臨床工学技士になるには、必ず自分で就職活動を行う必要があります。

まずは、ここの病院で働きたいと思えるような求人を探さなくてはなりません。

実際に臨床工学技士として病院で働いている経験者が、どのような求人があるか紹介します。

また、就職活動を行う上でのポイントを紹介します。

臨床工学技士のおおまかな仕事内容

臨床工学技士は、病院でどんな仕事をしているか想像できますか?

世間一般の人では、風邪をひいて病院にかかっても臨床工学技士を見る事はあまりないです。

そのため、実際に何をしているか想像できないでしょう。

歴史が浅いため、世間からの知名度や地位が低いです。

では、一体どんな仕事をしているのか「ほんの一部」を紹介します。

おおまかな仕事内容

病院の様々な医療機器を管理しています。

たとえば、代表的な医療機器として輸液ポンプがあります。

この輸液ポンプを保守点検して問題なく動作できることを確認し、病棟で使用してもらっています。

一見危なくなさそうな医療機器でも、操作一つ間違えると患者に被害を与えてしまいます。

そのため、医療機器を安全に使用できる環境を作るのも臨床工学技士の仕事です。

また、生命維持管理装置といわれる人工呼吸器や人工心肺装置などの、高度医療機器を医師の指示のもと操作をします。

患者の命に直結する医療機器を扱うため、やりがいは大きいでしょう。

臨床工学技士はどういう役割を求められる?

医療機器のスペシャリストとも呼ばれており、病院における機械関係で何かトラブルがあったら何かと頼られます。

そのため、看護師や医師からは、機械に強いというイメージが大きいと思われます。

看護師は機械に弱い人が多いため、臨床工学技士は医療機器なら何でも任せられる存在になるでしょう。

特に、医療機器の原理やトラブル対応では、スムーズな対応が求められるでしょう。

エラーが鳴ったり変な動作が起きたりした場合、今現状で使用して大丈夫なのか、それとも危ないから代替機を使用した方がいいのか、対応能力が問われます。

臨床工学技士の求人でよくある募集内容とは?

