コンサルタントに転職をするとなっても、どのようなポイントに気を付ければよいのか、転職後に後悔しないためにどうすればよいのか、何となくイメージがわかない方もいらっしゃると思います。

今回は、コンサルタントの転職全般で特に注意していただきたいことについてご紹介します。

コンサルの転職で注意したほうが良い3個のこと

コンサルの転職で注意したほうが良いこと1:自分のキャリアの方向性としっかり合うか確認する

コンサルタントの転職の場合、各専門性やキャリアと方向性がしっかりと一致するかどうか、納得がいくまで確認しましょう。

コンサルタントは各領域で専門性をしっかりと持ち、キャリアを積むことでよりプロフェッショナルとしての価値を高めることができます。

また、業界内でのキーパーソンと関わることも多く、得た人脈が次の仕事のポイントになることも少なくありません。

そんなコンサルタントの転職において、懸念すべきなのは、入社前と入社後の方向性や専門領域がずれていることです。

せっかくこれまで積み上げてきた自分自身の財産をしっかりと活かすことができるかどうか、入社前に確認するようにしましょう。

もちろん、面接などの選考過程で踏み込んだ発言をしたり質問を行うことに遠慮を感じるかもしれません。

しかし、応募者様の人生であり、今後ご自身をどう活かすのかというタイミングになりますので、勇気を出して確認しましょう。

配属手続きまで終わっていないケースもありますので、選考が終わり内定が出たタイミングで、入社前の確認時に質問するのも良いでしょう。

コンサルの転職で注意したほうが良いこと2:就業条件をしっかり確認する

特に、国内企業から外資系のコンサルティング会社に転職する場合や、逆のパターン。

また、古い歴史を持つ会社から新しい企業に転職する場合、大きな企業から小規模な企業に転職する場合は、特に就業条件をしっかり確認することが大切です。

年俸も大切な条件ですが、特に内訳がどうなっているかは確認してください。

年俸を設定する場合に、12分割するケース、14分割して2の部分を賞与扱いにするケースなどもあります。

また、年俸に残業代がどのように含まれるのかも確認しておきましょう。

残業代が満額支給されるケース、一定時間含まれるケース、個人の裁量に任されるケースなどがあり、会社により規定が全く異なります。

前職で残業代が全額支給されており、転職先では個人の裁量に任されるケースの場合、年俸が上がっても年収は下がる可能性もあります。

どのような設計になっているかということと、実際の勤務がどのようなペースになっているかを確認しましょう。

コンサルの転職で注意したほうが良いこと3:就労環境を確認する

コンサルティングファームは、複数名でチームを組んで大きなプロジェクトに携わることもあれば、個人ですべて業務を完結することもあります。

また、様々な領域を経験したり、固定の領域のみで専門性を高めていく、新規営業のみに注力するなど、様々な働き方があります。

自分が思い描くコンサルティング活動ができそうかどうか、面接中や面接後の対話の中で確認し、イメージに描くような仕事ができそうか、どのようなキャリアを積んでいくことができそうか、確認しましょう。

コンサルの転職を成功させるためには何をすれば良い?

コンサルの転職を成功させるためにすること1:求人情報収集は徹底的に

応募段階で、まずは求人情報はしっかり読み込まれることと思います。

求人情報とはいえ、ほんの小さいスペースに情報が簡潔にまとめられているものから、A4用紙数枚に及ぶ情報が得られるケースもあり、また、知人経由で詳細な情報を得られるケースもあると思います。

求人情報はできる限り得たうえで、できれば複数の就職情報会社の情報を得ておきましょう。

情報会社によって情報が偏っているケースがありますので、突合せはとても大切です。

コンサルの転職を成功させるためにすること2:会社情報を詳しく確認する

情報収集は就職活動の時だけに行うと焦りや偏りが出る可能性があります。

コンサルタントで就職したいと思ったら、常日頃からどのような企業があり、どのような求人が出ているのか、しっかり把握しておきましょう。

商談やクライアントとの会話の中で、また、異業種交流会や社外の会合などで、意外と同業他社の情報が入ってくるものです。

ホームページを読み込むことはもちろん、どの会社が業界内でどのような立ち位置にあり、どのような個性を持った会社なのか、しっかり把握した上で、いざとなったらどこに転職したいか検討しておくと良いでしょう。

