臨床工学技士として現在働いている人で、職場に不満を持つ人は多いと思います。

そこで、臨床工学技士の転職事情をこれから徹底解説していきます。

実際に転職した経験があるため、リアルな転職事情をご紹介できると思います。

これから転職を考えている30代の臨床工学技士の方は、参考にしてください。

臨床工学技士が30代で転職する人は多い?

では、臨床工学技士として転職する年齢から話をすると、20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。

それは、30代になると転職先の職場で教育が難しかったり、周りの職場内でのコミュニケーションがとりにくくなるからです。

実際に転職したら、明らかに自分より年齢が若い先輩がいました。

その自分より年下の先輩は、入社歴が長く経験も豊富なためメンターとなって自分を教育していくことになります。

しかし、年齢でいうと年下なのでお互い非常にやりにくくなります。

その結果、コミュニケーションがうまくとれず気まずいままとなってしまいます。

よほどコミュニケーションスキルが高くなければ、年下の先輩と仲良くなるのは難しいでしょう。

次に、30代で転職すると自分の仕事のやり方がある程度決まっているため、転職先の仕事のスタイルに馴染むことが出来ないリスクがあります。

病院独自のマニュアルで、仕事をしているため、不満を持って意見を言いたくなるでしょう。

しかし、日本特有の郷に入れば郷に従えという文化によって意見は通りにくいばかりか、周りから敬遠されるでしょう。

臨床工学技士の組織として仕事をするため、このように協調性が問われます。

新卒者が入社した場合は教育がしやすく、自分の職場のやり方を徹底して覚えさせることができますが、30代である程度の経験をもつ臨床工学技士を再教育することは非常に難しいです。

それでも、30代になって転職する人は存在し、メリットも大いにあるでしょう。

臨床工学技士でよくある転職理由

では、転職する理由を幾つか紹介していきます。

この中で、共感した数が多いほど転職することに意味があると言えます。

職場の環境が悪い

人生で大半の時間を仕事に捧げるため、職場こそ人生において重要な要素になります。

職場の環境が劣悪だと、いかに優秀な臨床工学技士でも成長を阻害されたり、ストレスが溜まることでパフォーマンスが低下します。

年齢が若い臨床工学技士は、将来の事を考えて、職場の環境を少しでも良くしたいと思って転職する人は多いです。

具体的に、どんな職場が良いかというポイントは人それぞれになります。

一般的に職場環境が良いとされているポイントは、自分の意見が通り、モチベーションが高いスタッフが多いということです。

意識が高い先輩に便乗して、自分も勉強したり学会に出たりすることで、臨床工学技士として成長するでしょう。

職場環境を変える方法は幾つかありますが、転職することが一番簡単かつ確実的なものでしょう。

かといって、見学するだけでは職場の環境は判断しにくいため、口コミや転職アドバイザの話を聞いてリサーチすることが大切です。

待遇が悪い

臨床工学技士は、国家資格を有する医療従事者として世間から待遇が良いと思われがちですが、実際は待遇が悪いです。

ほとんどの病院では、看護師よりも待遇が悪く、立場も低いでしょう。

それは、臨床工学技士が誕生してから歴史が浅く価値が認められておらず、確立した業務が少ないからでしょう。

待遇が悪いため、少しでも待遇の良い職場へ転職したいと思う人は多いです。

臨床工学技士の待遇を上げるには、自分の付加価値を見出し、磨き上げることです。

学会で研究した成果を発表したり、セミナーで講演をすることで実績を積み重ねることが大切です。

臨床工学技士として価値が高い人材であれば、転職することで待遇が良くなります。

どれだけ実績を積んでも、ずっと同じ職場では待遇は良くなりません。

キャリアアップをしたい

臨床工学技士には、様々な業務内容が存在します。

心臓カテーテル業務、人工透析業務、内視鏡業務、呼吸器業務、ペースメーカー業務、ME機器管理業務など例を挙げると幅広いです。

その中で、臨床工学技士としてどんな業務内容に興味があるか探していくことが大切です。

例えば、今働いている病院では人工透析業務しか携わる事が出来ないとします。

そうなると、転職か業務拡大しない限り一つの業務内容しか経験を得られないことになります。

臨床工学技士としてのキャリアを上げるには、一つの業務内容をとことん精通してスペシャリストになる方法と、様々な業務内容を携わり幅広い経験を持つジェネラリストになる方法があります。