よくある求人は、総合病院や透析クリニックです。

総合病院では、透析業務のほか様々な業務に携わることが出来ますが、透析クリニックでは透析業務のみを行います。

透析クリニックは、立地条件が良い場所が多く、総合病院では土地の広い場所に設立されていることが多いです。

正社員の求人がほとんどで、大学病院では契約社員を募集しています。

たまに、非常勤やアルバイト・パートの募集もされており、国家試験に不合格した学生を採用してくれる求人もあります。

では以下の項目に沿って、詳しく説明していきます。

給与相場

年収は、経験年数によって右肩上がりします。

20代では、年収350万円から400万円と言われていますが、実際はそこまで貰えません。

私が、働いた大きいグループ病院では、初任給が15万円でした。

それでも、周りの先輩からの意見では、多いと言われていました。

病院によって待遇は様々で、大学病院であったり透析クリニックでは高給与を望めます。

しかし、民間病院では給与が低いことが多いです。

それは、臨床工学技士の地位が低く評価されていない証拠でしょう。

若いうちに高給与を望むのであれば透析クリニックしかありません。

しかし、業務内容が人工透析業務しかないため、将来どのような働き方をしたいか、じっくり勘考して決めてください。

総合病院では、給与が低い分、心臓カテーテル業務や人工呼吸器業務、内視鏡業務など幅広い業務内容を経験することが出来ます。

自分が興味を持つ業務を経験することが大切で、就職先でその業務を行っているかどうか下調べをしましょう。

勤務時間や残業、休日

勤務時間は、8時~17時が一般的です。

人工透析業務では、7時から早出勤したり、15時から夜遅くまで働く遅出勤もあります。

また、当直業務や夜勤もあるため規則的に働くことが難しいでしょう。

残業は一般のサラリーマンに比べると圧倒的に少ないです。

救急病院であれば、緊急的な治療や検査が必要となって予定外な残業をすることもありますが、基本的に時間に沿って行うルーチン業務が多いため残業は少ないです。

休日は、日曜日と平日を休日として週休二日制を導入している病院が多いです。

特に透析業務では、土曜日や祝日でも平気で仕事をします。

そのため、一般的なサラリーマンの土日休みと比べて不規則な休日をとることになります。

一見不規則はマイナスイメージと捉われがちですが、平日休みにはいくつかメリットがあります。

平日の昼間から、お酒を飲んだり遊んだりすることで、優越感を得られます。

また、道路や人気店が空いているため、待ち時間なく入れたり、ゆとりのある休日を過ごせます。

福利厚生

福利厚生は充実しているところがほとんどです。

病院では、運用に欠かせない看護師を多く採用する必要があるため、福利厚生がある程度しっかりしていることが多いです。

地位の高い看護師と全く同じとはいきませんが、充実しています。

数ある福利厚生の中でも、育児手当や産休、社員寮、健康診断は病院において必須でしょう。

そして、職場では診療費が発生しないことが多く、薬代だけで済むため、とても魅力的な要素です。

特に、透析クリニックでは勤務時間が固定であるため、子育てしながら働く臨床工学技士に人気です。

勤務場所

勤務場所は、全国各地に存在します。

大きく分けると、既に働いている臨床工学技士の在籍数を比較すると良いでしょう。

都会に比べて地方では、既に採用されている臨床工学技士の人数も少なく、採用人数も限られています。

大きいグループ病院では、多くの臨床工学技士を採用されていることが多いです。

前者の場合、先輩が少ないため教育カリキュラムがしっかりしていない場合、業務の独り立ちが早く、責任がすぐにのしかかる為、成長をせざるを得ない状況になります。

そのため、任される仕事をすぐに獲得出来ますが、基礎知識のないまま業務を行うリスクが存在します。

後者では、先輩の人数が多いため、教育カリキュラムがしっかりしています。

先輩によって、業務の指導やポイントが異なるためしっかりと土台を固めることが出来ます。

ただし、成長スピードは遅くなることがあります。

例えば人工心肺業務を携わりたい場合、先輩が業務を覚えてから教育が回ってくるため、順番を待つ必要があります。

職場環境は、立地や業務内容などの条件のほかに、人間関係も重要となります。

しかし、人間関係はいざ働かないと分からないことが多いです。

知り合いがいれば口コミで知る事も出来ますが、実際に働いて自分と合うかどうかはわかりません。

ですが、同じ病院でずっと働くより、より良い環境へ転職してキャリアアップをすれば良いため、そこまで考える必要はありません。

求められる人物像

業務内容によって求められるスキルや、知識は異なります。

一概として求められることは、論理的思考と豊かな協調性です。

要するに、理系脳とコミュニケーションが大事ということです。

理系はガリ勉でメガネをかけてるイメージで暗い印象ですが、社会に出るとコミュニケーションが重要となります。

でも、医療はチーム一丸となって患者を救うため、コミュニケーションは欠かせません。

また、臨床工学技士は医師や看護師と連携して業務を行うことが多く、良好な関係を築いておけばスムーズに業務を行うことが出来ます。

では、理系脳はなぜ必要かというと、よくビジネスで用いられるPDCAサイクルを円滑に回すことに必要だからです。

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を略称したもので、品質管理の父といわれるW・エドワーズ・デミングが提唱したフレームワークです。

