「転職をする」と決めたら、転職する業界や職種をある程度定めて情報収集をするというのが、一般的でしょう。

しかし、ネットで「転職」と打つとあらゆる広告が表示され、どこから手をつけたら良いのか困るという方も多いのではないでしょうか。

また、転職とはかなりナイーブな内容であるため、周りに相談し難いということもありますよね。

そこで、便利なものが転職エージェントです。

ここでは、そもそも転職エージェントとは何者であるのか、また賢い使い方をするためにはどうしたら良いのかということから、おすすめの転職エージェントについてまとめていきます。

転職エージェントってどんなことをしてくれるの?

転職エージェントとは、人材紹介事業を行っている企業を指します。

平たく言うと、企業と人の間に立って企業と人のマッチングをしていくということを行っているのです。

企業からは、「こんな人がほしいのだけど紹介してくれないかな?」という相談を受けます。

仕事を探している人からは、「転職がしたいです。私にぴったりの仕事はありませんかね?」と相談を受けます。

それぞれの注文を受けて、転職エージェントは双方の要望に合うようにマッチングをしていくのです。

転職エージェントは、双方のマッチングができた際に、初めて企業から報酬を受けられます。

マッチングとは、企業へ求職者(仕事を探している人)が就業開始できた時のことを指します。

つまり、転職エージェントは求職者が企業へ就業ができるように一生懸命に動くということが事業内容の1つなのです。

じゃあ、具体的に転職エージェントは何をやってくれるの?

転職エージェントは、求職者にとって有益な場所であるということはお分かりいただきましたよね。

ただ、具体的には何をやってくれるのかということが疑問ですよね。

転職エージェントがやってくれることを1つずつまとめていきますね。

どんな仕事をしたいのか、どんな転職先が選択肢としてあるのかを丁寧に面談してくれる

転職と一言にいっても、転職の理由とは、10人居れば10人の理由があるでしょう。

「今の職種の仕事内容には満足しているが、もっと条件の良い企業に転職したい」「キャリアアップのために、職種を変えて転職したい」など理由はさまざまでしょう。

しかし、そんな際に自分にはどんな選択肢がありどんな転職先が向いているのかというのは自分自身では、なかなか分からないという方がほとんどではないでしょうか。

なぜならば、転職を何回もしているという方は別として、皆転職初心者だからです。

そこで、転職エージェントはあなた自身についての面談を丁寧に行います。

転職をしようと思った動機から、今の仕事の不満な点、転職先には何を求めるのかなどということを約1時間程の時間をかけて聞いていきます。

転職エージェントにとっても、この面談の時間はとても大事にしています。

なぜならば、やみくもに求職者に企業を紹介していっても、転職先に求めるものと合致していなければ、意味のないものとなり、紹介している時間が無駄になってしまうからです。

求職者にとっては、転職のプロに相談ができるため活用しない手はないでしょう。

面接のサポートをしてくれる

求職者が、転職先に何を求めているのかということをエージェントは、理解した上で企業に求職者を紹介し、企業が会いたいとなれば、「いざ面接!」です。

自分で求人を見つけた場合だと、企業について調べ、面接で質問されるであろうことを想定し、面接の準備をするというのが一般的ですよね。

転職エージェントを利用すると、エージェントが企業についての情報、企業が求めている人材、想定される面接で質問される内容をある程度伝えてくれます。

そもそも、企業にマッチしている人を紹介して、更に面接のサポートをしてくれるため、求職者は面接合格率がアップするということは言うまでもないでしょう。

転職エージェントを利用するまでの流れとは?

転職エージェントと利用するためには、転職エージェントが運営しているWEBサイトへ行き、個人情報を入力します。

その後、転職エージェントから連絡がきて、転職エージェントとの面談日を調整して転職エージェントとの面談を行います。

面談の内容から、転職エージェントが求職者のスキルや経験、企業に求めることをまとめて、合致している企業をピックアップします。

求職者へは、求人の内容を伝え、「この企業を受けてみたいか」を聞きます。

応募したいという意思をもらうと企業へ推薦し、企業も会いたいとなれば面接という流れとなります。

いざ面接となったら、転職エージェントは面接でのポイントを求職者に伝えて、より面接での合格率がアップするサポートをするという流れになります。

また、面接の結果を企業からエージェントが聞き、求職者に伝えるという流れになります。

転職エージェントを使うメリットとは?