これからの時代では、臨床工学技士として自分に付加価値があるかどうかで、生き残れるか決定します。

そのため、理想でいうとジェネラリストとして幅広く経験しておいたうえで、自分の興味のある業務内容に精通することでスペシャリストな面を持つことが大切です。

20代ではジェネラリストとして様々な業務内容を携わり、30代になったらスペシャリストへの道を進むことが理想です。

よって同じ病院でずっと働くより、転職して経験を豊富に積むことでキャリアアップに繋がると言えます。

また、筆者の場合人工透析業務を覚えようと転職した際、他の業務内容で培った知識を応用で活かす場面が多くありました。

医療の現場では、全く関係のない業務はありません。

何かしらで医療の知識は活用でき、幅広い知識はキャリアアップに欠かせないでしょう。

経験値を積むため

実は、同じ病院に3年以上いる必要はほとんどありません。

様々な業務が日々ローテーションでシフトが組まれていた場合、3年あればほとんどの業務を一通り学ぶ事が出来ます。

仕事を覚える事が苦手で独り立ちはできなくても、多くの経験をすることが可能です。

その分野ごとに勉強した知識を臨床で意識して使うことで、自分の頭に定着していきます。

そのため、実質3年働けば、他の病院に転職すると多くの経験を積むことが出来ます。

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと

30代で転職する場合、20代で転職するよりも遥にリスクが大きいことを理解しましょう。

新卒や20代の若い臨床工学技士は、今後の活躍に期待して採用されますが、30代になると完全に実力を認められないと採用されません。

そこで、30代に転職する際に、注意すべきことを4つ紹介します。

キャリアプランを明確に決めておく

臨床工学技士としてのキャリアアップをどのようにするか、道筋を立てる必要があります。

若い内では我武者羅にやりたい事を突き進んでいけば良いですが、目標に向かってある程度道筋を絞ることで効率よくキャリアアップする事が出来ます。

もちろん目標は具体的に掲げる必要はなく、「この業務を覚えて応用力を身に着けたい」など曖昧で構いません。

曖昧な目標であるが故に、柔軟に努力することが出来ます。

なので、30代で転職するならば、まずは転職するにあたって目標を見失わずにしっかりキャリアプランを立てましょう。

働きながら転職活動をする

転職活動をし始めてすぐに採用に至るケースは稀です。

自分によほどの経験や才能が無ければ、転職活動の間に無職になることはリスクしかありません。

収入がないままだと、金銭的に余裕がなくなり、転職に焦りが生じます。

焦ると妥協が生まれ、転職に失敗する恐れがあります。

そのため、必ず転職活動をする際は採用されるまで今の職場で働き続けましょう。

働いていたら時間が取れない人は、転職アドバイザに相談してみましょう。

退職金や失業保険をあてにしてはいけません。

退職金は少なく、失業保険は貰えるまでに時間が必要だからです。

そんなリスクを負ってまで転職するならば、まだアルバイトをしながらの方がマシと言えるでしょう。

実際、私も働きながら転職活動をして、転職アドバイザの協力のもとじっくりと活動をして採用に至りました。

何事もゆとりがあると上手い方に転がるでしょう。

周りの経験者に相談する

30代の転職は慎重にしなければなりません。

今の職場における立場や役職がなくなる訳ですから、転職するメリットとデメリットを天秤にかけ、じっくり考える事が大切です。

今の職場に不満があるならば、上司や周りの転職経験者に相談しましょう。

ひょっとしたら相談するだけで、不満が解決したり、まだ今の職場でやりがいを見つけれるかもしれません。

第三者に相談するだけで、自分の意見や考えが、客観的にどう捉えられるか分かります。

デメリットはないため、信頼出来る周りの臨床工学技士に相談してみましょう。

面接対策を怠らないこと

今まで社会人としてマナーや知識を培ってきたから面接はそこまで練習しなくても大丈夫と思っていたら危ないでしょう。

30代こそ面接の細かい部分を見られていることを意識しましょう。

言葉遣いや、自己PR、一般常識などの質を問われます。

今までのキャリアを生かして、今後どのように貢献していくか明確に説明できるように練習しましょう。

医療の面接では、大体決まった事が聞かれるため、そこまでレベルは高くないですが、ありきたりな回答では面接官に響きませんのでくれぐれも注意しましょう。

転職するにあたっての必要な心構え

転職は、良くも悪くも人生において多大な影響を与えます。

そのため、転職に失敗しないよう、しっかり自分の頭で考える事が大切です。

