臨床工学技士として働く30代の方で、現在働いている職場に不満を持っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はそんな臨床工学技士の転職事情を徹底解説していきます。

30代の臨床工学技士の転職は難しいのかもと諦めてしまっている方も、これからお話しさせていただく転職時に気を付けるべきことを4個をぜひ参考にしていただけたらと思います。

転職は勇気のいる行動なので、注意点や心構えをしっかり持って成功に導きましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

臨床工学技士が30代で転職する人は多い?

20代で転職する臨床工学技士は多いですが、30代になると転職する人数が減ります。

理由としては、30代になると転職先の職場で教育の難しさや、コミュニケーションの取りにくさがあるからです。

筆者が転職した時の話ですが、明らかに筆者よりも年齢の若い先輩がいました。

年下の先輩は入社歴が長く経験も豊富なため、指導者として新人に教育をすることになります。

しかし新人が筆者のように年上であると、非常に気まずい状況となります。

その結果、コミュニケーションが思うようにとれなくなってしまいます。

割り切ってお互い接することができれば良いのですが、それにはかなりの時間が必要かもしれません。

また、30代で転職すると自分の仕事のやり方がある程度決まっているため、転職先の仕事のスタイルに馴染むことができないリスクがあります。

病院ごとに独自のマニュアルがあるため、転職して間もない頃は戸惑うことも多いと思います。

しかし「前の病院ではこうでした」と意見を言うと、周りから浮いてしまう恐れがあります。

戸惑いや違和感があっても「郷に入っては郷に従え」の気持ちで仕事をすることが大切です。

それでも前の職場のやり方が良いと思うのであれば、職場に慣れた頃にさりげなく伝えてみるのも一つの方法です。

臨床工学技士でよくある転職理由

転職する理由について幾つかご紹介します。

この中で、共感した数が多いほど転職することに意味があると言えるでしょう。

職場の環境が悪い

一日の大半の時間を職場で過ごすため、職場環境は重要な要素になります。

職場の環境が劣悪だと、いかに優秀な人間でも成長を阻害されたり、ストレスが溜まったりすることでパフォーマンスが低下します。

そのような環境でも上手に順応できる人もいますが、心身に不調をきたしている場合は無理に働き続ける必要はありません。

職場環境を変える方法は幾つかありますが、転職することが一番簡単で確実的でしょう。

待遇が良くない

臨床工学技士は国家資格を有するため待遇が良いと思われがちですが、実際はあまり待遇が良くありません。

理由としては、臨床工学技士の歴史が浅いことで価値が認められておらず、確立した業務が少ないからでしょう。

待遇を良くするためには自分の付加価値を見出し、磨き上げることです。

学会で研究した成果を発表したり、セミナーで講演をしたりすることで実績を積み重ねることが大切です。

臨床工学技士として価値が高い人材であれば、転職することで待遇が良くなります。

キャリアアップをしたい

これからの時代では、臨床工学技士として自分に付加価値があるかどうかで、生き残れるか決定します。

臨床工学技士としてのキャリアを上げるには、一つの業務内容を極めてスペシャリストになる方法と、幅広い業務内容の経験を持つジェネラリストになる方法があります。

20代ではジェネラリストとして様々な業務内容に携わり、30代になったらスペシャリストへの道を進むことが理想です。

筆者の場合、人工透析業務を覚えようと転職した際、他の業務内容で培った知識を応用で活かせる場面が多くありました。

同じ病院でずっと働くより、転職して経験を豊富に積むことがキャリアアップに繋がると言えます。

幅広い知識と経験を身につけることは、大きな財産となることでしょう。

経験を積むため

様々な業務のシフトがローテーションで組まれていた場合、3年で大半の業務を学ぶことができます。

今の職場でできない業務が他の病院にある場合、転職することでできる業務の範囲が広がります。

今の職場での経験が転職先でも役に立ち、応用を利かせられることもあるでしょう。

そのため多くの経験を積みたいと考えている方は、3年を一区切りにして転職するのも良いでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

