診療放射線技師で転職する人は少なくありません。

要因は医療業界にはよくある話です。

転職は珍しい話ではないのですが、余程のことがない限り誰でも転職をしたいなんて思いませんよね。

診療放射線技師の転職成功をするためにどうすれば良いのでしょうか?

診療放射線技師で転職する人は多い?

診療放射線技師に限らず転職される方は多いです。

理由としては人間関係ですね。

実際人間関係に問題があって辞めてしまったという方はいます。

診療放射線技師は基本的に男性が多いのですが、近年産婦人科で働いている女性の診療放射線技師も少なからずいます。

女性ばかりの職場だと人間関係が難しく、それが原因で辞めてしまう方も多いようです。

男性がいるとそこまでではないのですが、難しいところでもあります。

診療放射線技師の転職を成功させるためにやるべき4個のこと

診療放射線技師の転職を成功させるためにやるべきこととは何か?という点なのですが、まず自分にとってどういう点が大切なのかをチェックしていきましょう。

成功させる秘訣としては、面接時に質問するという手もありですね。

転職をする目的は何もお金だけではありません。

1日のスケジュールを教えてもらう

面接の際に1日のスケジュールを教えてもらうのも良いですね。

勤務時間は記載されているところが多いのですが、1日何件来院患者が来るのかなどチェックしておいても良いでしょう。

それによって検査をどのくらいこなさなければいけないのかが分かります。

育児との両立は可能かチェック

女性の場合は、この点も聞いておいても良いかもしれませんね。

託児所、育児休暇や産休制度完備のところは多いのですが、実際両立できるのかどうか自分と同じ立場の人間はいるかなど確認しておくと良いでしょう。

面接時に、独身者は特に訊かれませんが、結婚されている方は育児と両立できるか訊かれる可能性は高いです。

時短勤務が可能なのかどうかや、もし子供が熱を出してしまったら帰れるのかも確認しなければいけませんね。

休みはどんな感じかを聞く

固定休があるところなら良いのですが、中には休みがシフト制のところもあります。

クリニックであればクリニック側が決めた休みであるため、大体日曜祝日休みだったりすることが多いです。

シフト制の場合は他の人との兼ね合いがあるため、お互い譲り合わなければいけないこともあります。

別にシフト制でも平日休みが取れるのでそれなりにメリットはあるのですが、デメリットを言うと休みが取りにくいということも考えられます。

筆者は昔シフト制の場所で働いていたのですが、それぞれ用事がある時は譲っていましたね。

働いている方にもよるのですが、関係性が良い方ばかりですとお互いを尊重してくれたりします。

有休に関してもチェックしておきましょう。

現在有休を取ることは当たり前の権利だとされてはいます。

しかし、実際は有休って取りにくくないですか?

