転職エージェントをご存知ですか?

広告は見たことはあっても実際にどんなサービスで、転職サイトとの違いやメリットをあまりよく知らない方も多いと思います。

実は、金融業界での転職活動にとても心強いサービスなんです。

特に金融業界でキャリアアップを目的とした転職をしたい方には、転職エージェントでなければ目的にあった転職ができないかもしれません。

今回は転職活動で転職エージェントを使った方がいい理由とエージェントの選び方を解説します。

特にエージェントの選び方を間違ってしまうと、十分にメリットを受けられませんので注意してください!

転職エージェントとはどういうもの?

転職エージェントとは、転職のプロである専任の担当者(キャリアコンサルタント)があなたに合った求人を紹介し、書類選考から内定、入社するまでを総合的にサポートしてくれるサービスです。

転職サイトとの大きな違いは、あなたと企業が直接やりとりをすることがほとんどないということです。

転職サイトでは自分で求人を探して自分で応募し、自分で企業とやりとりをしますが、転職エージェントでは担当者があなたに代わって企業と日程調整をしたり条件の交渉を行います。

面接に向けての対策や企業研究、諸条件の交渉などのサポートも行います。

金融業界でエージェントを使って転職活動をすべき5個の理由とは?

実際に転職エージェントを利用するメリットとは何でしょうか。

エージェントを使って転職活動をすべき理由を説明していきます。

利用はすべて無料

転職エージェントの利用はすべて無料です。

転職エージェントでは求人を出している企業側から手数料を受け取る仕組みとなっており、紹介した求職者が内定し入社が決まったときのみ報酬を受け取る完全成功報酬制です。

入社が決まらない限り報酬が発生しないので、転職エージェントはあなたが転職に成功するよう全力でサポートしてくれるのです。

転職サイトにはない求人がある

これは「非公開求人」と呼ばれる求人で、転職サイトや企業のHPにも掲載されていません。

非公開とされるのは専門性の高い職種の求人や、他社に募集を知られたくないような重要なポスト、高年収の求人等で、取り扱っているのは転職エージェントのみです。

専門職としての転職や、キャリアに自信のある方は転職エージェントでなければ、希望に合った求人が見つからないかもしれません。

エージェントだからこその企業の細かい情報がある

金融業界の転職エージェントには金融業界出身の人が多く、担当者自身が業界に身を置いていたからこそ業界の状況に精通しています。

職種や求人内容について細かく情報を持っている他、その業界や職種だからこその内情を教えてもらうことができます。

また、転職エージェントには求人を行う企業を担当する専任の担当者がいます。

企業の担当者は社長や人事と打合せを重ね、企業の情報を集めたり面接の傾向を探り、時には職場の見学を行って社内の雰囲気を確認したりすることもあります。

転職エージェントだからこそ集められた細かい情報がたくさんあるのです。

給料など諸条件の交渉をしてもらえる

金融業界での転職では給料アップを目的としている方も多いのではないでしょうか。

自分の経験や実績に見合った給料で採用してもらえるか、昇給昇格にはどういった実績があるのか。

入社前に確認と交渉しておきたいですが、採用前の段階ではあまり強く条件について主張しにくいと思います。

その他、有給休暇のとりやすさや女性なら産休・育休の取得率、残業のことも聞きづらいですが聞いておきたいことですね。

給料の交渉やその他の条件についての確認は転職エージェントが代わりに行います。

転職のプロであるエージェントが企業と行いますので、悪印象を与えることなく円滑に確認、交渉が可能です。

「紹介状」をつけてくれる

転職エージェントで求人に応募すると、履歴書と職務経歴書に加えて担当者が作成した「紹介状」を添えて企業にデータを送ります。

紹介状にはあなたの経験やスキルが今回の求人に対してどのように活きるか、今後の活躍がどのように期待できるかや担当者があなたに会って感じた印象や人柄、求人への志望度などを記載します。

履歴書や職務経歴書ではわからない情報や、あなたの魅力を最大限企業に伝えるのです。

企業が求めるスキルに満たず、普通に応募すれば不合格になってしまうようなときも、このようなエージェントの一押しで合格になることもあるのです。

金融業界で転職エージェントを利用した方が良い人とは?