その際、キャリアアップの場合には、転職に際して身に着けておいたほうが有利なスキルや経験もありますので、日々スキルアップに努めましょう。

コンサルの転職を成功させるためにすること3:人脈を作っておく

同業での転職でも、異業種での転職でも、人脈は非常に大切です。

お願いする転職エージェントさんが決まっていると安心ですが、とはいえ、エージェントの方もクライアントのすべてを把握しているわけではありません。

情報収集の段階から積極的に社外の方と関わり、人脈を持っておいてください。

実際の社内の情報は、働いている当事者の方々が一番よくご存知です。

イメージがわくまで、しっかりと話を聞いておきましょう。

コンサルの転職を成功させるためにすること4:SNS等で確認する

人脈もなく、異業種からの転職の場合、特に情報を集めることが困難です。

そんなときには、一般の就職情報のSNS等を利用しましょう。

基本的に退職された方が書いているケースが多いので、すべてを信用するのは危険ですが、参考情報になると思います。

内容をしっかりと精査しながら見ていきましょう。

コンサルの転職を成功させるためにすること5:レジュメ(職務経歴書)を作りこむ

会社により、重要視するポイントや方向性などがあったりします。

レジュメ(職務経歴書)は何より大切なあなた自身をアピールするプレゼンテーション資料です。

コンサルタントとしては重要視されることが多いポイントになりますので、特にチャレンジングな転職の時ほど、しっかりと練りこみましょう。

内容ももちろんですが、シンプルで簡潔にまとめられているか、色数を抑えながらも伝わりやすい画像やグラフを利用してまとめられているか、客観的な意見も取り入れながら作成してみてください。

転職するに当たっての必要な心構え

転職するに当たっての必要な心構え1:自分がどのような役割を求められて転職するのかしっかりと把握しよう

転職するタイミングや前職の退職の仕方、新しい会社のフェーズや受け入れ状況によって、転職者に期待される役割は変わるでしょう。

第二新卒と言われる20代前半の転職の場合、ほとんど新人としての受け入れになるケースがほとんどです。

この場合は、キャリアや知識を期待されることはほとんどなく、元気さやフレッシュさを期待されることが多いでしょう。

また、20代後半の転職となれば、まだまだ若手というステージでの転職となります。

一通り社会人としての知識と経験を身に着け、専門性を深めていくタイミングですから、即戦力と人材の育成を両面から求めている企業で採用されるケースが多いです。

30代中盤以降の転職となると、求められる役割は即戦力です。

同業種でも異業種でも、大人の経験値とこれまでのキャリアを生かすことが求められるでしょう。

転職するに当たっての必要な心構え2:若手の転職では柔軟に新環境を受け入れよう

コンサルティング会社と言っても、日経・外資、大規模・小規模など、様々なスタイルの企業があります。

特に、30代前半くらいまでの若手の転職までには専門性や知識よりも若さや柔軟さ、フレッシュさが求められることが多いと思いますので、これまでと異なる環境であっても柔軟に受け入れる姿勢を持ってみてください。

転職される方にとっても、様々な会社を経験するチャンスがあれば、とにかく知識と経験の幅を増やすことはプラスになると思われます。

せっかくの機会ですから、環境が変われば戸惑うこともあると思いますが、どんなやり方であっても、まずは受け入れるように心がけましょう。

転職するに当たっての必要な心構え3:経験者の転職では、柔軟さとともに即戦力として活躍しよう

30代後半以降が目安となる経験者採用の場合は、企業が求めていることは即戦力として活躍していただくことでしょう。

とはいえ、何を期待しているのかは会社により異なると思われますし、採用時から企業としては期待があって採用していると思われます。

そのため、入社する前から会社側としっかりコミュニケーションを取り、ご自身に何を期待されているのか、どのようなポジションでどのような成果を期待するのか、できる限り明確に確認しておきましょう。