論理的思考が高いと、根拠のある医療を患者に提供できるため、医療の質が向上します。

また、研究発表においても活用でき、医療業界では論理的思考が高く評価され、他者からの信頼を得ることが出来ます。

臨床工学技士は、医療機器の原理や構造、根拠を追求し、高度な医療を提供できるように日々勉強をする必要があります。

必要なスキルや資格、経験

臨床工学技士として病院で働くうえで必要なスキルは、向上心です。

どんな待遇でも向上心さえ持っていれば、必ず成長します。

何か漠然とした目標を掲げ、そこに向けて自分から努力し行動するスキルがとても重要です。

同じ病院にずっと籠っていると、視野が狭くなるため外部へ発信することで自分の付加価値を見つけましょう。

また、医療現場ではチーム医療がとても重要視されており、コミュニケーションスキルは欠かせません。

最初は相手の話を聞くだけですが、根拠を持った医療知識を持てば意見を述べて、より良い医療を患者に提供できるようになり、やりがいを感じるでしょう。

臨床工学技士として病院で働くには、国家資格は必須です。

国家資格がないと、アルバイトとして医療機器の保守点検の一部しか出来ません。

また、民間企業の資格では、医療英語や第2種ME技術実力認定試験などもありますが、はっきり言って年収に響きません。

国家資格以外の資格は、自己満足と言ってい良いでしょう。

たまに転職する際に、あったら便利と言われますが、資格を活かして業務を行えている人は少ないです。

せっかく高い資金と時間を叩いて獲得した資格を、活用せずに宝の持ち腐れをしていないでしょうか。

必要な経験は、特にありません。

病院では、新人を採用する施設がほとんどで、価値も高いです。

未経験な新卒者の方が、病院独自の業務方針に従いやすく、扱いやすいためです。

強いて言えば、学生でアルバイトや部活動の経験があれば、有利でしょう。

職場環境に上手に溶け込むスキルや、上下関係に厳しい環境でも折れないメンタルが必要なこともあります。

臨床工学技士のおすすめ求人のポイント

臨床工学技士の求人は、立地条件さえクリア出来れば、かなり多いです。

養成校を卒業した新卒者一人に対して30個程の求人情報があると言われています。

選び放題ですが、本当に就職したい病院は限られてくるでしょう。

では、どのように選定していくと良いかポイントを紹介していきます。

自分のやりたい業務内容があるか

多くある病院の求人で違いを探すならば、業務内容の違いといっても過言ではありません。

病院によって特色があり、業務内容の違いも細かく異なります。

マニュアルが完備されており、事細かに明記されている職場もあれば、大まかなマニュアルのみで他は自分で考えて正しい選択をする職場もあります。

また、学生の内に興味のある業務内容を見つけておくと非常に有利です。

やりたい業務内容が明記されている求人を絞って、そこから探していくと良いでしょう。

就職支援サイトを利用して、より細かい業務内容を聞き出すことも可能です。

臨床実習を通して興味を持ち始めますが、最後まで興味のあることが見つけれない学生がほとんどです。

その原因は、臨床工学技士の業務内容が幅広いからです。

様々な業務を携わると、目移りをしてしまい中々一つの業務を追求していくことが難しくなります。

そのため、興味のある業務を見つけることで日頃のルーチン業務を活かし、自己投資できるでしょう。

臨床工学技士として将来、どのような働き方をしたいか、スペシャリストかジェネラリストか道筋を作っておくと良いでしょう。

また、一つの病院にずっと留まる必要はなく、様々な病院を経験することで経験豊富な臨床工学技士になれます。

ある程度年月が経つと、職場に慣れ、日々の活力や向上心が失われていきます。

人は安心すると、刺激がなければ行動しなくなります。

そのため、学会発表や転職など、ある程度の刺激を与えなくてはなりません。

なので、就職先にやりたい業務がたとえ無かったとしても、諦めずに今出来ることを一生懸命こなしましょう。

そして、良いタイミングで転職し、臨床工学技士としてキャリアアップできるでしょう。

臨床工学技士の在籍人数が多い求人

求人先で既に働いている臨床工学技士の人数によって、ある程度の業務内容や職場環境が推測できます。

一般的に人数が多ければ多いほど、業務は楽です。

これはマンパワーの問題ですが、与えられた業務が一定数の場合、そこに充てるマンパワーが多い程業務がスムーズに回ります。

そして、教育指導にもマンパワーを充てることができ、非常にゆとりがあると言えます。

病院にもよりますが、救急病院などでは待機制度を導入していることが多いです。

待機制度とは、患者の急変や救急搬送、病棟においてトラブルが発生、医療機器の調子がおかしい、などと緊急的な対応を求められた際に、電話で呼び出されることです。

待機制度では、手当は付きますが正直、雀の涙です。

休日に自宅待機して丸一日拘束されても1000円~3000円しか貰えません。

もちろん、呼び出されて業務を行えば時給が発生しますが、ワークライフバランスが崩れます。

そのため、人数が多いと待機制度の当番になる回数が減る為、在籍人数が多い求人がおすすめです。

また、同期がいると競争心が溢れともに成長でき、後輩がいれば指導することで自分の記憶への定着も向上します。

しかし、デメリットとして経験年数が浅いと自分の意見が通りにくいことがあります。

ある程度の経験を積んでから意見が通るようになるため、最初は忍耐力が試されます。

在籍人数が逆に少ないと、自分の意見は通りやすいです。

先輩の数も少ないと、自分に回ってくる仕事の量は多く、すぐに経験を詰めて成長が早いでしょう。

しかし、十分な教育が追い付かない場合、相当な努力が必要となります。

いずれも自分から学ぶ姿勢や、誰にも負けない向上心が必要です。

手取り額がどれくらいか明記されている

求人によっては、既に働いている臨床工学技士の経験年数と実際の手取り額やワークライフバランスなどの情報が、病院のホームページや求人サイトに掲載されていることがあります。

