臨床工学技士という職業にそもそも夜勤はあるの?と、思う方も多いですよね。

確かに臨床工学技士で、夜勤をしているという施設は「今は」少ないのが現状です。

ただ、これからは24時間体制での技士の需要が増えてきています。

ちなみに私は臨床工学技士として10数年働いており、夜勤経験もあります。

夜勤の実態や、やってみてつらかった点など、経験を下にお話ししていきます。

私が臨床工学技士という職業を選んだきっかけは?

私は子供の頃から漠然と、病院で働くことに憧れがありました。

でも知っている医療職と言えば、はお医者さんと看護師さんだけ。

高校時代「臨床検査技師」を知った流れで、似たような名称の「臨床工学技士」の存在をようやく知ります。

まだ新しい資格で、求人もたくさんあることを知り「臨床工学技士いいね!」という現実的な理由がきっかけでした。

臨床工学技士の夜勤の実態とは?

まだまだ知られていない、臨床工学技士の夜勤の実態は・・・一言で言うなら「やりがいは特大!でもきつさも特大!」です。

業務内容によりますが、スタッフが少ないことが多いので、夜勤への負担が大きいのです。

仮眠もありの「当直勤務」

当直勤務は、少しづつコメディカル(医師以外の医療スタッフ)に広がってきています。

当直は、日勤が終わった後そのまま夜間を預かる役割です。

仮眠室が与えられ緊急呼び出しに対応するので、何もなければ仮眠が取れます。

臨床工学技士の業務内容としては、ほとんど何でもあり状態です。

院内スタッフも夜間は少なく、困ったことはとりあえずという感じで連絡が来るので知識と経験が必要です。

勤務時間が夜間にシフトする「交代勤務」

当直と違って、勤務時間がそのまま夜間にシフトした勤務です。

2交代勤務だと12時間勤務、3交代だと8時間勤務です。

当直と違い仮眠は取れず、日勤と同じ業務を夜にも行うという感じです。

日勤よりは業務量は減りますが、なんでもあり状態なのは同じです。

また、透析施設でも夜勤を行っていることがあります。

患者さんが仕事の後に「夜間透析」をしているためです。

この場合は「人工透析業務」のみに業務が限定されるため、安定した業務量となります。

不在を預かる「呼び出し体制」

厳密には夜勤ではありませんが、夜間や土日の緊急呼び出しというものがあります。

これは多くの施設が採用しており、緊急対応のために「呼び出し体制」を取っています。

もしくは、夜勤だけでは対応しきれなくなった時の、補充要員という役割もあります。

臨床工学技士の夜勤で辛かった3つの経験とその解決方法とは?

私が実際に夜勤をしてきたのは、合計で10年ほどになります。

臨床工学技士としては、かなりたくさんの経験をしてきたと思います。

その中で辛いと感じたこと、その解決方法をまとめてみました。

スタッフが少なく業務量が多すぎる

臨床工学技士はそもそもスタッフ不足気味なので、夜勤はさらに不足状態です。

次々に舞い込んでくる依頼を、待ってもらいながら片づけなければなりません

緊急度や業務量を考えながら、優先順位をつけて複数を同時進行することばかり。

もちろん命に直結する仕事で、ミスは許されません。

これだけ頑張っているのに「対応が遅い」と言われることもあり、なかなかつらい立場です。

その解決方法とは?

頑張った分手当は良いです。

スタッフが少ないのは、もはや個人ではどうすることもできません。

しかし、各施設もスタッフを増員して負担を分散してくれようとしています。

現場に貢献することで、臨床工学技士の地位を地道に上げていくことが必要です。

そしてモチベーションが維持できる理由として、きつい分手当はかなり良いです。

体力に自信がある人は、バリバリ働いて稼げると思います。

「この連休には良い温泉旅館行こう!」と、ご褒美予定を入れて頑張っていました。

業務量もだけど業務範囲広すぎ!

あまり関わりのない部署から依頼があるとピンチです。

全く見たことのない装置のトラブル対応も日常茶飯事です。

元々、臨床工学技士が対応する業務範囲というものが曖昧です。

日中なら誰かに相談できることも、夜は自分だけ。

そして向こうは「何でも知っている機械のプロフェッショナルだ!」という期待のこもった目で私を見ています。

「・・・取扱説明書はありますか?」と聞いた時の視線が辛いです。

その解決方法とは?