臨床工学技士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと

30代で転職する場合、20代で転職するよりもリスクが大きいことを理解しておきましょう。

新卒や20代の若い臨床工学技士は今後の活躍に期待して採用されますが、30代になると完全に実力を認められないと採用されません。

30代に転職する際に注意すべきことを4点ご紹介します。

キャリアプランを明確に決めておく

臨床工学技士としてのキャリアアップをどのようにするか、道筋を立てる必要があります。

若さと勢いで突き進んだ20代と違い、30代では方向性を持たせたキャリアプランを計画することが大切です。

具体的に掲げることが難しければ「この業務を覚えて応用力を身につけたい」などでも構いません。

目標に幅を持たせることで、柔軟に対応することができます。

自分の人生に関わることですので、漠然とするよりはある程度目標を決める方が求人選びもしやすくなると思います。

働きながら転職活動をする

転職活動をし始めてすぐに採用に至るケースは少ないのではないでしょうか。

まとまった時間は取りやすいでしょうが、退職後に転職活動をするのはおすすめしません。

退職金は思っているよりも少なく、失業保険は支給されるまでに時間がかかるからです。

収入がない状態が続くと金銭的に余裕がなくなり、転職に焦りが生じます。

焦りが求人を探す判断力を鈍らせ、転職に失敗する確率を上げることになります。

筆者も働きながら転職活動をして、転職アドバイザの協力のもとじっくりと活動をして採用に至りました。

そのため、転職活動は働きながらするようにし、どうしても時間が取れない人は転職アドバイザに相談してみましょう。

周りの経験者に相談する

転職は今の職場での立場や役職を失うため、転職するメリットとデメリットを天秤にかけてじっくり考えることが大切です。

今の職場に不満があるならば、上司や周りの転職経験者に相談してみましょう。

相談するだけで不満が解決し、今の職場でのやりがいを見つけられるかもしれません。

第三者に相談するだけでも、自分の意見や考えを客観的に捉えられるようになります。

しかし、相談相手を間違えるとあらぬ噂が広まってしまうので、信頼できる人を選んで相談してみましょう。

面接対策を怠らない

社会人としてのマナーや知識はあるので、面接の練習はあまり必要ないと思っていると危険です。

30代こそ面接の細かい部分を見られていることを意識しましょう。

言葉遣いや自己PR、一般常識の質などを問われます。

今までのキャリアを活かして、今後どのように貢献していくか明確に説明できるように練習しましょう。

面接では決まった内容の質問が多いので、しっかりと対策をすれば問題ありませんが、無難な回答では面接官に響きませんのでご注意下さい。

転職するにあたっての必要な心構え

転職は、良くも悪くも人生において多大な影響を与えます。

転職に失敗しないよう、しっかり自分の頭で考えることが大切です。

転職するに際してどういった心構えでいると良いかをご紹介します。

失敗を恐れない

転職に失敗は少なからず存在します。

何が原因で失敗したのかを考え教訓として生かすことができれば、長い人生にとってはプラスになるでしょう。

成功することにばかり囚われていると視野が狭くなるため、チャンスを逃すことにもなります。

そのため、失敗を恐れない強い気持ちを持ち、広い目で物事を見ることを心掛けましょう。

できることなら失敗はしたくはないので、失敗の確率を減らす努力が必要です。

そのためには、事前に転職先の病院をリサーチして、自分の条件に合うかを判断しましょう。

職場見学では社内環境だけでなく環境整備やワークライフバランス、向上心のある臨床工学技士が多いかなどポイントを絞って観察しましょう。

心に余裕を持つ

転職すると決めたら、期間を設定することをおすすめします。

長くも短くもない3ヶ月から6か月が良いでしょう。

今の職場の身辺整理や残っている仕事を片付ける必要があるため、できるだけゆとりがある方が良いです。

焦って転職すると重要なポイントを見落として後悔することになるため、ある程度余裕を持つことが大切です。

また、臨床工学技士の求人は募集される時期が未定であるため、タイミングの見極めが必要です。

転職したい病院を見つけても求人が無かった、ということがあっても諦めてはいけません。

年末や年度末などの区切りの良い時期に辞める人もいるので、この時期は求人募集が出る可能性があります。

そのため、転職アドバイザとの連絡を密にすることや、求人掲載サイトを定期的にチェックすることが大切です。

