病棟クラークという仕事をご存知ですか?

近年医療事務同様に人気の高い病院の仕事です。

ただ名前は認知されているものの、病棟クラークの仕事に関してあまり知らない方が多いようですね。

病棟クラークとはどんな仕事なのか?

また病棟クラーク求人の募集内容に関してご紹介していきましょう。

病棟クラークの仕事内容とは?

病棟クラークの仕事は医療事務と似ているのではないか?と言われていることが多いのですが、確かに似ているかもしれませんね。

大まかに言うと医師や看護師のサポートを行うと思ってください。

仕事内容としてはナースステーションでの電話応対、カルテ出し、入院患者の書類手続き、病室などの手配、ベッドルームのプレートや名簿などの作成などを行います。

大きな病院ですと入院病棟に受付があるのですが、病棟クラークが受付をしていますよ。

病棟クラークでよくある募集内容とは? 

病棟クラークの仕事は探せばありますが、派遣の方が多いかもしれません。

もちろん正社員でもあるのですが、地域によっては少ない所も多いようですね。

正直医療事務とそこまで待遇は変わらないと思ってください。

給与相場

給料相場に関してはそんなに高くありません。

15万前後でした。

手取りかどうかは微妙なラインですが、少ない方でしょう。

一般事務職や医療事務と同じような金額であると思ってください。

あまりご存知のない方は病棟クラークって高いのでは?と思っているようですね。

病棟クラークの仕事は事務や受付そのものなので、医療行為に関係するわけではありません。

何故給料が少ないのか?という点ですが、資格がいらない仕事だからでしょう。

勤務時間や休日、残業

勤務時間に関しては多少前後するかもしれませんが、9時~17時半くらいでしょうね。

病棟クラークが人気の理由は、多くの女性が憧れている時間帯の9時~17時だからです。

残業はほぼありませんが、患者の状況によっては全くない訳ではありません。

ほとんど定時で帰れることが可能ですよ。

休日は病院勤務であるため土日祝日が休みです。

場所によってはシフト制度もあるため、一概には言えません。

福利厚生

給料自体はそんなに高くはないのですが、福利厚生はとても充実していますよ。

社会保険、昇給有り、賞与有りなどは多いです。

病院によりますが退職金制度、交通費支給、保育室完備、マイカー通勤可能、産休・育児休暇ありでしょうか。

結構求人を調べてみるとどこの病院でも産休・育児休暇あり、託児所付きは多かったですね。

この辺を考えていくと、病棟クラークは結婚した後でも働けるということが考えられるのでガンガン働きたい方向けでしょう。

病棟クラークは仕事内容的に病院勤務なのですが、看護師や医師の結婚後働けるように産休や育児休暇などを取れるようにしているのです。

現在資格がない仕事で産休・育児休暇を取れない人もいるので、かなり恵まれているほうかもしれません。

求められる人物像

求められる人物は最低条件かもしれません。

パソコン操作が可能な人でしょうか。

他には医療事務、医療秘書などの資格を持っている方という募集も見ました。

ただ絶対ではなくあればでOK、ほぼ未経験者歓迎という所ばかりでしたね。

パソコンを使用する仕事なので、ExcelやWordを使いこなせるようになれば大丈夫です。

強いて年齢制限くらいかもしれませんね。

25~30歳までという所もありました。

状況によって年齢制限は結構あるものです。

年齢制限をする理由としては覚えの良さなど関係してくるからですよ。

40代や50代が不利になる理由はそういう所です。

経験があれば年齢が高くても問題はないでしょう。

病棟クラークのおすすめ求人のポイントとは?

