歯科衛生士といえば歯科医院で働くことがメジャーですよね。

新卒で働く歯科衛生士のうち、9割以上が歯科医院で働くとされています。

基本的な知識や技術を身に着けるために、さまざまな症状を持った患者さんが来院する歯科医院は最適の環境だと言えます。

コンビニの数以上に多くの歯科医院があると言われていて、その多すぎる求人数に、何を基準にして選んだらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回はよくある歯科衛生士求人の募集内容や見落としがちな重要ポイントについて、徹底的に解説します!

歯科衛生士求人の仕事内容とは?

歯科衛生士求人では、歯科衛生士の3つの業務に集中して仕事を依頼されるところと、その他の一般業務も含めて求人を出しているところに分かれます。

また、求人に書かれていなくても、歯科医院によっては当たり前のように仕事内容に入れられているところもあります。

規模が大きくなるほど、専門のスタッフを雇うことにより分業の確率は高くなる傾向にあります。

それでは、仕事内容について見ていきましょう。

歯科衛生士のお仕事に特化!

歯科衛生士の3大業務内容に集中して求人を出しているところもあります。

3大業務内容は、「歯科診療補助」「歯科予防処置」「歯科保健指導」に分かれています。

「歯科診療補助」ではドクターの横に立って、診療がスムーズに行われるようにドクターのアシストを行う業務です。

必要な器具の受け渡しや患者さんへの問診を行います。

「歯科予防処置」は、虫歯や歯周病にならないよう処置する業務です。

歯ブラシではとれない歯垢や歯石を機械を用いて除去します。

そして、最後に「歯科保健指導」です。

正しいブラッシング方法や口腔ケアを患者さんに指導することで、日々の生活習慣から改善してもらうことを目的としています。

どれも歯科医師の指導のもとで行う業務であると決められており、歯科衛生士の独断ではおこなうことができません。

受付

受付専門のスタッフを雇っていない場合、受付業務も歯科衛生士の仕事として求人を出しているところもあります。

歯科衛生士のお仕事と並行して受付も任されるため、診療時間内はかなり忙しく動き回る事になります。

また、受付業務は覚えることが多く、患者さんのクレームに繋がりやすい場所なので、正確さやスピードが要求されます。

忙しい歯科医院では、ひっきりなしに電話が鳴り、他のスタッフが電話に出られない場合は電話対応も同時にすることがあります。

受付を任されるところでは、レセプト管理を任されることも多いです。

裏方作業

器具の消毒や滅菌、在庫の管理や発注まで、裏方仕事を歯科衛生士に任せているところも多いです。

歯科助手に比べて、知識が豊富で歯科医療に精通しているため、裏方作業を任せてもスムーズにできると考えられています。

手の空いた時間に裏方作業をお願いされることが多いですが、実際診療時間中に手が空くことは少なく、全て終わるまで残業しなければいけないこともあります。

歯科助手の中にベテランの人がいたら、いくつかの仕事をお願いすることもできます。

在庫の補充が行われていなければ、医師がしたい治療ができなくなってしまい、患者さんにも迷惑をかけてしまうので、必要な在庫は常にあるように管理されていなければなりません。

カルテ整理

電子カルテの場合は管理が比較的簡単で、仕事内容にあまり含まれませんが、まだ紙のカルテを使用している場合はカルテ整理も大事な仕事の1つです。

順番通りに整理していないと、次使用するときに見つけられず、その患者さんの情報が一切ない状態で診療を続けることになってしまいます。

診療時間内に、翌日のカルテをすべて用意しておくことで、来院される患者さんへの対応がスムーズにでき、待ち時間を少なくすることができます。

診療時間が終わった後にスタッフ全員でカルテ整理をおこなう場合もあります。

歯科衛生士求人でよくある募集内容とは?

