就職活動で、一番不安なことは面接活動であるといわれています。

そのため、現役で働く臨床工学技士が面接で聞かれる内容と、それに対する考えや注意点を紹介します。

臨床工学技士の仕事内容

臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理装置を操作したり、医療機器を運営することが主な仕事です。

就職先によって仕事内容は変わりますが、大半の人は総合病院へ就職します。

臨床工学技士の採用面接で聞かれる6個のこと

採用面接では、人事採用において、志願者がどんな人か判断する材料として必ず行われます。

臨床工学技士は、医療従事者であるため、他のサラリーマンに比べて少し特殊なことを聞かれるケースがあります。

医療従事者として気を付ける点を教えてください

病院に就職することで、学生から医療従事者となるため、責任意識が問われます。

一般のサラリーマンには聞かれない内容で、医療に関する知識や臨床現場を経験していないとスラスラと言葉が出ないことが多いです。

受け答えのコツ

養成校で培った医療倫理の知識や、臨床実習で身に付けた経験を活かし、自分の医療に対する思いや覚悟を伝えましょう。

綺麗ごとを伝える必要はなく、責任のある仕事にどれだけ気を付けていけるか伝えることが大切です。

なんで臨床工学技士になろうと思ったのか?

これは、定番でありよく聞かれる内容です。

未だに臨床工学技士の知名度は決して高くありません。

そんなマイナーな職業だからこそ、自分の思いをぶつけるチャンスと考えてください。

受け答えのコツ

理由を明白に伝える。

「就職活動が楽そうだから。」「国家資格を持ってるとっ将来安泰だから。」など馬鹿正直に話す必要はありません。

あくまで、医療従事者として臨床工学技士の特徴を捉え、自分が如何に臨床工学技士に向いているか伝えることが大切です。

親が医療従事者だから目指している学生も多いでしょう。

しかし、きっかけはどうであれ、自分が目指す臨床工学技士の理想像を描き、今後どうやって理想に近づけるか、具体的に話すと良いでしょう。

なぜここの病院を選んだのか

これも鉄板の質問です。

病院は、全国に数多く存在しており、就職先の選択幅はかなり広いと言えます。

特に臨床工学技士は、需要も多くあるため全国どこでも働くことは可能です。

その中でなぜここの病院を選んだか、理由を知ることで採用の判断基準になります。

受け答えのコツ

就職したい病院の特色を理解して面接に挑みましょう。

病院は数多くありますが、必ずそこには特色が存在します。

何個でもいいので特色を述べて、それに対する自分の思いを伝えましょう。

例えば「貴院では呼吸器業務が盛んであり、私は3年後までに呼吸器の専門的な知識や経験を積みたいと考えているからです。」など具体的に伝えましょう。

いずれ地元へ帰る予定はありますか?

これは、地元と就職先が離れていた場合に聞かれることがあります。

出身地ではない県外で就職すると、いずれ地元で再就職することを視野に入れているか質問されます。

一般的にUターン転職と言われており、多くの人が地元で働くメリットが高いと感じています。

しかし、病院では採用した人がすぐに辞めていった場合、せっかく育てたマンパワーがすぐに失われると考えます。

ずっとこの病院で働いてくれた方が戦力として確保され、人件費の削減にもつながるためです。

受け答えのコツ

正直に、何年後に地元へ転職することを伝えるのは絶対ダメです。

基本的には、Uターン転職する意思がないことを伝えましょう。

ただ、院外への活動は積極的に行うことや、やりたいことを見つけ意欲的に勉学に励むことを伝えれば大丈夫です。

学生時代に、どんな活動をしましたか?