その際、「このような役割を期待されているのだな」という推量もですが、明確に言葉に出して会社側と確認しておくことをお勧めします。

経験者の転職は内定段階から業務が始まるようなものですので、入社までに期待されるポイントを明確にすることで、準備をすることができるでしょう。

コンサルの転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

コンサルの転職で年収を上げるためにやるべきこと1:フェーズによって年収交渉の方向性は異なる

転職される方が若手の転職なのか、それとも経験者の転職なのかで、年収交渉の方向性は異なるでしょう。

若手転職の場合、あまり高い成果や即戦力になること、コミットメントを強く求められることはないと思われます。

その代わり、元気さやタフさ、職場の雰囲気に良い影響を求められることが多いと思いますので、このあたりがポイントになるでしょう。

一方で、経験者転職の場合は、まさに成果・経験・コミットメントを求められます。

会社全体に対する高い影響を求められることもありますので、交渉ポイントは成果となります。

コンサルの転職で年収を上げるためにやるべきこと2:若手転職の場合

若手の転職の場合には、とにかく元気さやタフさ、好奇心や素直さ、柔軟さなど、会社の方向性に沿って行く方針を打ち出しましょう。

専門性で成果を出すことが難しい場合に、それでも転職者を採用しようとする企業が期待するポイントを見抜き、ポイントに沿って交渉することが良いでしょう。

ただし、コンサルティング企業は、成果を明確に評価することが多いですから、最初に年収を上げる交渉をするよりも、在籍しながら実績を出していくほうが良いでしょう

コンサルの転職で年収を上げるためにやるべきこと3:経験者転職の場合

経験者の転職の場合には、とにかくレジュメでこれまでの成果と経験を明確にプレゼンし、年収交渉を行ってください。

その際、複数の企業を受け、交渉の材料にすることも一つの手段です。

ただし、裏目にでることもありますので、エージェントなどと相談しながら慎重に進めましょう。

コンサルの転職で人気な職種や業界とその理由

コンサルタントの業界では、どのような職種が人気なのでしょうか?

いくつかご紹介していきましょう。

コンサルの転職で人気な職種1:経営コンサルタント

一番ニーズが多い職種の中の一つが、経営コンサルタントではないでしょうか。

各業界ごとに細かく専門性を持ったコンサルタントがおり、ビジネス規模も大きく、各社が優秀なコンサルタントを抱えようとしのぎを削っています。

収入も一番高い分類入り、人気職と言えると思います。

人気な理由

肩書の理由がかっこいい、専門性を高められる、人脈が広がるなど、特に若い世代の方々には人気が高いと思います。

また、経験者世代になると、経営コンサルタントの中でも専門性が高まって来ますので、同じ経営コンサルタントの中でも、より細かな専門性を持った職種を突き詰めていくケースもあります。

コンサルの転職で人気な職種2:パーソナルコンサルタント

最近人気になってきているのが、イメージコンサルタント、ビューティーコンサルタントなど、クライアントの個性を輝かせるようなパーソナルコンサルタントです。

カラーコンサルタント、ファッションコンサルタントなど、ご自身で新しい分野を開拓してコンサルタントの肩書を名乗ることができます。

専門学校などで勉強したり資格を取ったりしてなることも可能ですが、ご自身の才能や経験で実績を出すことも可能です。

その際、人脈やSNS等、様々な手法でご自身のビジネスを拡大することができます。

人気な理由

ご自身の専門性を生かし、実績をつくることができれば、どんな分野でもコンサルタントになることができます。

コンサルタント自体がクライアントの課題(個人の場合悩みなど)を解決することが仕事になりますので、課題を抱えているクライアントがいること、クライアントがコンサルティングに対して対価を支払えることが条件となります。

