転職を考えた時、あなたは何をしますか?

漠然と求人サイトを見たり、求人情報誌をめくってみたりという人が多いと思います。

または何となく行きたい業界や希望の会社を決めている人は、HPなどの採用情報を眺める人もいるでしょう。

転職先の探し方にはこのように自分1人で探す方法と転職エージェントを利用し、自分に合う転職先を見つけてもらう方法があります。

転職エージェントは上手に使うことで、転職がスムーズに進んだり、真に自分が求めていた企業が見つかったりするメリットがあります。

勿論、転職エージェントサイトは幾つかあり、その選び方が重要です。

また転職エージェント利用にあたり、幾つか注意をしたい点もあります。

大切なのは、転職エージェントに振り回されることなく、上手に活用することです。

本日は実際に転職エージェントを利用して異業種に転職した私が転職エージェントの上手な活用方法を解説します。

転職エージェントについて知ろう

転職エージェントの特徴

転職エージェントは人材紹介サービス業です。

転職を考えている求職者と企業を結ぶ存在です。

求職者は、転職エージェントに悩みや迷いを相談しながら、自分にあった企業を探すことが可能です。

企業が転職エージェントを使うメリット

企業は転職エージェントに紹介料や手数料を支払い、自分の会社に会う人を選んでもらいます。

企業が転職エージェントを利用するメリットは以下の3つです。

応募総数をふやす

転職市場には無数の求人情報が溢れています。

転職サイトに求人情報を載せても、有名企業や一流企業など特出したものがない限り、埋もれてしまうのです。

その結果、応募数自体が少ない、または0ということもあります。

転職エージェントに依頼することで、自社のアピールポイント、ストロングポイントが求職者に伝わりやすくなります。

その結果応募総数が増える傾向にあります。

ミスマッチを防ぐ

企業が独自に採用活動を行い、せっかく入社になったとしても、すぐに辞められてしまっては元も子もありません。

転職エージェントは求職者と複数回面接を行い、求職者が転職において重視することを本音ベースで引き出しています。

そのため、入社後のミスマッチが少なく、長期雇用に繋がりやすいというメリットがあります。

コスト削減

転職エージェントに報酬を支払うタイミングは、無事に入社が内定した時です。

転職情報サイトや求人誌に求人広告を載せるには、ずっと広告料がかかります。

それなのに無事に企業が求める人材が応募してくる保証はないのです。

したがって転職エージェントを利用したほうが、効率的でありコスト面でも有利です。

転職情報サイトとの違いは?

専任アドバイザーがいない

転職情報サイトは求人を探すところから、応募まで求職者が自分ひとりで行います。

転職エージェントを利用した場合は、専任のアドバイザーがつき、履歴書の書き方、面接対策を行ってくれます。

それが転職情報サイトを利用する場合はいません。

転職情報サイトを利用して転職活動を行う場合、自分のペースでじっくり求人を探せるという気楽さがあります。

一方全てを自分で行うため気力、体力がいります。

また転職に対するモチベーションの維持も全て自分にかかっています。

非公開求人

公開求人情報は、転職情報サイトや求人誌に掲載されている誰もが目にすることのできる求人です。

実は求人にはもう1つ、転職エージェントのみがもつ非公開求人があります。

非公開求人は転職エージェントに登録した求職者のみがみることができる求人です。

転職情報サイトだけを利用して、自分に合う求人が見つかる可能性もあります。

しかし、公開求人情報にはない非公開求人に自分に合う求人がある場合があります。

転職において1つでも機会を増やし、可能性を求めたい場合は転職エージェントも視野にいれたほうがいいでしょう。

転職エージェントにはどんな種類があるの?

