日本は古来「終身雇用制度」が当たり前の国でした。

しかし、現在ではその制度が崩壊しつつあり、それに伴って転職をする人の割合も増加しています。

それは比較的安定していると言われている保健師であっても同様です。

転職の理由は人によって様々ですが、自身のスキルアップのため等のポジティブな理由から、いわゆるブラック企業から逃げ出すためのネガティブな理由もあります。

特に後者の理由の場合、転職者は次の職場では絶対に同じ轍を踏みたくないと考え、慎重になっている事でしょう。

転職者の強い味方として「転職エージェント」という物がありますが、今回は保健師が転職を考えた時に転職エージェントを使って転職活動をすべき理由と、おすすめのエージェントの選び方について説明していきたいと思います。

保健師が転職エージェントを使って転職活動をすべき7つの理由とは?

日本は情報化社会でもあるため、転職先を探す際に助けになるものや場所は色々ありますが、その中でも転職エージェントを使って転職活動をする事はおすすめです。

ここではその理由について挙げていきたいと思います。

一般的に公開されていない求人が多い

まず初めに挙げられる事は、一般的に公開されていない求人が多いということです。

特に産業保健師や学校保健師という職業は求人数が少なく人気があるため、一般の人でも見られるハローワークに掲載してしまうと多数の応募がきてしまいます。

企業側も良い人材を採用したいとは思っていますが、採用するまでに時間がかかってしまえば業務に支障を来してしまいます。

そのため企業は転職エージェントに求人情報を流し、人材の紹介をお願いする事も多くあるのです。

一般的に公開されていない条件の良い求人を見つける事が出来る可能性が高いため、保健師が転職活動の際に転職エージェントを利用する事は有効であると考えられます。

在職中でも転職活動がしやすい

次に挙げられる事は、在職中でも転職活動がしやすいという事です。

転職を検討する人の中には在職中の方も多く、なかなか自由に休みが取れないという人もいます。

保健師の仕事の多くは土日祝日が休みであり、日中が仕事という事が多いです。

公的な職業紹介機関であるハローワークは一部を除いて土日祝日は休みであり、時間外窓口もほとんどのハローワークでは開設されていません。

そのため、ハローワークを利用して転職活動をしようとすると動きが取りにくく、思うように転職活動が出来ない事が考えられます。

その点転職エージェントは土日祝日や夜間でも相談にのってくれる事が多く、その方法も対面だけでなく電話やメール、LINE等でやり取りする事が可能な転職エージェントも存在します。

このような点から考えても、転職エージェントを利用した転職活動は理に適っていると言えます。

誰にも知られずに転職活動が出来る

誰にも知られずに転職活動が出来る事も転職エージェントを活用するおすすめポイントと言えます。

転職活動を行う際、色々な疑問や不安がわいてくる事があり、友人や周りの人に相談したくなる気持ちになる事が少なくありません。

自分が信頼している人だけに相談していたつもりが、いつの間にかたくさんの人に転職活動をしている事を知られる事態になってしまい、気まずい思いをする方も多くいます。

そのような事態を避けるために、転職活動はなるべく周りに知られない方法を取る方が良いですが、どうしても人に相談しなけば不安が払拭できない人も存在します。

そんな時は転職エージェントを活用して、その人に色々と相談しながら転職活動をすすめる事をおすすめします。

転職エージェントは身近にいるわけではありませんし、周囲の人と知り合いな訳でもありません。

また、個人情報の扱いに関して、明確に取決めしているエージェントも多いため、自分から話さなければ転職活動をしているという事は周囲に知られる事は無く、誰にも知られずに転職活動をする事が出来るでしょう。

信頼できる情報を得る事が出来る

無料で信頼できる情報を得る事が出来る事もおすすめできるポイントです。

転職活動をする人の多くは、次に就職する企業で安心して働きたいと考えています。

自力で出来る限り希望する転職先企業の情報を集めますが、事前のリサーチでは把握しきれない情報の方が多く存在しています。

転職エージェントは転職希望者が定着しやすいように、企業の内情を知りそれに合う人材を紹介します。

自分では分からない企業の内情を知っている転職エージェントの支援を受ける事で、自分に合った社風の会社を見つける事に繋がる事でしょう。

企業と日程調整をしてくれる

企業と日程調整をしてくれる事も、転職エージェントを利用するおすすめポイントです。

在職中に転職活動をする際には、担当者の方とスケジュール調整をする事が難しい事があります。

自分の手が空いている時に連絡したとしても担当者が不在であったり、指定してもらった時間に電話する事が出来なかったりする可能性もあります。

そんな時、転職エージェントを利用していると間に入ってくれ、企業の担当者と日程調整をしてくれます。

在職中で忙しい方であれば転職エージェントを利用して転職活動を行う事をおすすめします。

書類の書き方を指導してくれる

転職活動を行う上で、意外と落とし穴となるのが書類の準備です。

転職活動をする上で履歴書は必ず必要になりますが、企業が採用したいと感じるような履歴書の書き方が出来ない方は多いです。

それまでどのような仕事をしてきたのか、どんな風に転職先で活躍できるのか等、自分の持っている能力を上手にアピールできるような書類の書き方を転職エージェントは指導してくれます。

