声優の仕事が気になっている方は具体的にどういうことをするのか気になりますよね。

声優という職業は私たちの身の周りにあって気づかないようなものから、作品に特化したものまで幅広く存在しています。

今回はそんな声優の仕事内容について詳しくご紹介していきます。

また、声優に向いている人の特徴やこの職業の良いところについてもお話しさせていただきます。

今や人気職業となった声優の仕事を知り、貴方の将来に生かしてください。

「声優」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「声優」の仕事例をチェック

声優の仕事ってどんな仕事?

声優の仕事と聞くとアニメのキャラクターに声をあてている人を想像する方が多いのでは無いでしょうか?

また、海外映画やドラマの吹き替えなども声優の仕事の一つに数えられます。

その他には、今凄い勢いで拡大しているゲーム市場におけるキャラクターなどの声の吹き替えも声優の仕事の一つといえるでしょう。

その他にも着ぐるみショーでの声やラジオのパーソナリティやナレーションなども声優の仕事の一つと言えます。

最近では日本のアニメが世界中から注目を浴びており、声優が作品を超えて前に出て顔を出して活動するケースも増えています。

舞台に立ち歌手活動などに従事する人も増えてきました。

声優の仕事内容

それでは声優の仕事内容を個別に見ていきましょう。

声優とはどんな人が向いていて、どんな風に仕事をしているのでしょうか?

比較的私たちが接する機会が多い声優さんですが、その仕事内容を知っている人はそう多くは無いでしょう。

アフレコ

アニメなどのキャラクターにセリフを当てる事をアフレコと言います。

作品が出来上がった最後に声を入れていた風習からアフターレコーディングを略してアフレコと言うようになりました。

キャラクターの声を担当する訳ですから、キャラクターの気持ちになった声の出し方や演技力などが必要とされます。

また収録も独特の作法などがあり、マイクは数本(3本と言われています)ある中、そのマイクの前に自分の番になったらすぐさま出向いて話次のセリフを言う人にマイクを明け渡さなければいけないなど、現場によって色々な暗黙の了解があるようです。

また、マイクを共有する為高さなどが調節出来ず、自分で適切な位置などを体で調整する必要がある場合もあるそうです。

とにかく音を録音する現場での仕事になりますので、雑音は一切禁止です。

なので、アクセサリー(ネックレスなど金属音が出るもの)や携帯、腕時計なども注意が必要です。

また、歩く時に音が出てしまう靴や材質が硬めで音が出てしまう服などもNGと言われています。

台本をめくる音なども紙の音が入ってしまうケースがあるようで、非常に静かな中で仕事をする事が必要になる現場といえます。

吹き替え:アテレコ

映画などの俳優がしゃべる口の動きに合わせて、日本語のセリフを当てて行く事をアテレコといいます。

これは声を「当てる」ことから「当てるレコーディング」という意味でアテレコと呼ばれるようです。

海外映画や海外ドラマの俳優になりきってセリフを言う為アニメ程の抑揚の必要は無いと言われてはいますが、それでも勿論演技力が重要なカギのひとつになります。

また英語の口の動きと日本語の口の動き、動いている間の長さなどは異なりますので、そうした口の動きやセリフの長さなどが作品の雰囲気を壊さないように気を使いながら声を当てて行きます。

なので、非常にプロフェッショナルかつ繊細なスキルが必要になる仕事と言えるでしょう。

また録音の方法はアフレコと一緒で、マイクの共有がありますので、他の出演者さんがすぐにマイクに入れるように注意する事が重要です。

また雑音に関してもアフレコ時と同様に気をつける必要があります。

ラジオのパーソナリティ

声優自身の魅力が作品を超えて多くの人に愛されるようになりました。

キャラクターにではなく、声優自身にファンが付く事も多く見られるようになっています。

元々声の仕事ですので、そうゆう人達はラジオなどのパーソナリティになる事が多いようです。

声優自身の魅力や個性がよりリスナーに伝わる仕事のひとつとなります。

ラジオのパーソナリティはひとつの作品を皆で仕上げて行くアテレコやアフレコとは違い緻密な台本があるというよりは、声優自身が自分の魅力やキャラクターに応じて内容を作って行くような側面がありますので、一般常識を身につけるなど、話術などのスキルが必用不可欠になって来ます。

