診療放射線技師は昔から人気のある職業だと言われていますし、一般人でも知名度はそれなりにある仕事でもあります。

しかしどういう仕事なのか分からない、詳しく知りたいという新卒の方も結構多いのです。

改めて考えると、レントゲンを撮ってもらった後って何をしているの?と気になりますよね。

診療放射線技師の求人でよくある募集内容についてご紹介していきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

診療放射線技師求人の仕事内容とは?

診療放射線技師の仕事内容に関してですが、レントゲン検査を仕事としています。

放射線を使った検査が主だと思ってください。

レントゲン検査以外にも放射線を使用するCT検査や消化管造影検査、放射線を使用しないMRI検査や超音波検査など様々種類の検査を行います。

最近では放射線による治療も行っているそうですが、メジャーなものをお伝え致しますね。

レントゲン検査

レントゲン検査の正式名称は一般X線撮影と言います。

ご存じの方も多いかと思いますが、肺などに病気がないかチェックするものですね。

レントゲン写真はドラマなどでも見たことがあるでしょうが、何について調べているのかというと心臓などの臓器に異常がないか、また骨や血管の状態を調べています。

MRI検査

MRI検査という検査を耳にされることも多いのではないでしょうか。

CT検査と混合されることが多いのですが、MRI検査は血管や脳など人間の柔らかい組織の検査に適しているものとなります。

MRIは強力な磁力を用いるため、金属類を身につけているとMRIの装置に引き寄せられたりお、壊れたりすることがあります。

更に、MRIは電磁波も使用しており、電磁波によって金属が高温になり火傷をしてしまうことがあるので、診療放射線技師は患者さんや自分MRI検査室内に金属類を持ち込まないように注意しなければなりません。

CT検査とMRI検査は大きな筒状の装置に寝台ごと入るので、初めて検査を受ける人の中には困惑される方もいるみたいですよ。

MRI検査の場合、狭いトンネルの中に入って撮影するので、閉所恐怖症の人は検査ができないことがあります。

CT検査

CT検査というのはコンピューター断層撮影法のことを指します。

よくTVのダイエット番組などで内臓脂肪の大きさチェックなどにCT検査を使用されることが多いので、ご覧になったことがある方も少なくないでしょう。

体の断面を調べることによって内臓や血管、骨の3D画像を得ることが可能です。

平面の写真を撮るレントゲンと異なり、CTでは体の中を三次元的に見ることができるので、病気の発見にも繋がりやすいのです。

消化管造影検査

名前だけ聞くと分かりにくいかもしれませんが、こちらも時々テレビの健康番組などで見たり聞いたりした方はいるのではないでしょうか?

よくバリウムを飲んで検査を行うという話があるのですが、それが消化管造影検査ですね。

こちらはCT検査やレントゲン検査と異なり、患者さんに精神的な苦痛を与える検査であるため、コミュニケーション能力が多少問われる作業となります。

何故患者さんに精神的な苦痛を与えるのかというと、検査に必要なバリウムと発泡剤を飲んでもらわないといけないからです。

バリウムと発泡剤はまずくて飲みにくいだけでなく、ゲップを我慢するのが大変です。

消化管造影検査では胃の形に合わせてバリウムを上手く移動させるためにベッドを動かしたり、患者さん自身にベットの上で動いてもらったりする必要があります。

特に気にしていない人はともかく、バリウムが苦手な人は気分を悪くしていることもあるので、どのタイミングでベッドを移動させるなど声掛けを行わないといけません。

診療放射線技師求人でよくある募集内容とは? 

