東京都内で転職をお考えですか?

都内の求人ってとても多いですよね。

見ているだけで疲れてしまって、なんとなく転職を先延ばしにしてしまっている人もいるのではないでしょうか。

今回は東京で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントがたくさんありすぎてわからない!とお困りの方もぜひ参考にしてみてくださいね。

東京の転職事情とは?

実は、東京での転職は地方との転職と少し違います。

まずは求人数が多いこと。

そして、転職先を探している求職者数も多いことです。

応募できる求人はたくさんありますが、それと同時にスキルが高く経験豊富な優秀な人材も集まっているのです。

せっかく希望に会った求人を見つけても、たくさんの強力なライバルがいる中で内定を勝ち取っていくのは難しいですよね。

それに、多くの求人の中で果たしてどの求人が自分に合っているのかわからなかったり、もっといい条件の求人を探したいと思ってもうまく見つけられなかったりと苦戦している方の話をよく耳にします。

転職したはいいものの、事前に企業の情報が少なかったためにブラック企業に就職してしまった…ということも少なくはありません。

地方にお住まいで東京での転職を考えている人にとっては東京で働くことにのイメージ自体が定まっておらず、何となく憧れて東京で転職を考えているけれども具体的にどうしたらいいかわからない、と悩む方も多いです。

東京に住んだことがなければ企業がどんな場所にあるのかもイメージがつきにくいですよね。

1日で2つの企業の面接を組んでみたのはいいものの、企業と企業が離れすぎていて間に合わない…!なんてことも。

こんなことを言うと不安になるかもしれませんが、東京での転職は一人ではとても大変です。

プロを頼りましょう。

転職のプロ、つまり転職エージェントです!

転職エージェントならたくさんの求人の中からあなたに合った求人をピックアップして紹介してくれます。

プロの目線で選んでもらえると安心ですよね。

また、企業の情報も多くありますので、入社してみたら全然違った、こんなはずじゃなかった…というミスマッチも防ぐことができます。

転職エージェントって?

転職エージェントというサービス自体はご存知でしょうか。

転職エージェントとは、一言でいえば「転職をサポートしてくれる無料のサービス」です。

あなた専任の担当者がつき、あなたの希望や経験に合った求人を紹介し、内定・入社に至るまでのサポートをしてくれます。

応募書類の添削や面接対策、各業界や企業ごとの詳細な情報が得られることも転職エージェントを使う大きなメリットです。

自ら求人を探したり企業とやりとりする必要がないので、特に毎日忙しくてなかなか転職活動の準備をすることができずに困っている方にはおすすめです。

また、転職エージェントには「非公開求人」と呼ばれる求人サイトや企業のホームページにも公開されていない求人があります。

非公開求人は登録している人にのみ紹介される特別な求人で、転職エージェントを利用しない限り応募することができません。

より自分の希望に合った求人に出会うためにも転職エージェントを利用しましょう。

東京の転職エージェントの特徴とは?

基本的にどんな地域にあっても転職エージェントのサービス内容は同じですが、ほとんどの転職エージェントは本社を東京に置いています。

求人が豊富で激戦区の東京だからこそ、東京の転職エージェントには他と違った特徴があるんですよ。

その特徴をいくつかご紹介します。

転職エージェントが他の地域に比べて圧倒的に多い

まずは転職エージェントの数です。

ほとんどの転職エージェントは東京に本社、支店を構えているので他の地域に比べて圧倒的に多くの転職エージェントがあります。

名前を聞いたことがあるような転職エージェントで東京に拠点がないエージェントはほぼありません。

取り扱い求人数が多い

転職エージェントが扱う求人数も東京がもっとも多いです。

その他だと大阪や愛知なども多いですね。

求人を出す企業側も、都内での求人は応募する求職者が多く自社で採用活動を行うには負担が大きすぎます。

転職エージェントではある程度スクリーニングした上で求職者を企業に紹介しますので、採用側の手間が軽減されるという利点があるため採用に時間や人員を割くことが難しい企業にはとても便利なサービスなんです。

地域によっては求人サイトやハローワークの方が強く、転職エージェントを使うという文化自体があまりないところもある一方で、東京では企業側も転職エージェントを使うのが当たり前になっているのです。