同じ金融業界に転職をしたい人

金融業界でのキャリアアップ、給料アップを目的として転職をされる方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

金融業界専門のエージェントや金融に強いエージェントでは、通常の転職サイトにはない管理職や専門職などのハイクラス向けの求人や、外資系金融の求人がたくさんあります。

魅力的な求人が多いですが、その分入社難易度が非常に高いです。

転職エージェントでは、応募先の企業ごとに面接前の面接対策や面接後のフィードバックなど丁寧にサポートを行ってくれる他、企業それぞれが求める人材、スキルについて細かい情報があるため面接の通過率が高まります。

また、社風や社内制度などの情報が豊富にあり入社後のミスマッチを防ぎます。

他の業界・職種に転職したい人

現在の経験を活かして別の業界で活躍したい人や、金融業界や今の職種での業務が自分に合わないと感じて別の業界・職種に転職したい人もいると思います。

そんな人にも転職エージェントの利用がおすすめです。

今のスキルが活かせる業界・職種にはどんなものがあるか思い浮かびますか?

チャレンジしてみたい業界・業種はあっても実際にどのように自分のスキルが活かせるか、どのように活躍できるか具体的にイメージできる人は少ないのではないのでしょうか。

転職エージェントでは幅広い業界の知識と情報があるため、これまでの経験やスキルがどんな業界・職種で活かせるのか教えてもらうことができます。

実際に金融業界から別の業界に転職したり、別の職種に転職した実績をもとに、どのように活躍できるか具体的にイメージできるようになります。

自分では考えつかなかったような可能性が見つかって驚くかもしれませんよ。

忙しく時間がない人

転職エージェントは圧倒的に手間が少ないです。

書類選考のためにそれぞれの企業ごとに応募書類を作成したり、企業とやりとりして日程調整をする必要はありません。

すべてエージェントがあなたに代わって行います。

業界や職種、企業についてもエージェントから多くの情報が得られるため、細かく調べたり勉強する時間がない方には最適です。

金融の転職でのおすすめエージェントの選び方とは?

転職エージェントにはそれぞれ得意分野や特徴があります。

誤ったエージェントを選んでしまうと自分の希望に合った求人の紹介がなかったり思うようなサポートを受けることができません。

目的に合った転職エージェントを選びましょう。

同じ金融業界に転職したい人は金融専門もしくは金融に強い転職エージェントを選ぶ

金融業界専門や金融に強い転職エージェントは複数あります。

金融業界に強いからこそ募集する側の企業も多くの求人を出しています。

金融系のエージェントの中には外資系に強いエージェントや管理職・専門職に強いエージェント、ファンド・M&Aに特化した部門のあるエージェントなどそれぞれ得意分野や特徴がありますので、目的にあったエージェントを選んでください。

他の業界・業種に転職したい人は目的によって選ぶ

他の業界・業種に転職したい人は自分の経験や転職の目的によって転職エージェントを選びます。

転職エージェントには求人数が圧倒的に多い大手の転職エージェントから、得意分野に特化した中堅、中小の転職エージェントまで様々なものがあります。

まずは大手の転職エージェントに登録してみましょう。

求人数が多く、業界業種も多岐にわたるため自分の経験やスキルでどんな業界・業種の求人に応募できるかイメージがつきやすいと思います。

ある程度転職したい業界・業種が定まっている方はその分野を得意とする転職エージェントを使用しましょう。

また、入社して2~3年の第二新卒の方は20代に強い転職エージェントに登録すると、第二新卒歓迎の未経験OKの求人をたくさん紹介してもらえます。

金融業界で転職エージェントを使う上で注意した方が良いことは?

