臨床工学技士の転職率は比較的高いです。

転職と言っても、臨床工学技士から看護師に職業を変更する人は少なく、現在働いている勤務先の病院を変える人が多いです。

将来を見据えて、転職することによるメリット・デメリットをしっかり考え、自分にとって最善の道を選ぶ必要があります。

では、臨床工学技士の転職する理由を徹底解説していきます。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「臨床工学技士」の仕事例をチェック

臨床工学技士の離職率ってどれくらい?

臨床工学技士の統計データは存在しませんが、経験と周りの口コミからすると10%ほどになります。

医療・福祉(介護)分野の離職率は38%と高いため、臨床工学技士の離職率は比較的低めだと言えます。

離職率が低い理由は様々ですが、転職活動に費やす労力を考えると現状維持で満足してしまうというのも考えられると思います。

また、職場環境が良いところの離職率は非常に低く、求人を出すことが滅多にありません。

そのため、転職したら職場環境が悪化するというリスクを考えてしまい、行動に移せない人は多いです。

転職するにあたってリスクは当然伴います。

とは言っても、事前にしっかりリサーチして実際に職場見学をすることで、少しでもリスクを軽減できます。

臨床工学技士の転職理由には何がある?

理由もなく転職する人はいません。

何かしらの理由があるから転職するのです。

転職する理由は、人によって価値観が異なるため周りから否定されたり妬まれたりすることもあります。

入職して1年も経たずに転職する人もいれば、30代後半になって転職する人もいます。

周りの意見に流されず、自分の信念を持って行動することが大切です。

実際に転職した人の体験談や口コミの情報を基に、転職する理由を一つずつ紹介していきます。

人間関係が劣悪

人間関係を変えたいから転職するという人が一番多いです。

待遇の良し悪しは病院によって多少変わりますが、人生の大部分を占める仕事の職場環境ほど、幸福度に影響を与えるものはありません。

人間関係が悪くても上手に順応できる人もいれば、嫌な上司が多い中で働くと自分に不利益だからと転職する人もいます。

職場の雰囲気が悪くても、対応しようと自ら努力することが大切です。

なぜなら、転職先の職場の雰囲気は実際にしばらく働いてみないと分からないからです。

それでも、高圧的な態度を取る上司がいるために離職率の高い職場もあります。

職場の見学先の上司と実際に会話をしてみて、今の職場よりも良い環境だと確信したのならば、すぐに行動に移すべきでしょう。

私は職場環境が原因で転職したわけではありませんが、上司の教え方が冷たい職場から丁寧に教えてくれる職場に転職しました。

気付かない内に精神的ストレスがかかっていたのか、転職してからは日常的に心の余裕を取り戻せたと感じています。

最近ではこのような隠れた精神的ストレスに対して「ストレスチェック」といった簡単なアンケートを実施することが推奨されており、定期的に行っている施設が多いです。

このアンケートでストレスが溜まっていると診断された場合、何かしら対処することが大切です。

我慢し過ぎて倒れてしまっては大変ですので、精神的なストレスの対処法の一つとして転職はありだと思います。

キャリアアップのため

30歳を目前にして、今のキャリアのままで将来大丈夫かと不安になる人は多いです。

そのためほとんどの職業において、20代での転職率が高い傾向にあります。

臨床工学技士も例外ではなく、キャリアを積んで目標に向かって成長していくことがとても大切です。

これからの時代は自分の付加価値を見出しアピールしなければ周りに埋もれてしまい、どこで働いても頼られず存在価値が低くなってしまいます。

同じ病院でずっと働いていると、業務内容の拡大が無い限り一定の業務しか経験できません。

偏見になるかもしれませんが、いくつもの病院を渡り歩いた臨床工学技士は優秀な人が多いです。

恐らく決まった業務をするにしても、経験による応用力の差があるからなのでしょう。

キャリアアップの方法は、積極的な演題提出やセミナーへの出席、転職が重要な要素となります。

では、なぜ転職がキャリアアップに繋がるのでしょうか?