病棟クラークのおすすめ求人ポンとに関しては、パートや派遣が結構多いですね。

正社員もあるのですが、主婦層の場合は派遣でされている方がいます。

資格なしでも可能であるためそこまで難しいことはないかもしれませんが、自分自身働きやすいような環境と福利厚生に関してはチェックしておくことが重要ですね。

勤務曜日などをチェックする

シフト制度の場合は月9~10日の休みと記載されていました。

このシフト計算ができない人もいるのですが、大体1週間に2日休みが取れるというものですね。

他には土日という所もあるので、子供がいる人だとどのような休みが良いかは決めておく必要が高いですよ。

一定の休みがあればありがたいのですが、土日祝日だと病院が開いていません。

その辺左右されると考えておきましょう。

病院の口コミを調べる

病院の口コミに関してですが、口コミは調べておいた方が良いですよ。

どういう評判なのかは見ておいて損はありません。

そもそも病院と言っても何が有名な病院かによって大きく異なります。

例としては寝たきり患者が多い、救急外来、地元で人気があるなどでしょうか。

病院の口コミってそれだけでも違うものなんですよね。

患者目線で記載されているのですが、患者からでも分かるくらい病院というのはカラーが出ます。

もちろん良い所ばかりある訳ではないですけど、何事もまず調べておくことは大切ですよ。

託児所ありや産休制度などがある所をチョイス

近年結婚後働くという女性は多くなっています。

託児所あり、産休制度ありな病棟クラークも多いのですが、全部が全部完備されている訳ではありません。

子供がいる人だと中々働きに出れないという人もいますが、託児所ありな場所であれば気軽に働きやすいですよね。

別に正社員だけではなく、パートも募集しているのでその辺は上手くやっていくのもありでしょう。

ただ正社員の場合は残業がネックになってしまうため、あえてパートや派遣にと考える人もいます。

できる限り自分に無理のないようにするのが一番ですからね。

病棟クラークの仕事についてよくある疑問

多くの方が病棟クラークの仕事について疑問を持たれているようです。

名前は知っている方が多いのですが、実際の認知度と言えばそこまでですからね。

例として医療事務や看護助手と似たような仕事ではないのか?と考えている方が非常に多いです。

細かい部分までお伝えしてきましょう。

医療事務と病棟クラーク

医療事務と病棟クラークの違いに関してですが、医療事務は病院の会計窓口がメインであることです。

病棟クラークは病棟のナースステーションという違いがあります。

医療事務で有名な仕事というとレセプトですが、病棟クラークはレセプトは行いません。

入院感がのカルテなどの整理をしたりする、医師や看護師から頼まれたことを遂行するなどでしょうか。

アシスト的な感じではあるものの、病院での役割は大きく異なります。

病棟クラークはお金の処理を行いませんからね。

ただクリニックなどの規模が小さい場所であれば、医療事務が病棟クラークの役割も兼ねていますよ。

看護助手と病棟クラーク

病棟クラークと看護助手との違いに関しても疑問に持たれていることが多いです。

医療事務とであれば違いは分かりにくいかもしれませんが、看護助手との違いは明白でしょう。

看護助手もアシスタント業務ですが、入院患者の食事の介助や医療器具の管理など、最も看護師に近い位置にいます。

反対に病棟クラークはそのような仕事は出来ませんし、やっている仕事は事務作業なので全然違いますよ。

病棟クラークって何人でやってるの?

病棟クラークは同僚が少ないということですね。

病院の規模によっては人数が少なすぎることもよくある話なのです。

酷い所だと病棟クラークが1人しかいないという所も多いですよ。

同僚が少ないということは、シフト制度の場合だと休みにくいことを意味しています。

シフト制ってそういう所が厄介なんですよね。

希望シフトがなければ良いのですが、希望シフトがあっても他のメンバーとの兼ね合いによって譲らなければいけないなんてこともあります。

ただこれはよくある話ですね。

筆者自身もありました。

他の人と被らないようにしたり、支障がないような日付を選んで休み希望を出していましたよ。

繁忙期ってあるの?