転職エージェントを利用するメリットは、大きく分けて2つでしょう。

それは、「求人を探す」という側面と「受かる」という側面です。

転職活動を始められる方のほとんどは、現職に就きながら並行して転職活動を行います。

そのため、限られた時間の中で求人を探し、受かるための策を練るということは容易なことではありません。

そこで、転職エージェントのような「求人を探す」作業をしてくれて、「受かる」というサポートをしてくれることは大きなメリットでしょう。

では、メリットの詳細を紹介していきますね。

条件に合致したうえ、受かる見込みのある求人を紹介してくれる

企業には、もとめる求職者像があります。

スキルや経験、人柄などです。

転職エージェントは、間に立ってマッチングをするということが事業内容であるため、双方にマッチしたもの同士を推薦していきます。

求職者の一方的な希望で企業に応募しても、もとめる求職者像でなければ、残念ながらその企業に受かることはありません。

求職者が求めている求人内容で、且つ受かる見込みのある求人を求職者に持ってきてくれるというのは、大きなメリットでしょう。

面接に受かるサポートをしてくれる

面接に受かるためには、企業について調べ、自分のアピールポイントをまとめることが必要となります。

転職エージェントを使うことで、この2つの調べ、まとめるということをサポートしてもらえるのです。

なぜならば、転職エージェントは企業側にも立ち、良い方を推薦するという任務もあります。

そのため、企業の求人内容にも詳しくなっています。

また、面接で求職者の何を見ているのかということも事前に聞いていることもあります。

さらに、複数名の採用を行っている企業であれば受かる方の特徴も認識しているでしょう。

その情報を求職者には、問題のない範囲で伝えるため、求職者は面接に受かる可能性が上がるのです。

さらに、就業条件(給与など)の交渉をしてくれる

転職活動を行う際に、1社だけを受けるという方は少ないでしょう。

複数社を受けて、どの企業が良いのかを比較するというのが一般的でしょう。

そこで想定される状況が、「この企業は第一志望であったが、併願している企業の方が就業条件は良いな」ということです。

転職先に求めるものとは、就業条件だけではないにしても、重要なポイントでしょう。

しかしながら、自分自身で企業に伝えるのはなんとも気まずいでしょうし、何と伝えるのがベストなのかも難しいですよね。

そのへんを転職エージェントは、企業側に上手く伝え、条件交渉も行ってくれるためメリットでしょう。

転職エージェントを使うデメリットとは?

さあ、ここまで転職エージェントを使うメリットをお伝えしてきましたが、転職エージェントを使うデメリットもあります。

デメリットも理解した上で、賢く転職活動をするというのは大切なことなのでまとめていきますね。

給与を優先した転職先を推薦されることがある

転職エージェントのビジネスモデルとして、企業と転職者の就業が開始された場合に企業から報酬を受けるという仕組みになっています。

また、その報酬は就業が決まった求職者の年収の35%を企業からもらうということが一般的であるため、転職エージェントはどうしても年収が高い企業へ求職者を決めたいという意思が働きます。

そのため、年収を優先した企業へのすすめをされることは大いにあり得ることです。

もしも、年収を優先したものではなく、他の条件を優先したいということであればその意思を転職エージェントにきちんと伝える必要があるでしょう。

意思決定を急かされることがある

転職エージェントは、営業会社としての色が強いということはお伝えしないといけないことの1つでしょう。

転職エージェントは、1か月あたりに何名の採用決定を出すかということを数値として目標を持ち、動いています。

これは、ボランティアではなく株式会社として動いているため、ある程度仕方のないことでしょう。

そのため、企業から求職者の意思の確認を急かされている訳ではないにも関わらず、求職者の意思決定を急かしてくる場合があります。

これは、営業的な観点から行っていることが往々にしてあります。

そんな時は、意思をもって抗うことが必要でしょう。

求職者の人生にとって、大事なタイミングでしょう。

複数社で内定が出た際は、自分の意思を強く持つ必要がある

前述した通り、転職エージェントの報酬は求職者の年収によって異なります。

そのため、転職エージェントはより高い年収の企業への就職を決めてほしいという意思が働きます。

そのため、求職者に対しての意思決定を年収の高い方へと持っていくような助言をするようなことがあります。

転職エージェントの話は、話半分に聞き自分自身の意思を強くもち、意思決定をするということは大切でしょう。

利用する際に注意することと賢いエージェントの選び方とは?