ビジネスとして収入が安定しづらいという難点はありますが、一方で会社に所属せずフリーランスで活動することもできますので、自由に働きたい方には良いでしょう。

コンサルの転職で人気な職種3:ITコンサルタント

ソフト・ハード両面から、経験を活かすことができるのがITコンサルタントです。

システムの導入からWEB関連に関することまで、広い意味でIT全般にかかわる場合と、主にハード面を指す場合とがあります。

ご自身がエンジニアとして働くことに体力的な限界を感じた方がコンサルタントとして問題解決の方向ににキャリアチェンジされるケースもあるようです。

人気な理由

ハードワーク気味のシステムエンジニアから、働き方を整理してITコンサルタントになられる方も多いようです。

クライアントとのコミュニケーションが増え、ご自身の経験を活かすことができますので、よりクライアントに近い立場で働きたい方は良いでしょう。

現在では、ありとあらゆる業界・業種でITが活躍しますので、非常にニーズが高い職種と言えるでしょう。

自分にあったコンサルの求人の選び方や注意点

コンサルタントの求人は様々なものがあり、情報もたくさんあります。

どのような求人が良いのか、また、注意点もご紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

コンサルタントに関しては、業界ごとに雇用形態の傾向があります。

例えば、経営コンサルタントや業務改善コンサルタントなど、ビジネスとして企業数が多い領域のコンサルタントは、正社員の雇用形態が多いでしょう。

一方で、パーソナルコンサルタントやインテリアコンサルタントなど、まだまだ従事する人口が少ない領域のコンサルタントは、正社員よりもフリーランス等で、契約社員として働く方が多いでしょう。

このため、正社員として安定して働きたい方、フリーランスとして自由に働きたい方など、領域・募集ごとに雇用形態の傾向が出てきます。

ただし、専門職であるため、アルバイトという働き方ができる募集は少ないようです。

基本的に、拘束時間や雇用契約としての縛りは多めだと思ったほうが良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

コンサルタントの職種は、基本的にコンサルタント職での募集が多いようです。

とはいえ、実態がすべてコンサルタントかというと違う場合も多いようです。

特に、ある程度大きな企業規模を持って展開している会社の場合は、業務の効率化のために部署ごとに機能を分け、肩書がコンサルタントであっても職種が異なる場合があるかと思います。

例えば、マーケティングを行う部署、新規顧客獲得の営業業務を行う営業職、顧客の問い合わせに対してサポートを行うカスタマーサポートやコールセンター職、実際に顧客の課題を解決する対応を行うコンサルティング職、サポートを行うアシスタント職などがあります。

とはいえ、実際の業務内容がどのようであれ、クライアントに対してコンサルタントの役割を果たすことは間違いありません。

特に、実際の業務に関してこだわりがある方が、慎重に確認したほうが良いでしょう。

【選び方③】会社の業態から考える

コンサルタント職は個人の実績の影響が非常に強い職業ですから、大手法人・個人事業・フリーランスなど、様々な業態があります。

基本的に、課題を解決することができればクライアントの要望は満たされるので、特に問題はないのですが、企業規模の大きなクライアントからの依頼を受けるのは、個人でもかなり名前が通っている方か、もしくは大きな企業のケースが多いでしょう。

フリーランスで独り立ちできるようになるまでは、企業に所属した方がクライアントからの仕事を得やすいと考えられます。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

コンサルタントは、極論としては個人でもクライアントの課題解決ができれば対価を得ることができる職種ですので、個人の実績がそのまま給与に反映されるケースがほとんどです。

実績がそのまま収入に結び付く職種ですから、想定給与が高い仕事ほど、難易度も高く、より確実な実績が求められるハイクラスの業務と言えるでしょう。

一方、まだまだニーズが多くない領域、カラーコンサルタントやファッションコンサルタント等は特にニーズが少ない特別な専門職なので、よほどの実績が求められるか、給与は少なめとなるでしょう。

傾向としては、ニーズが高く実績につながりやすい、経営コンサルタントやITコンサルタント、人材コンサルタントなどのほうが給与は高めと言えます。

専門領域を選んだら、その領域の中で複数の求人情報を比べてみると良いでしょう。

ご自身がどのクラスの仕事にチャレンジしてみたいか、よく考えて結論を出してみてください。

また、雇用条件に関しては、細かい部分までよく確認してみましょう。

特に、残業代の扱いについては、企業ごとにスタンスが全く異なりますので、書面の記載と一緒に、口頭でも確認しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

