なぜだかうまくいかない…

そんなつもりじゃないのにミスをしてしまう…

同じ失敗を繰り返してしまう…

などなど、仕事をする上で、失敗が多いと悩んではいませんか?

失敗が多い人と、そうではない人には何か違いがあるのでしょうか。

仕事に失敗が多い人にどんな特徴があるのかを考えてみたいと思います。

失敗しない人との違いや、特徴がわかれば、失敗を減らすことができるかもしれません。

仕事に失敗が多い人の10個の特徴とその改善策とは?

仕事での失敗にも色々なものがあります。

まずはなぜ失敗をしてしまうのか、その失敗をしてしまう理由、ひいては失敗をしてしまう人の正確や特性上の特徴を挙げていきます。

特徴さえわかれば、補ったり修正したり、ということができるのではないでしょうか。

改善策を手に入れれば、失敗せずに仕事ができるようになれるはずです。

主観が強すぎる

主観=思い込みと言い換えてもいいかもしれません。

あるいは先入観とも言い換えることが可能でしょう。

主観のみで仕事に当たってしまうと、スタート地点から間違っている、ということになってしまいかねません。

実際の仕事内容との間に齟齬(ズレ)が出てきたときにもすぐには修正ができなかったり、見当外れのやり方で進めてしまったりするようなことも。

その改善策とは?

思い込みで動いてしまっていないかを確認する癖をつけるようにしましょう。

すべきことが、本当に「それ」なのか少しだけ立ち止まって考えてみるようにします。

そのためには、ほんの少し立ち止まるだけの余裕を持つことが必要だと気がつくはずです。

仕事の手順を確認しておいたり、スケジュールを頭に入れておいたりすることで、その余裕が生まれてきます。

また、自分が仕事の内容や目的などを本当に理解しているのかの確認もこまめに、または要所要所でとるようにしたいものです。

仕事を振られたり指示された時点で確認しておけば、スムーズに仕事が始められるでしょう。

周りを見ていない(聞いていない)

注意力不足とも言えますが、指示や指導、タイミングなどを逸してしまってはいないでしょうか?

近視眼的に作業をしていては、周囲の声を聞いて仕事をするということができません。

足並みそろえてすべき作業で一人だけ別な方向を向いていたり、有用な指導やアドバイスをしてもらっているのに聞き逃していたりしては、失敗してしまいます。

その改善策とは?

前項とも内容が共通してきますが、周りを見る余裕を作るようにしなくてはなりません。

上司の指示や指導などをスルーしてしまってはいないかどうかを確認しましょう。

もし指示や指導の内容がわからなければ、質問をするようにします。

仕事に集中してはいけないということではないのですが、過集中的な進め方では、やはり問題があります。

職種や職場の環境にもよって異なっては来ますが、周囲にも気を配りながら仕事を進められるように気をつけましょう。

自己評価が高過ぎる

過剰な自己評価は、かえって足下を見えなくさせ、自分自身の正当な能力を見失わせます。

できると思って引き受けた仕事ができなかったり、理解しないまま仕事を進めてしまった結果、重大なミスにつながってしまったりします。

その改善策とは?

卑屈になって自己評価を過小にすべきだということではありません。

何事も適正に、フラットな自己分析および仕事の内容の把握を心がけるようにします。

できることとできないことの見極めが大事です。

できないことをできないということは、おかしなことでも恥ずかしいことでもありません。

その後できるようになればいいだけなのですから。

そのために努力をしたり、教えを請うたりすることで、成長していくことができます。

過剰な自己評価をしているままでは、その努力ができなくなってしまうので要注意です。

プライドをはき違えている

前項で挙げた自己評価の高さとセットになっているといえるかもしれません。

できないこと、自分には難しいことを、できないと言わずに(言えずに)引き受けてしまった結果、完遂させられずに失敗と言うことになってしまうような人がいます。

できないことを「できない」と言うことでプライドは傷つきません。

そこで傷つくような物は、真のプライドではないのです。

また失敗をした後にも、反省したり、素直に教えを請うたりということが間違ったプライドのせいでままならなくなることも。

その改善策とは?

自己評価をしっかりとするようにします。

今の自分には何ができて何ができないのか。

そして今後どうなっていきたいのか、そのために何をすべきなのか。

そういったことを考えてみれば、どうすればいいのか見えてきますね。

(今は)できないけれど、できるようになりたいから教えてほしい…ということを上司なり先輩なりに伝えることができるはずです。

重ねていいますが、頭を下げたり、できないことをできないと言ったりすることで傷つくようなプライドは真のプライドではありません。

卑屈になるのではなく、正しい自己評価のできている等身大の自分で努力をすることで生まれるものが、自尊心や矜持になっていくのです。

柔軟性に欠ける

「主観が強すぎる」の項でも思い込みについて触れましたが、思い込みで凝り固まった状態で突っ走ると、失敗する確率は上がります。

イレギュラーなことがあった場合や、対人折衝の場面などに特に顕著ですが、柔軟性に欠けた対応をしてしまうと、思わぬ失敗につながってしまうことも。

相手があることなどでは、自分の手元だけでコントロールできないためです。

その改善策とは?