もちろん、転職したら必ずキャリアアップするとは限りません。

努力によって転職に成功した場合にのみ与えられる特権です。

今まで経験することができなかった業務が転職先にある場合、新しい業務を覚えることができます。

そうすると、新しい業務内容が自分の性格に合う可能性や、他の業務でも活かせる部分があるなど思わぬ発見が得られます。

そうして応用を利かせることで、キャリアアップに繋げることができます。

ここで大事なのは、日頃の業務内容を頭で考えて行うことです。

最近では、ルーチン業務や簡単な業務はほとんどマニュアル化されており、マニュアル通りにやれば誰でもできてしまう環境が見受けられます。

マニュアルに沿った業務でも、自分の頭で考えて行動し疑問に思ったら納得いくまで追求し、日々の業務で自分の成長の糧にすることが大切です。

最近は調べたいことはインターネットですぐに解決できるため、自分の頭で考える機会が減っています。

転職することでキャリアアップできる人は、頭でしっかり考えて行動できる人です。

転職先で同じ業務内容があっても、マニュアルや業務の質の違いがあるため、臨床工学技士のキャリアに良い影響を与えてくれます。

興味のある業務に携われない

臨床工学技士には様々な業務内容があります。

人によってそれぞれ向き不向きがあり、病院によってローテーションでシフトを回している場合や固定している職場もあります。

学生の内は携わりたい業務内容がはっきり確立していないことが多く、社会人になって初めて臨床現場を経験して模索していく人が多いです。

もし興味を持った業務があれば、徹底的に追求することが大切です。

興味のある業務に携わることができない場合、思い切って転職することも解決方法の一つであると思います。

例えば、透析クリニックで透析業務しか携わっていなかったけれど、ME機器管理業務や心臓カテーテル業務に興味がある場合、総合病院に転職することになります。

ですが、総合病院へ転職する場合は、若い20代前半の内に転職することをおすすめします。

総合病院で新しい業務を覚えてもらう時、転職してきた新人が指導者よりも年上で経験年数も長い場合、互いに気まずさを感じることになります。

仕事だからと割り切ってしまえば問題ありませんが、年齢が若い方が吸収力も高く成長に期待が持てます。

転職に成功するためには年齢が若い方が良いと思います。

そのためにも、病院に就職したら自分の興味のある業務を見つけることを目標とし、日々勉強をすることが大切です。

精神的ストレスに耐えられなくなった

臨床工学技士は高度医療機器の管理や操作、呼吸器の設定など患者の命に直結する業務が多く、常に神経を使います。

集中力には限界がありますが、何時間も集中する必要があるため、とても体力が削られます。

特に緊急性の高い症例では、臨床工学技士としての知識・経験に加えてチーム医療としてのコミュニケーション能力も必要になります。

透析業務でもチーム医療は求められますが、精神的な負担が積み重なることが多いと感じています。

透析の患者さんには認知症や気難しい人が多く、対応に悩むことがあります。

一回の透析に長い時間を要するため患者さんと接触する時間も長く、気力や体力を必要とします。

患者さんから文句や愚痴を言われることもあり、聞き流すよう心がけていても気付かない内にダメージが蓄積されていきます。

やがて耐えられなくなり、他の業務への移動や転職を選ぶ人も少なくありません。

大きな病院に勤務する場合、救急患者が運び込まれてきます。

一刻を争う緊迫した状況で、臨床工学技士はできることを率先して行います。

人工呼吸器の操作をはじめ、生命維持装置などの操作や点検に追われます。

医療の現場では、患者さんの命を救うためミスが許されない状況で仕事をしています。

責任重大でプレッシャーがかかるため、精神的に耐えられなくなる人もいます。

また、救急指定病院では24時間体制に伴う残業や夜勤、待機制度などがあるため体力的な負担が大きいです。

医療は、身を削って如何に献身的に患者に接することができるかどうかによって向き不向きが分かれます。

自分の身を削ってでも患者を守る姿勢が、医療従事者の鑑だと言えます。

患者さんと接するより機械に触れている方が好きな人は、臨床現場には向いていないかもしれません。

結婚するために引っ越し

臨床工学技士が転職する理由として、結婚が挙げられます。

結婚は、人生において重要なターニングポイントです。

パートナーと共に人生を歩むため、ライフプランを一緒に考えて転職することがあります。

お互いどちらかの地元へ引っ越して生活する人も多いと思います。

そうなると、場所によっては就職先も限られてきます。

反対に就職先を優先させ、互いに縁もゆかりもない土地に行くと「地元が良かった」と後悔することになるかもしれません。

優先事項を確認し、パートナーとよく話し合って決めるようにして下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