コンサルタントは人が提供するサービスとなりますので、サービスにお金を支払えるクライアントが多いほうが、ビジネスとして成功する確率は高いでしょう。

このため、多くのコンサルティングの会社や事務所が、東京や大阪など、比較的大きな都市に拠点を置いて活動しています。

しかし、クライアントは全国各地におり、拠点が東京であったとしてもクライアントの打ち合わせ等は出張などで定期的に顔を合わせているケースが多いようです。

一方で、地方にニーズがあるコンサルタントに関しましては、やはり地域で行っているケースもあるようです。

農業コンサルティングや地方自治体に対するイメージコンサルタント、ブランドコンサルタントなど、クライアントのニーズによって拠点は変わるでしょう。

また、〇〇コンサルタントを各地域で始めるという方法のほかに、現在住んでいる地域でクライアントの課題を解決するコンサルティングサービスを始め、やがてコンサルタントとして一本立ちしていくということもできるでしょう。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職を決意したら、まずはご自身の強みやスキル、弱みなどを振り返りましょう。

特に、なぜコンサルタントという職種を選んだのか、その中でなぜこの領域のコンサルタントになることを希望するのか、そのうえでなぜこの会社に転職したいと考えたのか、自分の口でスムーズかつ簡潔に説明できるようになるまで、考えを明確にしていきましょう。

レジュメ(実務経歴書)を整理する

なぜ自分がこの会社に転職したいかを明確にまとめたら、実際にレジュメ(実務経歴書)を書いて、推敲していきましょう。

実際に転職するにしろ、しないにしろ、いつか転職する可能性がある可能性があるのであれば、定期的にレジュメを見直しアップデートすることをお勧めします。

そうすることによって、ご自身のキャリアがどのように積み重ねられて来て、今後ご自身がどのような方向に進んでいくのか、希望をまとめて整理しなおす良いきっかけになるからです。

また、実際に応募するレジュメや応募時の準備に関しましては、直近の応募企業の情報を必ず盛り込んでおくようにしましょう。

応募される側の企業にとって、自分の会社への興味は必須ですから、質問にも盛り込むようにすると良いでしょう。

レジュメ(実務経歴書)はあなたを売り込む重要書類

レジュメ(実務経歴書)には、簡単なグラフや図などを盛り込み、かつ枚数がコンパクトにまとまっているように気を付けましょう。

応募書類を整理する人事も、面接を担当する面接官も、多忙な中で大量の応募書類を処理している可能性が高いです。

また、小規模で採用人数が少ない企業の場合は、代表者自身が採用活動を行うことも多く、非常に多忙であることが予想されます。

このため、多忙な方が見てシンプルにポイントがわかり、応募者の強みをすぐに理解できるようなレジュメであることが望ましいと思われます。

可能であれば、人材業界の経験者や転職エージェントに相談し、客観的に見てすぐに内容が伝わるものになっているかどうか、アドバイスを受けながら作成を進めると良いでしょう。

年代別の注意点

年代別の注意点1:新卒で入社したばかりの場合

新卒で入社したばかりの場合は、まずは一通り経験することをお勧めします。

一つには、社会人としての流れや状況を見るのに、一般の会社の場合、コンサルタントでなくとも2年程度を一区切りと思うケースが多いからです。

しかし、どうしても耐えられない、転職したいと思う場合、その理由やどういった会社に転職したいのか、もしくはなぜ転職したいのか、しっかり考えましょう。

せっかく転職するのですから、ぜひ良いチャレンジのきっかけにしていただけたらと思います。

年代別の注意点2:20代後半の場合

20代後半での転職の場合は、若さ、元気、フレッシュさなどを求められて採用されるケースが多いです。

企業としては、一通り社会人経験を身に着け、一つ上のチャレンジをしたいと思う前向きな社員を採用したいと思うでしょうが、20代後半であればまだまだ若く素直でこれから会社の方向性に共感しながら成長してくれる人材がほしいという考えがあるでしょう。