転職エージェントは複数の会社が存在しています。

転職エージェントにも得意、不得意があるため、自分にあう会社を見つけることが大切です。

そのため複数のエージェントに登録し、より多くの情報を集めようとする人が多いです。

総合型

幅広い業界、職種の求人情報をもっています。

一方で専任アドバイザーによっては、特定業界の知識などが不十分など、広く浅くの傾向があります。

業界特化型

薬剤師専門エージェント、看護師専門エージェント、金融業界専門エージェントなど業界に特化したエージェントがあります。

専門性が高い非公開求人も多くあつまるうえ、専任アドバイザーもその業界をよく知っているため、特定業界を志望する意思がはっきりしている求職者に人気です。

求職者属性特化型

若手やエグゼクティブ層向けなど求職者属性にあうサービスを提供するエージェントもあります。

例えば、若手に対象を絞ったエージェントのもとには第二新卒求人が集まりやすいです。

またエグゼクティブ層向けであれば、入社後のポジションー部長待遇採用ーなど条件面の交渉に強い面があります。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットは以下の7点です。

非公開求人が見れる

前述した通り、求人情報サイトには掲載されない非公開求人情報をエージェントは持っています。

非公開求人は専門性が高い求人も多く、キャリアアップの幅も広がりやすそうです。

転職エージェントのもつ求人の80%が非公開求人とさえ言われます。

逆にいうと転職情報サイトには20%の求人しか掲載されていないことになります。

自分に合う会社を見つけるためには、情報はより多いほうが有利でしょう。

社内の内部情報を教えてもらえる

転職エージェントは継続的に企業側と話をしています。

そのため社内の雰囲気、人事部の好きなキーワード、考え方などネットでは分からない情報を知っています。

履歴書・職務経歴書を添削してもらえる

履歴書や職務経歴書を書くことは簡単なようで難しく、自力で完璧なものを書いたつもりでも、論点や企業が求めるPRポイントからずれている場合があります。

転職エージェントに登録すれば、専任アドバイザーがつきます。

面談のなかで自分の強みを再確認できるほか、履歴書・職務経歴書が通用するレベルにまで添削を施してくれます。

転職活動は限られた時間をやりくりしながら行うもののため、効率的でしょう。

また一度作ってしまえば、エージェントが管理してくれるため、使いまわしして応募ができるのも魅力です。

面接対策をしてもらえる

模擬面接を行ってくれるため、面接通過率が高まるでしょう。

筆者の場合、面接の前に企業や業界に即したメイク、ファッションの指導もありました。

新卒とは違う視線での対策が必要なため、自分ひとりの対策に不安がある人にはメリットは大きいです。

条件交渉をしてもらえる

求職者にとって、本当は「今の給与以上ほしい」「月に〇万円以上はほしい」と思っていても、面接の場所では直接言いにくいものです。

転職エージェントを間に挟むことで、給料や条件面の交渉も代わりにしてくれます。

面接日程・入社時期を調整してくれる

辞める予定の会社に所属しながら、転職活動を行う求職者は多いです。

筆者も勤務する会社に内緒で時間をやりくりしながら転職活動を行いました。

転職エージェントを間にはさむことで、面接日程の調整をしてくれます。

通常ならなかなか難しい平日夜間、日曜日の面接ができるなど、働きながら転職活動をする人には大きなメリットがあります。

また筆者が転職を希望した会社は、1か月後からの勤務を希望していましたが、辞める会社の規定の関係で入社時期を2か月先にする必要がありました。

転職エージェントには要望を伝えやすかったため、エージェントに入社時期を調整してもらいました。

相談相手がいる

新卒の就職活動と違い、転職活動は秘密裏に行うことが多いものです。

転職エージェントは不採用の場合、専任アドバイザーが励ましてくれたり、モチベーションを維持するための講座を開催してくれたりします。

孤独になりがちな転職活動の強い味方となる存在がいるというメリットがあります。

エージェントを利用すると年収アップが狙いやすい?その理由は?

