臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。

転職することで、臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より環境の良い職場で働く事が出来ます。

今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントについて紹介します。

臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?

臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。

その1つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。

転職エージェントとは、転職支援サイトを運営する会社で働く、サラリーマンを指します。

転職エージェントの役割は、求職者が抱える様々な悩みや問題を解決し、その求職者にとって最適な転職をサポートします。

では、転職エージェントを使うべき理由を5個紹介します。

転職事情に詳しい

臨床工学技士に限りませんが、日本では転職する経験が少ないでしょう。

また、転職する人は行動力が高く、時間と資金が必要となります。

そのため、安易に転職出来ないため転職に関する情報を得られにくいです。

転職するにあたって、求人情報ではどんなスキルが求められているか、どれくらいの求人情報があるか、など事情に詳しい転職エージェントを頼ることで、簡単に有益な情報が得られます。

転職支援サイトは、無料でサポートしてくれるため、未経験でも非常に利用しやすいです。

求人掲載料として求人を出している会社から利益を得ているから、無料なんです。

そんな便利な転職エージェントを使わない方が勿体ないと言えます。

しかし、無料故に転職を急かされる場合があります。

転職エージェントにもノルマが存在し、どれだけ自分も転職する気があるか伝えることも大切です。

良い求人案件があればすぐにでも転職するといった意思を伝えましょう。

転職に成功する確率が高い

転職とは、必ず成功するとは限らず、ひょっとしたら転職したことでもっと環境が悪くなり、待遇も思ったより改善しない場合があります。

その原因は、求人情報のリサーチ不足や、見学にいった際の観察不足であることが多いです。

そんな事故を少しでも回避するためには、転職エージェントを使うと良いでしょう。

理由は、実際に転職エージェントを使って転職した人の口コミ情報を得られるからです。

転職先は実際にどうだったか、求人情報とギャップは無かったか、などの情報があるため、信頼度が高いです。

また、転職エージェントと相談して、自分に合った転職先を紹介してくれるため、自分に向いている職場に出会えます。

自分で何もかも条件を絞って探すより、転職エージェントに任せて絞ってもらった中から、自分で選定してく方法が効率が良いでしょう。

時間が無くても転職出来る

日々忙しく業務に追われている人こそ、転職エージェントを利用しましょう。

転職支援サイトに登録すると、エージェントから電話がかかってきます。

そこで、自己紹介や希望する条件を伝え、後日連絡が来るまで待ちます。

待つこと数日後、「あなたにおすすめな求人が見つかりました」と連絡が来ます。

このように、日々の仕事に追われて時間が無くても、転職エージェントが代わりに求人を探してくれたり、職場見学の日程を決めたり、実際にアポイントメントを取ってくれたり、多くのサポートをしてくれます。

忙しい人は、面倒で時間がかかるから転職活動をしない人が多いです。

結果、現状維持で満足して自分から成長を止めてしまうのです。

転職エージェントに頼ることで、仕事をこなしつつ転職ができ、自分は仕事に集中できるため非常に便利なサービスです。

効率的に転職をするには、必要不可欠といっても過言ではありません。

求人情報の数が圧倒的に多い

個人で求人情報を掲載されている求人サイトから探すには、情報量が少ないことがほとんどです。

特に臨床工学技士の求人は少なく、条件に見合った求人を見つけるには、時間が必要です。

転職支援サイトでは、非公開な求人情報や、より細かい福利厚生や職場環境などの情報を得ることが可能です。

既に、入職したい病院がある程度絞れているなら、ホームページを見てリサーチするだけで良いでしょう。

しかし、個人の力では手に入れる事が出来ない情報を得るためにも、転職エージェントを利用した方が良いです。

転職に関する不安が軽減する

転職活動をしていると、ちゃんとした良い職場に出会えるかどうか不安になります。

また、求人情報を見ても実際にどれくらいの業務スキルが求められるか分かりません。

そこで、転職エージェントを使えば、転職経験者の口コミによって必要な業務スキルや、職場の環境を教えてくれます。

また、臨床工学技士としての悩みや不安など相談にのってくれる事もあります。

そうやって、親身になって接してくれるため、不安は軽減されます。

臨床工学技士が転職エージェントを選ぶ時の8つの注意点とは?

