東京で働くコンサルタントの皆さんは、どれ位の相場の年収相場を持っているのでしょうか?

コンサルタントといえば、高年収でスマートに働くハイレベルなビジネス集団という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし、具体的に何がどうなるとコンサルタントというイメージを持てる方は少ないかもしれません。

わかるようでわからないコンサルタントについてご紹介していきます。

東京のコンサルタントの年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

コンサルタントといっても、様々な職種があり、年収の相場は全く変わってきます。

また、新卒の場合には、採用そのものを行っていないケースもあります。

例:

  • 経営コンサルタント A社 約330万円~
  • 経営コンサルタント B社 約600万円~
  • 経営コンサルタント C社 約300万円~

同じ経営コンサルタントでも、倍くらいに年収が違ってくるのですね。

また、他のコンサルタントはどうでしょうか。

例:

  • システムコンサルタント D社 約260万円~
  • 財務・会計コンサルタント E社 約300万円~

など、業界によって年収は全く違うようです。

さらに、そもそも新卒で入社ができるコンサルティング企業はある程度限られてしまうため、年収相場という意味合いでは一般論が言いづらいでしょう。

しかし、概ね、経営コンサルタントの年収はコンサルティング業界の中でも上位に来るようです。

正社員で転職した場合

コンサルタントで転職した場合の年収に関しては、経験者であれば基本的に前職給が交渉のスタートになります。

より実績の高い方の場合には、給与交渉によって給与のアップも可能です。

コンサルタントは徹底した実力社会なので、実績があり、ファームが来てほしいと考えれば、十分に交渉ができます。

一方で、未経験の方の場合は、新卒に準じる可能性があるので、給与は新卒の求人情報を参考にすると良いでしょう。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

賞与は年俸に含まれる場合と、含まれない場合があります。

傾向として、外資系は賞与という形ではなく、来期の年俸としてベースアップになる傾向があります。

一方、日系の企業の場合には、基本給+出来高制となっていて、賞与が業績によって別途支払われる可能性があります。

内定時の給与交渉にて細かく条件を確認すると良いでしょう。

昇給

昇給は一般的な会社と比べて業績により、上がることも下がることもあります。

大きなクライアントを担当すると売り上げもまったく変わってきますので、安定することは難しくなってきます。

異業種から転職する方については、入社前から情報を収集し、どれくらいインパクトがあるのか確認しておいた方が良いでしょう。

各種手当

コンサルタント業については、各種手当・福利厚生は、あまり手厚くはありません。

残業代なども含めてすべて年俸に含まれるケースもありますので、入社前に細かく確認しておいた方が良いでしょう。

東京のコンサルタントで給料をあげるためにやるべき3個のこと

コンサルタントとして働くにあたって、給料を上げるために必要なことは何でしょうか。

いくつかご紹介していきましょう。

今の勤務先でできること

とにかく実績を上げる

コンサルタントの評価はほとんどが実績によるものとなります。

前期の実績を元に、今期の評価(=給与)が決まりますので、とにかく数字の結果を上げ、クライアントの信頼と評価を勝ち取ることが大切です。

人脈を増やす

直接の収入に結びつくわけではないですが、安定した職場にいるうちにできるだけ人脈を増やしておきましょう。

仕事を進めるにしても、思い切って独立するにしても、コンサルタントにとって人脈はとにかく大切です。

異業種交流会などに積極的に参加をして人脈を拡大しておきましょう。

思い切って転職する

一番わかりやすく自力の交渉ができるのは、転職です。

思い切って転職することのメリットを見てみましょう。

転職先の選び方1:自分のキャリアや強みが生かせるか

同じ種類のコンサルタントであっても、会社によってコンサルティングの手法や情報の共有の仕方、ビジネスのどこのパートを任されているかなどが異なります。

このため、同じ職種のコンサルタントで転職したとしても、これまでの自分のキャリアや強みを十分に生かせないかもしれません。

コンサルタントの転職は「雇ってもらう」ではなく「所属してあげる」くらいの観点で、ご自身にとって良いチャンスになるのかどうかしっかりと見極めましょう。

転職先の選び方2:転職の目的が果たせるか

転職するためには皆さん独自の目的があると思います。

給与のアップ然り、働き方を変えたい方、より理想の職場環境を求めてなど、様々な目的がある中で、ご自身の転職において優先順位を設定し、本当にご自身の転職の目的が果たせるのかどうか、しっかりと見極めましょう。

給料をアップさせるための求人の選び方

給料をアップさせる求人とはどのような特徴があるのでしょうか?

ご紹介していきたいと思います。

給与相場が今よりも高いところを探そう

給与相場については、月給制と年俸制がありますが、コンサルタントは職種により月給制と年俸制が半々程度の求人となるでしょう。

年俸制の場合は、賞与等も含めて最低額が出ているわけですから、非常にわかりやすいと思います。

インセンティブがどのような設定になっているかということだけ確認すれば良いでしょう。

一方で、月給制になっている会社については、その他の条件が諸々で関係してきますので、何がどう含まれるかどうか雇用条件の確認を行った方が良いでしょう。

残業代はちゃんと出る?

コンサルタントは非常に激務になる職場もありますので、残業代はしっかりと確認しておきましょう。

しかし、コンサルタントでは残業代が出ないという設定も多いですから、注意が必要です。

交通費や福利厚生は?

交通費については出るケースが多いようですが、会社によって異なりますので、入社前に確認しておいてください。

一方、福利厚生は、驚くほど少ない会社も多いようです。

特に、日系/外資系では大きく条件が異なることも多いですから、注意が必要でしょう。

まとめ

コンサルタントの求人は様々な職種と条件があり、選ぶのは難しいかもしれません。

とはいえ、大切なことは、自分のキャリアが生かせるかどうかとなりますので、細かいところまで条件をよく確認しながら進めていくようにしましょう。


関連キーワード

コンサルタント年収