社員としての働き方が安心という方も多いことでしょう。休みの多さはどうでしょうか。正社

行政書士が大変だと思う5個のこととそれでも私が感じるやりがいとは?

行政書士と聞くと士業の仕事の一種であり、難関試験を突破して高収入が望める仕事とイメージする人がいるかもしれません。他には、行政書士と司法書士の違いよく分からないという人もいるかもしれません。行政書士の資格試験は、どちらかというと司法書士を目指している人が、司法書士のすべり止めもしくは実力試しとして行政書士の試験を受けるというのをよく聞くかもしれません。 行政書士の仕事は、一体どのようなもので、行政書士をしていると何が大変・辛いつらいことで、何がやりがいなのか、意外と分からないことが多くあります。この記事では、行政書士の仕事に関して、イメージしづらい実際のところを深く掘り下げていきたいと思います