このため、20代後半の場合は、新しい環境に前向きに取り組む姿勢を持ちましょう。

一方で、パーソナル系のコンサルタントに関しては、20代後半での転職の場合、際立った実績がない場合は困難であるかもしれません。

その場合は、経験を積みながら、転職のタイミングを待ったり、実績がある方のアシスタントとして経験を積むなどが良いでしょう。

年代別の注意点3:30代の場合

30代での転職の場合は、まだまだ若く中堅としての役割を果たしてくれ、なおかつ多少の経験もありますので、即戦力とはいえ、それほど高い実績や即戦力としての期待を持たれるケースは少ないでしょう。

このため、会社に早く溶け込み、会社の上層部と若手の間をつなぎながら、新しい雰囲気をもたらしてくれることを期待されるでしょう。

業務実績面というよりも、会社の組織を厚くしてより充実させてくれるような役割を期待されると思ったほうがいいかもしれません。

このため、業務になれることももちろんですが、新しい会社により早く溶け込めるように心がけると良いでしょう。

年代別の注意点4:40代以上の場合

40代以上の転職の場合は、経験と人脈を豊かに持った即戦力の人材として、入社したタイミングからしっかりと役割を果たしてくださることを期待されているでしょう。

このため、とにかく実績が求められます。

プレッシャーを感じるかもしれませんが、40代の転職ではどこでも大きな期待をされますので、致し方ないというところでしょう。

しかし、40代の転職の場合は、その方が今まで実績を出されてきたやり方が経験として固定化されていることが多いですから、柔軟に対応することが難しくなっているかもしれません。

採用する会社側としては、活躍を期待する一方で、新しい会社になじめるかどうかの懸念を持っていると思いますので、できるだけ柔軟に新しい会社に溶け込むように歩み寄っていただくと良いでしょう。

コンサルで転職する人は多い?

コンサルタントはクライアントの課題を解決し、同じ方向に向かって進んでいるビジネスパートナーです。

そのため、若い時のようにがむしゃらに体力勝負で働くことが厳しくなってきた方、より専門性を高め知識と経験を身に着けながらクライアントとじっくり付き合いたい方、クライアントとしっかりとコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきたいと考えている若手の方には、コンサルタントの転職希望者は多いと思われます。

しかし、コンサルタントは個々の実績で高額な報酬をいただくお仕事ですので、経験が不十分と判断されると、希望の転職先に入れない可能性もあると思われます。

一方で、ずっとコンサルタントとして仕事をしてきた方が全く異なる職業にキャリアチェンジすることも難しいでしょうから、経験を重ねている方ほど、コンサルタントで転職する方は多いでしょう。

よくある転職理由

コンサルタントを目指す方がよく持たれる転職理由とはどのようなものがあるでしょうか。

ご紹介します。

よくある転職理由1:給与を上げたい

コンサルタントは専門領域ごとにだいたいの給与相場がありますが、他社に比べてご自身の給与水準が低いのではないかと思って転職を希望される方もいらっしゃるようです。

この場合には、給与の項目でご紹介したとおり、残業代や各種手当を含めて、総合的な収入が上がるのかどうか、しっかりと確認しましょう。

よくある転職理由2:より専門性を身に着けたい

パーソナルコンサルタントでもより専門性を身に着けたいと考えた方などは、より固定の専門領域を深堀するような職種に希望されるケースがあります。

その場合には、専門領域が狭くなるほど、ニーズも少なくなっていきますので、ビジネスとして成り立つほどのニーズがあるのかどうか、慎重な調査が必要です。

特に、フリーランス(独立)を検討される方は、ビジネスとして成り立つのかどうか、見通しを立てることが必要でしょう。

よくある転職理由3:環境を変えたい

業務に取り組むスタイルが合わない、会社環境を変えたいなどの変化を求める方もいらっしゃいます。

その際には、転職先がご自身のイメージに合っているかどうか、しっかりと入社前にコミュニケーションを取って確認するようにしましょう。