診療放射線技師とは医師の指示においてMRIやCTなどの放射線を使用する検査のことを指します。

病院でレントゲンを撮ってもらったことがあると思いますが、あの仕事ですね。

診療放射線技師はまだ知っていると思うのですが、給料に関して高いということは何となく知っている方も多いようですね。

今回は診療放射線技師の年収についてご紹介していきましょう。

診療放射線技師の給料の相場はどのくらい?

診療放射線技師の給料の相場についてですが、平均年収で男性は530万前後、女性は450万前後となります。

実は放射線技師の給料って本当に高いのです。

医療系を知っている方であれば、診療放射線技師と結婚したいという方は結構いますからね。

月給で言うと30万以上もするので高給取りと言えるでしょう。

正社員で新卒入社した場合

新卒で入社した場合、給料は最低でも20万以上~30万ですね。

最初は大体そんな感じです。

ちなみに初期のみ賞与はない所が多いです。

初期と言っても最初の1年くらいだけの話ですが、それ以降は賞与が付きますよ。

何故初期のみ賞与がないのかということですが、査定に左右されるからです。

現在病院では査定を設けている所が多く、最初の1年間でどのくらい仕事が出来るのかを観察されるということになります。

もちろん全ての病院ではないのですが、一部の病院は賞与を支払われないこともあるので確認しておいた方が良いでしょう。

正社員で転職した場合

正社員で転職した場合、交渉次第で前職の給料そのままをもらえることが可能ではあります。

基本的に診療放射線技師は技術職ではあるので、長期間勤めていた人間を採用するんですよ。

診療放射線技師に関しては基本的にそこまで作業内容が変わることはないため、大体どこも同じ作業であることが多いです。

経験がそこまでない人はともかくとしても、経験がありキャリアも積んでいる方ですと重宝されるので給料は自然と高くしてもらえるでしょう。

基本給が低くなるような場所だとちょっと考えた方が良いかもしれませんけどね。

パート・アルバイト

診療放射線技師はパート、アルバイト募集しています。

男女比を比べてみると、診療放射線技師は男性の方が圧倒的に多いですね。

パート、アルバイトの金額に関して、日給で考えるとめちゃくちゃ儲かりますよ。

日給は9000~11000円なのですが、午前中のみと考えるとかなり良い給料ですよね。

普通ここまでもらえるとかありえないです。

放射線技師がバイトやパートでも十分やっていける理由はここにあります。

給与が高い人は何が違うの?

給料が高い人はスキルや役職なども問われますが、勤続年数や地域ももちろんかもしれませんね。

この辺はどこも大差がない感じではあるのですが、診療放射線技師はスキルが物を言います。

本当に何故?と言いたくなるくらい給与の高い人たちと扱いが違うくらい、新人の間は給料が低いです。

給料が高い方との違いに関して何が違うか?