また時事ネタなど、話題を作りあげていく事も必要になりますので、自分の情報のアンテナを常に磨いておく必要があると言えます。

話す事により人間性が伝わりますので、自己を常に磨く事も重要になっていきます。

ナレーション

テレビのドキュメンタリー番組や報道、バラエティ番組などをはじめとして、ラジオ、コマーシャルなどの多岐にわたる需要があるのが、ナレーターの仕事です。

有名な人では、電話の時報を告げる声の人などがいますが、そうした生活に密着した声の仕事からエレベーター内の階を告げるアナウンスの声、電車の中の次の駅を告げる声などもナレーターの仕事と言えるでしょう。

このナレーターの仕事はその内容や商品、声の使われ方などにより表現が多岐に渡ります。

要望も出されますのでそれに合わせてナレーションを行う事が必用になります。

臨機応変に対応出来る声のスペシャリストとしての実力を要求される為、演技力も必用になってきます。

番組などのナレーション

声優の仕事の一つに番組などに入れるナレーションの仕事があります。

こうしたナレーションもまた作品の雰囲気を壊す事なくむしろ作品を活性化させ、より作品を魅力的にする為の演技力や声のみで伝える力が必要とされる仕事と言えます。

作品の雰囲気を盛り上げ、より感動的で、情動的なものに仕上げるためにもナレーションの役割は非常に大きいと言えるでしょう。

テーマパークや電車などのナレーション

電車に乗っている時に次の駅の名前や乗り換え案内などをアナウンスしてくれる声が流れる事があります。

最近では英語などでも案内が流れています。

これらも声優さんのお仕事の一つと言えるでしょう。

こうしたナレーションも演技力が必要です。

注意を促しますので、ただ棒読み的に淡々と読んでも次の駅などの名称は伝わりにくいので、示唆するような言い回しや声のトーンなどを作り上げる事で聞く人に優しく、聞こえやすいアナウンスが作りあがります。

ゲームのキャラクター

昨今急激に高まっているのがゲーム市場におけるキャラクターの声へのニーズです。

ゲームが発端になり、作品事体がアニメ化、書籍化、漫画化、舞台化そして映画化などへと展開していくケースもありえますので、非常に可能性を秘めた仕事のひとつと言えるでしょう。

こうした事から声優の役割も非常に重要視されており、また、声優自身の可能性をも広げてくれる分野のひとつと言えるでしょう。

アニメや映画と異なる点は一人でブースに入って録音する事でしょうか。

画面から流れる映像などに合わせるのではなく、台本に沿ってマイクに立ち一人で録って行きます。

一作品の声を一日ですべて録ってしまう事も多いので、非常に録音は過酷とも言われています。

収録が終わった後は口の周囲の筋肉が筋肉痛になったなどという話を聞く事も多いです。

ゲームの中のキャラクターを演じて行きますので、勿論演技力は必用になります。

ボイスオーバー

ボイスオーバーという言葉を聞いた事がある人はあまりいないかもしれません。

ボイスオーバーとは原音を小さく残しながらそこに声を重ねて行く音声録音の事をさします。

英語の原音声の上に日本語の訳を重ねて放送されているのを見た事がある方がいるかもしれません。

これがボイスオーバーです。

ボイスオーバーの仕事は演技力より原稿読みの力量が試される仕事と言えるでしょう。

司会者・MC

司会とはイベントやセレモニーの仕切りをする人の事を指します。

結婚式や大きなセミナーなどの司会者の事です。

この司会者によってイベントの成功が決まるといってもいいような重要な役割を担っています。

司会者に必要とされるのは現場がリアルタイムで進行しますので、臨機応変な対応力です。

あくまでも主役を立てイベントなどが成功するための影の立役者的な立ち位置の仕事となります。

パーティーや結婚式を仕切る

パーティの場合は進行表やその時々に流れる音楽などがあり、音響さんなどとタイミングをあわせながら進めて行く事になります。

インカムなどを利用して、パーティの流れを統括するマネージメント役の人からキューを出して貰える事もありますが、基本的には手元に書かれた資料にタイムスケジュールなどが書き込まれていますので、それを元に周囲との連携を計りつつ、会の進行を円滑に進めるのが仕事になります。

この場合主役は常に他にいる事になりますので、会の他の主役を立てつつも会場の雰囲気を損なわずかつ、盛り上がるような声のトーンやニュアンスが必要とされます。

なので、この司会という仕事にも場を納得させる強い支配力と優しいリードを取れるような声質や声のトーンが必要とされると言えます。

「声優」が自分に向いているか診断するにはこちら →

声優はどんな人に向いている?