まずは、歯科衛生士の求人でよくある募集内容について見ていきましょう。

よくある募集内容を知ることで、どのようなポイントで条件を絞れば良いのかが見えてくるでしょう。

職種

歯科衛生士のお仕事は、歯科医院でのお仕事に限りません。

一般企業で勤めたい場合は、歯科衛生士の知識を活かして歯科関連企業で働くことができ、新しい歯科資材の研究や営業に携わることができます。

また、公務員試験に合格すれば、公立病院や保健センターで公務員の歯科衛生士として働くことも可能です。

そのほか、5年以上の歯科衛生士としての臨床経験があれば、ケアマネージャーの受験資格が取得でき、ケアマネージャー兼歯科衛生士として介護施設等で活躍することができるでしょう。

このように、「歯科衛生士」という職業でも、働く場所は限定されず、たくさんの可能性を秘めています。

最初は歯科医院で基本的な技術を身に着け、慣れてくるとスキルアップのために他の職種に転職する歯科衛生士も多くいます。

給与相場

歯科衛生士の平均年収は約345万と言われています。

新卒で働く場合には月収20万~23万円のところが多いようです。

大規模な歯科医院や医療法人でおこなっている歯科医院は相場よりも給与が高い傾向にあるので、給与面で少しでも高いところで働きたい人には、そのようなところからチェックすることをおすすめします。

中には年収500万円以上を保障している歯科医院もあるので、自分の技術がそれに見合うものだという自信がある人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は、夜遅くまで診療している所については早番と遅番で時間交代制を取り入れているところが多いです。

時間交代制でない場合には、開院から閉院まで、歯科医院の診療時間によって変動はありますが約10時間の勤務時間だと考えられます。

また、1日8時間が法定の勤務時間のため、8時間を超えた場合には残業扱いになり、残業代が支給されるところが多いです。

働く歯科医院によって、残業代の計算の仕方が異なり、毎日のことなので意外と給与に差が出やすいポイントです。

休日は、2~2.5日としている所が多く、週3日休日というのはとても少ない求人です。

休診日+1日休み+半休としているところが多く、平日休みになる場合が多いです。

福利厚生

福利厚生では、法律で決められている有給休暇の他に、特別休暇として年末年始休暇、お盆休み、夏休みが与えられるところが多いです。

また、交通費やガソリン代の支給をしてくれるところもあります。

皆勤手当、ボーナス支給、昇給制度など魅力的な福利厚生を掲げているところも多いです。

また、産前産後休暇や育児休暇を支給しているところもありますが、実際には妊娠すると退職するよう促される歯科医院もあるので、取得率などを参考にすることも必要となってきます。

また、セミナーに参加すると、レポートを医院に提出する代わりにセミナーの費用を負担してくれるところもあり、スキルアップに積極的に協力してくれる歯科医院も少なくありません。

求められる人物像

未経験やブランクがあっても歓迎としている歯科医院は多いですが、やはり経験があるに越したことはありません。

求められる人物像としては、コミュニケーション能力が高い、清潔である、作業が正確で丁寧である、などが挙げられます。

医院長によって、面接で合格を判断する基準は異なりますが、これらの人物像は概ね全ての歯科医院に共通するものだと言えます。

また、これらの人物像があてはまりそうかは面接で判断されるため、これらの点をアピールすることが大切です。

診療中は常に患者さんと接することになるので、患者さんの前でもはきはきと喋れるか、暗くないかというのはとても重要になってきます。

歯科衛生士求人のおすすめ求人のポイントとは?

よくある募集内容が分かったところで、求人を見分ける際におすすめするポイントについて解説します。

歯科医院は街中にとても多くあるため、当たりはずれがあることが正直な感想です。

しかし、求人からそこが当たりでありそうかはある程度見分けることができます。

転職がしやすい歯科衛生士といっても、何度も転職を繰り返すことは決して良い印象は与えません。

快適な環境で長く働き続けるためにも、良い求人を見分けられるようになりましょう。

見学がいつでもできる

見学を随時行っている所は、優良歯科医院である可能性が高いです。

人を集めようと見学のためだけに、綺麗にしたりいつもよりスタッフの愛想が良くなったりと、医院長の指示のもと本来の姿が見られないところもあります。

しかし、随時見学を行っている所では、見学の際の対応にも慣れており、スタッフも見学される事に慣れているので、普段通りの動きが見えやすいです。

また、見学をしたらほぼ入社が決まるところもあるのに比べ、見学をいつでもしているという所は面接の前に見学を行ってくれるところが多く、気に入らなければ面接の予約を入れなくてもいいので、断りやすいことが特徴です。