特定の業界専門の転職エージェントなど、特化型のエージェントが豊富

金融専門の転職エージェントや不動産業界専門、外資専門など特定の業界に特化した転職エージェントが多いことも特徴です。

特化型の転職エージェントでは、その転職エージェントでしか扱っていない求人の取り扱いがあることも多いです。

1つの企業で複数の転職エージェントを使っていることが多い

企業側としてもより良い人材を採用するために、複数の転職エージェントに求人を出しています。

これも転職エージェントが多く、求職者が幅広い転職エージェントに登録をしていることに起因しています。

転職エージェントの担当者の質に差がある

担当者の質にはかなり差があります。

企業や取り扱い求人、担当求職者数が多いために経験が豊富で知識が幅広く、優秀な担当者も多くいるのも東京の転職エージェントならではですが、反対に経験が浅く的確な求人紹介ができない担当者や成果主義で求職者のことを考えないような担当者もいます。

実は、都内の転職エージェントは離職率が高く人の入れ替わりが激しいのです。

常に採用を行っているため若手が多く、十分に経験を積めないままに担当として業務を行っていくため十分なサポートが行えなかったり、求人のマッチングが下手だったりということもあります。

しかし担当者の質は会ってみないとわかりませんし、相性もあります。

転職エージェントを使うときは複数登録して色んな担当者の話を聞き、優秀で自分に合った担当者のいる転職エージェントを使うようにしてくださいね。

東京の転職エージェントでおすすめな会社9選とその理由

東京にある転職エージェントはとてもたくさんあります。

正直どこがいいのかなんてわかりませんよね。

今回は年代や経験、業界など様々な視点からおすすめの転職エージェントを集めてみました。

もし自分に合いそうだな、と思う転職エージェントがあればぜひ気軽に登録してみてくださいね。

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

おすすめな理由やそのメリットとは?

業界No1の転職エージェントです。

とにかく求人数が圧倒的に多く、業界・職種も幅広く揃っていますので経験・年代・希望の業界職種に関わらずどんな方にもおすすめできます。

転職が初めてで、どんな転職先があるのかや自分のスキルでどんな求人に応募できるのかなど幅広い意見が聞きたい方は一度登録してみるといいでしょう。

担当者はどちらかというとガツガツとしたタイプが多く、転職を無駄なくスピーディーに進めたい方には合いますが、じっくり親身になって話を聞いてほしい・相談にのってほしいという方はこの後ご紹介するDODAやパソナキャリアの方が合っていると思います。

DODA

https://doda.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

リクルートエージェントに次ぐNo2の転職エージェントです。

求人数もそこまで大きく変わらず、扱っている求人もリクルートエージェントと重複していることが多いです。

両方登録して自分に合った方を使ってみるのがいいでしょう。

担当者は親身になってくれるタイプが多いので、どんどん転職活動を進めたいというよりは担当者と相談しながらじっくり着実に進めていきたいという方が合うと思います。

パソナキャリア

http://www.pasonacareer.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

こちらも業界大手の転職エージェントです。

幅広く求人を提案してくれるので、絞らず色んな求人の紹介を受けたいという方におすすめです。

担当者は親身に話を聞いてくれるタイプが多く、無理に進めていくことはありません。

転職に不安のある方や初めての転職の方、転職するかどうか自体を迷っている方で、まずは一度相談してみたい…ということならパソナキャリアが安心です。

一度話を聞きに行ってみてください。

JACリクルートメント

http://www.jac-recruitment.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

外資系・ハイクラスの求人に強い大手転職エージェントです。

キャリアアップ・年収アップを狙う方はまずJACリクルートメントに登録しておきましょう。

ハイクラスに特化している分、担当者も質が高いことが評判です。

ビズリーチ

https://www.bizreach.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

管理職や専門職などのハイクラスの求人に特化した転職エージェントです。

年収2,000万円を越える案件もあり、他では出会えない求人が多数あります。

キャリアアップを狙う方、スキルに自信のある方はぜひ登録してください。

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

中堅の転職エージェントです。

20代の若手の転職に強く、書類の添削や面接対策などの選考通過のための対策が丁寧なので初めての転職の方にはとても心強いエージェントです。

特に第二新卒向けの求人が多いので第二新卒の方は登録しておくことをおすすめします。

Type転職エージェント

https://shoukai.type.jp

おすすめな理由やそのメリットとは?

大手転職エージェントに比べると求人数は劣りますが、東京近郊の求人を中心に、IT系の転職に強いエージェントです。

特化している分野がある分企業との繋がりも強く、情報が豊富で面接の通過率が高いのもポイントです。

他の大手転職エージェントと合わせて使うと心強いでしょう。

ワークポート

https://workport.co.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

ITやWEB業界に強いエージェントです。

規模はそこまで大きくありませんが、IT・WEB業界に関しては大手エージェントよりも強いと言われています。

ワークポートでしか扱っていない求人も多いので、ITやWEB業界で転職すると決めている方は登録しておいた方がいいです。

担当者の紹介する求人数も多く、対応がはやいのでサクサク転職を進めたい方に特に合っています。

ハタラクティブ

https://hataractive.jp/

おすすめな理由やそのメリットとは?