また、それ以外にも職務経歴書等を求める企業もありますが、中にはそれらを作成した事が無い人もいます。

転職エージェントはそれらの書類の作成方法等についても指導してくれるため、転職活動の大きな助けになると言えるでしょう。

内定を獲得しやすい

最後に挙げるポイントは、内定を獲得しやすいという事です。

学校保健師や産業保健師の求人は、一つの企業につき1~3名程度と少ないですが、応募者の数は時には求人数の10倍にもなる事もあります。

そのような状態で自分の希望する企業への内定を得る事は至難の業であり、労力をかけても内定を確実に取れるとは限りません。

その点、転職エージェントの場合は依頼主からの信頼を得ているため、紹介されれば高い確率で内定に繋がります。

無理をして自分自身の力だけで転職活動をしようとせず、転職エージェントを積極的に利用する事をおすすめします。

保健師が転職エージェントを選ぶ時の注意点とは?

前項では保健師の転職活動に転職エージェントをおすすめする理由を挙げましたが、どの転職エージェントを選んでも良い結果が出るというわけではありません。

ここでは転職エージェントを選ぶ時の注意点について挙げていきたいと思います。

自分に合った相談方法が選択できるかどうか

まず最初に挙げられる注意点は、自分に合った相談方法を選択できるかどうかという事です。

保健師の皆様が置かれている状況はそれぞれ異なり、特に在職中の方は面談方式での相談は時間調整も難しい事が多いでしょう。

最初は転職エージェントの担当者と会う事に抵抗がある方もいると思います。

面談方式のみならず、電話やメール、LINE等様々な手段で相談にのってもらえるかどうかという事は事前に調べた上で登録すると良いでしょう。

自分に合った求人を扱っているかどうか

次に挙げられる注意点は、自分に合った求人を扱っているかどうかです。

転職エージェントが扱う求人の多くは非公開求人であり、公開されている求人は少ないです。

しかし、転職エージェントの中でも公開OKの求人は多少存在しており、転職エージェントの多くはその求人を登録前の人にも見られるよう自社のインターネットサイトに公開しています。

それらの公開求人の内容を確認し、自分の探す求人に合致しているかどうかを確認するようにしましょう。

公開している求人はその転職エージェントが得意としている分野である事が多いため、紹介できる求人の傾向を事前に知る事が出来ます。

保健師のおすすめのエージェントの選び方は?

前項で保健師の転職先を探す際に転職エージェントを利用する事をおすすめしましたが、現在は転職エージェントも数多く存在します。

その中でもおすすめの転職エージェントを見つけるために、ここでは見ておくべきポイントを挙げていきたいと思います。

扱っている求人数が多い

まず初めに挙げられる項目が、扱っている求人数が多い事です。

転職エージェントは企業から依頼を受けて、その企業に合う人材を探す事が仕事となりますので、たくさんの求人を扱っている会社が多いです。

求人の多くは非公開求人となっており、転職エージェントがそれらを抱えています。

扱っている求人の数が多ければ多いほど、その方に合った企業を紹介できる可能性が高くなるため、転職エージェントの中でも多くの求人を扱っている所を選ぶ事をおすすめします。

コンサルタントが自分の話をきちんと聞いてくれる

次に挙げられる項目は、コンサルタントがきちんと自分の話を聞いてくれるかどうかという事です。

転職を希望する理由や次の職場に期待する事、希望する収入や働き方など転職者の希望は一人ひとり異なります。

同じ職種を目指すからといって、全ての人が同じ条件で転職先を探している訳ではありません。

自分自身が希望する転職先の条件を細かく聞いてくれる事に加え、自分自身では気づかない就業条件について確認してくれるコンサルタントの方がいる転職エージェントはおすすめです。

また、良い転職エージェントであったとしても性別の問題等でどうしても話しにくいと感じてしまう事もあるでしょう。

きちんと理由をお伝えした上で、担当コンサルタントを柔軟に変更してくれる転職エージェントであればなお良いと考えられます。

正規職員以外の求人を紹介できる

保健師の仕事は多様な働き方が出来る事が魅力の一つです。

正規職員のみならず、子育て中である等様々な理由でパート職員での勤務を希望する人もいます。

転職エージェントは通常正規職員を目指す人が多く利用しますが、保健師の転職を支援しようとする転職エージェントはパートなどの働き方を希望している人に対しても、それに合致した企業を紹介する必要があります。