ぜひ見学をいくつもしてから、自身の目で見てみて、そこで働きたいのか考えてみることをおすすめします。

公式ホームページがしっかりしている

歯科医院は毎日とても忙しく、公式ホームページの管理まで行き届いていない歯科医院は多いです。

最終更新が何年も前であったり、とてもシンプルで情報が少なかったりします。

そのため、公式ホームページがしっかりしている歯科医院は、細かいところまで管理が行き届いており、分担が上手い歯科医院であると推測できます。

また、意外と公式ホームページから得られる情報は多く、その医院の治療方針や医院長の考え方、スタッフの雰囲気を感じることができます。

その情報を参考にして面接の対策もできるので、公式ホームページがしっかりしていることはとてもプラスのポイントだと考えられます。

いつも求人を出しているわけではない

常に人員不足で求人を出している所は注意が必要かもしれません。

新たに人が入っても定着せずすぐに辞めてしまったり、歯科衛生士に人気がなかったりと、何か理由があって年中求人を出している場合が多いです。

事業拡大などで人手が必要など、理由がはっきりしている場合はいいですが、調べるたびに求人で見かけるものに関しては、同僚の歯科衛生士に聞いてみたり、口コミサイト等で医院自体の口コミを見てみましょう。

歯科衛生士のコミュニティーは意外と狭く、同じ学校出身などの繋がりで思いがけず情報が得られることも少なくありません。

悪い噂はもちろんですが、評判の良い歯科医院もすぐに情報で回って来るので、既に転職を視野に入れている場合には日々情報収集に勤めましょう。

求人内容が詳しく書かれている

求人サイトに出されている求人を比べた時、詳しく内容が書かれているものもあれば、「詳しくは面接時に」などと濁しているものもあります。

この場合、前者のほうが信頼できると考えられます。

求人に出されていることが全てではないですが、求人を見ることでその歯科医院のやる気を感じられます。

また、面接の際にも「働いてみてから」と条件をあやふやにされ、いざ働き始めると予想よりも条件が悪くて後悔した...というケースもあるので気を付けましょう。

面接で経験を聞いてから待遇を決定することはありますが、働き始めてから待遇を決めるところは、あなたがよほどのベテランでない限りはあまり期待はできません。

求人内容が詳しいほど、条件に合う人を獲得したいという気持ちの表れであり、応募者への対応も優れているところが多いです。

福利厚生が良すぎない

周りの求人と比べて、極端に福利厚生が良い場合も注意が必要です。

求人サイトで書かれている内容は法的拘束力はなく、法で決められている労働時間や有給休暇などの付与を守っていれば、求人の内容通りに全て実行しなくても良いです。

そのため、本来とは異なる内容で、福利厚生をとても良く書き、集客効果を狙っている歯科医院もあります。

そのような歯科医院では、歯科衛生士を始めとするスタッフの定着率が低いため、福利厚生を他の医院よりも大幅に手厚くしなければ人が来ないというケースもあります。

面接では受けたら全員が通り、とりあえず採用するという研修制度もあまり整っていない中いきなり働かされるということもあるので、良すぎる場合は注意して見ることが必要です。

逆に、歯科衛生士に人気の求人は、福利厚生が周りの求人と大きく異ならなくても、すぐに人が来るので求人サイトでの福利厚生は盛らずに書いていることが多いです。

歯科衛生士求人の仕事についてよくある疑問

ここでは、歯科衛生士の求人について、よくある疑問とその答えについてお伝えしていきます。

新卒で働けるところを探している、転職活動中で新しい職場を探している人は聞きたくても誰に聞いたらいいのか分からない、面接で直接聞いたら失礼になるのではないかと不安に思っていることがあることでしょう。

これがぜひあなたの就職活動の助けになることを願っています。

未経験やブランクありは採用されにくいの?