声優になるにはどんな能力や性格が必要なのでしょうか?

また、声優に向いている人というのはどんな人なのでしょう?

ここでは声優に向いている人の特徴を見て行きたいと思います。

演じる事が好きな人

声優に求められる資質のひとつに演じる事があります。

声を使い声で演技を表現します。

役者と違い他の体の部分は見えませんので、声のみで相手にその作品の言いたい事や雰囲気を伝えて行かねばなりません。

なので、演技をする事に抵抗のある人には声優は向かないと言えるでしょう。

文章を読んでも棒読みになってしまうタイプの人などは声優には向きません。

やはり情感を加える事に躊躇がある、恥ずかしいなどの感情を根本的に持っていると、声優は難しいかもしれないでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

声優の仕事は一人で完結する仕事ではありません。

声を吹き込むのは一人ですが、周囲の人たちと協力してその作品の雰囲気や方向性を決する仕事でもあります。

監督や、録音している人たちとのコミュニケーションは勿論ですが、共演者の人たちとのコミュニケーションも非常に重要視されるのがこの仕事です。

共演者とのコミュニケーションは特に重要で、息の合ったコミュニケーションをそれぞれの役割の中で演じる事が出来た時には、作品により深みが増す事も多くあるでしょう。

また、現場の意向で突然演じ方に変化を付けるなどの臨機応変な対応が求められる事も多くあります。

そういった場合でもコミュニケーション能力が高く、求められているものをいち早く察知し、それを表現というかたちにアウトプット出来る事が非常に重要になる場面も多くあります。

意思のつよい人

声優の仕事は今や人気職業となり、有名声優として、声優だけで食べていける人はもはや狭き門をくぐり成功した人と言えるでしょう。

その為に必要なのは努力を惜しまない事、そして初志貫徹「声優になりたい」という気持ちを強く持ち続けられる人と言えるでしょう。

声優界は外から見れば華やかで頻繁にテレビなどの大型メディアなどにも登場するような事が多くなった事もあり、憧れの職業となりました。

しかし、実際には声優だけで食べて行けるという人は本当の一握りの人たちです。

他の仕事やアルバイトなどをして仕事を掛け持ちしながら、生活費を工面するといった苦労が続く人も多くいます。

また、業界内に名前の知れていない新人の頃には芸人の下積み時代のように、小さな端役などしかもらえない場合も多く、それでもコツコツと経験を積み重ねていき、絶対に声優になるんだという「根気」を持っている人のみが、声優になれる人だと言えるでしょう。

逆に、声優が向いていない人ってどんな人?

それでは声優が向いて無い人というのはいるのでしょうか?

声優に不向きな人とは…。

声優になっても成功出来ないタイプの人というのはどのような人でしょうか?

声優志望でも自分が向いていないかもしれない…そんな人はいるのでしょうか?