診療放射線技師の募集内容は、基本的な部分は他のものと変わりません。

給料相場に関しては、医療系業界の仕事で1位、2位を争う仕事であると思っておきましょう。

この辺はベタな部分かもしれませんが、気になるような箇所に関してアップさせて頂きますね。

給料相場

給料相場に関しては月給にして大体25万円~30万円くらいですね。

男性の診療放射線技師はもう少し高くなるようですが、新卒の状態から結構高い金額を貰えるので高給取りと言っても過言ではないでしょう。

ただ、調べてみると地域によって結構差はあります。

筆者は関西住民なので関西側の金額で記載させて頂いていますが、都心部に関しては月に30万円以上のところも多かったです。

反対に田舎の場合は給料が月18万〜になるので、結構差はあると思っておいてください。

給料の相場は地域によって変わるので、こればかりはネットの給料相場を当てにされるよりも、自分の住んでいる地域をチェックして頂くのが良いでしょう。

勤務時間や休日、残業

病院やクリニックなどにもよりますが、基本的には日曜がお休みというところが多いです。

病院はシフト制、もしくは土日祝日の暦通りのお休みとなります。

皆さんもご存知のように、クリニックの診療状況はそれぞれ異なります。

水曜か木曜日に中休みを取ったり、土曜日は半勤という形を取られていたり、とクリニックによってそれぞれ違います。

残業に関しては、クリニックはそう多くありません。

駆け込みでギリギリに来る患者さんがいる際などに発生する程度です。

病院は残業があるところも多いのですが、それでも1時間程度だと思います。

勤務時間は、病院であれば8時~17時という感じでしょうか。

クリニックは診療時間によって異なりますが、大体19時くらいまでの勤務ですね。

あくまで、ギリギリに駆け込む方がいなければの話になるので、一概には言えません。

福利厚生

福利厚生に関してですが、診療放射線技師に限らず全ての医療系の職業には必須であると思ってください。

ボーナスが出て当然の仕事ですし、社会保険や危険手当などの保証はついています。

強いて言えば交通費に関してのみ勤務先によって異なり、中には出ないところもあるので、これはチェックしておいた方が良いでしょう。

基本的な福利厚生は社会保険、ボーナス、危険手当ではあるのですが、場所によっては住宅手当や退職金制度などもあります。

病院やクリニック全てが同じ福利厚生ではないので、この辺も詳しく見ておいて損はないですね。

求められる人物像

求人情報などをチェックしてみると、何件かは「50代未満の方」や「超音波検査可能な方」という条件を提示しているところが見受けられました。

求められる人物像というのは、性格的な面もあるのですが、どちらかというとスキルか年齢の部分を重視されるでしょう。

実はスキルよりも年齢が優先されたりする、というのはご存知でしたか?

年齢が高いと働ける期間が限られたりしますし、若年層に比べて覚えが早くない人が多いからです。

もちろんスキルの高い人であれば尚良いのですが、年齢は今も昔もネックになっている部分ですからね。

年齢が若い方がこれからのことも覚えてもらえるので、優先的に採用してもらいやすいのです。

超音波検査などの経験は絶対というわけではなく、経験があれば尚良いというだけなので、なくても大丈夫です。

条件に合う人間であればそこまで深刻に考えることはありません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

診療放射線技師求人のおすすめ求人のポイントとは?

診療放射線技師のおすすめポイントをピックアップする前に、そもそも求人はどのくらいあるのか?もチェックしておいた方が良いかもしれませんよ。

自分が住んでいる地域によっては、診療放射線技師の募集内容が大きく異なります。

病院やクリニックだけではなく、自分がどういうことをしたいのかによっても変わってくるので、その辺を重視すると違った目線で見れるのではないでしょうか?

クリニック

クリニックの募集は結構多いです。

基本的には、1人で診療放射線技師の仕事を行わなければいけません。

様々な機械の点検などを1人で行い、パソコンのデータ処理などの事務作業も全て1人で行うため責任は重大です。

他に頼る人がいないというネックはあるのですが、自分1人であるため、医師や看護師など他のスタッフに重宝してもらえますよ。

一方、病院はチーム医療として仕事を行うため、メジャーなものからコアなものまで様々な検査を行うことが可能です。

基本的に病院は診療放射線技師の人数が多く、担当がその日によって異なります。

病院で働くメリットは集中しやすい、様々な検査をまんべんなく勉強でき経験を積めるという点ですが、人数が多いためクリニックほど重宝されることはないでしょう。

夜勤は1月に何回あるか?