転職エージェントを利用する動機の1つとして、年収があります。

その理由は以下の3点です。

非公開求人で年収アップ

ピンポイントで企業が求める職歴、資格を有する求職者を探すために企業は求人を非公開にするといわれています。

求職者の職歴、経験、スキルがダイレクトに仕事につながるため、年収アップにつながりやすいです。

職種限定の求人で年収アップ

転職エージェントのもつ求人には<部長職待遇>など専門ポストに限定したものがあります。

当然ポスト相応の年収が準備されているため、年収アップが期待できます。

条件交渉で年収アップ

現在勤務する企業より年収をアップすることが転職の条件の場合、エージェントが間にはいり年収面の交渉をしてくれます。

その結果、現在の年収よりアップした形で入社が約束されます。

エージェントの利用方法は?

転職エージェントの登録は無料なため、複数のエージェントを登録する人もいます。

また転職エージェント一本に絞るのではなく、転職情報サイトなど他の媒体と併用する人もいます。

エージェントを利用する方法と応募までの流れは以下が一般的です。

登録

転職エージェントのHPから登録を行います。

氏名、年齢、住所などの個人情報、学歴や職歴、転職希望時期、希望業界業種、年収などの項目があり、埋めていきます。

業界特化型エージェントなどでは、よりスキルについて深く記載を求められることもあります。

面談

専任アドバイザーと面談を行います。

筆者の場合、1回目の面談は今後のキャリアイメージ、ライフワークバランスの考え方について聞かれました。

2回目の面接の際は履歴書・職務経歴書を持参し、それを深く聞かれながら添削をしてもらいました。

企業へ応募

専任アドバイザーからメール等で逐次自分にあう求人情報をもらいます。

自分が気になった求人は、専任アドバイザーに伝え、エージェントを通じ各企業へ応募します。

書類選考通過後は、面接日程をエージェントが調整します。

面接他

企業側と面接します。

条件交渉

年収や条件について、専任アドバイザーが最終確認・条件交渉を行います。

企業、求職者ともに納得し、合意した場合、無事に内定、入社の流れになります。

エージェントを利用する際の注意点は?

エージェントを利用する場合、以下の点に注意しましょう。

肝心なのはエージェントに振り回されることなく、あくまで自分の意思を大切に上手に利用しようとする気持ちです。

応募の幅が狭くなる可能性

転職エージェントは学歴や職歴でフィルターをかけ、求職者に求人情報を渡します。

そのため、大手企業、一流企業の求人情報はそもそも貰えないこともあります。

また異業種への転職には弱いです。

転職活動で今の環境を一発変えたいという人には不向きかもしれません。

自分に合わない企業を強く勧められるかも

メリットで書いたことと矛盾する部分もありますが、転職エージェントも企業から報酬をもらうことで利益を確保します。

年収の高い企業に自分の担当者が入社したほうがエージェントに入る金額が大きくなります。

そのため、専任アドバイザーによっては、求職者に合わない企業でも強く勧めてくる可能性もあります。

最終的に合う合わないは自分で判断する癖をつけましょう。

専任アドバイザーのあたりハズレも大きいため、複数のエージェントに登録してみるのもよいでしょう。

まとめ

いかがですか。

転職活動はエージェントを利用する方法、自分で転職情報サイトを活用する方法があります。

どちらの利用にもメリット、デメリットがあります。

転職エージェントを利用することで、非公開求人情報を得ることも出来ます。

また条件面の交渉を代行してくれるなど、求職者自ら直接企業側に交渉することが難しいこともスムーズにいきます。

一方で、専任アドバイザーの質が期待を下回り、見当はずれの求人を紹介されることもあります。

複数のエージェントに登録し、自分にあう転職エージェントをみつけることが大切です。

そして、やはり最後に判断をするのは求職者本人です。

あくまで転職エージェントはサポート的存在です。

主体的に動くという意思は転職情報サイト利用時と同じくらい強くもつことが大切です。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

