介護業界は長年、激務で給料が少ないといわれており、なかなかその状況は改善しません。

しかし、せっかく高齢者の介護に携わりたいという強い希望や志を持って入ったのですから、そうそう簡単に業界を去ることもしたくないと思っている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は介護業界にお勤めで転職を考えている方が、転職エージェントを使って転職したほうが良い理由、さらに介護業界での転職エージェントを利用が向いている人・そうではない人についても解説していきます。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職エージェントとはどういうもの?

初めて転職を考えている方にとっては「転職エージェント」がどういうものかイメージがわかない方も多いと思います。

「転職エージェント」とは、あなたの代わりにあなたの希望条件に合った求人を探してくれたり、履歴書や職務経歴書の応募や面接日程の調整を行ってくれる業種のことです。

介護業界の場合は、会社にもよりますが面接に同席してフォローしてくれる会社もあります。

さらに、内定が出た場合には給与や条件ができるだけあなたにとってベストなものになるように転職先と交渉をしてくれたり、入社までの準備や不安なことのフォローまでしてくれます。

特に転職が初めてで何から初めていいのかわからない方や、自分で自分の給与をあげてほしいと交渉するのが不安だという方には利用してほしいサービスです。

転職をする「求職者」は基本的に無料で使用することができます。

「求職者」を受け入れる側の企業が成功報酬として、その転職エージェントを利用して転職した方の年収の約3割を支払うことで成り立っています。

介護業界でエージェントを使って転職活動をすべき5個の理由とは?

それでは、介護業界でエージェントを使って転職活動をすべき理由にはなにがあるのでしょうか。

5つのポイントから見ていきましょう。

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・訪問介護などさまざまな職場から自分に合った転職先を紹介してくれる

介護業界とひとことで言っても、その就職先にはさまざまな種類があります。

そして、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・訪問介護など複数ある職場は、それぞれ仕事内容や環境・大変さ・やりがいなども大きく異なります。

そのため、あなた自身に合った転職先をきちんと選ばなければ、仕事に適応できずに早期退職をしてしまうことにもなりかねません。

転職エージェントを利用することで、経験豊富なコンサルタントがきちんとあなたの希望や適性にあった転職先を紹介してくれるのはメリットであると言えます。

より自分の目指す介護像に近い職場を見つけることができる

前述のように、転職先にはさまざまな介護関連施設があります。

それぞれ環境が異なるだけではなく、「介護に関する考え方」も大きく異なります。

選ぶ転職先によっては、あなたが介護業界に入った時に持っていた志や、今現時点で考えている「理想の介護像」を目指すことができない場合もあります。

しかし、パンフレットや外部から見ていても、その施設の「介護に関する考え方」はわかりにくいものです。

転職エージェントを利用することで、担当の営業がヒアリングして来た、その施設の理念や目指す方向性を確認し、自分の理想と照らし合わせて判断をすることができます。

自分の経歴や技術などに応じて給与交渉をしてもらい、給与アップが期待できる

転職エージェントを利用することで、担当コンサルタントが自分の代わりに給与交渉をしてくれます。

どうしても自分で自分の評価を高くアピールすることはしにくいものです。

第三者の視点で「このようなところが秀でている」「この経験が御施設に貢献できる」などとアピールをしてくれることで、より良い条件・給与で内定を獲得することができます。

激務な中でも効率よく最短で転職活動をすることができる

介護業界は特に人材不足のため、「転職しよう!」と思ったとしても、日々の業務に追われ転職活動をする暇さえないという方もいるかもしれません。

しかし、転職エージェントを利用することで面倒なスケジュール調整や、書類提出などの事務作業は転職エージェントの担当コンサルタントが代行してくれます。

あなたは希望を伝え、面接に臨むだけで良い場合が多く、激務な中でも効率よく最短で転職活動をすることができるのが魅力です。

働く環境の詳細な内部情報についても教えてもらうことができる

転職先を選ぶときには、条件面だけではなく、その職場の環境や人間関係も気になると思います。

特にチームで仕事をする介護業界はその風通しの良さなども転職先を選ぶ大事なポイントです。

転職エージェントを利用することで、しっかりと内部の状況や人間関係なども第三者として営業が確認をしていますので、リアルな現場の状況を教えてもらうことができます。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護業界での転職エージェントの利用が向いている人とは?

忙しくて転職活動や、求人情報などの情報収集をする暇がない

転職をしたいけれど、現職が忙しすぎて休みもあまりない場合や、求人情報などの情報収集をする暇がない方は、転職エージェントの利用に向いています。

とにかく効率よく、あなたは「最初に希望を伝える」「どこを受けるかの判断をする」「面接をする」だけです。

初めての転職で、志望動機などをどのように書けばいいのかわからない

初めての転職は、わからないことや戸惑うことがたくさんあると思います。

しかし、転職エージェントを利用することで、志望動機などもあなたの代わりに作成してもらうことができます。

初めての転職で、面接で緊張してしまいそう

さらに、転職エージェントを利用すれば、事前に予行演習のように面接対策を行なってくれたり、そのフィードバックをしてくれるため、自信をもって面接に臨むことができます。

そして、一部転職エージェントでは面接に同行してくれて転職先へのフォローをしてくれたり、面接後に先方に電話して聞きそびれてしまった質問などを聞いてくれることもあります。

逆に、介護業界での転職エージェントを利用が向いていない人とは?