柔軟に対応するためには、自分の中にストックを増やすしかありません。

道具や手段、場面想定のストックを多く持っていれば、対応できる幅がぐんと広がります。

さらに、想定以上のことが起こってしまう可能性についても、了解しておくといいでしょう。

100種類のことに対応できるから絶対大丈夫!と思っていると、手持ちの100以外の事態が起こったときに対応できません。

「何があるかわからない」「想定外はある」という心構えをしているだけでも、柔軟度が格段に上がります。

ただし、柔軟性を意識するあまり優柔不断に陥っていしまわないようにしましょう。

相手に合わせることができるという柔軟性も、行き過ぎてしまうとかえってリスクがあります。

振り返りが足りない

小さなミスや、新人の頃のミスは許されることが多いのではないでしょうか。

ミスが小さいうちに、また職場で戦力として見なされる前に、失敗したことはしっかり修正しなくてはなりません。

失敗は誰にでもあることですから、きちんと振り返りをして、似た場面で同じ失敗をすることがないようにしなくてはなりません。

そこで振り返りが足りないと、同じ失敗を繰り返してしまうということになりかねません。

その改善策とは?

ミスしたことを、直視するしかありません。

なぜ失敗したのか、そのミスはなぜ起こったのかということを精査します。

その上で、同じ失敗をしないようにするためにはどうすればいいのか、どんな工夫をすればいいのかということを考えましょう。

その場は謝ったから済んだこと、怒られなかったからまあいいや、大きな損害が出たわけではないから気にしない…という考え方ではいけません。

同じミスを繰り返していると、成長していないしする気がないと見なされてしまいます。

自分のタイプを把握していない

仕事の進め方は、一種類ではありません。

皆が同じようにしなくてはならないということはないのです。

優秀な先輩がいたとして、やり方を単にまねても仕事ができるようにはなりません。

その人に合った仕事の仕方を間違ってしまうと、結果が芳しい物にならないことも。

その改善策とは?

自分のタイプを把握します。

得意なことや、特性などを理解していけば、どういった仕事の進め方が合っているのかもわかってくるのではないでしょうか。

直感で動くタイプなのか、じっくりと腰を据えて作業をするのに向いているのか、といったことがわかれば、強みや逆に弱点もわかってきて、ミスをぐんと減らせます。

とはいえ、案外自分のことは、自分ではわからないものです。

身近な人に協力を仰ぐのも一つの手です。

最終的に、求められる仕事ができていればいいのですから、自分にはどんな特性が合って、うまくいく進め方がどんなものなのかを知っておくとよいでしょう。

ただし、自己流が過ぎるとかえって失敗を招くこともあります。

仕事内容が合っていない

本人に問題があるというわけではないのですが、任される仕事と、向き不向きや能力の間に乖離があるような場合には、どうしてもミスが多くなりがちです。

じっくり作業をするのが向いているのに、スピード重視の仕事を任されたり、細かい作業は苦手なのに、ことさらに繊細さや正確さが要求される仕事を振られるといった具合です。

その改善策とは?

仕事内容が合っていない状態で仕事を続けると、受けるストレスも大きくなります。

合わないから即転職すべきだと暗にすすめているわけではありません。

仕事内容が合っていないとしても、苦手なりにどうすればうまくできるようになるかといった視点でアプローチをすることが必要です。

あるいは、どうしても向いていない、ツライ、と感じるのであれば思い切って配置換えなどをお願いするのもいいかもしれません。

違う部署などで、能力を活かすことができれば、会社の利益にもなります。

成功のイメージを持っていない(できない)

仕事に取り組むに当たって、その仕事が成功した状態、完成形をイメージすることはとても大切です。

完成形のイメージがないということは、仕事の進め方、どのようにすればいいのか、どんなスケジュールで取り組めばいいのかといったことも、合わせてイメージできないということになります。

そうなると、漫然と始めてしまい、その結果失敗につながるというわけです。

その改善策とは?

やはり意識的に、成功のイメージ、完成形のイメージを持つようにしていくしかありません。

そしてそこに向かって仕事を進めるという意識を持つようにします。

最終的な成功のイメージに到達するためになすべきことは限られていますから。

スケジューリングや手順の把握といった必要な仕事の管理も、それがわかってくるとどういったスピードで取り組めばよいかということもわかって、失敗を減らすことができるようになるのではないでしょうか。

また、能力や知識などで、自分に足りないものも見えてきます。

その不足を補うために、失敗する前に上司や同僚などに適切なヘルプのサインを出すこともできるはずです。

優先順位を理解していない

たとえば、会社にもよりますが、オフィスのちょっとした清掃なども、必要な業務ではあるかもしれません。

しかし、その掃除は、鳴っている電話を取らずに続けることでしょうか?

ここで例に挙げたシーンは極端なものかもしれません。

極端ではありますが、そういった優先順位の無理解が失敗につながっている人は多いのではないかと思います。

その改善策とは?

急ぐわけではない作業に熱中したり、自分の都合を優先したりしていては、大切な仕事がなおざりになってしまうことも。

「周りを見ていない」の項でも述べましたが、やはり周囲への注意を払うことはとても大事です。

そして自分が役割として期待されていること、任されていることを改めて把握するようにします。

自分が取り組むべき仕事がなんなのかも考えてみましょう。

迷う場面があれば、上司や先輩に聞いて確認をします。

なぜその優先順位になるのかということも合わせて聞くことができればよりベターです。

その内容を、特定の場面だけではなく、全体に広げて考えるのに役立ちます。

まとめ

絶対に失敗しない!と言えればいいのですが、仕事をする上で、どうしても失敗をしてしまうことはあるでしょう。

一度してしまった失敗を繰り返さないようにしたいところですが、同じ失敗や類似した失敗を繰り返してしまう人は少なくありません。

しかし、意識の持ちようで、表に現れてくる失敗は減り、変わってくるはずです。

今回は仕事をするに当たって物事を進める際にすべきではない考え方と、逆に楽になる考え方をまとめました。

それぞれ、一つ一つは些細なことにも見えるかもしれません。

自分のことを客観視することができたら、少しずつでも気をつけて、意識の持ち方を改革します。

そうすることで、一時しのぎではない、改善策をとることができるようになることでしょう。


関連キーワード

仕事