その疑問についてお答えしましょう。

スキル

スキルの違いに関してですが、基本的に診療放射線技師の仕事はそこまで他意があるわけではありません。

レントゲンやMRIに腕の良し悪しなんてあるの?という疑問を持たれている方はさぞ多いでしょう。

腕の良し悪しも多少は関係してはくるのですが、他に何らかのスキルがあるかということも関係してきます。

乳がん検診などで聞いたことがあるかと思いますが、マンモグラフィーなどは資格がいる検査でもあるため、あると役に立ちますよ。

マンモグラフィーのような特殊検査が出来る人材は、重宝されますからね。

役職

役職はごく少数ですね。

会社員であれば役職などは関係してくるのですが、基本的に医療機関などは役職を持っている人間は少ないです。

場所にもよりますが役付けになるとリーダー、もしくは主任という言い方をされます。

病院だと何人か人数がいますが、クリニックなどの小規模な場所ですと1~2人だけ在中する程度ですね。

役職があるとその分責任もかかってくるので、給料は通常の診療放射線技師よりも高くはなります。

ボーナスも100~200万以上すると思ってください。

勤続年数

勤続年数は関係してきます。

確かに職には困ることはありませんが、給料を考えたら勤続年数というのは大切ですよ。

継続的にずっとやっている方が儲かりますからね。

理想的なのは勤続年数ではあるのですが、男性はともかく女性は出産や結婚などがあるので微妙かもしれません。

基本的に医療系の場合は福利厚生がしっかりしてくれているので、勤続年数などにより給料はアップしていきます。

スカウト

私が働いていた透析クリニックの施設では、月に2回レントゲンを行う日がありました。

普段レントゲンを撮る診療放射線技師などが在駐している訳ではないため、他県から契約している診療放射線技師に来てもらっていたのです。

どういうつながりかは聞いてはいないのですが、新幹線乗り継ぎで泊りが必要であり相当な腕や信頼がない人物でないとクリニックの担当になってもらうことは出来ません。

たった2日ではあるのですが、高い給料を払ってきているということではあるのでスカウトしてもらえればお金は設けることが可能です。

この場合バイトという扱いにはなるのですが、Wワークすることが出来るので勤務先に話を通せばWワークは問題ありません。

診療放射線技師の給料の決まり方

診療放射線技師の給料の決まり方は、医療機関によって変化することが原則となります。

これは結構重要なことでもあるので覚えておいても損はありませんよ。

ちなみに学歴などによって変化があるのか?ということも言われたことがあるのですが、そのことについてもご紹介していきましょう。

医療機関によって変更する

全ての医療系職業に言えることではあるのですが、医療機関によって給料は変化します。

診療放射線技師の勤務先に関しては、クリニックや病院などです。

クリニックは主に透析や整形外科になります。

透析は毎回ではないのですが、来院患者は同じであるため月2回のみレントゲンを行うのです。

大学病院、国立・公立病院、民間病院や救急病院など様々な働き場所があります。

病院の中でも一番年収が高いのは大学病院ですね。

600万弱を稼ぐことが出来ます。

ただ給料が高いだけで決めるのはあまり良い方法ではありませんので、自分的にやりたいことがあると思ってのであればそれにしてください。

学歴ではそこまで変わらない

医療系の場合専門学校、大学などで勉強される方が多いです。

学歴優先の時代ではあるのですが、学歴ではそこまで変わらないと思ってください。

何故学歴でそこまで変わらないのか?ということですが、実際そんなに大差がないからですね。

医療系に関して学歴優先しているわけではないため、どちらかというと最初は当人自身の人柄や仕事の吸収率で判断されるケースでもあるので、大学行っているからどうだということは関係がありません。

この働き方は、こんな人におすすめ!

診療放射線技師は男女共に働けます。

MRIを撮ってもらったことがある人はわかるかもしれませんが、それでもマイナーな仕事ではあるかもしれませんね。

そのため診療放射線技師がどのくらい良いのか?という方は多いでしょう。

働き方別でお伝え致します。

正社員

正社員は男女共に必要とされています。

主に病院や産婦人科系のクリニックで診療放射線技師は多いのですよ。

ほとんど診療放射線技師といえば男性が圧倒的に多いのですが、産婦人科系などは女性の診療放射線技師が活躍されているという感じですね。

男性は基本的に正社員で働いていますが、女性は正社員よりもアルバイトとして働いています。

独身や子供がある程度大きくなっている方ですと正社員勤務というだけです。

アルバイト

診療放射線技師のアルバイトの時給は1500~2000円クラスだと言われています。

半日のみ、午前中だけ働いてその値段であるため、普通にバイトしている方が儲かるんですよ。

特に女性の場合はそこまでガッツリ働かなくても良いという考えの方もいるので、それを考えると普通に働くのが馬鹿らしくなってくる人もいるようです。

結婚して子供がいる方の場合、そこまで働かなくても十分困らないくらいなんですね。

診療放射線技師の方の多くは子供を私学に行かせたり、良い保育園に行かせる方もいるくらいだと思っておきましょう。

スキルアップについて

診療放射線技師のスキルアップって分かりにくいですよね?