臨床工学技士の仕事でよく聞く不満

臨床工学技士の先輩や同期がよく言う不満をいくつか紹介します。

医療従事者は、常に不満と隣り合わせであるため、愚痴を話していると朝になっていた、なんてこともあります。

それだけ医療の世界は、患者に優しくスタッフに厳しいということです。

給料が安い

これは昔から問題となっており、ほとんどの医療従事者が不満を抱いていることでしょう。

特に、ブラック病院と呼ばれるサービス残業が多い職場では、その不満から辞めていく人が後を絶ちません。

献身的な業務を行っていても、それ相応の給料が貰えないと不満も募ります。

サービス業なので仕方ない部分もありますが、普段の努力が給料等の目に見える面で反映されれば、モチベーションの維持に繋がるのではと思います。

受け身の姿勢では評価に繋がらないため、学会発表やセミナーの講師などを積極的に行い、休日に院外で活動する必要があります。

幸い臨床工学技士の世界は狭いため、良い評判は瞬時に広がります。

そのため周りよりも早く的確に行動した方が、人脈を作り将来成功できる可能性が高くなると思います。

連休が取れない

一般の会社あれば、祝日が休みの場合が多いのではでないでしょうか。

しかし臨床工学技士をはじめとする医療従事者は、祝日出勤が当たり前です。

病院には患者さんがいるため、「祝日なので休みます」は通用しません。

そのためゴールデンウィークやお盆休み、年末年始は出勤するため連休が少ないです。

特に透析業務は日曜日以外休日がなく、マンパワー不足にならないようにスタッフは連休が取りにくい状況となっています。

近年の有給取得率が悪いと問題になっており、シフト調整や補充要因の確保が課題として挙げられます。

そして、休みがないのは待機制度がとても大きな関わりを持っています。

待機制度とは、休みの日に患者さんに緊急的な治療が必要となったため、病院に呼び出しをされることです。

暗黙のルールとして、呼び出しから20分~30分以内に出勤しなくてはいけません。

それだけ患者の容態は一刻を争う緊急事態であるということです。

特に心筋梗塞による緊急心臓カテーテル検査は、一分一秒でも早く治療しなければなりません。

休みの日に病院に呼び出された場合、次の日の出勤でも体の疲れが残っていることはよくあります。

深夜に呼び出された場合は正直辛いですが、患者の命に関わるため泣き言を言ってはいられません。

待機手当は1日で1,500円~3,000円と安く割に合わないため、不満を訴える声も多いです。

待機制度がない病院へ転職すると、しっかりとしたワークライフバランスが取れるようになるでしょう。

キツい時もあるけど、でもやっぱりやりがいがありますよね!

養成校の時には想像できなかった臨床の現場の厳しさを感じていると思います。

理想と現実のギャップに折り合いをつけられるかどうかで、この先臨床工学技士としての人生が変わります。

時間がかかるかもしれませんが、ある日を境にやりがいを感じられるようになります。

それは、患者さんに有益な医療を提供できたと確信した時です。

患者さんに「ありがとう」と笑顔で言われた時は、心から臨床工学技士になって良かったと感じます。

まとめ

臨床工学技士の転職する現状や、不満の数々を紹介しました。

臨床の現場は、想像以上に厳しく耐えられるか不安になることも多いでしょう。

そんな時は周りの先輩や同期に相談し頼ることが非常に大切です。

迷惑だから頼りたくないという人より、周りをどんどん頼って生きていく人の方が、人間として成長できます。

臨床工学技士も同じで、養成校で習う机上の知識は通用しないと自覚し、先輩から有益な情報を吸収していくことが大切ですね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

臨床工学技士の中途採用とは、業務経験のある人材を病院が採用することです。転職と同じ意味合いで用いられることが多いです。この記事では、転職をお考えの方向けに、実際の臨床工学技士の求人について詳しく解説していきます。臨床工学技士に採用されるために知っておくべきことについてもお話しさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。あなたの転職を成功させるためにぜひ最後までご一読いただけたらと思います。臨床工学技士の中途採用をしている病院ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事としています。

臨床工学技士が30代で転職するのは難しい?転職理由や気をつけたいこと教えます!

臨床工学技士として働く30代の方で、現在働いている職場に不満を持っている人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はそんな臨床工学技士の転職事情を徹底解説していきます。30代の臨床工学技士の転職は難しいのかもと諦めてしまっている方も、これからお話しさせていただく転職時に気を付けるべきことを4個をぜひ参考にしていただけたらと思います。転職は勇気のいる行動なので、注意点や心構えをしっかり持って成功に導きましょう。臨床工学技士が30代で転職する人は多い?20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。理由としては、30代になると転職先の職場で教育の難しさや、コミュニケ

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな想いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。待遇やお給料の話って、なかなか聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かと言って譲れない大切なポイントでもあります。就職活動では良い話しか聞かないけれど、実際がどうなっているのですか?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較

臨床工学技士とはどんな仕事?仕事内容や向いてる人・向いてない人の特徴をご紹介!