とても不安になります…。

ここではそれを見ていきましょう。

努力が出来ない人

声優に向いているのは、上記でも書きましたが、演技をするのが好きで、苦労をいとわない人です。

声優になろうとして、実際にそうした道へ足を踏み入れても、端役がいやだ、なかなか役がつかないなどですぐに挫折してしまうタイプの人には声優は向いていません。

自分自身が強く声優になる事を信じて、小さな努力を厭わず、日々地道な声への努力を出来ない人には声優は向いている職業とは言えないでしょう。

また勘違いする方で多いのは、「声優が好き」な人が、声優に向いているという訳ではなく、「芝居や演技をするのが好きな人」が声優に向いている人であるという事です。

声質の悪さが身体的特徴からくる人

声優は声を仕事にする職業です。

声質が良い事がこの仕事の大きなアドバンテージになる事は当然ですが、この声質や声の出し方などはその人の努力でどうにかして行く事が可能です。

しかし、声優を目指していても呼吸器や鼻、口の周辺に病気があり、声を出す事に向いていない人達というのが時にいます。

これらの先天的な問題を持っている人達は実際かなりの苦労をしてこの症状を改善する人もいます。

発声トレーニングなどで改善出来る部分は努力で改善していかれますが、そうした身体的症状を持つ場合は手術などで症状を変えていく必要が出てきます。

演技が出来ない人

前出でもありましたが、声優に向いているのは演技が出来る人です。

演技が出来ない人はやはり問題が出てきます。

人は歌う時の声と話声も違います。

演技する時も声は変化します。

そうした事が訓練で身につける事が出来るかどうかが、大きな分かれ目となるでしょう。

人前でそうした技術(自分の声を使いこなせるかどうか)を使える能力が重要になりますが、これが出来ない人は声優には向いていないと言えるでしょう。

「声優」が自分に向いているか診断するにはこちら →

声優の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

声優の仕事はやった分だけダイレクトに反響が返ってくる仕事の一つとも言えます。

他人に声を通して物語や作品を伝えて行く仕事ですので、その分作品が公開されれば一気に多くの人の元に自分の声が届く訳です。

そうすると反応も作品を通じて自分の元に返ってきます。

批判に弱い人は、時に人からの指摘に辛い思いをする事もあるでしょうが、それを面白い、そうゆう意見もあったのかと襟を正して受け入れられる人にとっては、こんなに面白く成長出来る仕事は無いのではないでしょうか?

また名前を出して作品に関わる訳ですから、自分自身に責任が生じるのも事実です。

そうした責任に恥じない人になれるように、日頃から自分を磨く努力をしなければならない仕事でもあると言えます。

時代を超え、多くの人に作品を見てもらえる

声優の仕事の醍醐味の一つは、不特定多数の人に自分の声を通じた演技を届ける事が出来る事でしょう。

多くの人に見て貰えるという事は、多くの人に認められ、認識されるという事です。

勿論それによる責任も生じてくる仕事ではありますが、その分非常に大きな反響を得る事も出来るのがこの仕事の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

また参加した作品は時代を超えて存在しつづける事になりますので、自分という人間の枠を超えて、作品として自分の声が時間をも超越して残り人々に感動や驚きを伝え続ける訳です。

そういった意味ではとても面白い他には無い仕事と言えるのでは無いでしょうか。

面白いポイント

声優という仕事は非常に特殊な仕事の一つと言えるでしょう。

特殊であるからこそ、他の仕事には無い面白さがそこにはあります。

声を通して社会と繋がるという仕事だからこそ、味わえる醍醐味についてみていきたいと思います。

多くの人に声を通して繋がる事が出来る

声優の仕事をしていると、アテレコやアフレコ以外のナレーションや司会業などでもそうですが、多くの人々と声を通じて繋がる事が出来るようになります。

この声を通じて多くの人と繋がれる感覚は声優独自のものと言えるでしょう。

作品の世界で自分の声が生きている

自分の声を出すキャラクターが作品の中で動き命を宿して活躍するさまを見る事が出来ます。

これは感動的な出来事です。

アニメや映画などの吹き替えも含む作品としての映像の中に自分の声が使われるという事は、自分以外の沢山の人々との作品をコラボする事でもありますので、そのような他の人々が作り上げた架空の映像という世界の中で自分の声が息をし、生き生きと躍動感を持って動き周る様子を見る事が出来るのはこの仕事の一つの醍醐味と言えるでしょう。

声優だけでなく歌手やグラビア雑誌など芸能人活動も出来る

声優として人気が出てきて、認知度が高まってくると、作品を超えて一人の人として、ファンが付くようになります。

もともと声のプロフェッショナルですから、そうするとラジオなどの番組も持てるようになって行きます。

ファンが増えて行けば番組の公開収録なども行われるようになって行きますし、歌などが歌える場合には歌手活動を展開する方もいます。

また、容姿などに自信がある場合にはグラビア活動など、芸能人的な活動が出来るようになって来ます。

声優の仕事に活かせる経験

声優の仕事に活かせる経験とはどんな事があるのでしょうか?

コンビニのアルバイトは声優の経験に活かせるのでしょうか?

