診療放射線技師になるために必要なことは国家資格を持っていることでもあるのですが、それ以外に重要なことはいくつかあります。

どの仕事でも自分が出来ることを必ず把握しておくことは重要ですよ。

診療放射線技師として必要なこととはなにか、持っておいた方が良いスキルに関してもお伝え致しましょう。

診療放射線技師の仕事ってどんな仕事?

診療放射線技師の仕事内容に関してですが、レントゲン検査、MRI検査、CT検査、超音波検査やマンモグラフィーを撮る仕事だと思ってください。

主に検査業務ですね。

ほとんど機械の仕事になるのですが、機械の仕事だけではなく放射線治療や放射線の管理も行います。

患者を誘導したり、多少なりコミュニケーションを取る必要はありますよ。

診療放射線技師になるには?

診療放射線技師になるには国家資格が必要ではあります。

ただ免許を取ればそれで終わりという話ではありません。

何が必要になるかのスキルや勉強しておかなければいけないことをお伝え致しましょう。

診療放射線技師になるためにもっておくべきスキルとは?

診療放射線技師になるために持っておいたほうが良いスキルはコミュニケーション能力、パソコンの知識ですね。

この辺は必要最低限ではあるのですが、その他スキルとして注意力と慎重さを持っておくことをおすすめします。

何故この2つが必要なのかというと、医療系の仕事は全て注意力散漫や大雑把にしてしまうと患者の命を救うことが出来ないからです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はある程度必須ですね。

患者に誘導したり、検査の説明を行ったり、次にどういう状況になるのか言う必要があります。

ほとんど来院患者が同じというわけではないので毎日人は変わるのですが、透析内科や場所によっては通院患者が同じ人物という所もあるのです。

筆者は透析内科のクリニックで働いていたのですが、その時他院からアルバイトとして診療放射線技師に月2回来てもらっていました。

通院患者が同じ人なのと、診療放射線技師の人柄が良かったので色んな人から信頼され、また患者も診療放射線技師と親しげに話していましたね。

人によって淡々と勧めたり、他のスタッフに対して横柄な態度を取る診療放射線技師もいましたが、患者の評判が悪く辞めさせろなんていうクレームもあったほどです。

病院など一見さんであればそこまで問題視されるようなことはないでしょうが、ただあまりに対応が悪いと二度とこの病院には行きたくないと思ってしまうこともあるのですよ。

相手が何を求めているかなども重要な判断になるので結構気をつけた方が良いでしょう。

大体検査を受ける時患者は緊張しているのでリラックスさせるようにする、次に何をするのか伝えることも大切です。

パソコンの知識

パソコンの知識は当たり前のように必須であると思ってください。

診療放射線技師の機器自体パソコンを使用します。

そこまで難しいソフトではないのですが、レントゲン写真などのデータを保存したり、CDに焼いたりするので基本的なパソコン知識は必須です。

大体同じことの繰り返しであるためそこまで難しい訳ではありませんが、上手く写真を撮るにはパソコン技術がないと下手くそな写真しか撮れないのでこの辺は慣れておく必要がありますね。

注意力

診療放射線技師に必要なものは慎重さ、そして注意力です。

注意力というのは常に集中している状態を指します。

どの仕事も適当にしていれば良いという問題ではないのですが、診療放射線技師は放射線の量ですね。

当たり前のように使用しているのですが、放射線は人体に悪影響を及ぼすことはご存知でしょう?

機械に注意しておくことも問題なのですが、放射線の濃度に注意もしておかないと患者が被爆してしまう恐れがあるのです。

その他にも撮影時タイミングを間違えてしまうと、病巣が見えない位置で撮ってしまったり見逃してしまうこともあるので常に神経を集中させておかないといけません。

業務のなかで放射線機器の点検を行うのですが、点検って適当にしてしまう人が中にはいます。

一番医療系でやってはいけないことが適当にすることなので、そういう人は診療放射線技師に向かない所か患者や自分自身の健康を危険に晒してしまうでしょう。

勉強しておくべきこととは?

勉強しておくべきことは医療系の知識、パソコン技術などは必須ですね。

パソコン技術自体はある程度慣れれば問題はなくなるのですが、ただ医療系の知識は日々勉強が必要となります。

そしてできれば観察眼を養うことですね。

患者とのコミュニケーションを取る際、診療放射線技師は結構デリケートに接しなければいけないのである程度気をつけておいた方が良いでしょう。

医療知識

医療知識に関してですが、これは診療放射線技師に限った話ではなく全ての医療従事者に言えることでもあります。

何故医療知識が必要であるかということですが、病気や治療方法は毎日変わるものです。

ずっと同じことだけをすればいいというわけではなく、数年後違った治療法や検査が増えていくこともあるんですよ。

医療知識というのは一個のことだけではなく色んな症例などが増えているため、これで良いということはないと思ってください。

常に切磋琢磨していかないといけない状態です。

観察力

観察力を養うことは何故必要なのか?