実際に、基本給が掲載されていても福利厚生の違いで大きく手取り額は変動します。

ある程度の額面は把握できても、実際どれくらい貰えるかどうかは働いてみないと分かりません。

しかし、上記の情報が掲載されていれば働いた場合のことを想像しやすく、とても参考になるでしょう。

限られた求人でしか得られない情報のため、手取りの額面を気にする人におすすめです。

救急指定病院

やはり医療といえば救急な現場です。

救急の現場を経験している臨床工学技士は、いざ患者が急変した時の行動力が高いです。

患者が急変した場合、自分が何ができるか、医療従事者として適切な行動が問われます。

救急指定病院では、救急搬送される患者の数が多く、救急チームに臨床工学技士が含まれていることが多いです。

例えば、急に患者の様子がおかしくなり、呼吸停止しました。

そこで気道確保の目的で人工呼吸器を導入するために、臨床工学技士が操作することがあります。

日頃からテキパキ仕事をこなしておくと、緊急を要する現場でも体が動きます。

臨床工学技士は病院で仕事していると、必ず患者が急変する場面に遭遇します。

その時に、救急対応に慣れていると救える命があるかもしれません。

しかし、どうしても救急の現場が苦手な人もいるでしょう。

そういう人は慢性期の病院へ移りましょう。

日勤業務のみ

これからの時代は、ワークライフバランスがとても重要です。

プライベートな時間を自由に好きなことに使っていくことが大切です。

副業、家事育児、自己投資するなど様々なことに時間を有効活用しましょう。

また、日勤業務のみだと生活サイクルが安定し、生活習慣病の予防になります。

待機制度や当直業務の有無も確認しましょう。

自分の生活にあった働き方を選ぶことが大切です。

当直制度は、手当が大きいことが多いですが、待機制度はボランティアと考えてください。

夜勤は若い年齢であれば問題ないですが、年を取ると体力的に厳しくなります。

立地が好条件な求人

周りに娯楽施設が何もない田舎の病院に就職すると、休日の過ごし方が難しいです。

商店街や、居酒屋、カラオケなど休日に外で遊ぶには都会に出なければいけなく、手間と時間が必要です。

田舎での遊び方は、温泉やアウトドア、ドライブなど様々あります。

特に気を付けなければいけないことは、食品スーパーマーケットが近場にあるかどうかです。

独り暮らしで、毎日仕事終わりに夜ご飯を用意するのは大変です。

帰り道や、家の近くにスーパーがあればとても楽です。

最近は、定期便で弁当の宅配サービスが充実していますが、金銭的に余裕のある人しか利用していません。

便利なサービスにはそれ相応の対価を支払わなければならないのです。

総合病院や大学病院

将来、転職を考えているならば総合病院や大学病院がおすすめです。

業務内容が幅広く、経験を積むことが出来るからです。

転職する際は、知識と経験を兼ね備えた人材ほど有利です。

透析クリニックでずっと透析業務しか経験した事が無い場合、総合病院への転職は厳しくなります。

20代の頃は転職が容易に出来ますが、将来の事を考えると若いうちに総合病院で様々な経験を積むことが大切です。

まだやりたい業務が見つかっていない人は、総合病院で興味のある業務を見つけることが出来ます。

透析クリニックの求人は、初任給から高給与を望めますが、総合病院や大学病院で経験を積むことをおすすめします。

福利厚生が充実している求人

福利厚生は数多くありますが、その中でも法定外福利で社員寮や託児所の併設、住宅手当、社員食堂、扶養手当、駐車場、通勤手当などの有無を確認しましょう。

