歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?

転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。

そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。

転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?

そもそも転職エージェントって、何でしょうか?

転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。

仕事を探している人を、手助けしてくれます。

料金は求人を出している側には発生しますが、職を探している人は無料で利用できます。

登録すると、求職者一人ひとりに専任アドバイザーがついてくれ、色々な情報をもらえたり、手助けをしてくれたりするなど良いことがたくさんあります。

それでは、歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動ををすると、具体的にどんなところが良いのでしょうか?

就職先の情報を、事前に教えてくれる

個人歯科医院の内情は、実際に働き始めてみないとわからないことが多いですよね。

特に小規模の歯科医院の場合、院内の人間関係が働く上でとても重要になってきますが、実際に働いてみなければ見えてこないものです。

中には面接時のイメージとは全然違うブラックな職場もあり、転職はギャンブルのようなものです。

しかし、就職エージェントを利用すると、事前に内部情報を教えてくれる場合があります。

具体的には、院長の人柄、院内の人間関係、離職率、評判、雰囲気、診療方針、経営状況などを教えてもらえることがあるそうです。

とても便利ですよね!

面接の時に直接には聞きにくい福利厚生面なども、事前に確認できる

歯科医院によって、福利厚生面等の待遇面に、大きな差がありますよね。

給料以外にも、勤務時間や残業がどのくらいあるのか、各種保険などの待遇はどうなのかなど、とても気になるところです。

しかし、求人情報には書いていない場合もありますし、面接時にあまり突っ込んで聞いてしまうと印象を悪くするんじゃないかと、聞きにくかったりすることがとても多いです。

こういった、社会保険や国民保険などの待遇面、有給休暇、有給休暇の取得状況、産休、産休を取って復帰している人は実際にいるのか、時短勤務など可能か、退職金はあるのかなど、直接面接で聞きにくい待遇面の情報についても、事前に教えてもらえる場合があります。

サポートをしてくれる

転職エージェントは、色々なサポートをしてくれます。

登録すると、自分にあった職場を探してくれますので、在職中で忙しく求人を探す時間がない人でも、スムーズに転職活動が行えます。

履歴書の書き方や、面接の仕方などのサポートもあります。

また、面接のアポイントを取ってくれ、実際に面接に同行してくれたり、面接時に聞き忘れたことを後で質問してくれる場合もあります。

見学希望の場合も、アポイントを取ってくれたり、同行してくれたりします。

また、歯科医院を退社しようと思っても、まれに引き止められたりトラブルになる事もあります。

少人数で働く歯科医院では、ひとり辞めると影響が大きいので、なかなか辞めさせてもらえなくて困ることが多いですよね。

転職エージェントでは、そういった相談にも乗ってくれます。

また、実際働きだしてから、「入社前に話していた条件と違う」というトラブルがあったとしても、アドバイザーが相談に乗ってくれることがあります。

転職エージェントを使うと安心ですね!

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、非公開求人というものがあります。

会社名や給料、待遇面などを非公開にしていて、条件にマッチする求職者にだけ情報を公開してくれるタイプの求人です。

一般的に、非公開求人のほうが給料が良いことが多いです。

また、求人数は少ないですが、時々企業内の歯科勤務や、大学病院の歯科の求人もあるようです。

上手くいけば、年収アップできる可能性がありますね。

歯科医院勤務以外の勤務先も探すことができるかも

自分のキャリアや希望条件を登録しておけば、歯科医院の仕事以外の仕事を紹介してくれる場合もあります。

歯科関係の企業や、医療関係などいろいろな仕事がありますし、全く違う世界の仕事を希望していれば、そういった仕事を紹介してくれる可能性もあります。

自分で求人を探していては気が付かなかった職業選択の可能性が、もしかしたらみつかるかもしれません。

時には思っても見なかった方面の仕事を紹介されるかもしれませんが、それも面白いかもしれませんね。

歯科衛生士が転職エージェントを選ぶ時の5つの注意点とは?

それでは、歯科衛生士が転職エージェントを選ぶ際に、どんなことに注意したら良いのでしょうか?