第二新卒などの若手に強く、未経験でも応募できる求人が多く揃っているのが特徴の転職エージェントです。

他の転職エージェントで求人の紹介を受けられなかったり、学歴や職歴に自信がなく、正社員を諦めようか…と思っている方は最後の砦としてハタラクティブに登録してください。

アルバイト経験のみの既卒の方でも紹介できる求人があり、どんな方でも紹介してもらえると評判です。

ただし、あくまで最後の砦としての利用がおすすめなのでまずは大手や若手に強いマイナビエージェントに登録してみて、うまくいかなかった場合に登録するという順番がいいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

たくさんの転職エージェントをご紹介しましたが、ざっくりまとめると「大手ならリクルートエージェント・DODA・パソナキャリア」「IT系ならType転職エージェント・ワークポート」「外資・ハイクラスならJACリクルートメント・ビズリーチ」「若手ならマイナビエージェント」「他で求人が紹介してもらえなくて困ってしまったらハタラクティブ」です。

ただ、どれかひとつに絞る必要はありません。

転職エージェントによって紹介される求人も異なりますし、担当者との相性もありますのでまずは2~3社登録して話を聞いてみるといいでしょう。

20代の方なら「大手3社から1~2社登録+若手に強いマイナビエージェントに登録」といったイメージですね。

求人を紹介されていくうちに特定の業界での転職をしたいと思うようになったら追加でその業界に強い転職エージェントに登録してもいいですね。

東京は幅広い分野の転職エージェントがあり、転職活動にはとても恵まれた環境です。

この素晴らしい環境をフルに使って最高の転職をするためにも、転職エージェントを上手に使ってくださいね。


関連キーワード

転職

転職についてもっと深堀りした情報を見る

転職エージェントの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか?今回は

ハローワークで転職を成功させるなら!流れや相談の仕方・服装などの注意点を元相談員が解説します

転職の強力サポーターとして、ぜひ活用していきたいハローワーク。民間の転職エージェントとは違った支援を行っています。どうしたらより良い転職につながるのか、ハローワークの使い方や、相談時の注意点、利用する際に気を付けたい服装など、細かく解説していきます。ハローワークってどんなところ?そもそも、ハローワークとはどんなところなのでしょうか?ハローワークは国の行政機関であり、厚生労働省が設置する各都道府県の労働局の下部組織である公共職業安定所の愛称です。求職者に対して、就職についての相談や、職業紹介、雇用保険の受給手続き、職業訓練の受講指示を出すなどの業務をしています。誰でも無料で利用でき、就職困難者に

20代の転職で失敗しないために知っておくべき事や20代に人気な職種や業界を教えます!

新卒入社をした会社が、入社前に思っていたイメージとはかけ離れていた。といった会社に対する不満をもって20代で転職を検討する若手社員は、かなり多くいると思います。実際に、現在の日本においては以前のような終身雇用をとっている企業も少なくなり、働く側の心理としてもそれを望む人は多くありません。このような社会環境のなかで、20代のうちに転職を通じたキャリアチェンジを、人生のステップアップとなるように成功させるポイントを解説していきます。もう30代が近い人は、こちらの記事も参考に!→30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?20代の転職で失敗しないために知っておくべきこと2

30代の転職で注意すべき7つのことと、転職成功のためにやるべきこととは?

30代という年代は、仕事もプライベートも人生における大きな岐路となる年代となります。そこから先の人生をより良いものにするためにも、「今の仕事をそのまま続けていいのか?」と考えることは重要です。そこで今回は、30代の転職の「注意点」「成功させるための方法」「年収アップのための方法」について解説をしていきます。これから解説をする内容を参考にして、先ずは自分自身がビジネスパーソンとして、どのような歩みを進めてきたのかを振り返ってみてください。30代の転職で注意したほうが良い7個のことまずは、30代で転職を考える時に理解をしておくべき注意点・活動のポイントを解説していきます。転職する目的を明確にする。

転職エージェントとはどんな仕事?その仕事内容や転職業界においての役割、なり方など詳しく解説します!