基本的に、病院での健康診断は無料で定期的に行われ、診療費は発生しません。

家族の診療費がかからないこともあります。

平均年齢が若年層

平均年齢が40代の求人は避けましょう。

できれば20代から30代の求人がおすすめです。

臨床工学技士の先輩で、年齢が近いと気軽に相談しやすいでしょう。

また、年齢が離れているとジェネレーションギャップを感じてコミュニケーションが難しくなります。

平均年齢が開示されていない場合は、問い合わせるか実際に面接で直接聞く必要があります。

平均年齢が高い場合は、注意してください。

臨床工学技士の雇用形態による違い

臨床工学技士は、病院で正社員として働く人がほとんどですが、大学病院では契約社員として働くことになります。

正社員と契約社員では、業務内容に違いはなく、福利厚生も変わりません。

給与相場の違いでは、契約社員で大学病院に勤務している場合は20代後半で400万を超え、正社員として民間病院で働いている場合は350万を超えます。

一概に言えませんが、大学病院の方が激務であることが多いです。

大学病院では、求められる知識の量が多く、先端医療に近い現場であるためやりがいは大きいでしょう。

しかし、残業が多く研究などで忙しいため、自由な時間は少ないです。

また、パートやアルバイトとして決められた時間のみ働くことも出来ますが、透析業務や補助的な業務だったり、簡単な医療機器の保守点検しか出来ません。

パートやアルバイトの給与相場は、正社員よりも低く月収15-20万です。

臨床工学技士の求人についてよくある疑問

求人をみると、場合によって情報が少ないことがあります。

どんな業務をしているか、福利厚生は何が充実しているか、など実際に問い合わせる方法も確実ですが、ある程度は自分で調べることも大切です。

面接で聞かれること

なぜ臨床工学技士になったのか?

これは、確実に聞かれる内容でしょう。

正直に就職活動が楽そうだからと答えてはいけません。

医療従事者として責任感が問われる質問ですので、当たり障りのない事を言いましょう。

知人の紹介や、自分の体験をもとにしたエピソードなどが良いでしょう。

具体的な理想像も話すと、覚悟が伝わります。

競争率はどれくらい?

競争率は、人気な病院だと30倍くらいあります。

特に、公務員になれる市立病院では安定した人気を誇っています。

また、地方より都会で働きたいと思う人は多いです。

自己PRをしっかりすることや、自分の付加価値を見出して表現していきましょう。

初めての面接試験だと緊張してパフォーマンスが落ちるため、バイトの面接などで慣れておきましょう。

理系が苦手だけど臨床工学技士になれる?

答えは、「なれます」。

理系出身の臨床工学技士は多いですが、もともと文系の学校出身の人も養成校を経て臨床工学技士になった人もいます。

機械が苦手でも、原理と仕組みさえ理解できれば大丈夫です。

仕事をしていると次第に慣れます。

それよりも大事な事は向上心を持ち続けることです。

また、医療の世界は思いやりもかかせません。

理系が有利かというと、必ずしもそうではないため安心してください。

30歳過ぎても臨床工学技士になれる?

30歳過ぎて働きだすのは、正直言って厳しいです。

特に医療従事者として未経験の場合、総合病院で働くことは難しいでしょう。

透析クリニックであれば、特に問題ありません。

ただし、体力的にもきついため相当な忍耐力と、目標が必要です。

ダブルライセンスは有利?

臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスは有利かというと、実際はそこまで有利ではありません。