転職エージェントを使うメリットは多くありますが、デメリットも存在します。

そのため、注意点を踏まえたうえで利用することをおすすめします。

転職エージェントとコミュニケーションをとる

相手も同じサービス業界の人間です。

そんな人間相手に、自分の性格やスキルを把握してもらうためにもコミュニケーションは欠かせません。

より良い関係を築くことで、信頼度も増して有益な情報を得ることが出来ます。

また、忙しい中相談にのってくれたことに感謝したり、自分の条件をはっきり伝える事や、転職する期間なども決まっていれば答える必要があります。

近い将来、転職する気を見せることが大切です。

医療係の転職に特化しているか

大手の転職支援サイトは、登録しても良いですが求人情報が多いだけで、臨床工学技士に対する知識などは持ち合わせておりません。

そのため、より親身になって相談できる転職エージェントを探すなら、医療系に特化した転職支援サイトに登録すべきです。

臨床工学技士などのコメディカルの求人数は、多職種と比べると圧倒的に少ないです。

働く人も少なければ募集する会社も少ないです。

コメディカルに特化した転職支援サイトに登録することで、非公開な求人情報もいち早く得る事が出来ます。

そして、もともと医療従事者をしていた転職エージェントを選ぶことで、自分の待遇や業務内容を理解してくれます。

結果、より的確なアドバイスや求人情報を提供してくれるでしょう。

一つの転職エージェントに頼らない

転職エージェントとの相性が悪い場合もあります。

その際に、他の転職エージェントに切り替える選択肢の余地があることが望ましいです。

いつまでもダラダラ転職活動することは時間と労力の無駄遣いです。

そのため、転職エージェントとどうしても馬が合わない場合は、他の転職支援サイトに登録しましょう。

希望する条件をはっきり固めておく

転職エージェントと契約したら、まずは自己紹介や求人の希望する条件などを伝える必要があります。

その際、あいまいな情報を伝えると後々混乱を招きます。

転職エージェントを選ぶ前に、まずは自分がどのような求人を希望するか、しっかり決めておくことが大切です。

求人情報が少なく、この条件では厳しいと感じた時は、また再考すれば良いのです。

転職エージェントに求人の条件を伝えたら、後は探してくれるまで待ちましょう。

しかし、自分の過大評価によって無理難題押し付けては非常識と思われてしまうので気を付けましょう。

早めの転職をすすめてくる

転職支援サイトは、求職者は無料で利用できるサービスです。

人材を募集する企業側が、求人掲載料や仲介料を支払うことで成り立っています。

そのため転職エージェントは成果報酬型であり、ノルマが課せられている場合があります。

採用した数によって、評価されるため早期の転職を提案されます。

希望した条件の求人がなく、妥協せざるをえない状況で転職エージェントの押しに負けると後々後悔します。

そのため、自分の意思をしっかり保つために、絶対譲れない条件やポイントを決めておくことが大切です。

転職が決まってから、退職する

退職して職を失っている間に転職する事は、リスクが大きいです。

下手したら良い求人が無くて、収入が無い状態が続いてしまいます。

焦らず、心に余裕をもって転職に挑む事が大切です。

時期を考える

求人の掲載数が多い時期は、秋から冬にかけて増えます。

一般的な企業と同じで、春に向けて新卒の人を採用したり、転職する人を採用したりすることが多い時期だからです。

そのため、現在の求人情報に良い条件が見当たらなくても諦めずに待ち続ける事が大切です。

かといって、秋から冬にかけて転職活動すると競争率が高くなり、かえって希望した就職先に受からないことがあります。

病院の欠員を埋めるために随時募集するところもあるため、常に求人情報に目を向けておくことがポイントです。

良いと思った求人には、早めに行動することが大切です。

病院の見学をするだけでも、印象は良くなり、転職しやすいと言えます。

自分の経歴やスキルを偽らない

自分の経歴やスキルが嘘だとバレた際、今後それ相応な求人情報しか提供されません。

これからのキャリアに泥を塗らないよう、誠心誠意をみせて転職しましょう。

自分の過大評価はもってのほかで、しっかりと客観的評価をしたうえで、これからのキャリアアップの目標を立てましょう。

臨床工学技士のおすすめのエージェントの選び方は?

