なぜだかうまくいかない…

そんなつもりじゃないのにミスをしてしまう…

同じ失敗を繰り返してしまう…

などなど、仕事をする上で、失敗が多いと悩んではいませんか?

失敗が多い人と、そうではない人には何か違いがあるのでしょうか。

仕事に失敗が多い人にどんな特徴があるのかを考えてみたいと思います。

失敗しない人との違いや、特徴がわかれば、失敗を減らすことができるかもしれません。

仕事に失敗が多い人の10個の特徴とその改善策とは?

仕事での失敗にも色々なものがあります。

まずはなぜ失敗をしてしまうのか、その失敗をしてしまう理由、ひいては失敗をしてしまう人の正確や特性上の特徴を挙げていきます。

特徴さえわかれば、補ったり修正したり、ということができるのではないでしょうか。

改善策を手に入れれば、失敗せずに仕事ができるようになれるはずです。

主観が強すぎる

主観=思い込みと言い換えてもいいかもしれません。

あるいは先入観とも言い換えることが可能でしょう。

主観のみで仕事に当たってしまうと、スタート地点から間違っている、ということになってしまいかねません。

実際の仕事内容との間に齟齬(ズレ)が出てきたときにもすぐには修正ができなかったり、見当外れのやり方で進めてしまったりするようなことも。

その改善策とは?

思い込みで動いてしまっていないかを確認する癖をつけるようにしましょう。

すべきことが、本当に「それ」なのか少しだけ立ち止まって考えてみるようにします。

そのためには、ほんの少し立ち止まるだけの余裕を持つことが必要だと気がつくはずです。

仕事の手順を確認しておいたり、スケジュールを頭に入れておいたりすることで、その余裕が生まれてきます。

また、自分が仕事の内容や目的などを本当に理解しているのかの確認もこまめに、または要所要所でとるようにしたいものです。

仕事を振られたり指示された時点で確認しておけば、スムーズに仕事が始められるでしょう。

周りを見ていない(聞いていない)

注意力不足とも言えますが、指示や指導、タイミングなどを逸してしまってはいないでしょうか?

近視眼的に作業をしていては、周囲の声を聞いて仕事をするということができません。

足並みそろえてすべき作業で一人だけ別な方向を向いていたり、有用な指導やアドバイスをしてもらっているのに聞き逃していたりしては、失敗してしまいます。

その改善策とは?

前項とも内容が共通してきますが、周りを見る余裕を作るようにしなくてはなりません。

上司の指示や指導などをスルーしてしまってはいないかどうかを確認しましょう。

もし指示や指導の内容がわからなければ、質問をするようにします。

仕事に集中してはいけないということではないのですが、過集中的な進め方では、やはり問題があります。

職種や職場の環境にもよって異なっては来ますが、周囲にも気を配りながら仕事を進められるように気をつけましょう。

自己評価が高過ぎる

過剰な自己評価は、かえって足下を見えなくさせ、自分自身の正当な能力を見失わせます。

できると思って引き受けた仕事ができなかったり、理解しないまま仕事を進めてしまった結果、重大なミスにつながってしまったりします。

その改善策とは?

卑屈になって自己評価を過小にすべきだということではありません。

何事も適正に、フラットな自己分析および仕事の内容の把握を心がけるようにします。

できることとできないことの見極めが大事です。

できないことをできないということは、おかしなことでも恥ずかしいことでもありません。

その後できるようになればいいだけなのですから。

そのために努力をしたり、教えを請うたりすることで、成長していくことができます。

過剰な自己評価をしているままでは、その努力ができなくなってしまうので要注意です。

プライドをはき違えている

前項で挙げた自己評価の高さとセットになっているといえるかもしれません。

できないこと、自分には難しいことを、できないと言わずに(言えずに)引き受けてしまった結果、完遂させられずに失敗と言うことになってしまうような人がいます。

できないことを「できない」と言うことでプライドは傷つきません。

そこで傷つくような物は、真のプライドではないのです。

また失敗をした後にも、反省したり、素直に教えを請うたりということが間違ったプライドのせいでままならなくなることも。

その改善策とは?

