診療放射線技師の仕事内容って正直レントゲンとMRI、CTを撮るくらいしかしらないという方が非常に多いです。

まだ診療放射線技師という名前や仕事内容に関して認知されているだけよいかもしれません。

今回は診療放射線技師の仕事や役割に関してお伝えしていきましょう。

診療放射線技師は放射線を扱う仕事でもあるのでちょっと危険な仕事でもあると思ってください。

診療放射線技師の大まかな仕事内容

診療放射線技師の仕事内容ですが、主にレントゲン、MRI、CTを撮る仕事で間違いありません。

イメージ通りの仕事ではあるのですが、それ以外にも役割はいくつか存在します。

ざっくりとお伝えはしておりますが、単純にボタンを押すだけの仕事ではないため、診療放射線技師が撮影して異常がないかなどチェックするのです。

撮影したらおしまいという訳ではなく撮り方を失敗してしまうと、患者の病気の発見が遅れてしまうので助からないこともありますよ。

診療放射線技師の仕事は大きく3個の役割に分けられる 

診療放射線技師の役割は大きく分けて3つあります。

各種画像検査、放射線治療、放射線管理ですね。

最近では核医学検査というものも行われており、研究対象になっているようです。

一般的な診療放射線技師の役割をご紹介したします。

各種画像検査

レントゲン検査、CT検査、MRI検査以外にも検査項目はいくつかあります。

消化管造影検査、骨密度検査、血液検査、超音波検査、マンモグラフィーなどですね。

あまり知られていないのが骨密度検査、血液検査でしょうか。

漢字を見れば大体何をする検査かは理解してもらえるでしょうが、中にはそんなに頻繁に行わないものも多いです。

骨密度などは年に3回くらいしか行わないレベルですよ。

放射線治療

放射線治療というのは最近耳にすることが多いかと思います。

以前ニュースで話題になっていたのですが、癌細胞などを放射線治療で取り除くという風に放送されていましたのでイメージしやすいのではないでしょうか?

基本的に診療放射線技師の仕事は検査なのですが、場所によっては放射線治療を行うこともありますよ。

放射線管理

診療放射線技師の重要な仕事は検査でもあるのですが、放射線の管理も仕事に含まれます。

放射線というのは本来人間の体に対して有害なものに当たるので、管理を怠ってしまうと自分が被ばくしてしまう恐れがあるのです。

2011年の3.11の大地震で福島第一原子力発電所の事故が起こった際、放射線の恐ろしさをニュースで報道されていたのでご存じでしょう。

放射線被ばくの可能性もあり、ちゃんと管理されていないと患者が被ばくしてしまう、または自分自身が被ばくしてしまいますからね。

各種画像検査の4個の業務

各種画像検査の業務についてご紹介していきましょう。

レントゲン検査、マンモグラフィーなど聞いたことがあるものや、マイナーな血管検査や骨密度検査もお伝えしていきます。

一番分かりにくいのが血管検査かと思いますので、こういう検査もあるよという風に認知して頂ければ良いかもしれません。

レントゲン検査

レントゲン検査は誰もが一度はやったことがある検査です。

主に胸のレントゲンを撮るのですが、肺の病気について調べます。

これ意外と疑問に持たれている方が多かったのですが、肺の病気ってタバコの吸い過ぎじゃないの?と思っているようですね。

確かにタバコを吸っている方の肺は真っ黒ですし、その違いは分かりやすいでしょう。

別にタバコ以外でも肺の病気ってあるんですよ。

肺がん、胸水なども考えられますし、肺結核、良性腫瘍などを見つけることが可能です。

レントゲンの検査というのは異常があるかないかをチェックする検査ですからね。

ほとんどの人が当たり前のように受けている検査などで特に何も感じていないようですが、何かあった場合はレントゲンだけではなく、CT検査も撮る必要があります。

マンモグラフィー

マンモグラフィーとは乳がん検診の際に行うもので、大体20歳以降の女性が対象となります。

部位が部位だけに女性の診療放射線技師が行いますよ。

ジェルを胸に塗って機械で見ていくという形です。

ほとんどの人は大体1年に1回くらいの検診を行います。

血管検査

血管検査というのは造影剤を血管に流し込んで血管の影を作り、血管の形や血流の状態を連続して撮影するものですね。

この血管検査で何が分かるのか?ということですが、脳や心臓など全身疾患の治療に役に立つ検査です。

血管検査の結果によって今後の治療方針に必要なことが分かるので、重要な検査だと思ってください。

基本的にほとんどの検査は診療放射線技師のみが行いますが、血管検査は医師と看護師の処置が必要となります。

股関節付近や腕の動脈にカテーテルを差し込むため、診療放射線技師のみでは出来ない検査なのです。

骨密度検査

骨密度検査は骨粗しょう症の検査になります。

この検査は骨量の現象を調べる検査であり、足元に骨密度検査の機械を入れてもらって測定する感じですね。

病院では寝ころんで検査をおこなうのですが、クリニックでは足元のみの機械で測定します。

そんなに頻繁に行う検査ではないためあまり重要視していない方もいますが、年配者には必要な検査です。

この検査で骨粗しょう症だと診断されますし、また骨の状態によっては骨折するリスクが高いため何に注意しなければいけないかなども病院で患者の家族に話をすることもあるのですよ。

