求人広告会社正社員とは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?

年収の詳細や、正社員に求められることなど、求人広告会社で働きたい方には気になることばかりかと思います。

そこで今回は、経験者の意見を元にあらゆる疑問点について解説していきます。

求人広告会社正社員はどんな仕事?

求人募集を行いたい企業に訪問して、自社の求人サイトへの広告掲載を提案する仕事です。

求人広告会社正社員のおすすめ求人の特徴とは?

新規営業活動が中心となるハードな仕事なので、売上に対してインセンティブがつく会社がおすすめです。

特徴1:代理店よりはメディア運営の直販会社

求人広告サイトはリクナビやマイナビを始め複数ありますが、販売チャネルは直販と代理店の二つに分かれます。

代理店には様々な商材を取り扱えるメリットはありますが、規模が小さい会社が多いので、メディアを所有して直販を行う会社の方がおすすめと言えます。

特徴2:女性が多数活躍している会社

元々人材系は他の業界と比べると離職率が高い業界ですが、女性社員の割合が高い会社は働きやすい環境を用意しているケースが多いようです。

特徴3:新卒採用を行っているか

毎年新卒採用を行っている会社は、しっかり利益を出して人に投資する余力があると言えるでしょう。

それはすなわち大手企業ということになるかもしれませんが、一つの指標になると思います。

求人広告会社の正社員はこんな人に向いている!

心身共にタフで、気配りができる人に向いています。

向いている人1:タフさ

新規営業活動が中心と述べましたが、新しい見込み客を訪問するためには、最初はとにかくテレアポをこなさなければなりません。

厳しい目標を持っている企業も多いため、ハードな環境下を苦にしないタフさは必要です。

向いている人2:気配りができる

決まったクライアントばかりではなく次々に新しいクライアントを獲得していかなければならない仕事ですので、いかに多くのクライアントに適切な情報提供やフォローができるかがポイントになります。

大雑把で気配りができない人にはあまり向かない仕事です。

求人広告会社正社員でよくある募集内容とは?

ここでは、項目ごとに具体的にどんな求人が多いか見ていきます。

年収相場

プレイヤー層:300万円~500万円

マネージャー層:500万円~800万円 

求められる人物像

部活の主将タイプ

クライアントの要望を聞きながらも、できるだけこちらのペースに乗せて発注を貰うのが理想なので、相手をリードする技量が求められます。

そういう意味では、部活等で人を束ねた経験は活きてくると思います。

誰からも愛される人柄

採用は経営者が兼ねていることも多いのですが、彼らは商品の質もさることながらまずは営業マンがどんな人かを見ています。

「この人に仕事を任せても大丈夫だろうか」という目で見ていますので、人に好かれる人柄かどうかは非常に重要です。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルは特にありませんが、対人折衝能力=コミュニケーション力はかなり求められる仕事です。

採用人事は経営者が兼ねていることもあるので、接客の経験やスポーツの経験は役に立つでしょう。

求人広告会社の正社員になるために他にも知っておきたいこと

1:毎日新聞を読む

社会人の基本として、最低限新聞を読んでおくことは必要です。

世の中の出来事や政治・経済・社会情勢から文化・スポーツ・芸能など幅広い情報を入手することで、クライアントと世間話をしながらスムーズに商談に入ることができます。

2:自分の得意分野・好きなものを語れるようにしておく

誰からも人好かれる人間になるために、まず自分がどんな人間なのかをよく知っておく必要があります。

具体的には自分の強み、すなわち得意分野や趣味嗜好などを自己紹介できるようにしておきたいものです。

3:日本語に関する最低限の知識を身につけておく

言葉を扱う仕事ですので、社会人として恥ずかしくないように最低限敬語などの知識を身につけておくことが望まれます。

言葉遣いが稚拙ですと営業マンとしての説得力にも欠けてしまうので、常日頃から意識するように心掛けましょう。

経験者がよくある質問にお答えします!

実態に即してお答えしますので、是非転職・就職活動にお役立て下さい。

どんな人が採用されやすいですか?

一言で言うと、元気で明るい人です。

最近では「人は見た目が9割」とも言われる通り、見た目の印象も重要です。

加えて、人の話をよく聞き、課題を抽出して提案まで持ち込める頭の回転の速さが求められます。

未経験でもなれますか?

なれます。

求人広告営業は、経験者よりも未経験者の方が好まれる傾向にあります。

なぜなら、経験の有無に限らず人柄次第で如何様にも活躍できるからです。

面接ではどういうことを訊かれますか?

何をやりたいかより、「あなたはどういう人ですか」と訊かれることが多いと思います。

デキる人よりも好かれる人を重視する会社が多いと思います。

持っていると有利になる資格はありますか?

特にありませんが、簿記や中小企業診断士等経営者へのアドバイスに役立つような資格は、実際の商談の場で知識を活かせるかもしれません。

様々な情報を提供することも仕事の内なので、どんな資格でも無駄にはならないと思います。

転職の時にこの経験は役に立ちますか?

かなり役に立ちます。

特に新規営業活動を具体的に数値化して語れるようにしておくことが重要です。

リスト〇〇件保有、テレアポ一日〇△件実施、アポ率〇▢%、受注率〇%等といった具合です。

この仕事をしていて一番嬉しかったことは何ですか?

一番は自分が作った求人広告で人が採用でき、お客さんが喜んでくれたときです。

経営者とたくさん会える仕事なので、面白い大人に会うことができる仕事です。

このお仕事をしていて一番辛かった業務はなんですか?

未入金が発生した場合の債権回収です。

特に広告効果が悪くて未入金に到った場合は、いたたまれない気持ちになります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集はありますか?

正社員の募集がほとんどです。

アルバイトについては、テレアポスタッフの募集が稀にあります。

雇用形態によって給与体系はどう違いますか?

正社員の場合は通常、固定給+インセンティブですが、中には業務委託契約もあり売上の○%を受け取る契約形態もあります。

残業は多いのですか?

人によりますが、売上の多い人ほど仕事量が多く、残業が増える傾向は否めません。

ただ、売上が上がると仕事が面白く感じられるので、本人は残業をしている感覚は薄いかもしれません。

資格は必要ですか?

特に必要ありません。

初心者でもできますか?

はい、誰にでもできます。

まとめ

求人広告の仕事は誰にでもチャンスのある仕事ですが、大きな成果を挙げようとすると、高いコミュニケーション能力と行動力が求められます。

かなり忙しい仕事ではありますが、給与を優先したい人にとってはやり甲斐のある仕事と言えるでしょう。