患者の状態を見ることですね。

結構あるあるな話なのですが、検査に来る患者って不安な気持ちになっている人が多いのです。

まだ血液検査であればマシのようですが、レントゲンとかMRI検査のようなものは不安に感じている人がいるんですよ。

結構閉所恐怖症の人がいるのですが、ちゃんと言えない人もいるので不安になっていたら診療放射線技師が自分から声を掛けるのもありですね。

レントゲンは誰でも撮っていることが多いので大丈夫ですが、やはりMRIなど普段やらないような検査はビビる人はいると思っておいてください。

診療放射線技師の仕事の探し方とは?

診療放射線技師の仕事の探し方についてですが、一押しのサイトや応募するときに気をつけたほうが良いポイントについてご紹介しましょう。

求人サイトなんてどれも同じでは?と思うかもしれませんが、それぞれによって異なります。

同じように見えて実は全然違うんですよ。

仕事以外でもこういうものは下調べをしておかないと上手くいくことはありません。

診療放射線技師の求人情報はココをチェック!

診療放射線バンクがおすすめですね。

https://www.jinzaibank.com/hjb/

何故このサイトをおすすめするのかというと、サービスに対して丁寧な対応を取ってくれるからです。

エス・エム・エスキャリアという大手企業が運営しているサイトでもあり、サービスに関してちゃんとしてくれるという口コミがとても多く実際使った人から話を聞いて対応が素晴らしかったという意見を聞きました。

他にもサイトはあるのですが、何を重視しているかにもよりますね。

応募するときに気をつけたいこと

私が反対におすすめしないのが、祝い金ありというサイトですね。

祝い金ありという謳い文句のあるサイトはとても多いのですが、この祝い金ありというのは曲者であると思ってください。

祝い金というのはその職場に入植した場合、サイトからいくらかお祝い金を利用者に送るというものなのですが、それってサイトからすれば何のメリットがある?ということですよね。

全部とは言い切れませんが、祝い金があるという場所は人気がない職場でもあります。

サイト側としては早くさばきたいという気持ちがあるため、お金を多少出したとしても損をすることはないから利用者に行ってほしいという下心があるのです。

なるべくエージェントがいるような所でお願いするのが良いのですが、エージェントの対応が悪い所は大体祝い金がある場所なので注意してください。

診療放射線技師の仕事に役立つ経験は?

診療放射線技師の仕事に役に立つ経験なんて、どれが役に立つのかというのはわかりにくいものですよね。

基本的に人生生きてきて無駄なことなんて1つもありません。

実はちょっとしたことで意外と役に立つことなんて多いですよ。

診療放射線技師は写真撮影、接客業などをしていた人は診療放射線技師として役に立つことが出来ます。

何故こんなものが役に立つのか?というと、診療放射線技師の仕事内容を考えていくと理解出来るでしょう。

写真撮影

写真撮影というのが何故重要なのか?

実際診療放射線技師の仕事というのは写真を撮影することにあります。

ご存じない方も多いでしょうが、レントゲン検査やMRI検査の写真は適当に撮影しているわけではないのですよ。

写真って普段何気なく撮っているかもしれませんが、何もこだわりがない人だと結構適当に撮っています。

こだわる方であればカメラの向きさえ気をつけていればとか、もう少しこうした方が良いと粘るのです。

診療放射線技師は写真が上手く撮れることにやりがいを持っています。

人によって写真の撮り方が違ったり、感じが変わったりするので難易度は高いですね。

写真を取り慣れている人の方が上手く取れたりするので、見えにくい位置にある病巣をとらえたりすることができます。

何故そんなものが必要なのかというと、レントゲン写真やMRIなどのデータ画像を必要としているのは医師だからです。

医師に判断してもらえるようにわかりやすい写真を撮ることが大切なんですよ。

接客業

接客業のメリットは人馴れをすることです。

診療放射線技師は機械だけの相手ではなく、患者とのコミュニケーションをとらなければいけません。

そこまでがっつりしたコミュニケーションではないのですが、老若男女問わず検査を行います。

人見知りの人だと相手に緊張が伝わってしまうので、不安が患者にも伝わってしまうのです。

接客業はそういう所だと将来的に有利ですよ。

診療放射線技師の転職事情とは?

診療放射線技師に限ったことではないのですが、転職事情は医療系にありがちなことですね。

どちらかというと診療放射線技師はスキルアップをしたいから辞めたいという理由はほとんどないです。

大体は人間関係、結婚退職でしょう。

結婚退職は女性のみに多いことではあるのですが、これはまだ救われる転職事情かもしれませんね。

人間関係

残念ながらどこの医療系の職場でも人間関係のトラブルで辞めてしまうような方は多いですよ。

人間関係というのは基本的に難しいものですが、現在医療系において昔のように派閥などはなくすようにしています。

よくドラマなんかで派閥とかあると聞きますよね?