横浜の転職エージェントおすすめ6選。地元密着&大手の横浜支社を紹介

今回ご紹介するのは、横浜市の転職エージェントです。神奈川県の県庁所在地で、六大都市でもある横浜市。幕末に外国貿易のために国際港が開かれて以来、港湾都市として発展してきました。経済面では日本を代表する大手国内企業や、世界的に有名な外資系企業、地元の優良企業などが集結しています。海外を視野に入れたグローバルな企業も多く存在します。今回は横浜の地域に根づいた企業で働きたい方や、横浜からグローバルな企業を狙いたい方に向けて、地元のエージェントや横浜に支店のある大手エージェントをご紹介します。保育業界に特化したものや、海外にネットワークのあるエージェントも掲載しています。横浜を拠点に仕事探しをする際は、

福岡市の地元密着の転職エージェントおすすめ6選

今回は福岡市の「地域密着型エージェント」を6選ご紹介します。福岡市は九州最大の人口を擁する都市で、さらに国家戦略特区にもなっています。大企業や中小企業、老舗企業などさまざまな企業が新規事業やイノベーションに積極的な地域です。「福岡で仕事をしたい」という人にとって、転職エージェントは心強い存在ですよね。特に地元に密着したエージェントなら、地元企業を知り尽くしたプロの意見を聞くことができ、自分に合った優良企業に巡り会える可能性が高まります。福岡市の密着の転職エージェントACR 「ACR」は1967年に創業した福岡市の老舗エージェントです。1970年に九州で初めて人材紹介業をスタートし、福岡に根ざし

札幌市の地元密着型転職エージェント企業5選

今回は札幌を拠点に北海道全体の求人情報に強いエージェントや、医療分野に特化したエージェントなど、札幌市の「地域密着型エージェント」を5選ご紹介します。県庁所在地であり、北海道最大の経済都市でもある札幌市。「札幌で仕事をしたい」「札幌にUターン転職したい」という人は多いかもしれません。そんな時に必要になるのが、地元の求人に強い転職エージェントです。地場企業の情報だけでなく、北海道の気候や風土にも詳しい地元エージェントの存在は心強いですよね。札幌や北海道での転職をお考えの方は、参考にしてみてくださいね。札幌市の密着の転職エージェントジョブキタ紹介(株式会社北海道アルバイト情報社)「ジョブキタ紹介」

神戸市で地域密着型の転職エージェントをご紹介!おすすめのエージェント9選。

今回ご紹介するのは、神戸市での求職に有効な転職エージェントです。大小様々な企業の求人案件を取り扱い、企業と求職者との橋渡しをしてくれる転職エージェント。全国に張られたネットワークを駆使して転職支援してくれる大手のエージェントも良いですが、地元での信頼関係を活かしてそこにしかない隠れた案件を紹介してくれる地域密着型のエージェントも、非常に心強いサポーターです。この記事では、神戸市の「地域密着型転職エージェント」9社を選りすぐってご紹介したいと思います!神戸市の地域密着型転職エージェント、おすすめの9社それでは、早速見ていきましょう。株式会社ウィンウィン「株式会社ウィンウィン」は、神戸市に本社を構

名古屋のおすすめ転職エージェント8選。地元密着型を中心に紹介します。

今回は、名古屋市に焦点をあて、地域密着型の転職エージェントを8社ご紹介します。名古屋市在住で転職を考えている方、名古屋市へのUターン・Iターンを考えている方は是非参考にしてみてください。転職する際の心強い味方となる転職エージェント。「リクルートエージェンシー」「パソナキャリア」などの様に全国展開をしている大手総合転職エージェントももちろんですが、地元に密着した転職エージェントを利用することで、転職の幅はグッと広がります。名古屋市の地域密着型エージェント8選!それでは早速、各社の特徴を踏まえて見ていきましょう。株式会社パーソネル名古屋で20年の実績を持つ「株式会社パーソネル」は、本社のある名古屋

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由を紹介します

東京都内で転職をお考えですか?都内の求人ってとても多いですよね。見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。東京の転職事情とは?実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。まずは求人数が多いこと。そして、転職先を探している求職者数も多いことです。応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。せっかく希望に会った求人を見つ