外来と異なり繁忙期というものはあるのか?と言われると難しい所ですね。

基本的にはあってないようなものかもしれません。

強いて言うなら夏休み期間、冬休みや春休み期間でしょうか?

入院する患者というのは、何も突発的に病気になるわけではありません。

実例として頭に腫瘍があるがすぐに切除するレベルではないため、患者の日程に合わせて手術日を決めるというケースも多いんですよ。

そういう場合だと大体長期休暇期間になります。

入院患者が多くなるという訳ではないのですが、入れ替わりが多いのはそういう時期ですね。

夜勤あるの?

病棟で働くため夜勤はあるのか?という疑問を持たれている方もいました。

基本的には日勤、土日休みが多いのですが、産婦人科や救命救急の場合は夜勤あります。

病棟の種類によって大きく変化するため、夜勤が絶対ない訳ではありません。

産婦人科、救命救急は24時間体制ですからね。

その辺は必ずチェックしておきましょう。

病棟クラークになるための必要なスキル

病棟クラークになるための必要なスキルなんてそもそもいるの?と思うかもしれませんね。

病棟クラークの募集要項を見ていると、未経験歓迎と記載されている所が多いです。

確かに未経験でも可能は可能なのですが、全く何もできなくて良いという訳ではないことは理解しておいてください。

コミュニケーション能力

病棟クラークの役割に関してですが患者、医師、看護師など他のスタッフと連携を取らないといけない仕事です。

基本的に医療関係に関してはコミュニケーション能力は必要最低限の能力であるため、必ずないといけません。

自分1人でする仕事ではなく、医師や看護師のサポートを行います。

他の人に仕事を依頼することもあるため、コミュニケーションは積極的に取る必要はありますよ。

また入院患者の家族ともコミュニケーションを取らなければいけないため、気配りができる人が好ましいですね。

誰でも入院する時って怖くないですか?

少なからず緊張することは間違いないでしょう。

自分では普通にしているつもりでも、ホスピタリティは重要であると思ってください。

パソコン

パソコンスキルは必須ですよ。

書類作成などをしなければいけませんし、医療事務の経験あり優遇と記載されている所はそういうことですね。

カルテの管理などを行いますし、紹介状や患者の検査データなどもまとめないといけません。

Word、Excelなどは現代の若い学生さんであれば問題ないでしょう。

筆者は医療事務をしていたことがあるのですが、実際そこまでパソコンが出来る訳ではありませんでした。

仕事をしてから少しずつ習うようになったという感じですが、覚えれば何とかなる程度なので難しいことはないですよ。

医療の知識

医療知識は必ず持っておいた方が良いですね。

病棟クラークは看護助手と異なり、医療に携わることはありません。

最低限自分が担当している方の病気を調べておくことは大切ですよ。

病気を事前に知っておくことで、次にどういう行動を移せるのか先読みが出来ます。

事務処理

この辺は医療事務にも同じことが言えるのですが、事務処理作業を確実にこなせる能力は付けておきましょう。

基本的に医療系の場合はミスが許されません。

看護師だけではなく、病棟クラークにも同じことが言えます。

何故事務処理能力が必要なのかと言うと、患者のデータを正確に入力したり、書類の打ち間違いがあったら医療ミスにつながるからです。

早ければ良いものではないのですが、仕事の要領次第かもしれません。

紹介状の準備なども必要になるため、至急で用意してと言われることもよくありますよ。

正直事務仕事が向いていない方は、病棟クラークは向きません。

他の仕事と異なりミスが許されないので、ぼんやりとしているような方は止めておいた方が良いでしょう。

まとめ

病棟クラークの将来性に関しては、間違いなくありますよ。

オートメーション化が進む中、病院関係に関してはなくなる事などありえません。

医療は今現在も発展は進んでいるものの、いつ何時病気になるか分からないものです。

病棟クラークの役割は医師や看護師がスムーズに仕事をしやすいようにしています。

今後も病棟クラークの需要は増えていくでしょう。