現役キャリアコンサルタントが語る「転職エージェントとは?どんな仕事?」ここでは具体的な仕事内容から、転職エージェントの業界における役割、転職エージェントへの就職方法、就職するうえでの注意点をエピソードをまじえながら、お伝えしていきます。私の体験もいろいろ書かせていただいているので、より具体的な仕事のイメージがつきやすい内容になっていますので、是非ご一読ください!転職エージェントとはどんな仕事?転職エージェントとは「企業と転職者の仲介役」をするお仕事です。転職を希望している人と、中途で人材を採用したいと考えている企業のマッチングを行います。転職エージェントの仕事内容とは?それでは具体的にどういっ

携帯電話販売の転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

近年、携帯電話の飛躍的な進歩により携帯電話会社への転職を考えられている方も多いと思います。未経験だけど大丈夫かな?携帯電話の料金プランは難しそうだけど覚えられるかな?クレームが多いって聞くけど本当?などなど、興味はあるけどなかなか踏み出せない方もいらっしゃると思います。携帯電話販売転職に失敗したくないと思われている方や、携帯電話会社への就職を失敗させたくないと思われている方に向けて転職に役立つ知識や成功させる為のコツなどを詳しくご紹介していきたいと思います。こちらの記事では携帯電話販売員としての成功のコツに加えて接客業界に使える事にも触れています。携帯電話販売のお仕事は接客業界以外からも注目さ

客室乗務員の転職を成功させるためにやるべき3つのことやリアルな転職事情、上手な転職方法を解説します

転職して客室乗務員になりたい!と思った時、いざ転職活動を始めるには何かから手をつければいいのでしょう。客室乗務員を志望する際の心構えや入社後の様子、転職事情についてお答えします。客室乗務員の転職事情とは?転職して客室乗務員になる人は実は意外といます。新卒の就職活動の時に客室乗務員試験を受けたけれど不採用だった人が、既卒募集に再チャレンジして見事夢を叶えた人や、一般企業に勤めていたけれど昔の夢を忘れられず一念発起した人など、実際にいろいろな職歴を持っている客室乗務員がいます。国内大手航空会社をはじめ多くの航空会社が、新卒採用とは別に既卒採用を行なっています。応募にあたり航空業界での経験などは不問

病棟看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

看護師であれば、一度は転職を経験されたという方もいるのではないでしょうか?でも転職は一大イベント!「転職したいけど、何を基準に選んだら良いかわからない!」「転職先で上手くやれるか不安…。」そんな方も多いでしょう。そこで今回は『転職を成功させるためのポイント』を私の経験談を織り交ぜて、ご紹介します。ターゲットは『病棟看護師』!これを読み終わる頃には、あなたの転職への不安が軽減しているかもしれませんよ?病棟看護師のよくある転職理由転職理由は人それぞれです。私は今まで2回の転職を経験してきましたが、理由は『夫の転勤』。しかし他にもこんな理由で転職したいと考えている看護師は多いでしょう。人間関係が上手

栃木での転職で失敗しないために知っておくべき5個のことや人気な職種や業界を教えます!

私自身、今の会社に2年前に転職しました。前職からここへ就職するまでは半年ほど派遣をしながら転職活動をしていました。その際の経験から、栃木での転職について書かせていただきたいと思います。栃木の転職を失敗しないために知っておくべき5個のこと今の仕事を辞めるタイミング栃木に限ったことではないかもしれませんが、同じような業種の仕事で転職を考えている場合、今の仕事のやめ方が悪いと就職活動に影響が出る可能性があります。と、言うのも都会ではないので同市内などですと、結構同じような業種だとそれなりに情報網が繋がっており、情報が伝わりやすいからです。ですので、突発で辞めたり、揉めて辞めたりすると悪い情報が流れる

市役所の転職はどうしたら良い?よくある転職先や、成功させるためにやるべき3個のことと上手な転職方法を解説します

市役所勤務から異業種の転職について気になる、という方がいらっしゃるかもしれません。市役所の仕事に飽きてしまって、あるいはこんな組織で働くのは嫌になった、という人は少なくありません。ここでは市役所の仕事について説明しながら、なぜ転職したくなるのかお話しします。市役所職員の転職事情とは?市役所職員の転職事情にはいろいろありますが、まずは常に市民の目にさらされているのが面倒くさい、給料が安い、やり甲斐がない、管理職(課長以上、市長も含む)のやり方についていけない、などがあります。市役所職員のよくある転職理由とは?最も大きな理由は、労働環境に不満があるケースになります。まず、管理職がかわると、その部や