それでは、臨床工学技士が転職する際のエージェントはどうやって選べば良いか紹介します。

医療系に特化した転職支援サイトに登録する

大手の転職支援サイトよりも、医療系に特化していた方が臨床工学技士のキャリアアップに繋がります。

転職エージェントが、元医療従事者であった場合、医療系の待遇や業務内容の理解度が高いため、的確なアドバイスや求人情報を提供してくれます。

大手の転職支援サイトは、情報が見いやすく、自己診断機能など便利なツールも存在しますが、医療系の求人情報が少ないです。

まずは、臨床工学技士の求人状況や業務内容の理解度を質問して、本当に分かっている人かどうかチェックしてみると良いでしょう。

複数の転職支援サイトに登録する

転職エージェントを複数から選ぶ方法が1番効率的に求人情報を得られます。

しかし、多くの情報が常に届くため、こまめに情報をまとめる必要があります。

また、転職エージェントとのコミュニケーションを疎かにすると、やがて情報量は少なくなります。

そのため転職支援サイトをいくつか登録し、最終的に一人の転職エージェントと連絡を取れば良いでしょう。

求人数の多い転職支援サイトに登録する

臨床工学技士の求人掲載数は、検索をすることである程度把握できます。

そこで、多くの求人数が掲載されていれば、自分の望む条件に合う求人を見つける事が出来るでしょう。

逆に少ないと、いつまでも求人情報が得られず、時間が過ぎるのを待つだけになります。

転職をするなら、スムーズかつ効率的に動く方がストレスにならず済みます。

転職エージェントに任せているだけの受け身よりも、自分から意見を主張し、行動に移すことも大切です。

インターネットのランキングを参考にする

インターネットで、転職エージェントのランキングを掲載しているサイトがあります。

大手の転職支援サイトがランキング上位に入る理由があります。

それは、顧客の利用価値が高いと判断されており、便利な機能や見易さなどがポイントとして大きいからです。

転職エージェントに相談したり、転職支援サイトの無料ツールを利用して、求人を探す時間や労力を少しでも楽にすることが大切です。

キャリア相談にのってくれる

臨床工学技士の業界に精通した転職エージェントに出会うと、キャリア相談にのってくれます。

年齢によって、目標となるキャリアの立ち位置を把握することで、目標がはっきりと分かります。

親身になって相談にのってくれる転職エージェントは、優秀といえます。

まとめ

これから転職を考えている臨床工学技士は、自分の評価を客観的に行い、転職の目的を見失わないようにしっかり計画を立てましょう。

転職エージェントに頼って、ネットの情報を鵜呑みにせず、自分で求人を選んで評価することも大切です。

転職は人生においてターニングポイントであるため、しっかり勘考したうえで次の就職先を決めましょう。


関連キーワード

臨床工学技士求人

臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

こんにちは。今回は臨床工学技士の転職についてのお話です。転職をする際何をしたらいいのか、どんなところに気をつけたらいいのか、転職で後悔しないための選び方を私の体験を踏まえてご紹介させていただきたいと思います。臨床工学技士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良いところ悪いところを見つけることでしょう。では、実際どのような転職先が良いのかご紹介させていただきます。会話がある職場職場は仲が良すぎてもダメですし、逆に悪すぎてもダメです。公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良いのではないでしょうか。私が見学を行った際、A病院は患者さんから機械

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。臨床工学技士の仕事内容とは?まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。仕事内容は就職先によってさまざまで


臨床工学技士求人に関するコラム

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、すでに臨床工学技士として業務経験のある人材を、会社が採用することです。要するに今働いている病院から他の病院へ移ることを意味します。転職と同じような意味合いで用いられるため、医療業界で中途採用は余り使用しないことが多いです。では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事として病院で働いています。企業やクリニックで働く人もいますが、一般的に多い病院で働いている場合を話していきます。

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。実際に転職した経験があるため、リアルな転職事情をご紹介できると思います。これから転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?では、臨床工学技士として転職する年齢から話をすると、20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。それは、30代になると転職先の職場で教育が難しかったり、周りの職場内でのコミュニケーションがとりにくくなるからです。実際に転職したら、明らかに自分よ

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな思いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。なかなか待遇やお給料の話って、聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かといって譲れない大切なポイントでもあります。そこんとこ実際どうなの?就職活動ではいい話しか聞かないけど?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較的新しい

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