この記事では、臨床工学技士の仕事内容や業務に関して詳しくご紹介したいと思います。 大きくは4つの役割に分けられますが、その中でも様々な業務がありますので当然勉強が必要です。臨床工学技士に向いている人、向いていない人や仕事に活かせる経験もお教えいたします。臨床工学技士をこれから目指す方は様々な知識を学ぶことで仕事のやりがいにも繋がりますので、是非読んでいただき参考にしてみてくださいね。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士の仕事内容は、就職先によって大きく分かれます。自分がやりたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。やりたい業務がない

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身につく力とは?

臨床工学技士の国家資格を取得後は正規の職員として病院に勤めることが多いですが、大学院に進んだけど資格を使ったアルバイトをしたい、結婚を機に退職したけどパートとして少しずつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は様々です。今回は臨床工学技士のアルバイトの魅力や時給などについて、経験を交えながらご紹介します。筆者はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました筆者は大学を卒業後公立病院へと就職しました。初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバイトなど考えていませんでしたが、透析業務をしていく内に穿刺(透析を行う血管に針を刺すこと)の技術を高めたいと

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

臨床工学技士として働いている皆さんへ。この記事では、臨床工学技士の転職事情についてお話したいと思います。臨床工学技士としてさらに向上を目指している方や、今の職場に不満がある方など、転職したい理由は様々だと思いますが、 一体転職を成功させるためにはどんなことが必要なのでしょうか?転職の際に気を付けるポイント、後悔しないための職場選びをご紹介していきます。転職する際にで狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良い点や悪い点を見つけると良いでしょう。実際どのような転職先が良いのかご紹介します。会話がある職場公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良い職場で

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士を転職エージェントで探すべき理由や注意点について今回はお話ししていきます。臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで、臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より環境の良い職場で働く事が出来ます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントで臨床工学技士の求人をお探しの方が知るべき情報をまとめました。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その1つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントとは、転職支援

臨床工学技士の夜勤は辛い?その実態とは?理由と解決方法を経験者が語ります!

臨床工学技士という職業にそもそも夜勤はあるのかと疑問を持つ方も少なくないと思います。臨床工学技士で夜勤をしているという施設は「今は」少ないのが現状です。ただ、現在進行形で24時間体制での需要は徐々に増えてきています。私は臨床工学技士として10数年働いており、夜勤経験もあります。夜勤の実態や辛かった点などを、経験の基にお話ししていきます。私が臨床工学技士という職業を選んだきっかけは?私は子供の頃から漠然と、病院で働くことに憧れがありました。しかし知っている医療職と言えば医師と看護師だけでした。高校時代「臨床検査技師」を知った流れで、似たような名称の「臨床工学技士」の存在を知るようになります。当時

臨床工学技士の面接で聞かれる6個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

臨床工学技士の面接を受けようと思っているあなたのために。現役臨床工学技士の筆者が、面接で訊かれる内容とそれに対する受け答えのコツや注意点についてご紹介します。就職活動で一番不安なことは面接活動であると言われています。臨床工学技士になりたくてもまずは面接に合格しないと何も始まらないですよね!面接前に是非この記事を読んでいただくことをおススメします! 臨床工学技士目指して頑張ってくださいね!臨床工学技士の仕事内容臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理装置などの機械の操作や、医療機器の管理・運営をすることが主な仕事です。病院への就職が大半を占めますが、クリニックや医療機器メーカーを選ぶ人もいま

臨床工学技士が人気な仕事の6個の理由。仕事の面白さも紹介します

臨床工学技士が人気な理由を紹介していきたいと思います。 臨床工学技士の仕事は、医療を影で支える業務であるため、どんなことを具体的にしているかイメージが掴みにくいですよね? 医療系は大変そうな印象が強いので、臨床工学技士の仕事もきついんじゃないかと不安にもなります。 そこで、ここでは実際の医療現場でどんな業務をしているか、特に人気のある「臨床工学技士」の理由について詳しくお話していきたいと思います。臨床工学技士ってどんな仕事?医療機器の点検やトラブル対応、人工透析治療、診療の補助を主な仕事として病院で働いています。また、医療機器メーカーや治験施設、養成校の講師など様々な就職先があります。現