今は派閥なんかあっても人間関係の方が優先的になっているので派閥はなくなっています。

他の職場はあるかもしれませんが、医療系の仕事は個人プレイではなくチーム医療であると思ってください。

チームで連携を取らないと話にならず患者の命に関わってしまうので、反対に派閥とかパワーハラスメントをしているような人間が問題視されるようになっています。

正直人間関係で辞めてしまうような人はどこに行っても結局同じ末路でしかないんですけどね。

結婚によるもの

一番マトモな理由として結婚によって仕事を辞める人がいます。

共働きで辞めてしまう人もいるのですが、旦那の働く場所などを考慮すると継続出来ないという方が多いのです。

現在は産休や育休制度を考慮する方もいるので、お互いの職場から近い場所に住むという方も増えていますよ。

昔のように専業主婦になりたいから辞めるなんて人は少なくなっていますからね。

ただ子供が理由で辞めたりすることはあるようです。

ある程度認識や理解のある同僚であれば問題ないのですが、中には子供が熱を出したなどの理由で悪態を付く人もいます。

他のスタッフに迷惑がかかるため辞めるという人もいるんですよね。

まとめ

診療放射線技師になるために必要なものは、コミュニケーション能力やパソコン技術は最低限度必要であると思ってください。

若い方であればパソコン技術は学校でも習っているのでそこまで問題ではないでしょう。

問題なのはコミュニケーション能力の方ですね。

病院のように大きい場所であればそこまで問題はないのですが、地域密着型の病院ですとクレームが起きたりするので対応には十分気をつけないといけません。

単純に免許を持っているから偉いわけではないんですよ。


関連キーワード

診療放射線技師求人

診療放射線技師求人についてもっと深堀りした情報を見る

診療放射線技師の転職を成功させるためにやるべき4個のことと、上手な転職方法を解説します

診療放射線技師で転職する人は絶えません。原因は医療業界にはよくある話です。転職は珍しい話ではないのですが、よほどなことがない限り誰でも転職をしたいなんて思えませんよね。診療放射線技師の転職成功をするためにどうすれば良いのか?診療放射線技師で転職する人は多い?診療放射線技師に限らず転職される方は多いです。理由としては人間関係ですね。実際人間関係に問題があって辞めてしまったという方はいます。診療放射線技師は基本的に男性が多いのですが、近年産婦人科で働いている診療放射線技師もいるのです。女性ばかりの職場だとどうしても人間関係が嫌で辞めてしまうことが多いです。男性がいるとそこまでではないのですが、難し

診療放射線技師の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

診療放射線技師とは医師の指示においてMRIやCTなどの放射線を使用する検査のことを指します。病院でレントゲンを撮ってもらったことがあると思いますが、あの仕事ですね。診療放射線技師はまだ知っていると思うのですが、給料に関して高いということは何となく知っている方も多いようですね。今回は診療放射線技師の年収についてご紹介していきましょう。診療放射線技師の給料の相場はどのくらい?診療放射線技師の給料の相場についてですが、平均年収で男性は530万前後、女性は450万前後となります。実は放射線技師の給料って本当に高いのです。医療系を知っている方であれば、診療放射線技師と結婚したいという方は結構いますからね


診療放射線技師求人に関するコラム

診療放射線技師の仕事内容8個の業務。経験者が紹介します!

診療放射線技師の仕事内容って正直レントゲンとMRI、CTを撮るくらいしかしらないという方が非常に多いです。まだ診療放射線技師という名前や仕事内容に関して認知されているだけよいかもしれません。今回は診療放射線技師の仕事や役割に関してお伝えしていきましょう。診療放射線技師は放射線を扱う仕事でもあるのでちょっと危険な仕事でもあると思ってください。診療放射線技師の大まかな仕事内容診療放射線技師の仕事内容ですが、主にレントゲン、MRI、CTを撮る仕事で間違いありません。イメージ通りの仕事ではあるのですが、それ以外にも役割はいくつか存在します。ざっくりとお伝えはしておりますが、単純にボタンを押すだけの仕事

診療放射線技師のやりがいとは?経験者の私が感じる2つのやりがいを感じる瞬間を紹介します

診療放射線技師のやりがいに関してお話ししておきましょう。まず診療放射線技師のやりがいについてですが、そもそも診療放射線技師とはどんな仕事なのか?それが鍵になってきます。他の仕事以上に成果が伝わりにくいのは、診療放射線技師かもしれませんね。現役で働いている診療放射線技師はどんなやりがいを持っているのか、そのことを理解しておくのも良いでしょう。診療放射線技師の大まかな仕事内容について理解しておこう診療放射線技師はMRI、CT、マンモグラフィなど放射線を使用した検査が主となります。撮ったMRIなどをデータに残して、他の医院に持っていけるようにCDに焼いたりするのが仕事です。最近では放射線を使った治療