病院勤務を希望の方は、夜勤も覚悟しておいてください。

日勤だけで終わるところが多いのですが、大きい病院ですと夜勤も含まれるケースがあります。

夜勤に関しては1週間に1回〜2回くらいですね。

診療放射線技師の人数によって頻度は異なるようです。

病院によっても規模が全く違うので、まずは病院の下調べを行うことが大切でしょう。

クリニックに関しては夜勤はありません。

病院やクリニック以外にもあるの?

病院やクリニック以外にも働く場所はいくらでもあります。

医療品・医療機器を扱うメーカーや放射線を扱う原子力発電所、研究所など、あらゆる勤務先が考えられます。

今現在は放射線によっての治療や研究が進められているので、働く場所は昔と違い幅広くなっています。

ただしこれも地域によって差があり、病院やクリニックだけの募集しか行っていない地域もあると思っておきましょう。

自分がどういう診療放射線技師になりたいのか?

そもそも自分が将来的にどういう診療放射線技師になりたいのかにもよります。

診療放射線技師の働き方はいくつもあるのです。

予防医学をしたい、まずは様々な経験を積んで沢山検査ができるところが良い、自分を重宝してもらえるようなところが良い、休暇や福利厚生制度が望める場所で長く勤めたいなどですね。

特に女性の場合は結婚後も働けるように、産休や育休制度がある場所を希望される方が多いです。

お金だけで考えている方もいるのですが、この辺の軸がぶれてしまうと全てが上手くいかなくなってしまうので、気を付けないと自分が損をしてしまうことになるでしょう。

診療放射線技師求人の仕事についてよくある疑問

診療放射線技師の求人に関して必要事項については答えさせて頂きました。

ここからは、診療放射線技師に興味を持っている方からの質問に対し回答させていただきます。

昨今は、男性だけではなく女性の診療放射線技師も多いので気になるようですね。

1日何件くらいレントゲンやCTなどを撮るの?

これも場所によるのですが、病院ですと数えきれない程です。

ひっきりなしであると思っておきましょう。

クリニックに関しては、医師からの指示があった時のみにレントゲン検査や超音波検査を行うので、そこまで頻繁ではないです。

ただし、夏休みや冬休み期間などであれば患者が多く来院する可能性は高いです。

副業ってあり?

診療放射線技師だけではなく看護師なども含めた医療系の職業の場合、副業をOKしてくれるところもあります。

ただし事前に許可を取っていなければならないので、明確な理由がない限りは難しいようです。

副業は基本的にOKなので、短期間のみで働く人も結構います。

以前筆者は医療系の職業をしていたのですが、その時月に2回通院患者のレントゲン検査を行う日があり、その時に別の病院から診療放射線技師の先生に来てもらっていました。

中にはスカウトや何かしら伝手で来てもらうことが多かったのですが、月に2回程度であるため、アルバイトとしては気やすいのだそうです。

時給換算すると2,000円くらい支払っているそうなので、2日間だとしても結構儲ぐことができるでしょう。

透析施設のような場所であれば、レントゲン検査や超音波検査などは必須になってくるので、アルバイトを募集していることが多いです。

時間帯は、レントゲンの場合は朝から晩までなのに対し、超音波検査の場合はお昼から夕方くらいまでなので、家庭を持っているような女性の診療放射線技師も働きやすいようです。

結婚後も働ける?