登録を検討している転職エージェントが正規職員以外の求人を取り扱っているかどうかも、保健師のおすすめの転職エージェントであるかどうか判断する基準となるでしょう。

自分のペースに合わせてくれる

転職エージェントは企業に人材を紹介し、その人がその企業に入職してくれる事で自社の利益に繋がります。

過去には人材を紹介しただけである程度紹介料をもらう事が出来ていましたが、近年ではその人材が入職・定着しなければ報酬が発生しない転職エージェントが選ばれるようになってきています。

そのため、転職者の希望を尊重せず、強引に転職に結びつけようとする転職エージェントもいます。

自分自身の転職活動のペースに合わせてサポートしてくれ、納得がいく転職に付き合ってくれる転職エージェントを探すようにしましょう。

利用者の口コミ評価が高い

実際にその転職エージェントを利用している人の口コミ評価の確認も、自分に合った転職エージェントを選ぶ際のポイントの一つです。

現在転職エージェントを利用して転職する人は多数おり、それに伴って転職エージェントの数も増えています。

仕事を紹介するという目的は同じであっても、そこにたどり着くまでの手段は転職エージェントによって大きく変わります。

転職エージェントによってそれぞれ強みや弱さがあるため、実際その転職エージェントを利用して転職した人の口コミを、インターネットサイト等を複数比較する事をおすすめします。

その口コミ内容を確認した上で自分の希望する求人に特化している転職エージェントを利用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職は検討し始めてから実際に転職するまで非常に体力・精神力を使う活動です。

一人で行うには限界もあり、特に現職に勤務しながら活動を行う事で、自身の体調を崩してしまう事もあります。

皆様が転職エージェントを積極的に活用し、ご自身の希望に合う職場に転職できる事をお祈りしています。


関連キーワード

保健師仕事

保健師仕事に関するコラム

保健師の仕事内容8個の業務。経験者が教えます!

保健師とは保健センター、保健所、医療機関などで働く人間を指します。そもそも保健師とは何かというと、地域活動や保健指導などを行い病気の感染防止や予防、健康増進を促す地域看護を行う仕事です。よく保健室の先生ではないのか?と質問されることが多いのですが、保健室の先生ではあるのですが多少異なる部分があります。保健師を考えている人、また看護師資格を取得されている方は是非保健師の仕事内容についてチェックしてみてください。保健師の大まかな仕事内容保健師の大まかな仕事内容に関してですが、保健師は地域もしくは病院内などの保健指導や健康管理を行います。看護師の資格を持っているので看護師の業務を行うことは出来ますが

保健師と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

働き方改革が叫ばれている昨今、女性も社会進出する機会が増えてきました。しかし、女性が仕事をする上で頭を悩ませる問題に「子育て」があります。まだまだ女性が子育ての中心と考えられている日本において、女性が社会進出するためには子育てと仕事が両立できる事は魅力です。今回は女性の割合が多い保健師の仕事が子育てと両立しやすいと考える理由について書いていきたいと思います。保健師って子育てと両立しやすいの?仕事は世の中にたくさんありますが、その中でも保健師は子育てと両立しやすい仕事と言えます。保健師は、乳幼児から高齢者まで幅広い年代の方を対象として支援をします。支援対象者の中には子育て中の方も含まれており、保

保健師の面接で聞かれる3個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

保健師の面接はどのようなものなのか。面接って独特な質問をされることがあるのですが、中には答えにくい質問をされることもあります。保健師の面接もそうそう難しいことはないそうですが、ただ人柄を見られるため笑顔や印象は良くするように心がけましょう。保健師の仕事内容保健師は大まかに言うと保健室の先生の仕事というと理解しやすいかと思います。大体そんな感じですね。急病人の介抱や怪我人の応急手当、地域や子供たちやその職場で働いている方の健康管理や保険指導を行う仕事になります。保健師の採用面接で聞かれる3個のこと保健師の採用面接で聞かれることについてお伝えしましょう。これがかならず出るという訳ではないのですが、

保健師の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う3個の理由

保健師の将来性について、一般的にニーズがあるのか分かりにくい職業であるため分かりにくいという方も多いです。結構マイナーな職業であるため、他の人に将来性あるの?と聞かれたら戸惑う方も結構います。保健師の将来性は現在の殺伐とした世の中において必要があると思っておきましょう。保健師の仕事内容は?保健師の仕事内容は自分の職場の人のケア、また来た人の精神的なケアも行います。場所によってやることがちょっとことなりますね。ドメスティックバイオレンスや子供の虐待などの相談業務、インフルエンザなどの予防対策、身体障害者への自立支援や妊娠されている方への沐浴などの指導教室を開いたりしています。保健師をずっとやって