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。


転職に関するコラム

転職のアピールポイントには何が良い?1000件の求人広告を作った現役人材採用コンサルが教える、企業が求めているアピールになる人物像

みなさんは、今まで転職をしたいと思ったことはありますか?もしくはみなさんは今まで転職活動や転職をしたことがありますか?数年前まで転職というと何かよくないイメージが持たれていました。それは、まだ永久就職のイメージが日本に残っていて、一つの会社で勤め上げることが美徳とされていたからです。そのため、転職は、一つの会社に適合せず他社で居場所を求めると思われていました。しかし、リーマンショック以後、永久就職の概念が崩れ、大手企業でもリストラをすることが世間にも一般的に認識されてからキャリアップや収入アップ、自分の成長のために転職をする人が増えてきました。それに伴い、市場も以前に比べるとネットや人材会社な

転職が多い人が転職時に気を付けたい6つのこととは?こうすれば面接はうまくいきます

転職の回数が多かったとしても、しっかりとした理由があったり、目的をもった転職であれば印象が悪くなることはありません。しかしきちんと相手に伝えることができなければ、マイナスの印象となってしまいます。転職が多い人の特徴とは?ここでは大きく二つに分けてみたいと思います。それは能動的か、受動的かどうか。能動的な人は、自ら選択して動きます。現状からより良い環境に身を置きたい。新しいことを学びたい。自ら目的を持って転職を行う人です。明確な目的や、理由を持って転職を選択しているので面接の際の受け答えにも濁ることなく、自らの希望を伝えることができます。企業側としては、欲しい人材としてマッチすれば採用に向けて動

転職がうまくいかない9つのシチュエーションとこんな時はどうすればいい?

社会人をしている中で何かをきっかけに転職したいと思う時があります。例えば、今の仕事が思い描いたものとは異なっていたり、元々やりたい仕事ではないため、他の仕事をしたくなったり、理由は様々です。ただ、社会人になって就職活動、つまり、転職活動をするとスムーズにいかないことがあります。なぜなら仕事をしながら転職活動なので履歴書に時間をさいたり、面接対策に時間をさいたりできなかったりします。そのため、転職活動がうまくいかない人が少なくありません。今回は、転職がうまくいかない原因と転職を成功させるためのポイントについて紹介していきます。転職がうまくいかない9つのシチュエーションとは?社会人をしながらの転職

転職が不安でいっぱいになってしまったら!不安を取り除く7つの方法を紹介します

有効求人倍率が1倍を大きく上回り、慢性的な人手不足ともいえる昨今。転職活動にはもってこいの状況と言えそうです。それでも、いざ実際に転職活動に取り組んだとき、必ずうまくいくかどうかはわからないですよね。これから転職活動を始めようという人も、すでに始めている人も、不安を感じている人はたくさんいることでしょう。なぜ不安になってしまうのか、不安になってしまうのは一体どんなときなのかを見ていきましょう。不安になる原因がわかれば、その不安を取り除くこともきっとできるはずです。転職で不安でいっぱいになるときってどんな時?転職をしようと思い立ったときから、様々な場面で不安を覚えることが多々あります。そもそも転

転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職活動を始める前にやっておきたいこと

終身雇用が一般的だった日本も今では転職をする人が多くなってます。広告やCMでも転職エージェントに関するものがたくさんあります。では実際に転職する人はどんな理由で転職を決意するのでしょうか?この記事では転職のきっかけと転職活動をする前にしておく準備についてご紹介します。転職のきっかけに多い8個のシチュエーションとは?転職のきっかけは人それぞれです。ポジティブな理由で転職する人もいればネガティブな理由で転職する人もいます。特に若い人は転職に抵抗がない人が多く、第二新卒専用の転職エージェントもあります。給料が安い自分の給料に満足している人は多くありません。一昔前であれば終身雇用制度と年功序列制度で長