多くの歯科医院では、未経験歓迎やブランクのある人も働きやすいとしています。

より多くの人を募集して良い人に来てもらいたいという思いのもと、研修制度があまり整っていなくても、このような謳い文句を掲げている所ももちろんあります。

また、人柄重視で採用している医院長の場合は、実際に未経験やブランクのある人の採用を積極的に行っていることもあります。

ポイントは、実際に未経験やブランクのあった人がその職場で活躍できているか、研修制度は整っているかということです。

その点をしっかりと見極めて職場を選びましょう。

もちろん、経験がある人の方がスムーズに教えられ、患者さんの前にすぐに出せるようになりますが、決して未経験やブランクがあるからと採用されないことは無いです。

たとえ未経験やブランクがあっても、面接で学ぶ意欲の高さを見せることでむしろプラスに捉えられることも多いので、言い方次第ではアピールポイントにもなるでしょう。

いくつかの歯科医院を見学してから職場を決めるべき?

いくつかの歯科医院を見学することを強くおすすめします。

特に、歯科医院での勤務経験が少ない人は、視野が狭くなったり給与面だけで決めてしまいがちです。

いくつもの歯科医院を見学することで、その歯科医院の特徴や雰囲気が分かるようになります。

就職した後に、「失敗した...」と思ってもすぐに転職することは履歴書に傷がつきますし、新たな職場を1から見つけなくてはいけません。

それを防ぐためにも、ぜひいくつも見学して自分が納得できる職場に出会えるまで諦めないでください。

1日の大半を職場で過ごすことになるので、想像以上に職場の人間関係や雰囲気は働く上で重要になってきます。

給与や福利厚生の面以上に気にして欲しいポイントです。

歯科衛生士として働くのに不安があるけど大丈夫?

特に新卒の人は、歯科衛生士として本当に働いていけるのか不安になる人が多いです。

学校でたくさん勉強し、国家試験に合格しても、実習でおこなうことはとても基本的で限定されており、技術面に不安がある人も多いことでしょう。

特に、歯科医院でのアルバイト経験がない人にとっては、歯科医院で働くこと自体も初めてで患者さんとどう接したらいいのか分からないという人も少なくありません。

しかし、心配しなくても大丈夫です。

働く歯科医院は、あなたが新卒で入ってくることを知っているため、多くは期待していません。

知識面では国家試験に合格するのに十分な知識がついているので、後は知識を自分の体に覚えさせるだけです。

必ず、経験を積むたびに学びがあり、失敗もあなたの経験となります。

不安になって必要以上に緊張し、手元が震えてはいけないので、自分は新人なのだから初めてなのは当たり前と自分をリラックスさせましょう。

誰でも初めは初心者です。

どれだけベテランの人も、これまでたくさん怒られて経験を積んできたのです。

初めてのことには緊張すると思いますが、肩の力を抜いて頑張りましょう。

見学で見るポイントや気を付ける点は?

見学に行ったものの、どう見学したらいいのか分からず何の収穫もないまま帰って来てしまった...という経験はありませんか?

ただぼーっと見ていては見学の意味がありません。

見学で見て欲しいポイントは大きく分けて2つあります。

1つ目は、スタッフの動きやコミュニケーションの取り方です。

先のことを考えてスタッフが動けているか、統率がとれているかはとても重要なポイントです。

チームワークで動かなければいけない歯科医院では、同僚同士のコミュニケーションが必要不可欠になります。

そして、コミュニケーションが取れていると働きやすいだけでなく、人間関係も上手くいっているところが多いです。

そして2つ目が、仕事の分担が出来ているかです。

歯科衛生士の仕事内容は先ほど説明したように多岐に渡ることに加え、働く歯科医院でどこまで任されるのか異なります。

見学の際に歯科衛生士がどのような仕事を担当しているのか見ることで、自分が任されるであろう仕事内容を想像することができます。

一般的には、歯科衛生士の業務に集中できる職場のほうが働きやすいとされていますが、多くの仕事をこなして経験を積みたいという人には、歯科医院全体の流れを知るためにも受付業務等もいい経験になるでしょう。

見学でも立ち居振る舞いなど気を付けなくてはいけない?