どうしても遠慮して取りにくいという方は結構います。

有休は気軽に使えるのか、面接時に聞くのも良いでしょう。

診療放射線技師の人数は何人いるのかも確認

クリニックでしたら基本1人しかいないでしょうが、病院や健診センターであれば数人の診療放射線技師がいます。

予め人数がどのくらいいるのか聞くのも重要です。

何故人数を聞いておく必要があるのか?ということですが、どのくらい忙しいのか判断ができるからです。

その人数で仕事を充分に回せるかどうかを考えると、もし自分が体調不良で休みの時代わってもらえるのかどうかの尺度にもなります。

転職するにあたっての必要な心構え

転職するにあたり必要な心構えについてお伝えさせて頂きましょう。

これは診療放射線技師に限ったことではないのですが、必要不可欠なものであると思ってください。

自分を待ってくれているような職場など存在しませんが、自分が適応できるかどうかにかかってきます。

どんなところでも上手くやるという気持ちを持つ

どんなところでもうまくやるという気持ちは持たなければいけません。

特に人間関係で辞めてしまった人は、次も同じようなことがあったら・・・という余計な心配をしてしまいますよね。

そもそも人間関係において合う合わないは絶対にあります。

それは仕方がないことなのです。

どんなところでも上手くやるというのは自分自身で対処しなければどうしようもないのです。

さすがに待遇が悪いようなところは避けた方が良いですが、自分がこれで良いと決めたのであれば貫き通しましょう。

自分のキャパシティに合った求人を調べる

自分のキャパシティに合った求人を調べるのは重要なことです。

経験者である程度自信があれば、クリニック勤務でも大丈夫でしょう。

自分1人だと無理という方や、まだ自信がないし責任を問われても怖い、という人はクリニック勤務は避けた方が無難です。

実は大半の方は給料を優先してしまうため、そのあたりをしっかりと考えていない方も少なくありません。

確かに給料は大切ではあるのですが、給料が全てではありません。

転職で失敗する例としては、給料ばかり考えてしまっている方ですね。

自分のキャパシティに見合わない求人に応募してしまうと、絶対に苦労してしまうので止めましょう。

転職する際は最低限度の条件を考える

転職する際に気を付けて頂きたいことは、最低限度の条件を考えることですね。

条件の数は3つに絞っておきましょう。

何故条件を3つに絞るのか?ということですが、本来の目的から逸脱しやすくなるからです。

最初から3つに絞っておくと、本来の目的からブレることがなくなります。

ただ、その3つの条件を極端な条件に設定してしまう方もいます。

高収入だとか、全部自分の希望に沿ってもらえるなんていう方ですね。

人間欲を出し過ぎてしまうと失敗してしまうものです。

自分は何をしたいのかを考える

診療放射線技師の仕事はいくつかあります。

検査自体は豊富ではあるのですが、全部が全部病院でやっているものばかりではないでしょう。

CT検査を専門とされているところもありますし、マンモグラフィや乳腺エコーを得意とされている方もいます。

自分は何をやりたいのかを考えて行動しましょう。

実際求人募集を見るとこの検査ができる人優遇と書かれていることもあれば、この検査が必須となるという風に記載されていることもあります。

診療放射線技師の仕事は専門職であるため、好きな検査や興味がある検査でないと継続しにくいのも事実です。

自分が今までやって来た検査ではない場合、面接官から質問を受けることがあります。

違う分野から入って活躍している方もいるため、興味があって志願したというのも受け答えとしてはOKです。

見栄は捨てる

プライドというのは正直いらないものです。

自分の行動を制限してしまいますからね。

就活する時は絶対に見栄を張ってはいけません。

転職された経験のある方は分かるかもしれませんが、就活される時周囲に見栄を張ってしまう方がいます。

他の人から影響を受け、どうせ転職するなら前職よりも条件の良い会社に就いた方が良いと考えている方が非常に多いのです。

この考え方をしている方は絶対に失敗しますよ。

周囲への見栄よりも大切なのは自分自身でしょう。

転職を前向きに考える

転職は何度もすれば良いというものではないのですが、どうせなら前向きに考える方が良いでしょう。

診療放射線技師の転職理由は大半が人間関係であるため、また同じような目に遭ってしまったらと怯えている方が多いのです。

気持ちは分かるのですが、不安に考えてしまうと次の転職先も同じような状況に陥ってしまうので止めてください。

どうせならいっそ自分がやってみたいことを考えるというスタンスでいくと、案外上手く行くものです。

広い視野で物事を見る

あなたは広い視野をお持ちですか?

視野が広いというのは考え方が柔軟であるかどうかです。

頭が固い人間は思い込みが激しくこうでないといけないという考え方しかできません。

視野が狭いと転職に失敗する確率が高くなると思ってください。

よくある話なのですが、他のところで探さず、ハローワーク1本に絞り転職先をよく調べず失敗したという方が非常に多いのです。

ハローワークが全部悪いというわけではないのですが、あらゆる可能性を模索し、転職エージェントや求人サイトなども活用し視野を広げることは、自身の幅を広げることにもなります。

転職初期=年収アップはすぐには無理

いくら経験があるとは言え、まず人柄や能力を観察されるのですぐに給料がアップすることはありません。

ここで辛抱強く仕事を継続することが大事です。

確かにお金は重要ではあるのですが、お金ばかり考えないほうが良いです。

他のスタッフに話した場合、あまり良い顔はされません。

自分の内の中で秘めておくことが大切です。

診療放射線技師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

診療放射線技師の仕事で年収をアップさせるためにやっておいた方が良いこととは何か?ということですが、今現在の自分を見直すことが前提となります。

スキルをアップする、自分に足りない所は何か?

自分をよく理解できている方であれば良いのですが、自分自身見えていないところは多いものです。

常にどうやって仕事を成功させるか?という考え方は持っておきましょう。

仕事に成功している人間は、常に疑問を持つようにしています。

スキルをアップさせる

スキルをアップさせることはとても重要です。

今現在自分のスキルは完璧だと言える人はまずいないでしょう。

転職をする際、自分は他の人から色々見られると思わないといけません。

この人はどこまで出来るか?という風に見られます。

反対に出来ないことだらけですと、この人を雇うのではなかったと思われてしまうでしょう。

転職するきっかけとして、自分が苦手なことを克服するのもありですね。

職場によってどこが給料が良いか見る

常に求人をチェックしておくのも良い手ですね。

職場によって給料は全く違うため、ここが良いと思ったものは目星をつけましょう。

給料が良く福利厚生も自分的に充実しているとい思ったら、そこに決めるのもありです。

また、地域によって多少異なる場合もあると考えておきましょう。

まとめ

転職はポジティブなことばかりではありません。

「転職している=1つの職場で続かない」という様にマイナスのイメージを持たれてしまうこともありますし、前の職場よりも悪い環境になってしまうこともあり得ます。

 ですので、まずは本当に転職が必要なのか熟考し、その上で転職しよう!と決意したならば、自分にとって何が大事か、譲れないポイントは何なのか、しっかりと自問自答しましょう。

 診療放射線技師として転職を考えた際に、この記事のことを思い出して頂けたら幸いです。


関連キーワード

診療放射線技師求人