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・訪問介護などさまざまな職場に知り合いがいて、紹介してもらえる

自力で転職活動ができる方は、転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントを利用して転職をすると、転職先は「この人を受け入れることにより転職エージェントに手数料を払う価値があるかどうか」と少しハードルが上がってしまいます。

しかし、知り合いのツテや施設のホームページや張り紙を見て自己応募した場合は、転職先は手数料をかけずにあなたを採用することができます。

内定をもらうハードルを下げるためにも、もし知り合いなどのツテがある場合には、転職エージェント経由ではなく知り合い経由での応募をおすすめします。

自分の目指す転職先が明確に決まっている

どのような施設に行きたいか迷うことはなく決まっている、あるいは行きたい施設名がすでに決まっている場合も転職エージェントを利用するまでもないかもしれません。

前述のように内定をもらうハードルを下げるためにも、自分の行きたい転職先が決まっている場合には自己応募が良いでしょう。

何度か転職経験があり、アドバイスを必要としない

何度か転職経験があり、面接対策や志望動機、転職先の選び方などのアドバイスを必要としない場合にも転職エージェントを利用する必要はありません。

転職エージェントは最初の面談時や説明の時にアドバイスをしてくれますが、その時間がもったいないと感じるほどすでに経験がある場合には敢えて転職エージェントにお願いするメリットはないでしょう。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護の転職でのおすすめエージェントの選び方とは?

それでは、自分は転職エージェントを利用した方がよさそうだ、と思った場合どのようにして転職エージェントを選ぶのが良いのでしょうか。

3つのポイントに注意して選んでみてください。

必ず対面で転職先の希望や今の状況についてヒアリングしてくれる

転職エージェントには、電話やメールだけでヒアリングを済ませ、求人を紹介してくれるところと、しっかりと対面して面談をした上で求人を紹介してくれるところがあります。

よほどその転職エージェントの会社との距離がある場合は難しいですが、会える距離にいるのに面談の時間を確保してくれない転職エージェントはあまりおすすめできません。

その人の希望や雰囲気など特徴をしっかりと把握した上で転職先への紹介をしてくれる転職エージェントにお願いをするようにしましょう。

あなたの過去の経験などを元に求人を紹介してくれる

あなたの過去の経験や特技を元に、合った求人を紹介してくれるところを選びましょう。

例えばこれまで介護老人保健施設でしか経験がなくあなたの希望でもないのに、いきなり訪問介護の求人ばかりを勧めてくる転職エージェントは自社の紹介したい求人ばかりを押し付けています。

希望ではないけれど、ひとつくらい訪問介護を見学してみましょう……くらいなら新しい可能性の提示をしてくれていると考えることもできますが、介護老人保健施設希望とお伝えしているのにすべての求人が訪問介護だった……などの場合は、自社の都合であなたを訪問介護に転職させようとしているか、訪問介護の求人しか持っていないということです。

看護師などのついでで転職サポートを行っている転職エージェントではなく、介護の転職で実績のある転職エージェントがオススメ

看護師の転職サポートを行なっている会社が、取引先から「介護職も不足しているから」と頼まれてついでで介護業界の転職サポートを行っている場合もあります。

その場合は担当コンサルタントも知識が薄かったり、あまり力をいれてくれなかったりします。

しっかりと「長年介護業界の転職サポートの実績があります」と謳っている転職エージェントを選ぶようにしましょう。

介護業界で転職エージェントを使う上で注意した方が良いことは?

さらに、介護業界の転職エージェントにはいくつか注意した方がよいこともあります。

ポイントを2つ見ていきましょう。

まだ迷っている段階で転職を勧めてくる転職エージェントには注意する

まだ転職するか迷っている段階で、話を聞くために、あるいは求人を見せてもらい今の職場と比較して考えようと思い転職エージェントに登録する方もいると思います。

しかし、「まだ迷っている」と伝えているにも関わらず、電話を何度もかけてきたり、「絶対に転職すべきです」「今が転職すべきタイミングです」などとやたらと転職を勧めてくる転職エージェントには要注意です。

本当にあなたのことを考えているわけではない可能性もあるからです。

「迷っている」段階では、しっかりとあなたの話を聞いて、本当に転職すべきかどうか判断できるポイントを教えてくれたり、現職に居続けるのと転職した場合のメリットもデメリットもどちらも教えてくれるのが良い転職エージェントです。

あなたの人生ですから、流されずに冷静になって転職エージェントを見極めましょう。

内定をいくつかもらったときに、さまざまな条件を比べることなく一番年収が高いところを勧めてくる転職エージェントには注意する

内定をいくつかの施設からもらった場合に、迷ってしまったとします。

その際に、さまざまな条件を比べることなく一番年収が高いところを勧めてくる転職エージェントはただ自社の手数料のことしか考えていません。

決定権はあなたにありますので、年収だけでなく、働く環境や自分のやりたいことか、施設の雰囲気や人間関係がどうかなど、さまざまな視点で長く働けそうなところを選びましょう。

アドバイスをくれるとはいえ、転職エージェントの言いなりになる必要はありません。

最後は自分の意志でしっかりと決断をすることを忘れないようにしましょう。

まとめ

介護業界の転職で、転職エージェントを使って転職したほうが良い理由、介護業界での転職エージェントを利用が向いている人・そうではない人について解説しましたが、自分は転職エージェントを利用すべきかどうかわかりましたか?

特に初めての転職の場合は、転職エージェントを利用することで手間や不安を減らすことができますので、転職エージェントに頼ってしまいましょう。

しかし最後の決断はあなたがするということは忘れないでくださいね。


関連キーワード

介護転職