基本的に、見学も面接の一部だと思っておきましょう。

面接の前に見学をする場合は、もしその職場に応募することになったら、見学時の印象がとても大きく残ります。

また、面接後の見学でも、見学を通して再度採用を見直す場合もあるので、気を抜けません。

実際、私が働いていた職場でも、面接で仮合格し、後日見学に来ていた人が、見学の態度が予想以上に良くなく、医院長が採用を見送ったことがあります。

また、見学の際は、白衣などを持っている場合には持参し、持っていない場合は事前に連絡して服装について確認しておきましょう。

また、見学予定時間の10分前には到着し、余裕を持って見学に臨みましょう。

そして、何より大事なことは、スタッフや患者さんへの挨拶です。

緊張していると挨拶は当たり前だと思っていても、つい忘れてしまうことやタイミングをなくしてしまうことがあります。

医院長も含め、スタッフ全員に見学が始まる前に挨拶することで、きちんと挨拶できる印象を残すことができます。

また、見学だとしても、患者さんにとってはあなたもそこのスタッフとして見られます。

患者さんにも挨拶をすることで、スタッフに患者さんへの対応もできるという印象を与えることができます。

あなたも見学の際はその職場でやっていけそうかの判断をしているでしょうが、医院側もあなたがスタッフに加わって全体が上手くやっていけそうかの判断をしています。

気を抜かず良い印象を残すことで、働き始める際も好意を持って接してもらえるでしょう。

面接でよく聞かれる質問とその答え

一般企業では就職の際、グループディスカッションやグループ面接など、いくつかの過程を経て、最終面接になります。

しかし、ほとんどの歯科医院ではいきなり医院長と面接という形をとられており、その面接に合格すれば採用となります。

ということは、1回限りの面接で自分の想いや意欲を伝えきれなくてはなりません。

事前に想定問答集を用意しておくことで、リラックスして面接に臨むことができます。

ここでは、面接の際によく聞かれる質問についてご紹介します。

志望動機

これは、100%聞かれる質問です。

あなたが何故その歯科医院で働きたいと思ったのか、他の歯科医院とは何が違ってよかったのかなど、どうしてもその歯科医院で働きたい気持ちを伝えましょう。

「家が近いから」「給与が良いから」などは消極的な志望動機として受け取られます。

その歯科医院の方針や治療内容について言及し、医院長のこだわっている部分を的確に褒めることができたら合格できるでしょう。

また、ありふれた答えは、志望人数が多く何度も面接しているところでは、記憶に残らないため、他の人が言わないようなあなたらしさを出すことも大切です。

どのような歯科衛生士になりたい?

これもとてもよく聞かれる質問です。

どのような歯科衛生士になりたいかで、その歯科医院で働くのに合っているかを見ています。

例えば、虫歯治療を中心に行っている歯科医院で、「歯科予防において誰よりも技術を身に着けたい」と言っても、職場に選ぶべきは歯科予防に力を入れている歯科医院であり、今面接を受けている歯科医院ではないことが分かりますよね。

嘘をつく必要はありませんが、自身のなりたい歯科衛生士像とその歯科医院の治療方針や医院長の歯科医療への考え方が一致すれば、とても良い印象を残すことができます。

どのような歯科衛生士になりたいか、なので必ずしもその理想に近づけるかは分かりません。

特に新卒で入ってくる場合は、医院側も将来あなたがどのような歯科衛生士になるのかを知るためにこの質問をしています。

どうして歯科衛生士になろうと思ったの?