ほとんどの人は認知しているものの、何が出来て何がスキルアップなのか?ということを知らない方も多いのです。

基本的にはどの検査も出来るのは出来ます。

ただ資格をもっているのといないのとでは差があるので、現在自分の職場で行われている検査のみ取得するのもありでしょう。

スキルアップの方法についてお伝えしていきます。

磁気共鳴専門技師

わかりにくい名前ではあるのですが、こちらはMRIを行う方のスキルアップの資格です。

MRIって滅多に行うものではないのですが、脳や色んな部位を細かく見るために行う撮影であるため、病院で勤務を考えている方ですとスキルアップ貢献のために役には立ちます。

別になくてもMRIは出来るのは出来ますが、MRIの理解度を高めるためにスキルの高さを証明することが可能です。

主にMRIを先行して行っている方はおすすめの資格ですね。

X線CT認定技師

名前の通りCTの認定技師ですね。

CTの理解度を高める検査になります。

ただこの検査は実務経験が3年と診療放射線技師として5年勤務していることが条件であるため、すぐに取れる資格ではありません。

MRIを行うことは多いのですが、CTは緊急性がない時でないとしないのであまりピンと来ない方もいるでしょうね。

基本的にMRI、CTなどは検査の中でもよく行うものとされています。

絶対に取得しないといけないものではないのですが、CTを行っている診療放射線技師であれば理解度を高めるためにも取っておくと他の方からも認められるでしょう。

検診マンモグラフィ撮影

マンモグラフィは女性が受けることが圧倒的に多い検査です。

乳がん検診の時にマンモグラフィという検査を聞いたことがありますよね。

なくてもいける所もあるのですが、近年乳がん検診を自発的に行う方もいるためマンモグラフィ認定必須という病院も増えてきています。

なるべく取っておいて損はないですよ。

マンモグラフィは女性の診療放射線技師が行うことが多いので、なるべく女性は取っておいた方が良いでしょう。

その他の疑問

その他の細かな疑問についてお答えしておきましょう。

一般の方から質問が多く頂いたものをアップさせて頂きます。

何故給料が高いの?夜勤ってあるの?という質問が圧倒的に多かったですね。

給料に関しての質問をお答えします。

何故給料が高い?

診療放射線技師は給料が高い医療系の職業と言われています。

何故給料が高いのか?という疑問を持つ方が多いのですが、危険手当が含まれているからです。

この危険手当というのは、医療機関によって放射線手当という言い方もします。

よくニュースで放射線は危険だという話をされていますよね?

実際レントゲンなどの放射線も危険は危険ではあります。

目に見えにくいものではあるのでわかりくいのですが、レントゲンって結構危ないんですよ。

危険度の高い物を扱っているので、その手当として給料は高いのです。

夜勤ってあるの?

夜勤は場所にもよりますがありますよ。

ただ検査内容が検査内容だけにそんなに多い訳ではないのですが、夜勤の患者は重症度が高いものだと思ってください。

大学病院などの場合は夜勤で2~3人いることもあるのです。

緊急性がないと暇でもあるので、夜勤手当が付く分そんなに忙しくなかったりします。

夜勤手当は付くのですが、そんなに頻度ないのでそれなりと考えておきましょう。

まとめ

よく女性は玉の輿に乗りたいという方がいるのですが、医療機関をよく知るものほど医者よりも診療放射線技師を結婚相手に選びたいと考える方が多いのです。

給料はめちゃくちゃ高いのですが、放射線などの危険手当があるため高くて当然かもしれませんね。

現在医療系の職業では薬剤師に次いで稼げる職業であると言われています。

近年検査を積極的に受ける方も多く、色んな病気も見つかっているため、診療放射線技師はこれから先も活躍していくでしょう。


関連キーワード

診療放射線技師求人