では、転職するにあたってどういった心構えを取っておくと良いか教えます。

失敗を恐れない

失敗を恐れるという事は、自分の成長を止めることになります。

そもそも、転職したいと思ったという事は、現状に不満が少なからず存在するからでしょう。

そこで、自分に自信が無かったり将来が不安だからという理由で、転職したいという思いを無かったことにするのは勿体ないです。

なので、まずは現状を把握し、今後のキャリアプランを立て、客観的評価を踏まえたうえで転職する必要性を考えましょう。

転職に失敗は少なからず存在します。

しかし、失敗したら何がいけなかったか考えて次に生かす事が出来れば、長い人生にとってはプラスになるでしょう。

目先の成功に囚われていては、思う通りに行動できず、思わぬチャンスを逃してしまうことになります。

なので、失敗というネガティブワードに恐れないマインドを強く持ちましょう。

また、失敗するリスクを減らすことは可能です。

例えば、転職先の病院をしっかりリサーチして自分の条件に合うか判断しましょう。

そして、職場見学では社内環境だけでなく環境整備やワークライフバランス、野心的な臨床工学技士が多いかどうかなどポイントを絞って観察しましょう。

心に余裕を持つ

転職すると決めたら、期限を決めましょう。

長くも短くもない3ヶ月から6か月間がおすすめです。

今の職場の身辺整理や残っている仕事を片付ける必要があるため、出来るだけゆとりがある方が良いです。

焦って転職すると、思わぬところを見落として後悔することになるため、余裕をもってリサーチする事が大切です。

また、臨床工学技士の求人は募集される次期が未確定であるため、タイミングがとても大切です。

例えば、転職したい病院を見つけたが求人が無かったとします。

半年後の年明けや年度末に臨床工学技士が一人辞めたとします。

そうなると、マンパワーの補充として臨床工学技士の求人が出る場合があります。

そのため、常に転職アドバイザとのコミュニケーションや、求人掲載サイトを監視するようにリサーチする事が大切です。

ただ仕事を終わって家で好きな事をしているよりも、転職は忙しく、精神的に負担になることを理解しましょう。

今の職場を退職することを考える

次のステップに移ろうと必死で、転職に頭がいっぱいになってしますと、現状の業務のパフォーマンスは落ち、周りとのコミュ二ケーションも減るでしょう。

そのため、現在の職場を辞める意思をまずは上司に伝え、身辺整理をしていく必要があります。

忘れがちですが、内定をもらった時点で入職日を決める必要があります。

そのため、転職する際には必ず期限を決めて、行動しなければなりません。

転職する旨を伝えるのは、気まずくなったり引き止められるのではないかと考え、言い出しにくいでしょう。

しかし、転職すると決めた以上はっきりと伝えて、自分の意思に従いまっすぐ突き進みましょう。

まとめ

30代で転職する際は、何かと弊害が現れます。

しかし、不安や恐れを持っていては成長が出来ませんので、じっくりと時間をかけて勘考しましょう。

臨床工学技士として30代で転職する人は少ないですが、自分のスキルが必要とされる事で存在価値の証明に繋がり自信が持てるようになります。

そのためにも、自分のスキルを日々磨き続けていきましょう。

必ず、そのスキルは武器になります。


関連キーワード

臨床工学技士求人

臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

こんにちは。今回は臨床工学技士の転職についてのお話です。転職をする際何をしたらいいのか、どんなところに気をつけたらいいのか、転職で後悔しないための選び方を私の体験を踏まえてご紹介させていただきたいと思います。臨床工学技士への転職で狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良いところ悪いところを見つけることでしょう。では、実際どのような転職先が良いのかご紹介させていただきます。会話がある職場職場は仲が良すぎてもダメですし、逆に悪すぎてもダメです。公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良いのではないでしょうか。私が見学を行った際、A病院は患者さんから機械

臨床工学技士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