転職活動は仕事と並行して行うため、肉体的・精神的な負担が大きいことも理解しておきましょう。

今の職場を退職することを考える

転職活動で頭が一杯になってしまうと、業務のパフォーマンスは落ちて周りとのコミュ二ケーションも減るでしょう。

そのため、現在の職場を辞める意思をまずは上司に伝え、身辺整理をしていく必要があります。

内定を貰った時点で現在の職場の退職日と次の職場の入職日を決める必要があります。

そのため、転職する際には必ず期限を決めて、行動しなければなりません。

転職することを伝えると気まずくなるかもしれませんが、自分の意思を曲げてはいけません。

退職日までは今の職場の一員ですので、今の職場への感謝の気持ちを忘れずに、最後まで働くようにしましょう。

まとめ

臨床工学技士として30代で転職する人は少なく、何かしらのメリット・デメリットはあります。

転職に成功すると、自分のスキルが必要とされることで存在価値の証明に繋がり自信が持てるようになります。

転職をすぐには考えていない場合でも、自分のスキルを日々磨き続けていくことが大切です。

そのスキルは将来転職する際の武器になることでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




臨床工学技士求人についてもっと深堀りした情報を見る

臨床工学技士の中途採用はどんな会社がしてる?4個の会社のタイプや、会社から求められていること

臨床工学技士の中途採用とは、業務経験のある人材を病院が採用することです。転職と同じ意味合いで用いられることが多いです。この記事では、転職をお考えの方向けに、実際の臨床工学技士の求人について詳しく解説していきます。臨床工学技士に採用されるために知っておくべきことについてもお話しさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。あなたの転職を成功させるためにぜひ最後までご一読いただけたらと思います。臨床工学技士の中途採用をしている病院ではどんな求人が募集されているの?臨床工学技士は、生命維持管理装置をはじめとする医療機器の操作や保守点検を行い、安全に使用できるよう運営することを仕事としています。

臨床工学技士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

私は臨床工学技士として、総合病院で10年以上働いています。これまでこの仕事を続けてきて、ずっと続けたいと思った理由や、職業としての将来性に関して感じたリアルな想いをお伝えします。これから臨床工学技士を目指そうとする方や、いよいよ就職活動に臨まれる方などに読んでいただけると嬉しいです。待遇やお給料の話って、なかなか聞く機会がないですよね。聞き辛いですし・・・かと言って譲れない大切なポイントでもあります。就職活動では良い話しか聞かないけれど、実際がどうなっているのですか?といった疑問にもお答えできると思います。臨床工学技士の仕事内容は?臨床工学技士は病院内における医療機器のスペシャリストです。比較

臨床工学技士とはどんな仕事?仕事内容や向いてる人・向いてない人の特徴をご紹介!

臨床工学技士の仕事って具体的にどんなことをすると思いますか?実は医療業界で更なる発展に繋がる材料の「医療機器」を扱うのが臨床工学技士なんです。そんな臨床工学技士とはどんな仕事なのか?臨床工学技士の業務範囲はどんなものがあるのか?をここで知っていただけたらと思います。また、この職業を目指している方に向けて、臨床工学技士に向いている人特徴や適性についてもお話ししていきます。皆さんが医療機器に興味を持っていただけるよう、今から解説を始めていきますね!臨床工学技士の大まかな仕事内容臨床工学技士の仕事内容は、就職先によって大きく分かれます。自分がやりたい業務内容が決まっていれば、就職先で業務が確立されて

臨床工学技士アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3つのことやそこで身につく力とは?

臨床工学技士の国家資格を取得後は正規の職員として病院に勤めることが多いですが、大学院に進んだけど資格を使ったアルバイトをしたい、結婚を機に退職したけどパートとして少しずつ職場に復帰したい、実は正規職員だけどその他にお金を稼ぎたいなど、アルバイトをする理由は様々です。今回は臨床工学技士のアルバイトの魅力や時給などについて、経験を交えながらご紹介します。筆者はこんなところで臨床工学技士のアルバイトをやりました筆者は大学を卒業後公立病院へと就職しました。初めは仕事を覚えることに精一杯で、アルバイトなど考えていませんでしたが、透析業務をしていく内に穿刺(透析を行う血管に針を刺すこと)の技術を高めたいと