一生勉強の姿勢は大切!

そして経験は宝です。

自信をつけるには、1にも2にも学習が必要です。

いつもの業務をしていても「お?これは何だろう?」とか「これはどういう仕組みだろう?」と疑問を持つことが大切です。

また、それぞれの得意分野の勉強会開き、知識向上を目指しています。

そして、自分の経験は宝物です。

全てを解決できる必要はなく「最低限の安全を確保して対応する」というスキルが身についてきます。

無理して体調を崩す不規則勤務

交代勤務は日勤者より休日が多く設定されています。

それでもやはり、不規則な勤務は身体にしんどいものです。

勤務と勤務の間が8時間しかないこともあり、睡眠や食事が疎かになりがちです。

そして、もし体調を崩したら?

誰かが代わりに出勤しなければなりません。

日勤ならまだしも、急に「夜勤して」というのも大変だし、さらに他の人にも影響が出ることもあります。

責任感のある人が多いので、「少しくらい」と無理を重ねてしまうのが大変なところです。

その解決方法とは?

体調管理は必須、休日と勤務のメリハリが大切です。

体調管理は自分しかできません。

不規則な中にも、自分のリズムを作ることが大切です。

睡眠時間は、人によって必要な長さが違うので、自分に必要な時間を確保しましょう。

そして、急な体調不良は仕方ありません。

無理をして悪化した方が迷惑をかけます。

日頃から同僚との関係を良くしておきましょう!

ちょっとくらいお互い様!と快く勤務変更できると、気持ち的にも楽です。

まとめ

臨床工学技士の夜勤の実態、かなりリアルな現状を書きました。

こんなしんどいなら嫌だ、と思った方がいるかもしれません。

でも、しんどいばかりなら私も10数年続けられていないと思います。

しんどい分、やりがいがあり、必要とされるからこそ続けてこられました。

私の経験ですが、同じ医療のプロに認められることってなんとも言えない嬉しさがあります。

新人の頃は怖かった師長さんに「ありがとう!さすがCE(臨床工学技士)さん!」と言われた時は、得も言われぬ嬉しさが込み上げてきました。

そんな経験を繰り返して、今では後輩がそんな経験ができるようサポートする立場になっています。

自分がしんどかったからこそ、これからの現場をより良くしようと言う先輩たちがたくさんいるので安心してくださいね。


関連キーワード

臨床工学技士求人

臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

こんにちは。今回は臨床工学技士の転職についてのお話です。転職をする際何をしたらいいのか、どんなところに気をつけたらいいのか、転職で後悔しないための選び方を私の体験を踏まえてご紹介させていただきたいと思います。臨床工学技士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良いところ悪いところを見つけることでしょう。では、実際どのような転職先が良いのかご紹介させていただきます。会話がある職場職場は仲が良すぎてもダメですし、逆に悪すぎてもダメです。公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良いのではないでしょうか。私が見学を行った際、A病院は患者さんから機械

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。臨床工学技士の仕事内容とは?まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。仕事内容は就職先によってさまざまで


臨床工学技士求人に関するコラム

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、すでに臨床工学技士として業務経験のある人材を、会社が採用することです。要するに今働いている病院から他の病院へ移ることを意味します。転職と同じような意味合いで用いられるため、医療業界で中途採用は余り使用しないことが多いです。では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事として病院で働いています。企業やクリニックで働く人もいますが、一般的に多い病院で働いている場合を話していきます。

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。実際に転職した経験があるため、リアルな転職事情をご紹介できると思います。これから転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?では、臨床工学技士として転職する年齢から話をすると、20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。それは、30代になると転職先の職場で教育が難しかったり、周りの職場内でのコミュニケーションがとりにくくなるからです。実際に転職したら、明らかに自分よ

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな思いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。なかなか待遇やお給料の話って、聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かといって譲れない大切なポイントでもあります。そこんとこ実際どうなの?就職活動ではいい話しか聞かないけど?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較的新しい

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