自己評価をしっかりとするようにします。

今の自分には何ができて何ができないのか。

そして今後どうなっていきたいのか、そのために何をすべきなのか。

そういったことを考えてみれば、どうすればいいのか見えてきますね。

(今は)できないけれど、できるようになりたいから教えてほしい…ということを上司なり先輩なりに伝えることができるはずです。

重ねていいますが、頭を下げたり、できないことをできないと言ったりすることで傷つくようなプライドは真のプライドではありません。

卑屈になるのではなく、正しい自己評価のできている等身大の自分で努力をすることで生まれるものが、自尊心や矜持になっていくのです。

柔軟性に欠ける

「主観が強すぎる」の項でも思い込みについて触れましたが、思い込みで凝り固まった状態で突っ走ると、失敗する確率は上がります。

イレギュラーなことがあった場合や、対人折衝の場面などに特に顕著ですが、柔軟性に欠けた対応をしてしまうと、思わぬ失敗につながってしまうことも。

相手があることなどでは、自分の手元だけでコントロールできないためです。

その改善策とは?

柔軟に対応するためには、自分の中にストックを増やすしかありません。

道具や手段、場面想定のストックを多く持っていれば、対応できる幅がぐんと広がります。

さらに、想定以上のことが起こってしまう可能性についても、了解しておくといいでしょう。

100種類のことに対応できるから絶対大丈夫!と思っていると、手持ちの100以外の事態が起こったときに対応できません。

「何があるかわからない」「想定外はある」という心構えをしているだけでも、柔軟度が格段に上がります。

ただし、柔軟性を意識するあまり優柔不断に陥っていしまわないようにしましょう。

相手に合わせることができるという柔軟性も、行き過ぎてしまうとかえってリスクがあります。

振り返りが足りない

小さなミスや、新人の頃のミスは許されることが多いのではないでしょうか。

ミスが小さいうちに、また職場で戦力として見なされる前に、失敗したことはしっかり修正しなくてはなりません。

失敗は誰にでもあることですから、きちんと振り返りをして、似た場面で同じ失敗をすることがないようにしなくてはなりません。

そこで振り返りが足りないと、同じ失敗を繰り返してしまうということになりかねません。

その改善策とは?

ミスしたことを、直視するしかありません。

なぜ失敗したのか、そのミスはなぜ起こったのかということを精査します。

その上で、同じ失敗をしないようにするためにはどうすればいいのか、どんな工夫をすればいいのかということを考えましょう。

その場は謝ったから済んだこと、怒られなかったからまあいいや、大きな損害が出たわけではないから気にしない…という考え方ではいけません。

同じミスを繰り返していると、成長していないしする気がないと見なされてしまいます。

自分のタイプを把握していない

仕事の進め方は、一種類ではありません。

皆が同じようにしなくてはならないということはないのです。

優秀な先輩がいたとして、やり方を単にまねても仕事ができるようにはなりません。

その人に合った仕事の仕方を間違ってしまうと、結果が芳しい物にならないことも。

その改善策とは?

自分のタイプを把握します。

得意なことや、特性などを理解していけば、どういった仕事の進め方が合っているのかもわかってくるのではないでしょうか。

直感で動くタイプなのか、じっくりと腰を据えて作業をするのに向いているのか、といったことがわかれば、強みや逆に弱点もわかってきて、ミスをぐんと減らせます。

とはいえ、案外自分のことは、自分ではわからないものです。

身近な人に協力を仰ぐのも一つの手です。

最終的に、求められる仕事ができていればいいのですから、自分にはどんな特性が合って、うまくいく進め方がどんなものなのかを知っておくとよいでしょう。

ただし、自己流が過ぎるとかえって失敗を招くこともあります。

仕事内容が合っていない

本人に問題があるというわけではないのですが、任される仕事と、向き不向きや能力の間に乖離があるような場合には、どうしてもミスが多くなりがちです。

じっくり作業をするのが向いているのに、スピード重視の仕事を任されたり、細かい作業は苦手なのに、ことさらに繊細さや正確さが要求される仕事を振られるといった具合です。

その改善策とは?

仕事内容が合っていない状態で仕事を続けると、受けるストレスも大きくなります。

合わないから即転職すべきだと暗にすすめているわけではありません。

仕事内容が合っていないとしても、苦手なりにどうすればうまくできるようになるかといった視点でアプローチをすることが必要です。

あるいは、どうしても向いていない、ツライ、と感じるのであれば思い切って配置換えなどをお願いするのもいいかもしれません。

違う部署などで、能力を活かすことができれば、会社の利益にもなります。

成功のイメージを持っていない(できない)

仕事に取り組むに当たって、その仕事が成功した状態、完成形をイメージすることはとても大切です。

完成形のイメージがないということは、仕事の進め方、どのようにすればいいのか、どんなスケジュールで取り組めばいいのかといったことも、合わせてイメージできないということになります。

そうなると、漫然と始めてしまい、その結果失敗につながるというわけです。

その改善策とは?