この質問は、先ほどの理想の歯科衛生士像ではなく、どうして歯科衛生士養成学校に行き、歯科衛生士として働きたいと思ったのかを問われています。

実際のところは、「医療資格を取りたかったから」「親に言われたから」など消極的な理由がほとんどで、小さいころから歯科衛生士を目指していたという人は少ないでしょう。

面接で聞かれた際には、正直に理由を言うことも1つの方法です。

しかし、必ず最後にポジティブな動機付けを行いましょう。

例えば、「最初は医療資格を取りたいと思って入学したけど、勉強するうちに歯の世界の奥深さに魅了され、自身も患者さんの歯科予防や歯科治療に関わりたいと思ったから」などです。

勉強するうちに興味が湧いて来た、歯科医院でのアルバイトを通してもっと積極的に患者さんと関わりたいと感じたなど自身の言葉で伝えることで、必ずその思いは面接をしている人に届きます。

どうして転職を決意したのか?

これは転職希望者なら必ず聞かれると思っておきましょう。

面接担当者は、あなたが前職でどのような経験をしたのかを含め、転職を決意した経緯を知りたいと考えています。

この質問の答えに、前職の悪口を含めてはいけません。

「人間関係が最悪だった」「給与が低すぎた」などのマイナスの発言は、今度の職場でも同じ不満を感じてすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。

たとえ実際の転職理由がそのようなものからくるとしても、「前職では学べなかった○○という技術が、こちらの歯科医院では学べるから」などポジティブなものに変えましょう。

人間関係の問題や給与への不満は、少なからずどの職場でもあります。

違法レベルで給与面に問題があるのなら別ですが、許容範囲なら、あまり表立ってそのことについては触れないようにしましょう。

基本的に、全ての質問でポジティブな答えをしておくと、暗い印象を持たれないためベターです。

最後に質問はありますか?

この質問をされると、もう面接が終わるよというサインです。

特に質問がない場合でも、「ありません」と答えてはいけません。

歯科医院や医院長、スタッフに関することを質問しましょう。

ただし、公式ホームページを見たらすぐに分かるものや個人的なことを聞くことはNGです。

どれだけ調べても分からなかったことや、面接中に出てきた疑問を聞きましょう。

また、質問をする際に、「ホームページで○○について書かれていましたが...」と前置きすると、きちんとその歯科医院について調べて来た、入職意欲があると判断してもらえやすいのでおすすめです。

また、この質問は最後に必ず聞かれるため、予め質問を考えておくと、直前でパニックにならずに聞きたいことを質問できるでしょう。

まとめ

今回は仕事内容や求人を見るときのポイント、面接での受け答えについてお話ししました。

人によってどの点を重要視するのかは異なります。

自分の中での優先順位を決め、より希望に合う求人を探しましょう。

また、面接では余程回数をこなさない限り、誰でも緊張します。

しかし準備をすることで、その緊張は薄れ、自分の良さをアピールできることでしょう。

プレゼンテーションは準備が8割という言葉があるように、面接も準備が8割です。

新卒の場合は面接からでしか、その人の人柄ややる気は判断できません。

ぜひ、どうしてもその歯科医院で働きたいという気持ちを伝えましょう。



歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的

歯科衛生士が30代で転職する時に気をつけたい4つのこと。経験者が解説します!