女性が一番気になっているのは結婚後も働けるか?というところでしょう。

結婚後も働いている方はとても多いですよ。

ただ妊娠を考えている方は、妊娠発覚後辞める方もいるようですね。

理由としては放射線を扱っているからという理由が多かったです。

最近は昔と異なりバックアップされているのでそこまで気にならなくなっています。

今は共働きが当たり前の時代であるため、出産後は復帰をされるという方も増えてきていますよ。

現在診療放射線技師に限ったことではないのですが、人手が足りていない仕事ばかりです。

時短でも良いので診療放射線技師として帰ってきてほしいと望んでいるスタッフもいるという話をよく聞きます。

医療系は産休制度や育休制度、そして職場復帰しやすいように託児所完備されているところが増加傾向にあるので、女性も安心して働けるのです。

女性の診療放射線技師が活躍できる場所

現在は女性が活躍できる場所が増えており、クリニックや病院によっては女性のみを募集されているところも多いです。

例えば産婦人科などが女性の診療放射線技師を募集していますね。

筆者の身内が産婦人科で勤務しているのですが、診療放射線技師と共に働いており、人手不足だと言っていました。

産婦人科のスタッフは女性ばかりであるため、男性は採用されにくいのです。

産婦人科で男性がいるのは医師だけですね。

その点を考えると、産婦人科であれば女性独占の職場だと言えるでしょう。

今現在産婦人科の数は増えており、子供の数も一時よりは回復傾向にあります。

診療放射線技師は男女どちらが多い?

診療放射線技師の男女比について聞かれたことがあるのですが、現在の時点で何とも言えないですね。

病院で見かけたり、筆者の昔の職場でアルバイトに来てもらっていた診療放射線技師は全て男性ばかりでした。

女性の診療放射線技師はまだまだ数が少ないかもしれません。

ただ、現在は男女関係なく様々な職業に就いている方が多いので、これから女性の診療放射線技師は増えてくるかもしれませんよ。

経験がないと難しい?

一般的な求人を見ていると「経験あり」「超音波検査の経験者優遇」という記載をされているところもよく目にします。

診療放射線技師はそこまで経験重視ではありません。

人数がいる職業ではないので、選りすぐりができるような状態ではないのです。

応募条件として診療放射線技師の免許必須などではあるものの、経験はそこまで重視していないかもしれませんね。

専門学校と大学だとどちらが良い?

今でも学歴を気にされる方は多いのですが、専門学校と大学だとどちらが良いのか気になるところですよね。

正直に言うと、条件の良い勤務先に就職をしようと思うと、確かに大卒の方が採用される確率が高いです。

しかし最近では学歴ではなく経歴を重視されるため、一概には言えなくなってきています。

実際、出身大学がいくら良くても、当人の性格が怠け者だったり使えなかったりするので、学歴に拘らないというところも増えてきているのです。

確かに大学で判断するのも1つのケースですが、面接時に当人の人柄などで判断されるため、そこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

他の部署と関わりってあるの?

医療に関しては自分1人で行うものではありません。

チーム医療という言葉があるように、全員協力して行うようなチームワークが必須となります。

医師や看護師を連携を取りながら業務を行うのが常です。

場所にもよりますが、人間関係が悪い病院だと診療放射線技師の重要性を理解していないところもあるようですね。

現在は昔と異なり、ぎすぎすした雰囲気はなるべくなくそうという方針を取っているところばかりなのですが、上司にもよるので一概には言いにくいです。

患者と関わることって多い?

全く顔を見ずに行う検査ではないため、コミュニケーション能力は必要となります。

実際筆者が働いている時、患者から診療放射線技師に対してのクレームがありました。

元々慣れている診療放射線技師が来てくれていたのですが、都合により来られなくなってしまい別の診療放射線技師に来てもらったところ、感じが悪いというクレームを直接筆者に言って来た人もいましたね。

関わる時間は短いですが、挨拶をしたり笑顔を見せたりすること、そして謙虚な姿勢でいると相手からは嫌がられることはないですよ。

 

まとめ

診療放射線技師は高給取りであると言われており、男女共に資格を取ろうと志す方が年々多くなっています。

昔は現在と異なり将来性について考える方が多く、親のレールに敷かれて資格を取る方がいましたが、現在は自分の意志でなりたいと思っているようですね。

診療放射線技師や医療系などは自分達が生きていく上でずっと必要になる存在でもあります。

診療放射線技師は、高給である部分を除いても、非常にやりがいのある仕事であることに間違いありません。

 この記事を読み、診療放射線技師の仕事をよく理解した上で、自身のキャリア形成に役立てて頂ければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