やはり意識的に、成功のイメージ、完成形のイメージを持つようにしていくしかありません。

そしてそこに向かって仕事を進めるという意識を持つようにします。

最終的な成功のイメージに到達するためになすべきことは限られていますから。

スケジューリングや手順の把握といった必要な仕事の管理も、それがわかってくるとどういったスピードで取り組めばよいかということもわかって、失敗を減らすことができるようになるのではないでしょうか。

また、能力や知識などで、自分に足りないものも見えてきます。

その不足を補うために、失敗する前に上司や同僚などに適切なヘルプのサインを出すこともできるはずです。

優先順位を理解していない

たとえば、会社にもよりますが、オフィスのちょっとした清掃なども、必要な業務ではあるかもしれません。

しかし、その掃除は、鳴っている電話を取らずに続けることでしょうか?

ここで例に挙げたシーンは極端なものかもしれません。

極端ではありますが、そういった優先順位の無理解が失敗につながっている人は多いのではないかと思います。

その改善策とは?

急ぐわけではない作業に熱中したり、自分の都合を優先したりしていては、大切な仕事がなおざりになってしまうことも。

「周りを見ていない」の項でも述べましたが、やはり周囲への注意を払うことはとても大事です。

そして自分が役割として期待されていること、任されていることを改めて把握するようにします。

自分が取り組むべき仕事がなんなのかも考えてみましょう。

迷う場面があれば、上司や先輩に聞いて確認をします。

なぜその優先順位になるのかということも合わせて聞くことができればよりベターです。

その内容を、特定の場面だけではなく、全体に広げて考えるのに役立ちます。

まとめ

絶対に失敗しない!と言えればいいのですが、仕事をする上で、どうしても失敗をしてしまうことはあるでしょう。

一度してしまった失敗を繰り返さないようにしたいところですが、同じ失敗や類似した失敗を繰り返してしまう人は少なくありません。

しかし、意識の持ちようで、表に現れてくる失敗は減り、変わってくるはずです。

今回は仕事をするに当たって物事を進める際にすべきではない考え方と、逆に楽になる考え方をまとめました。

それぞれ、一つ一つは些細なことにも見えるかもしれません。

自分のことを客観視することができたら、少しずつでも気をつけて、意識の持ち方を改革します。

そうすることで、一時しのぎではない、改善策をとることができるようになることでしょう。


関連キーワード

仕事

仕事についてもっと深堀りした情報を見る

フリーランスの仕事おすすめ12選。仕事内容とそれぞれのおすすめの理由を紹介します!

フリーランスと聞くとどういう仕事を思い浮かべますか?フリーランスの仕事は、どこの企業にも所属せず、個人で働くことです。個人事業主でフリーランスという人も少なくありません。基本的に組織に所属しないため、決まった時間に会社に行かず、カフェなどの自分のお気に入りの場所で仕事できるのは憧れる人が多いかもしれません。最近は働き方改革という国の政策のおかげもあり、企業に所属している正社員であっても一部の会社では在宅勤務を認めているところも出てきました。そのため、フリーランスのような正社員も少しずつ日本で登場しています。ただ、フリーランスと言われてもノマドワーカーや個人事業主とどう違うかいまいちぱっとしませ

楽な仕事おすすめ21選。正社員・バイトそれぞれでとにかく楽に働ける職種を解説!

仕事に求めるものは人それぞれ。「やりがい」を求める人もいれば、とにかく「楽な仕事」をやりたいという人もいますよね。仕事外でするべきことがあったり、他にしたいことがある人ならなおさらです。家庭を持っている人もそうですね。できれば楽な仕事で稼ぎたいとい方のために、正社員とアルバイト両方で楽に稼ぎやすいお仕事を紹介します。ぜひお仕事探しの参考にしてみてくださいね。楽な仕事おすすめ21選次に楽な仕事の「職種」を見ていきましょう。もちろん会社にもよりますが一般的に楽だと言われやすいお仕事は以下のようなものです。正社員・バイトそれぞれについてはまた別にまとめているのでそちらも見てみてください。工場のライン

仕事内容についてのまとめ

仕事内容に関するまとめです。「仕事」については別な一覧でまとまっていますが、ここではより詳細な「仕事内容」「業務内容」を職種別に見ることができます。転職先を考える前に、その職種や会社の業務はどうなっているのか?と気になりますよね?そんな時に参考になる情報が、ここでは沢山みることができます。それではさっそく記事をチェックして行きましょう!