学生時代で、部活動やアルバイトなどの経験を基に病院でどのように活かしていくか把握するために聞かれます。

また、人選する上でどんな人物か、性格や行動力までも把握できる質問といえます。

受け答えのコツ

自分を客観的に捉え、どのように生きてきたか振り返ってみるといいでしょう。

そして、具体的にどんな活動をして何を得られたか考えて、その事実を伝えましょう。

何もしてこなかった人生などありません。

どんな些細な事でもいいので、学園祭や修学旅行でのイベントでもいいので病院で働く際に活かせると思ったことを考えましょう。

臨床工学技士としてどう働きたいか

臨床工学技士としての心構えや理解度を問われます。

臨床現場では、責任の問われる重要な仕事内容が多くあります。

そんな中で、学生気分であると医療事故や医療過誤が起こります。

どれだけ重要な職業であるか理解しているかどうか判断できる質問といえます。

受け答えのコツ

まず、臨床実習を思い出し、臨床工学技士が実際に働いていた情景を思い浮かべます。

そこで、自分も医療現場で働く姿と照らし合わせ、医療や患者に対する思いを伝えましょう。

例えば、エビデンスに基づく医療を提供したいのであれば、どのようにしてエビデンスを獲得するか具体的に伝えましょう。

臨床工学技士の採用面接での注意点

採用面接における注意事項は、一般的なサラリーマンと変わりません。

服装

リクルートスタイルで、清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

病院では、特に爪や髪色、髭などを気を付けましょう。

自分に嘘をつかない

たまに、インターネットで書いてある例文をそのまま伝える人がいます。

その場合、必ず面接官に見抜かれて本人の人間性が分からないため採用されないことが多いです。

多少間違った事でもいいので自分の言葉で偽りのない事実を伝えましょう。

時間を守る

社会人として時間を守ることはとても大切です。

自分が時間にルーズだと自覚している人は、臨床工学技士に向いていないでしょう。

時間に間に合わなかったせいで、患者に被害を与えてしまうこともあるため、医療従事者にはなって欲しくないです。

何か質問がありますか?に対して「特になにもありません」

面接において、必ず逆質問をされます。

これは、自分のアピールポイントを向上させるチャンスのため、必ず質問をしましょう。

例えば、自分のスキルを臨床工学技士に活かせるかどうか、新人の教育カリキュラムの構成なども聞くといいでしょう。

まとめ

臨床工学技士の採用面接では、特殊なことを聞かれるため、臨床実習で如何に将来自分が働くことを想像できるかが大切です。

自分の将来や、臨床工学技士に対する思いを伝えれば、問題ないでしょう。

人間性は人それぞれです。

仮に採用面接で落ちても、原因と対策を練って、最終的にはこの病院とは相性が悪かったと思って次に活かしましょう。


関連キーワード

臨床工学技士求人

臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

こんにちは。今回は臨床工学技士の転職についてのお話です。転職をする際何をしたらいいのか、どんなところに気をつけたらいいのか、転職で後悔しないための選び方を私の体験を踏まえてご紹介させていただきたいと思います。臨床工学技士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良いところ悪いところを見つけることでしょう。では、実際どのような転職先が良いのかご紹介させていただきます。会話がある職場職場は仲が良すぎてもダメですし、逆に悪すぎてもダメです。公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良いのではないでしょうか。私が見学を行った際、A病院は患者さんから機械

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。臨床工学技士の仕事内容とは?まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。仕事内容は就職先によってさまざまで


臨床工学技士求人に関するコラム

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、すでに臨床工学技士として業務経験のある人材を、会社が採用することです。要するに今働いている病院から他の病院へ移ることを意味します。転職と同じような意味合いで用いられるため、医療業界で中途採用は余り使用しないことが多いです。では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事として病院で働いています。企業やクリニックで働く人もいますが、一般的に多い病院で働いている場合を話していきます。

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。実際に転職した経験があるため、リアルな転職事情をご紹介できると思います。これから転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?では、臨床工学技士として転職する年齢から話をすると、20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。それは、30代になると転職先の職場で教育が難しかったり、周りの職場内でのコミュニケーションがとりにくくなるからです。実際に転職したら、明らかに自分よ

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな想いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。待遇やお給料の話って、なかなか聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かと言って譲れない大切なポイントでもあります。就職活動では良い話しか聞かないけれど、実際がどうなっているのですか?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