臨床工学技士の転職を成功させるために!狙い目な会社の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

臨床工学技士として働いている皆さんへ。この記事では、臨床工学技士の転職事情についてお話したいと思います。臨床工学技士としてさらに向上を目指している方や、今の職場に不満がある方など、転職したい理由は様々だと思いますが、 一体転職を成功させるためにはどんなことが必要なのでしょうか?転職の際に気を付けるポイント、後悔しないための職場選びをご紹介していきます。転職する際にで狙い目な職場の特徴とは? 転職をする際、現在の勤務先と比較して良い点や悪い点を見つけると良いでしょう。実際どのような転職先が良いのかご紹介します。会話がある職場公私の区別がしっかりとついていて、適度な会話と笑顔がある職場が良い職場で

臨床工学技士で転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

臨床工学技士を転職エージェントで探すべき理由や注意点について今回はお話ししていきます。臨床工学技士として病院で働いていると、一度は転職したいと思うことがあるでしょう。転職することで、臨床工学技士としてのキャリアアップに繋がったり、より環境の良い職場で働く事が出来ます。今回は、転職する方法として一番おすすめな転職エージェントで臨床工学技士の求人をお探しの方が知るべき情報をまとめました。臨床工学技士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?臨床工学技士は、転職する際にいくつか方法があります。その1つとして、転職エージェントを使うといった方法があります。転職エージェントとは、転職支援

臨床工学技士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的な辛さなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

臨床工学技士の転職率は比較的高いです。転職と言っても、臨床工学技士から看護師に職業を変更する人は少なく、現在働いている勤務先の病院を変える人が多いです。将来を見据えて、転職することによるメリット・デメリットをしっかり考え、自分にとって最善の道を選ぶ必要があります。では、臨床工学技士の転職する理由を徹底解説していきます。臨床工学技士の離職率ってどれくらい?臨床工学技士の統計データは存在しませんが、経験と周りの口コミからすると10%ほどになります。医療・福祉(介護)分野の離職率は38%と高いため、臨床工学技士の離職率は比較的低めだと言えます。離職率が低い理由は様々ですが、転職活動に費やす労力を考え

臨床工学技士の夜勤は辛い?その実態とは?理由と解決方法を経験者が語ります!

臨床工学技士という職業にそもそも夜勤はあるのかと疑問を持つ方も少なくないと思います。臨床工学技士で夜勤をしているという施設は「今は」少ないのが現状です。ただ、現在進行形で24時間体制での需要は徐々に増えてきています。私は臨床工学技士として10数年働いており、夜勤経験もあります。夜勤の実態や辛かった点などを、経験の基にお話ししていきます。私が臨床工学技士という職業を選んだきっかけは?私は子供の頃から漠然と、病院で働くことに憧れがありました。しかし知っている医療職と言えば医師と看護師だけでした。高校時代「臨床検査技師」を知った流れで、似たような名称の「臨床工学技士」の存在を知るようになります。当時

臨床工学技士の面接で聞かれる6個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

臨床工学技士の面接を受けようと思っているあなたのために。現役臨床工学技士の筆者が、面接で訊かれる内容とそれに対する受け答えのコツや注意点についてご紹介します。就職活動で一番不安なことは面接活動であると言われています。臨床工学技士になりたくてもまずは面接に合格しないと何も始まらないですよね!面接前に是非この記事を読んでいただくことをおススメします! 臨床工学技士目指して頑張ってくださいね!臨床工学技士の仕事内容臨床工学技士は、医師の指示のもと生命維持管理装置などの機械の操作や、医療機器の管理・運営をすることが主な仕事です。病院への就職が大半を占めますが、クリニックや医療機器メーカーを選ぶ人もいま

臨床工学技士が人気な仕事の6個の理由。仕事の面白さも紹介します

臨床工学技士が人気な理由を紹介していきたいと思います。 臨床工学技士の仕事は、医療を影で支える業務であるため、どんなことを具体的にしているかイメージが掴みにくいですよね? 医療系は大変そうな印象が強いので、臨床工学技士の仕事もきついんじゃないかと不安にもなります。 そこで、ここでは実際の医療現場でどんな業務をしているか、特に人気のある「臨床工学技士」の理由について詳しくお話していきたいと思います。臨床工学技士ってどんな仕事?医療機器の点検やトラブル対応、人工透析治療、診療の補助を主な仕事として病院で働いています。また、医療機器メーカーや治験施設、養成校の講師など様々な就職先があります。現