携帯電話販売の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年、スマートフォンという新たなデバイスが発売され、携帯電話という商品に大きく転換期を迎えています。そんな携帯電話を購入するにあたってサポートしたりアドバイスをしてくれる携帯電話のプロフェッショナル【携帯電話販売員】のお仕事について述べていきたいと思います。携帯電話の販売員にはキャリアショップでのお仕事と家電量販店でのお仕事がありますが、ここではそのお仕事内容ではなく、携帯電話販売員の向き不向きといった視点からご紹介したいと思います。携帯電話の販売員へ転職や就職をお考えの方に参考になれるような情報を多く記載しています。携帯電話市場は現在急激に変わりつつある、産業でもあります。そんな中、各キャリ

パチンコの仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

駅前や運転中など、日常の生活の中でよく目にするパチンコ店。でも実際のお仕事はどんなものかまでは前を通っただけではよくわかりませんよね。お客さんがパチンコやスロットで遊ぶのはわかるけど、お仕事は一体何をするんだろう?パチンコをやらない人でもわかるようにパチンコの仕事の解説をしていきましょう。パチンコの大まかな仕事内容パチンコ・パチスロ遊技場を運営するにあたって必要な業務全般を行います。実機を打つのはお客様ですからお仕事の中でパチンコやスロットを打つ必要はありません。お客様をお迎えする従業員として以下のようなお仕事があります。ホール遊技台が設置された広いスペースは「ホール」と呼ばれ、お客様が実際に

不動産の仕事はどんな人に向いている?メリットや向き不向きなど経験者が解説!

自分の就職先で不動産を考えている方もかなりいると思いますが、業界などの事を知らないと少し不安な部分もあるのではないでしょうか?世間一般では良いイメージもありませんし怖いというようなことを考えてしまうかもしれません。それでも宅建士などはいまだに資格の中でも人気となり多くの方が不動産の仕事に興味をもっていることも事実となります。そうした中で自分が不動産関係の仕事をしたいと思った場合、どういった人であれば向いているのかにも興味も出てくると思います。そこで今回は不動産関係で多くの人を見てきた経験者から、どのような人物がこの仕事に向いているのかということをお話ししていきたいと思います。自分の中で迷いがあ

訪問看護の仕事はどんな人に向いているの?メリットや向き不向きについて解説します

近年、急速な人口の高齢化が問題となっており、それとともに慢性疾患を抱えて生きる方の増加という課題に直面しています。生活習慣病に代表される慢性疾患の治療は病院内で解決するものではなく、患者が自分自身で生活習慣や疾患管理を退院した後、医療から切り離されるのではなく、「在宅医療」という形で医療者がそばにいながら管理をしていく時代へと変わりつつあります。また、2015年は法改正により、地域包括ケアシステムが始動した年であります。政府は、団塊の世代が75歳以上になる2025年をくぎりに、要介護状態となったとしても、自分が長年生活してきた住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けていけるように

生命保険の仕事はどんな人に向いているの?業務内容やメリットについても解説します

生命保険の仕事はどんな人に向いているのかということや生命保険の仕事内容やメリットについて詳しく解説しています。また、どんな仕事を経験していると「生命保険外交員」に役立つのかというところまで分析をしています。これから、転職や社会人としてスタートされる方に少しでも参考にしてもらえたらと思います。生命保険会社といっても、いくつかの種類があります国内生命保険会社女性営業職員が各エリアをまわり直接販売をしていくスタイルがメインです。多くは各生命保険会社が色々な企業などに出資しているんです。出資している会社に営業職員が出入りをすることで、保険の新規加入や更新の手続きなどの保険募集を行ったりします。企業に出

ゴミ収集の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

ゴミ収集という仕事について、一体どのような内容の仕事なのか、具体的にどんな作業をするのか、どこで募集をしているのか、注意点等を説明していきます。ゴミ収集の仕事はどんな仕事?これは清掃局が行っている仕事で、主に家庭から毎日出る生ゴミ、不燃ゴミを作業員が回収していくという内容です。回収されたゴミはその後、管轄している区や市の焼却炉で処理されます。清掃局の事務所は都内に幾つもあり、管轄する地域がそれぞれあります。そこで働いているのは公務員ですが、人手が足りない部分をバイトや派遣等を使って補っています。ゴミ収集の仕事の大まかな仕事内容清掃局の各事務所が管轄している地域のゴミを、毎日パッカー車で作業員が