そうした具体的に活かせる事をここでは探って行ってみましょう。

演技の経験

前段でも書いてきましたが、声優は基本「演じる」事を求められる職業です。

ナレーターでさえ演じる事が求められます。

映像作品の雰囲気に合っているかどうか、映像作品の内容にそぐった声質であるかどうか、映像作品を壊すような発音やいいまわしになっていないかどうかなどが非常に重要になってきます。

なので声優は演技力を非常に求められる仕事です。

ですので、演技の経験があり、ぱっと瞬時にその演技の経験を表に出す事が出来る人が声優に向いている人と言えます。

ですので、日頃から演技などに日常的に関わり演技をする事に慣れている人すなわち学生時代に、演劇部等で演技をしていた人、劇団員や仕事で俳優や女優等の経験がある人など演技を学んだ経験は声優の仕事に活かせると言えます。

コミュニケーションのプロの経験

コミュニケーションが苦手な人は声優には向かないと言えるでしょう。

やはり現場で他の演技者さんや製作者さんたちと一緒に演技をしつつ一つの作品を仕上げて行く仕事と言えますので、そうゆう人たちと円滑にコミュニケーションが取れない人は声優には向いていないと言えます。

また作品に出演してもそれを見る人を納得させられなければ声優としては失格といえます。

ですので、接客業の経験があり、他人の気持ちを汲み取る事に長けているというような事が声優に要求される資質の一つです。

特にその中でも声でコミュニケーションを他者と円滑にとる事を求められる仕事の経験は声を使いつつ相手とのリレーションを丁寧に構築していく仕事となります。

テレホンオペレーター等の経験は実は声優の仕事でも役に立つと言えます。

特にテレホンオペレーターのプロの方などのキャリアは声優業に活かせるスキルの一つと言えるでしょう。

声優の仕事のその後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

声優の仕事についた後のキャリアアップについてはどんな道があるのでしょう?

声優になってその後の展開というのは主にどんな事が待っているのか?

ここではそれを見ていってみましょう。

歌手やタレント

声優で有名になり、その後女優業をこなしている方もいらっしゃいます。

有名になれれば、ある程度集客が可能になりますので、声優としてのお仕事に加えて歌手活動や演技活動というのが加わってくる可能性があります。

そうゆう方は声優で名声を得た後に、俳優やタレントなどとして多方面での活躍の可能性が広がって行きます。

しかし勿論それには容姿や歌、演技などの能力も加わって来ますので、そうした事が出来る才能のある人が対象となって来るのが現実です。

まとめ

声優は夢のあるお仕事の一つです。

他人に作品を通して夢を届けるお仕事でもありますが、その分声優になる為の努力は言いしれない試練の連続であるとも言えるようです。

作品数が限られている上に、声優はブームによって非常に人気職にもなっていますので、そうした人気職には多くの人が候補として集まってくるのが現実です。

この現実を踏まえてそれでも声優になりたいと思う人が狭き門をくぐる可能性を秘めていると言えるでしょう。




声優仕事についてもっと深堀りした情報を見る

働きながら声優になるには?やっておくべきこと、声優の仕事の探し方を教えます

日本のアニメは今や世界でも人気を誇る映像作品として認知されるようになりました。かつては子供向けと思われていたアニメですが、深いストーリ性や、リアルでは実現出来ない事を映像化出来る手法でもあったために夢のある作品が多く作りだされました。近代に至ってはそのアニメを見て育った人達向けに大人向けアニメが作られるようになり、それが多くの支持を得るようになり、登場するキャラクターの声を担当する人達にも注目が集まるようになりました。それが声優です。今や人気職業となった声優ですが、働きながら声優になるためにはどうして行けばいいのか、ここではそれを見て行きたいと思います。声優になるにはどうすればいいの?成人して

声優の年収・給料はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

声優といえば今では憧れの仕事の一つと言えるでしょう。そんな声優の仕事ですが、具体的にはどれくらいの給料がもらえるのでしょうか?また給料はどんな仕組みで支払われているのでしょう?声優といえばフリーランスになるのでしょうか?また事務所的な所に所属するのが普通なのでしょうか?それによって給料の内容には差が出てくるのでしょうか?具体的に声優がどの程度給料をどのような仕組みで受け取っているのかについて、ここでは見て行きたいと思います。声優の年収・給料の相場はどのくらい?正社員として勤務した場合声優は個人事業主となりますので、事務所などに登録したとしても「正社員」という事にはなりません。この部分について気