転職エージェントを比較する上でのポイントは、大きく分けて2つでしょう。

「求人数をたくさん持っている」「転職支援実績が多い」という2つです。

求人をたくさん持っていなければ、求職者へ与えることのできる選択肢はおのずと少なくなります。

また、転職支援している実績が少なければ、サポートできるプロとはいえないでしょう。

転職エージェントを利用する上での注意点と賢い選び方を紹介していきますね。

注意すべきこととは?

「あなたに紹介できる求人はない。

転職先に求める条件を下げませんか?」と言われた時です。

転職エージェントの中には、極小規模で行っている場合があります。

そういった転職エージェントの場合、持っている求人も少ないことが想定されます。

求職者の持っている理想が高いのではなく、合致した求人をもっていないということも考えられるのです。

もしも、こういったことを言われた場合は落ち込まず、別の転職エージェントに行ってみる必要はあるでしょう。

賢いエージェントの選び方とは?

転職エージェントの価値は、「求人数をたくさん持っている」「転職支援実績が多い」ということの2つはポイントになってくるでしょう。

そのため、おのずと信頼できる転職エージェントとは大手になるのです。

企業が人材を紹介してほしいとなると、まず声をかけるのはよっぽどのことがない限り、大手の人材会社です。

新鮮でほやほやの新規求人や非公開求人も大手の転職エージェントにはあるでしょう。

オススメの転職エージェントとは?

ここでは、大手で求職者のサポートに定評があるという観点でおススメをピックアップします。

パーソルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)

3大転職エージェントの中の1つです。

保有求人数は、100,000件です。

更に、企業側の担当と求職者の担当で分業されており、求職者のサポートに手厚さには定評があります。

手厚いサポート受けたいということであればオススメできるエージェントの1つでしょう。

株式会社リクルートキャリア

3大転職エージェントの1つです。

業界1位の転職エージェントです。

保有求人数は、100,000件以上と業界随一です。

求人保有数が多いことから、求職者担当の社員数(※一部契約社員)も多いため、面談の日程候補日は求職者の融通が利くのは良い点でしょう。

株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント

3大転職エージェントの1つです。

この3社の中で唯一の外資系企業です。

そのため、外資系企業の求人や海外勤務の求人を豊富に持っているというのが特色でしょう。

また、ハイクラス人材のサポートが得意と言われています。

その他のおすすめの転職エージェントについては、こちらをご覧下さい。

転職エージェントのおすすめの9選と「探し方」「見分け方」。某有名人材会社の営業経験者が教えます

転職エージェントを使う時の良くある質問にお答えします

ここまでで、転職エージェントについてはある程度お分かりになったと思いますが、念のためよくある質問をまとめておきますね!

転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

転職サイトは、サイトにのっている求人を求職者自身が探して自身で応募します。

また、面接対策をどこかで受けられるようなこともありません。

一方、転職エージェントは求職者に合っている求人を転職エージェントが紹介し、転職エージェント経由で応募が成立します。

また、面接対策なども転職エージェントが行ってくれます。

転職エージェントを利用するためには、幾ら金額がかかるの?

費用は掛かりません。

転職エージェントの面談を受けても、転職エージェント経由で就業が決まっても、求職者が転職エージェントにお金を支払うことはありません。

前述した通り、転職エージェントに費用を支払うのは人材を求めている企業側です。

必ず、転職先を紹介してもらえるの?

必ずとは言えませんが、サイトに登録した個人情報を基に転職エージェントが、合致している求人がある可能性が高いと思った時点での随時のご連絡になります。

まとめ

長くなったので、今回お伝えしたいことをまとめますね。

  • 転職エージェントを利用することは、情報収集の時間を削減し、さらに面接合格率を上げることができるというメリットがあります。
  • 転職エージェントの得られる報酬は、求職者の就業先の年収によって変わるため、年収の高い求人に促される可能性があるため、自分自身の意思を強く持つことが必要です。
  • 転職エージェントを賢く使うためには、「求人数をたくさん持っている」「転職支援実績が多い」という点を見た方がよいため、まずは大手数社に登録すると良いです。

転職エージェントを比較する時のポイントは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職エージェントを使う7個のメリット。現役のエージェントが教える「だから年収アップも狙いやすい」理由

転職を考えた時、あなたは何をしますか?漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。大切なの

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転