歯科衛生士向けのエージェントや、総合エージェントなどの種類を把握しよう

転職エージェントには色々あって、特定の職業のみ扱う特化型エージェントと、色々な職業を取り扱う総合エージェントがあります。

歯科衛生士に特化したエージェントもありますし、歯科業界エージェントや、医療系エージジェントもあります。

歯科に特化したエージェントでは、歯科業界に詳しいので丁寧なアドバイスを受けることができるでしょう。

また、総合エージェントには、歯科関係の企業等の求人がある可能性があります。

さらに、歯科関係以外の求人もたくさん集まりますので、キャリアアドバイザーが「他の業界の転職に向いている」と感じれば、新しい職種を案内されることもあります。

もしも、新しい業界に興味があるのでしたら、総合エージェントに登録してアドバイザーに、その旨伝えておくと良いでしょう。

特化型エージェント、総合エージェントと、それぞれ得意な点、不得意な点がありますので、まずはどんな分野を得意としているエージェントなのか調べてみましょう。

ちなみに、転職エージェントを利用している人は、複数のエージェントに登録している人がほとんどだそうです。

転職に成功した人は、4つ以上のエージェントに登録していた場合が多いそうなので、自分の希望にあいそうなエージェントにいくつか登録してみましょう。

自分の希望している地域に強いエージェントを選ぶ

比較的、東京、関東地方、大阪は転職エージェントに登録している求人が多いです。

しかし、地方勤務を希望している場合、せっかく転職エージェントに登録しても自分の希望する場所の求人情報があまりない可能性があります。

希望する地域の求人はあるのかどうか、確認してから転職エージェントに登録しましょう。

よくわからなかったら、いくつか登録しておき、並行して転職サイトなどでも求人情報を探してみましょう。

登録してから転職まで、時間がかかる可能性がある

転職エージェントは良いことが多いですが、エージェントが間に入って色々なやり取りをするので、直接やり取りする場合よりも就職までに当然時間がかかります。

一般的には1ヶ月から3ヶ月くらいは、時間がかかるようです。

ですから、時間に余裕を持って転職活動を行いましょう。

明日にでも働ける職場を探したい人には、はっきり言って転職エージェントは不向きでしょう。

できれば、現職を辞めずに転職エージェントに登録しておき、条件のいい職場があれば動くというやり方があっているかもしれません。

重複して登録している場合、転職エージェントに正直に伝える

転職エージェントに重複して登録する事は、悪いことではありません。

ただ、重複して同じ職場を紹介された場合などは、すぐに正直に担当アドバイザーに伝えましょう。

複数のエージェントに同じ職場の話を進められると、後々面倒になる可能性があります。

また、就職が決まった場合は、他の登録した転職エージェントにも、メールやメッセージアプリなどで伝えましょう。

並行して自分でも、求人サイトやハローワーク等をチェックする

基本的に、転職エージェントより、求人サイトの方が求人数が多いです。

ですから、求人サイトもチェックしてみると良いでしょう。

転職エージェントと、求人サイトはどちらか一方しか使ってはいけないわけではなく、それぞれメリットとデメリットがあります。

色々利用して、うまく活用し、ご自身にとっていい職場をみつけましょう。

歯科衛生士のおすすめのエージェントの選び方は?

歯科衛生士のおすすめ転職エージェントって、どこでしょうか?