転職エージェントはとても便利で心強いサービスですが、使う上ではいくつか注意点があります。

転職の目的を明確にしておく

目的とは、なぜ転職したいのか、転職先に求めるものはなにか、転職後どのようになっていきたいのか等です。

転職エージェントには様々な特徴がありますので、どのような転職をしたいかによって選ぶエージェントが変わってきます。

自分の中であまり定まっていなかったとしても、エージェントとの面談の中であいまいな部分を一緒に考えていくこともできます。

金融業界で転職しようか、その他の業界に転職しようかを迷われている方は、まずは幅広い求人のある大手の転職エージェントで、どんな求人があってどんな求人に応募できるのかを見てみることから始めてみるといいと思います。

求人をたくさん見ているとだんだん自分の中で希望がはっきりしてきますよ。

エージェントが自分に合っていなければ別のエージェントを使う

転職エージェントは複数利用することをおすすめします。

いちいち面談するのが面倒かもしれませんが、エージェントや担当者によって紹介される求人が違います。

担当者との相性もあります。

いくつか登録してみて、そのまま複数のエージェントを使いながら転職活動を続けてもいいですし、ひとつに絞って活動してもいいです。

合わないなと感じたり、担当者が自分にが求めるものとは異なる求人ばかりを紹介するようであれば、別のエージェントを使うことをおすすめします。

また、金融業界の転職エージェントにはハイキャリア向けのものが多いため、キャリアに自信がない方や若手の方には求人のハードルが高いかもしれません。

大手の転職エージェントにも金融の求人はありますので、あわせて登録することをおすすめします。

不安な方は金融業界の転職エージェントでの面談の際に、自分の経歴やスキルで転職できる求人があるか相談してみてください。

担当者とは定期的に連絡をとる

担当者から定期的に求人の紹介があったり連絡があるようであれば問題ありませんが、もしあまり担当者から求人の紹介や連絡がないようであれば、あなたの希望や経験に合う求人がないのかもしれません。

一度連絡をとって状況の確認をしましょう。

もしかしたら担当者が多数の求職者を担当していて優先的に動いてくれていないだけかもしれません。

エージェントは成功報酬制なので転職に積極的であったり、転職がすぐに成功しやすい人を優先してサポートする傾向があります。

特に金融系のエージェントの中には合理的な社風で、求職者に対してもドライなところもありますので、上手に使うようにしてください。

金融業界で転職するにあたっての必要な心構え

転職活動をする前に少しだけ準備しておいてほしいことがいくつかあります。

転職する時期を考えておく

転職する時期とは実際に転職活動ができる時期と今の会社を退職できる時期です。

無計画に転職活動を始めてしまうと、せっかく内定が出ても在職中の会社の繁忙期や業務上の事情で提示された入社日までに退職できない…ということも起こり得ます。

スムーズな転職のために退職できる時期をゴールに定め、計画的に転職活動を始めるようにしましょう。

引継ぎが必要な場合は準備しておく

会社にもよりますが、退職を申し出てから1か月程度で退職となることが多いです。

あなたの業務量は1か月で十分に引継ぎが完了できるでしょうか。

できれば次の会社に入社する準備のためにも有給休暇も使用したいですよね。

事前に準備できることがあればできるだけしておくようにしましょう。

在職中の転職活動の場合、面接でもスムーズに転職できるか聞かれることもあります。

十分に準備済みであることを伝えられれば、応募先の企業にも安心感と信頼感を与えることができます。

また、十分に引継ぎせずに迷惑をかけた退職の場合、同じ業界内であれば悪評が転職先に伝わってしまう可能性もありますので気を付けてください。

まとめ

いかがでしたが?

金融業界での転職活動には転職エージェントの利用がおすすめです!

エージェントの選び方には注意してくださいね。

いくつ登録しても無料ですのでとりあえず一通り登録して話を聞いてみるのもいいと思います。

ぜひ転職エージェントを上手に使って転職活動にお役立てください。


関連キーワード

金融転職