商品開発の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

商品開発とはどのような仕事で、どんな人に向いているのでしょうか?向き不向きや、必要なスキル、その後のキャリアアップまで、色々な事を踏まえてご紹介したいと思います。商品開発はどんな仕事?商品開発とは、新しく商品を開発したり、現在ある商品に関してもより良くするために、改めて開発などをします。これによって、会社や、会社の技術をお客様にアピールして行って、安定した利益を求める仕事です。簡単に言うと、会社にとってのオリジナルの武器を作る感じです。商品開発の大まかな仕事内容商品開発と商品企画を区別する会社もありますが、両者共に繋がりの深い仕事なので、商品企画も踏まえて、お話ししたいと思います。商品開発の仕


仕事に関するコラム

真面目な人におすすめの仕事5選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

「○○さんで真面目だよね」といったような話は、どこででも聞くでしょう。それは仕事に対しても、人間に対しても言われるでしょう。このどこにでも居る真面目な人は、今現在に至るまでなるべくしてなった人達です。彼らは「自分は真面目すぎる」と自覚しています。そんな彼らが仕事を始めたり転職したりすると、どんな傾向が出るのでしょうか。また真面目な性格ならではの、性格を活かせるような転職方法などないでしょうか。今回は真面目な性格ということに観点を絞り、彼らの特徴や働き方を見ていきましょう。真面目な性格故のデメリットやその付き合い方も併せてご紹介します。真面目な人ってどんな人?単純に真面目といっても、ただ「メガネ

仕事が辛いときはどう乗り切る?10個の仕事を経験した私が乗り切り方を紹介します。

どんな仕事も楽な仕事はありません。淡々と同じ作業を繰り返すため楽に見える仕事も、体力的にきついものがあったり、ずっとイスに座って仕事ができるデスクワークも、処理する仕事量が膨大だったり、どんな仕事も楽で疲れない仕事はないです。私はこれまで10種類近くの仕事を経験してきましたが、やはり楽な仕事はありませんでした。給与が高くても安くても、どちらが楽だったという事はありません。今回は、そんな私の経験を基に、仕事が辛かった時の乗り越え方についてご紹介していきましょう。仕事が辛いのはどんなとき?仕事の内容によってその辛さは変わってきますが、人によっては退職してしまうほど辛い経験も沢山してきました。ここで

ゆるい仕事おすすめ9選。仕事内容とそのおすすめポイントを紹介します

人それぞれ仕事に対する思いや事情は違いますが、生活していくためにお金は必要、でもキツイ仕事はしたくない・・・と思う人は多くいます。そういう人はガツガツ働くのではなく、「ゆるい仕事」を求めているでしょう。しかし、何にゆるさを求めるか、どのくらいのゆるさがいいのかには個人差があります。それでは、ゆるい仕事にはどのようなものがあり、どういった仕事をするのか、また、その仕事をする際の注意点などをご紹介していきます。ゆるい仕事とは? ゆるい仕事とは、精神的・肉体的なストレスが少ないこと、作業がルーティーンワークであるということが条件でしょう。精神的なストレスが少ない仕事には、ノルマがない、人と関わらなく

料理の資格を活かせる仕事おすすめ11選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

食事は基本的に一日に三回、それが毎日続くことで、食べることは生きていく上で欠かせないものです。その食事を作る「料理」に関する仕事は、それだけ身近なものであると言えます。料理をするのが好きな人、自分が作った料理を食べてもらいたいと思う人は、料理に関係した仕事をやってみたいと思うでしょう。一般家庭で家族のために料理をするのとは違い、料理の仕事に就くなら必要な資格や持っていると有利な資格があります。それでは、料理の資格を活かせる仕事について、その仕事内容などと共にご説明していきます。料理に関する資格にはどんなものがある?料理の資格といえば調理師や栄養士が思いつくと思いますが、国家資格だけでなく民間の

資格を活かせる仕事おすすめ10選。仕事内容とおすすめのポイントを紹介します

長い社会人生活でその人生を楽しめるか、充実したものにできるかどうかは、どんな仕事をするかによって違ってくるでしょう。もちろん自分がやりたいことをできれば一番いいのですが、その自分が興味ある分野でその能力を最大限生かすためには、その分野に適した資格を取得しているかどうかで変わってくることもあります。そもそも資格がないとできない仕事もあり、給料や転職などキャリアアップの点でも、資格は社会人にとって重要なものなのです。資格を活かせる仕事10選世の中にはたくさんの仕事、職種があります。その仕事を職種ごとに大別し、それぞれの職種でどんな資格を持っていたら活かすことができるのでしょうか。その資格と、職種ご