放射線治療の2個の業務

放射線治療はがんの治療を行います。

早期発見できた場合、放射線治療によってがんを除去することが可能です。

2人に1人ががんだと診断されることが多くなり、また3人に1人ががんで亡くなる病気でもあります。

近年放射線治療によってがんの早期治療を行っていますが、まだまだ放射線治療を行っている病院は少ないです。

現在は30%にまで増えており、診療放射線技師の需要がさらに高まっている状態にあるのが放射線治療のおかげかもしれません。

治療計画

放射線の治療計画に関してですが診療放射線技師のだけが行うのではなく、医師や看護師と診療放射線技師のなどが協力して精度の高い放射線治療を行います。

がんが見つかったからすぐに放射線治療を行うという訳にはいかず、どこの部位なのかにもよって変わってくるのでまず治療計画用のCTを撮影を行い、状況によってはMRIもしなければいけません。

治療計画用の画像が撮影できたら、最適な照射方法を検討し治療計画を作成していく形ですね。

放射線治療開始

治療計画作成後、放射線治療を開始します。

計画の段取り通りに放射線を照射するのですが、治療期間はすぐという訳ではなくがんの進行具合によっても大きく異なるので、期間は人それぞれ異なると思っておいてください。

放射線治療が終了しても定期的に診察を行い、再発がないかなどのチェックを行います。

診察に関しては医師の担当になるため、放射線治療まで関わる形ですね。

ただ放射線治療をするにあたり、患者に声をかけたりしなければいけないため最新の注意を払う必要がありますよ。

放射線管理の2個の業務

放射線管理は最も需要な仕事です。

単純に検査するだけの仕事ではないのですよ。

医療情報管理、放射線機器管理まで行う必要があります。

医療情報管理

どこの病院でもそうですが、現在電子カルテが主流となっています。

診療放射線技師が撮った写真のデータは、画像保管システムに残しておかなければいけません。

データというものは撮って終わりという訳ではないのです。

以前のデータと比べる可能性があるので、絶対に医師の判断があるまでは残して置く必要があります。

放射線機器管理

放射線機器管理というのは、普段自分が行っている放射線機器の定期的な点検を指します。

それぞれ放射線機器は扱いが違うため全部が同じということではないのです。

点検の重要さは大体把握されているとは思うですが、高度な専門知識と道具が必須になるため、診療放射線技師は扱えるようになっておく必要があると思ってください。

点検の頻度は病院によってことなるため何とも言えませんが、点検者はローテーションされるので自分の時は全員神経質になるようですね。

診療放射線技師の仕事の良いところ

診療放射線技師の仕事の良い所について、やりがいを感じるポイントや面白いポイントについてご紹介していきましょう。

やりがいはその仕事ならではのポイントですね。

面白さによっては人それぞれかもしれませんが、こういう所を重視して頂けたらと思います。

やりがいを感じるポイント

やりがいを感じるポイントですが病気の早期発見ができること、画像が上手く取れた時などですね。

この辺は本当に診療放射線技師でないと味わえないやりがいかもしれません。

画像が上手く取れたという良い方は分かりにくいかもしれませんが、この辺をも少し掘り下げていきましょう。

病気の早期発見ができる

診療放射線技師の役割は体に異常がないかを調べる役割です。

改めて考えるとあんまり役割に関して知らないと言われる方が多いんですよ。

病気の早期発見ができるというのは、患者の健康を守るということにもつながります。

あまり重要視されていない部分かもしれませんが、本来であれば病気になる前に早期発見が出来れば一番良いのです。

病気になってしまうと助からない人もいますからね。

自分の大切な人達の健康を守るにはどうすれば良いのかも必須になるため、頑張ろうという気持ちになるんですよ。

画像が取れた時

これ意外と多かったのですが、良い画像が撮れた時やりがいを感じるという人がいました。

画像なんて綺麗に撮れて当たり前ではないのか?という気持ちになるでしょうが、病状によっては中々見えにくいようです。

分かりやすい画像を撮影するのって結構難易度が高いんですよ。

診療放射線技師からすれば写真を撮るというのは当たり前ではあるのですが、医師や患者に診てもらうには病状が分かりやすい方が良いため、そういう意味で良い写真という意味になります。