診療放射線技師求人についてもっと深堀りした情報を見る

診療放射線技師の転職を成功させるためにやるべき4個のことと、上手な転職方法を解説します

診療放射線技師で転職する人は少なくありません。要因は医療業界にはよくある話です。転職は珍しい話ではないのですが、余程のことがない限り誰でも転職をしたいなんて思いませんよね。診療放射線技師の転職成功をするためにどうすれば良いのでしょうか?診療放射線技師で転職する人は多い?診療放射線技師に限らず転職される方は多いです。理由としては人間関係ですね。実際人間関係に問題があって辞めてしまったという方はいます。診療放射線技師は基本的に男性が多いのですが、近年産婦人科で働いている女性の診療放射線技師も少なからずいます。女性ばかりの職場だと人間関係が難しく、それが原因で辞めてしまう方も多いようです。男性がいる

診療放射線技師になるには?持っておくべきスキルや勉強しておくべきこと、なり方を解説します!

診療放射線技師になるためは国家資格を持っていることはもちろんですが、それ以外にも重要なことはいくつかあります。どの仕事でも自分ができることを把握しておくことは重要ですよ。診療放射線技師として必要なこととは何か、また持っておいた方が良いスキルに関してもお伝え致しましょう。診療放射線技師の仕事ってどんな仕事?診療放射線技師の仕事内容に関してですが、レントゲン検査、MRI検査、CT検査、超音波検査やマンモグラフィ検査を行う仕事だと思ってください。主に検査業務ですね。ほとんど機械を用いた検査を行う仕事になるのですが、検査だけではなく、放射線治療や放射線の管理も行います。患者さんを誘導したり、多少なりコ

診療放射線技師の仕事内容をご紹介!役割に分けて業務内容を詳しく説明します!

診療放射線技師の仕事内容は、レントゲンやMRI、CTを撮るくらいしか知らないという方が非常に多いです。まだ診療放射線技師という名前や仕事内容に関して認知されているだけ良いかもしれません。今回は診療放射線技師の仕事や役割に関してお伝えしていきましょう。診療放射線技師は放射線を扱う仕事でもあるので、危険が伴う仕事でもあると思ってください。診療放射線技師の大まかな仕事内容診療放射線技師の仕事内容ですが、主にレントゲン、MRI、CTを撮る仕事という認識で間違いありません。イメージ通りの仕事ではあるのですが、それ以外にも役割はいくつか存在します。ざっくりとお伝えはしておりますが、単純にボタンを押すだけの

診療放射線技師のやりがいとは?経験者の私が感じる2つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

この記事では、診療放射線技師のやりがいについてお話していきましょう。診療放射線技師のやりがいは、そもそも診療放射線技師とはどんな仕事なのか?というのが鍵になってきます。診療放射線技師は、他の職種よりも仕事の成果が伝わりにくいです。現役で働いている診療放射線技師はどんなやりがいを持っているのか、そのことを理解しておくのも良いでしょう。診療放射線技師の大まかな仕事内容について理解しておこう診療放射線技師の仕事はMRI、CT、マンモグラフィなど、放射線を使用した検査が主となります。撮ったMRIなどをデータに残して、他の医院に持っていけるようにCDに焼いたりすることもあります。最近では放射線を使った治

診療放射線技師の年収はどのくらい?給料が高い人は何が違うの?疑問にお答えします!

診療放射線技師とは医師の指示のもと、レントゲンやCTなどの放射線を使用し検査を行う職業のことを指します。病院でレントゲンを撮ってもらったことがある方もいらっしゃると思いますが、あの仕事ですね。診療放射線技師という職業は知っているものの、給料に関しての詳しい事情は知らないという方も少なくないようです。今回は、そんな診療放射線技師の年収についてご紹介していきましょう。診療放射線技師の給料の相場はどのくらい?診療放射線技師の給料の相場についてですが、平均年収で男性は530万円前後、女性は450万円前後となります。実は放射線技師の給料は高めなのです。医療系の給料事情を知っている方であれば、診療放射線技