業務内容で少し幅が増える程度で、年収には響きません。

そのため、臨床検査技師の資格を取るために勉強する時間があるなら、臨床でもっと役に立つ民間の資格を取った方が自己投資になります。

心電図検査やSPP検査、心臓エコー検査など業務の幅が増える魅力がありますが、そこまで手を出すと大変でしょう。

看護師のダブルライセンスは最強です。

薬の投与や、ルート確保など、看護師の資格があれば何でも出来るといっても過言ではありません。

実際に、病院で看護師から臨床工学技士へ転職した人は優秀な人材が多いです。

勉強熱心で、より患者のことを考えて動けるため、重宝されています。

臨床工学技士として、今後どのような目標を持てばいいか

医療の進歩は早いです。

最近話題の5G通信を利用した高度な遠隔医療を実現しようと試みています。

そんな中、臨床工学技士は時代とともにどう対応していけば良いのでしょうか。

一つ言えるのは、臨床工学技士として何か一つの分野に特化すると生き残れます。

自分に付加価値を見出すことで、重宝される人材にならなければなりません。

例えば、遠隔医療でペースメーカーの検査をする場合、ペースメーカーに特化した知識を持っていれば、病院で必ず重宝されます。

透析業務に特化していれば、今後数十年は消えないと言われているため、安心できます。

自分の限界を作らず、資格を取ったり周りから認められるようになることを目標にしましょう。

ブラック病院に入職してしまった場合の対処法

躊躇せず転職しましょう。

ブラック病院とは、労働基準法に違反している施設のことを指します。

労働者として、ある程度の権利を守る必要があります。

ブラック病院で働くメリットはほとんどありません。

無駄にサービス残業して働くよりも、転職して自分に自己投資した方が時間を有意義に使えます。

時間は有限で、とても価値が高い資金と考えてください。

入職してすぐに転職すると、またすぐに転職するんじゃないかという不安から、就職活動に支障をきたす恐れがあります。

しかし、現状を抜け出すには、正直に転職する理由や自分の思いをぶつけることで、より良い環境を目指す必要があります。

就職活動は面倒ですが、臨床工学技士としての将来を決めていく大事な道であるため、突き進んで行動しましょう。

昇給額はどれくらい?

昇給額が開示されている求人は限りなく少ないです。

実績に応じて上がる病院もあれば、固定で昇給する病院もあります。

平均的に、年に1回1500円~5000円は昇給することが多いです。

役職が付くまでは、あまり昇給は見込めず、準夜手当や当直手当でお金を稼ぐしかありません。

また、副業をすることで副収入を得ることも可能です。

個人の努力次第で、今後の働き方を変えて、柔軟性をもって働くことが大切です。

待機や当直は忙しい?

待機制度は、緊急的な業務であるため、ある程度一人立ちした経験者しか担当しません。

新人は、半年ほどかけて業務を覚えますが、その後、待機や当直の業務を覚えて担当することになります。

部署の人数が多いと担当する日数は減る為、比較的楽ですが、人数が少ないと非常に忙しいです。

待機当番の日は、いつでも病院に駆けつけれる体制を取っておく必要があります。

また、当直業務は一人で緊急対応をせざる負えないため、責任重大です。

責任があるということは、やりがいも相対的に大きく感じることが出来ます。

将来に役に立つ経験と知識として、若いうちは待機や当直を頑張って入りましょう。

まとめ

求人を探すうえでのポイントや、よくある疑問点を紹介しました。

これらを参考に、少しでも後悔しないよう早めに求人を探しておきましょう。

また、就職支援サイトに情報が載っていないことも多いため、求人を探す手段を学ぶ必要もあります。

求人を探す方法は、養成校の講師から教えてもらう方法が効率的です。

やりたい業務を確立させ、より待遇の良い病院に就職しましょう。


臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

こんにちは。今回は臨床工学技士の転職についてのお話です。転職をする際何をしたらいいのか、どんなところに気をつけたらいいのか、転職で後悔しないための選び方を私の体験を踏まえてご紹介させていただきたいと思います。臨床工学技士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良いところ悪いところを見つけることでしょう。では、実際どのような転職先が良いのかご紹介させていただきます。会話がある職場職場は仲が良すぎてもダメですし、逆に悪すぎてもダメです。公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良いのではないでしょうか。私が見学を行った際、A病院は患者さんから機械

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。臨床工学技士の仕事内容とは?まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。仕事内容は就職先によってさまざまで


臨床工学技士求人に関するコラム

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、すでに臨床工学技士として業務経験のある人材を、会社が採用することです。要するに今働いている病院から他の病院へ移ることを意味します。転職と同じような意味合いで用いられるため、医療業界で中途採用は余り使用しないことが多いです。では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事として病院で働いています。企業やクリニックで働く人もいますが、一般的に多い病院で働いている場合を話していきます。

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。実際に転職した経験があるため、リアルな転職事情をご紹介できると思います。これから転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?では、臨床工学技士として転職する年齢から話をすると、20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。それは、30代になると転職先の職場で教育が難しかったり、周りの職場内でのコミュニケーションがとりにくくなるからです。実際に転職したら、明らかに自分よ

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな思いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。なかなか待遇やお給料の話って、聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かといって譲れない大切なポイントでもあります。そこんとこ実際どうなの?就職活動ではいい話しか聞かないけど?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較的新しい

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