今日の医療業界では、様々な医療機器が存在し、かつ高度な専門的技術が求められます。どこのメディアでも言われていることですが、みなさんはこれをどのように捉えますか?今後、医療の更なる発展していく材料として欠かせない「医療機器」は誰がどうやって使用しているのでしょうか?医療機器に興味を持っていただけるよう、今回は臨床工学技士の仕事について分かり易く説明していきます。臨床工学技士の仕事内容とは?まず、臨床工学技士はCE(Clinical Engineer)や、ME(Medical Engineer)などと呼ばれており、厚生労働省が定めた国家資格をもった職業となります。仕事内容は就職先によってさまざまで


臨床工学技士求人に関するコラム

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

中途採用とは、すでに臨床工学技士として業務経験のある人材を、会社が採用することです。要するに今働いている病院から他の病院へ移ることを意味します。転職と同じような意味合いで用いられるため、医療業界で中途採用は余り使用しないことが多いです。では、実際に臨床工学技士の中途採用について詳しく解説していきます。臨床工学技士の中途採用をしている会社ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事として病院で働いています。企業やクリニックで働く人もいますが、一般的に多い病院で働いている場合を話していきます。

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな思いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。なかなか待遇やお給料の話って、聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かといって譲れない大切なポイントでもあります。そこんとこ実際どうなの?就職活動ではいい話しか聞かないけど?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較的新しい

臨床工学技士の仕事内容13個の業務。経験者が紹介します!

臨床工学技士では、どんな仕事内容があるか、また業務に関してどのような知識が問われるかを教えます。そうすることで、必要な知識の獲得や、今後携わりたい業務を見つけることにつながります。臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士は、就職先によって大きく分かれます。自分がしたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されているかどうか自分で確かめなくてはなりません。一方、やりたい業務がないという方は、幅広い業務を経験できる総合病院に就職することをオススメします。今回、いくつか業務内容を紹介し、興味を持った分野に精通した病院を探すと良いでしょう。臨床工学技士の仕事は大きく4個の役割に分けられる透析業

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身に付く力とは?

こんにちは。今回は臨床工学技士のアルバイトについて紹介したいと思います。一般に臨床工学技士の国家資格を持った方は正規の職員として病院に勤めますが、例えば大学院に進んでせっかくだから資格を使ったアルバイトをしたい、結婚して一旦病院から離れてしまったけれどパートとして少しづつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は色々あります。今回はそんなアルバイトの魅力や時給などを経験を交えながらご紹介したいと思います。私はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました私は大学を卒業後公立病院へと就職いたしました。もちろん初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバ

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで、臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より環境の良い職場で働く事が出来ます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントについて紹介します。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その1つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントとは、転職支援サイトを運営する会社で働く、サラリーマンを指します。転職エージェントの役割は、求職者が抱える様々な悩みや問題を解決し、その求職者