歯科衛生士のエージェントもありますし、総合エージェントもありますね。

各転職エージェントによって、得意なエリアや特色がありますので、上手に選んでいくつかのエージェントに登録するといいでしょう。

また、担当キャリアアドバイザーの質ですとか、相性が大切なので、やり取りしてみて自分が一番いいと思った人と話を進めていけばいいでしょう。

どうしても担当者が合わない時は、希望すれば変えてもらうこともできるそうです。

また、職場がある程度決まったら、面接をする前に見学をすることも可能です。

歯科衛生士不足のため、面接をしたらすぐに働いてほしいと言われる事も多いのですが、面接後にこちらからお断りしてしまうと、失礼に思われる場合があるそうです。

そういったことを回避するため、面接前に見学がおすすめです。

また、一日体験入社ができる歯科医院もあるそうです。

希望する場合は、担当キャリアアドバイザーに伝えておくと良いでしょう。

それでは、実際にどんな転職エージェントがあるのか、少しご紹介いたしますね。

下記に紹介した以外にも、色々なエージェントがありますので、ご自身にあったエージェントに登録してみましょう。

ファーストナビ歯科衛生士

歯科衛生士に特化した、転職エージェントです。

求人数は歯科衛生士に特化したエージェントの中ではトップクラスで、全国の求人を紹介しています。

専任エージェントは、面接日の調整、面接の同行、給料や待遇の交渉なども行ってくれます。

https://sikaeiseisi.firstnavi.jp/

ジョブメドレー

ほぼすべての医療介護職の紹介をしている、転職エージェントです。

医師が代表を努めていて、医療介護系に特化した転職エージェントとしてはトップクラスの求人数です。

全国47都道府県の求人をカバーしています。

https://job-medley.com/

デンティ

歯科医療従事者向けの、転職エージェントです。

インプラントネット、歯医者さんネットなど、歯科ポータルサイトを運営しているメディカルネットが運営しています。

歯科業界に強いコネクションがあり、歯科業界に強いです。

各種セミナー案内等、歯科業界に関する情報も、サイトで発信しています。

http://www.denty.jp/

メディカルリンゲージ

歯科医療従事者向けの、転職エージェントです。

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士を始めとした求人があります。

東京や大阪の求人が多めです。

https://www.medical-linkage.com/

デンタルハッピー

関東のみに特化した、歯科衛生士転職エージェントです。

ほぼすべての歯科医院を、動画で確認できます。

歯科衛生士の転職に関する記事がホームページに豊富に記載されていて、転職の参考になります。

https://dental-happy.net/

ハモナビ

歯科業界に特化した、関西中心の転職エージェントです。

本社が大阪にあり、関西方面の転職サポートを行っています。

関東は現在新卒の場合のみ、サポートしてくれます。

https://harmonic-net.co.jp/

e-dentist

地方までまんべんなくカバーした、歯科業界に特化している転職エージェントです。

また、外国人支援を積極的に行っているサイトです。

海外で働く歯科衛生士の情報などもあります。

https://www.e-dentist.co.jp/

リクルートエージェント(総合エージェント)

業界最大手で、求人数の多い総合エージェントです。

医療業界にも強く、医療系に強い専門アドバイザーが対応してくれます。

大手だけあり、質問してもレスポンスが早いです。

https://www.r-agent.com/

マイナビエージェント(総合エージェント)

20歳代~30歳代向けの転職情報が多いので、若い方で転職を考えている人に、おすすめです。

キャリア事業大手なので、求人数が多いです。

企業内歯科衛生士や、歯科衛生士のキャリアを利用して他業界に転職したい人にもおすすめです。

https://mynavi-agent.jp/

DODA転職支援サービス(総合エージェント)

比較的、非公開求人が多い総合エージェントです。

歯科衛生士の経験を下に、他の業界への就職を目指している方に、おすすめです。

新しい可能性がみつかるかもしれません。

https://doda.jp/

まとめ

今回は、歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由と、おすすめのエージェントの選び方についてご案内しました。

いかがでしたでしょうか?

歯科衛生士は比較的転職率が高い職業なので、それだけ転職活動に時間をかけている人も多いかと思われます。

転職活動には色々な方法がありますが、その選択肢の一つに転職エージェントを考えてみてはいかがでしょうか?

便利なことも多く、何より無料ですので利用してみる価値はあるでしょう。

皆様がこの記事を読み、転職活動の参考に少しでもなったと感じていただけたようでしたら幸いです。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的

歯科衛生士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

歯科衛生士は、転職先に困らない職業でもあります。年齢を重ねるごとに経験値も増え、即戦力を求めている医院にとっては、30代の転職は有利ともいえるでしょう。しかし、仕事が出来れば、どこでも働けるわけではありません。医院の中には、自分よりも年齢が下のスタッフがいます。同期で就職をすれば別ですが、既存のスタッフの場合は、年齢が下のスタッフとの調和も大事なポイントです。今回は、30代の転職だからこそ、気をつけなければいけない点について、お話していきます。歯科衛生士が30代で転職する人は多い?高校卒業をして、すぐ歯科衛生士専門学校に行き、歯科医院に勤めると20代は、とにかく自身のスキルの向上と知識を増やす

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、