看板屋の仕事は何をする会社なの?

看板というと現場の人が設置しているあの大きい看板?

女性でもできる仕事はあるの?

そんな疑問にお答えしながら今回は看板製作求人についてご紹介していきたいと思います。

「看板製作の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看板製作求人のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

  • ⑴営業担当が直接顧客と打ち合わせ
  • ⑵デザイナーにデザイン案を出すように指示
  • ⑶許可が降りたら施工担当が製作
  • ⑷現場がそれを設置しに行く

⑴ー⑷の流れが大体の流れです。

看板製作は会社でどういう役割を求められる?

顧客のイメージに合わせた看板製作を求められます。

看板製作の求人でよくある募集内容とは?

看板製作の中でのよくある募集職種

「営業」

お客様と直接打ち合わせを行います。

人と話すのが好きな人や元気のいい人を求められます。

「デザイナー」

看板のデザインを行います。

営業がお客様と打ち合わせした内容をデザイナーに伝えてデザインを起こすにで、発想力豊かな人が向いています。

「施工」

大型の出力機で看板にはるシートを印刷します。

印刷物の色味であったりをしっかり見定めたり、細かなことに気づけることが必要となります。

「現場」

現場にでて、看板の設置や工事などを行います。

いつも違う現場に出て作業するので、臨機応変に作業できる人が向いています。

「事務・経理」

請求書や郵送などの事務作業を行います。

パソコンの表計算ソフトが使えるとなおよいです。

給与相場

だいたい18万から30万ほどです。

最初は給与も少ないです。

しかし、スキルが上がると現場担当なら現場監督となって指示を出すという立場になります。

このようにキャリアを積んで役職を与えられるまでになると年々給与も驚くほど上がっていきます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は他の会社と変わらず9時から5時半まで。

お客様によっては、休日に看板を設置してほしいという方や、夜にお店が閉まってから作業をしてほしいということも多々あり、現場は休日出勤や夜勤があります。

施工はシートを印刷する都合上、残業をすることがあります。

福利厚生

厚生年金や家族手当など社員によってしっかり与えられています。

資格取得制度もあるので、働きながら資格を取得できるというメリットがあります。

勤務場所

本社で働くことになります。

看板屋はわりと大勢で仕事をするということはなくて、少人数で役割を分担して作業を行います。

担当する職種の人と協力しあえる環境にあります。

求められる人物像

看板屋に興味を持ったら、どういう人が適しているのか?が気になるところ。

実際、どんな人にでもできる仕事です。

コツコツした作業が好きな人

看板はシートを貼るだけでなく、ペンキで木材に色を塗ったりすることもあります。

コツコツと集中して作業ができる人にはピッタリのお仕事です。

丁寧な作業が出来る人

看板に貼るシートは、すべてカッターでのセルフカットです。

少しでもずれてしまうと、板に貼った時にシートが足りなくなってしまったりするので、とても慎重に作業することが重要です。

なので丁寧に作業ができる人は向いています。

物作りが好きな人

看板は毎日が物作りです。

板にシートを貼ったり看板を組み立てたりするので、自分で何かを作ることが好きならば是非看板屋で働きましょう。

必要なスキルや資格、経験

デザイナー希望はイラストレーターやフォトショップが必須です。

印刷をする担当になればパソコンを使って機械を動かすのでパソコンを使えると採用率がアップします。

「看板製作の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看板製作求人の雇用形態による違い

正社員であれば余程のことがない限りクビを落とされることはないので安心です。

アルバイトであれば、仕事の他にも自分の時間を作ることができるので、正社員にもアルバイトにも一長一短あります。

自分にあった看板製作求人の選び方や注意点

自分にあった職種はどれかを探ってみましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員であれば、仕事をどんどん任され仕事量が増えていきます。

仕事がなくなるという心配もいりませんし、安心して仕事に臨めます。

アルバイトであれば、雇用期間が定められていたりする場合があり、数年したらその会社で働けるかどうかはわかりません。

ただ、仕事ぶりによっては、正社員に昇格できる場合もあります。

【選び方②】職種から探す

「営業」看板についてのある程度の知識が必要

「デザイナー」発想力が豊かな人

「施工」物作りが好きな人

「現場」高いところが平気な人

【選び方③】会社の業態から考える

決まった顧客からの注文がほとんどです。

新しいお客様と打ち合わせをしないといけないと言ったことは少ないので、安心して仕事ができます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員ですとフルタイムで働くことになるにで毎月の給与は安定しています。

アルバイトですと他の会社を掛け持ちなんてこともでき、いろんな会社を見て回りたい方にオススメです。

【選び方⑤】エリアから考える

勤務地は近い方がいいです。(わたしは車で1時間半かかる場所へ最初は住んでいましたが、きつくて近い場所へ引っ越しました。)

注意点

看板屋は仕事がどんどん入ってくるので、なるべく自分が無理しない程度の選択をすると良いかもしれません。

「看板製作の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看板製作求人についてよくある疑問

看板の製作をしてみたいけど、実際どういうことをするのかを想像しづらいかと思います。

興味を持ったら、まず応募!をする前によくある質問に答えていきます。

応募方法は?

電話でもいいですし、ホームページがあればそこかメールを送るなどの方法があります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

まず経験があるかないかを聞かれます。

少しでも何か看板に関連することに関わっていれば、それを話すのが良いかと思います。

ない!って方は、学生時代こういう作品を作ったことがあるなどちょっとでも面接官の興味のある話をすると良いです。

未経験でも応募できる?

応募可能です。

未経験の方が吸収力があるので会社によっては未経験者を率先して募集しているところもあります。

会社の雰囲気は?

少人数で仕事をすることがほとんどなので、比較的みんな仲良く仕事をしています。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

派遣社員の募集はありません。

たまに大きな仕事が来た時に、アルバイトを募集することがあります。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員であれば固定給プラス残業代、厚生年金などが支払われますが、アルバイトですと入った分だけとなるので、給与は少なめです。

残業って多いの?

この業界はとにかく残業が多いです。

ただ、残業が多いと言っても年中残業ということは全くなく、多忙な月と少し暇な月があります。

大きな仕事が終わると社員で打ち上げをやったりなんかもします。

資格って必要なの?

資格はこれといって必要ありません。

看板製作のやりがいはコレ!

自分が製作したものが街を彩る

自分が住んでいる地元が現場である時もあるので、気づけば自分が製作したものが街のありとあらゆる場所に設置されて行くと、嬉しいです。

新しいことを発見できる

看板屋で仕事をすると、街に出ると色んな看板がたくさんあり、あれはどうやって作っているんだろう?

これはどう色を調整しているのか?

そんな疑問がたくさん出てきて、実際自分も仕事をして行くとそれがわかるようになってきて、スキルアップしたなぁと感じることができるようになります。

まとめ

看板屋の仕事は一見楽そうに見えてとてもハードなお仕事です。

しかし、資格はいらないし学べば誰でもできるお仕事です。

この機会に是非看板屋の仕事はどうでしょうか。


関連キーワード

看板求人