医師からすればもっと分かりやすい画像を撮ってと言われてしまうこともあるようなので、ボタンをポチポチ押せば良い訳でもないですね。

診療放射線技師というのは本当に縁の下の力持ちと言われるのはそういう所なんですよ。

面白いポイント

面白いポイントについては診療放射線技師だけではないかもしれませんね。

医療系の仕事というのは医療機器が常に進歩していること、また人によってやり方が違うため勉強になるという点です。

意外とこの辺は診療放射線技師だけではないのですが、同じように答える方が多いかったですね。

医療機器が進歩している

医療は毎日進歩しています。

そのため同じことばかりの繰り返しではなく、数年後にはやり方なんて結構変わっていることが多いのです。

現在話題になっている放射線治療も良い例の1つでしょう。

放射線治療はここ最近の話ではあるのですが、放射線治療のように何かしら診療放射線技師にしかできないこともたくさん増えてきています。

医療機器が進歩しているということは勉強しなければいけないことも増えるということにつながるのですが、単純な仕事ではないため自分にとってやりがいにつながるという意見も頂きましたね。

人によってやり方が違う

人によってやり方が違うというのはどこでもある話ですが、撮影に関してそんなに違うのか?というと技術力の差によっては撮り方も違うとされています。

別に下手くそとかそういう意味合いではないのですが、同じものをやっても全然違うものが出来上がるというのはよくある話ですよね。

一般人からしれ見ればどれも同じでは?と思うのですが、診療放射線技師にはその違いがわかり参考になるということが多いそうです。

こういうのを気づくのって結構面白いんですよ。

仕事の幅が広くなりますし、自分の刺激にもなるので自信を付けることにもつながります。

まとめ

診療放射線技師の仕事は現在検査のみではありません。

今は検査しかしていないような所でも、数年後には放射線治療を行っている所もあるかもしれませんよ。

医学というのはいつも同じではないのです。

年々病気というものは変化しているため、徐々にその姿を変えてしまいます。

診療放射線技師の将来性はこれから期待が出来るので、もし診療放射線技師をお考えの方は是非とも放射線治療についても考慮して頂けたらと思いますね。


関連キーワード

診療放射線技師求人

診療放射線技師求人についてもっと深堀りした情報を見る

診療放射線技師の転職を成功させるためにやるべき4個のことと、上手な転職方法を解説します

診療放射線技師で転職する人は絶えません。原因は医療業界にはよくある話です。転職は珍しい話ではないのですが、よほどなことがない限り誰でも転職をしたいなんて思えませんよね。診療放射線技師の転職成功をするためにどうすれば良いのか?診療放射線技師で転職する人は多い?診療放射線技師に限らず転職される方は多いです。理由としては人間関係ですね。実際人間関係に問題があって辞めてしまったという方はいます。診療放射線技師は基本的に男性が多いのですが、近年産婦人科で働いている診療放射線技師もいるのです。女性ばかりの職場だとどうしても人間関係が嫌で辞めてしまうことが多いです。男性がいるとそこまでではないのですが、難し

診療放射線技師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

診療放射線技師とは医師の指示においてMRIやCTなどの放射線を使用する検査のことを指します。病院でレントゲンを撮ってもらったことがあると思いますが、あの仕事ですね。診療放射線技師はまだ知っていると思うのですが、給料に関して高いということは何となく知っている方も多いようですね。今回は診療放射線技師の年収についてご紹介していきましょう。診療放射線技師の給料の相場はどのくらい?診療放射線技師の給料の相場についてですが、平均年収で男性は530万前後、女性は450万前後となります。実は放射線技師の給料って本当に高いのです。医療系を知っている方であれば、診療放射線技師と結婚したいという方は結構いますからね


診療放射線技師求人に関するコラム

診療放射線技師になるには?持っておくべきスキルや勉強しておくべきこと、なり方を解説します!

診療放射線技師になるために必要なことは国家資格を持っていることでもあるのですが、それ以外に重要なことはいくつかあります。どの仕事でも自分が出来ることを必ず把握しておくことは重要ですよ。診療放射線技師として必要なこととはなにか、持っておいた方が良いスキルに関してもお伝え致しましょう。診療放射線技師の仕事ってどんな仕事?診療放射線技師の仕事内容に関してですが、レントゲン検査、MRI検査、CT検査、超音波検査やマンモグラフィーを撮る仕事だと思ってください。主に検査業務ですね。ほとんど機械の仕事になるのですが、機械の仕事だけではなく放射線治療や放射線の管理も行います。患者を誘導したり、多少なりコミュニ

診療放射線技師のやりがいとは?経験者の私が感じる2つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

診療放射線技師のやりがいに関してお話ししておきましょう。まず診療放射線技師のやりがいについてですが、そもそも診療放射線技師とはどんな仕事なのか?それが鍵になってきます。他の仕事以上に成果が伝わりにくいのは、診療放射線技師かもしれませんね。現役で働いている診療放射線技師はどんなやりがいを持っているのか、そのことを理解しておくのも良いでしょう。診療放射線技師の大まかな仕事内容について理解しておこう診療放射線技師はMRI、CT、マンモグラフィなど放射線を使用した検査が主となります。撮ったMRIなどをデータに残して、他の医院に持っていけるようにCDに焼いたりするのが仕事です。最近では放射線を使った治療