歯科衛生士は、転職先に困らない職業でもあります。年齢を重ねるごとに経験値も増え、即戦力を求めている医院にとっては、30代の転職は有利ともいえるでしょう。しかし、仕事が出来れば、どこでも働けるわけではありません。医院の中には、自分よりも年齢が下のスタッフがいます。同期で就職をすれば別ですが、既存のスタッフの場合は、年齢が下のスタッフとの調和も大事なポイントです。今回は、30代の転職だからこそ、気をつけなければいけない点について、お話していきます。歯科衛生士が30代で転職する人は多い?高校卒業をして、すぐ歯科衛生士専門学校に行き、歯科医院に勤めると20代は、とにかく自身のスキルの向上と知識を増やす

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科衛生士が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

歯科衛生士は、特殊な仕事です。物相手ではなく人間相手だからです。医療系の職種は、全てがそうなりますが、人間相手だからこそ、苦労することも多いです。また、歯科衛生士は技術職でもありますので、毎日技術の向上に励む必要もあります。では、実際どういう苦労があるのでしょうか?今回は、歯科衛生士を約20年経験した私が感じてきた苦労に関して、詳しくお話していきます。歯科衛生士ってこんな仕事歯科衛生士の仕事は、多岐にわたります。就職先によっても、仕事の内容は変わってきます。開業医の一般歯科だと、基本的には、歯科衛生士の業務全般をこなすことになります。また、その医院の院長の得意分野によっては、認定衛生士の資格取

歯科衛生士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

今回は、将来は歯科衛生士として働きたい!歯医者のお姉さんに憧れる!と思っている人に向けて、必要な資格や勉強法、適性など歯科衛生士に必要なことをお伝えします。私が実際にどのように職場を見つけたのか、またどこをポイントに職場を決めたらよいのかなど、知っていて損はない話ばかりです。歯科衛生士になるには?それではまず、歯科衛生士にどうしたらなれるのか、何を勉強しておくべきなのかについてご紹介します。歯科衛生士になるために必要な資格は?歯科衛生士として働くには、歯科衛生士国家試験に合格することが必須です。マークシートの回答で、実技試験はありません。受験資格が与えられるのは、歯科衛生士養成学校を卒業した人

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

歯科衛生士って、男性でも出来るってご存知でしょうか?あまり、出会ったことはないかもしれません。どんなお仕事をしているのでしょうか?大変なことはあるのでしょうか?そんな疑問に答えるべく、今回は男性歯科衛生士について、解説いたします。歯科衛生士の仕事について、おさらいしておこう歯科衛生士は、歯科医師のもと、歯科診療補助、歯科衛生処置、歯科保健指導などの仕事をします。治療のアシスタントや、スケーリングなどの歯のお掃除、ブラッシング指導などの仕事ですね。その他にも歯科医院の受付や掃除、器具の準備や滅菌消毒など、色々なお仕事をします。大学病院の病棟で働く歯科衛生士もいますし、歯科関係の企業で働く人もいま

歯科衛生士は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

歯科衛生士の国家資格は持っているけど、実際に働くのは初めて。歯科衛生士として働こうかな...でも未経験なのに雇ってもらえるのかな...と心配の皆さん。今回はそんなみなさんに向けて、歯科衛生士は未経験でもできるのか、スムーズに就職できるコツやアピールできる経験をお伝えします!歯科衛生士は未経験でもできるの?歯科衛生士養成学校を卒業し、歯科衛生士国家資格に合格して免許を受け取ったからといって、その全員が新卒で歯科衛生士として働きだすとは限りません。在学中に歯科衛生士以外に興味がわくお仕事を見つけて、一応資格だけは取ったけど、全く関係ない職に就く人もいます。そんな人が改めて歯科衛生士として働き始めた

歯科衛生士のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科衛生士の仕事はどんなイメージがあるでしょうか?難しそう・業務内容がきつそう・老若男女と接する仕事だから大変そう・女性ばかりの職場だから人間関係に苦労しそう・・など、マイナスなイメージを持たれる事が多いのかもしれません。しかし、歯科衛生士は、とてもやりがいがある素晴らしい職種なのです。どういったやりがいがあるのか、詳しくお話していきましょう。歯科衛生士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科衛生士は、基本的に歯科医院で働いている人が大半です。歯科医院での仕事の内容は、大きく分けて3つです。1つ目が「診療補助」です。これは、歯科医師の治療の介助、仮歯の作製や型どり、レントゲン写真撮影のセッ

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんでしょうか?人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に解説いたします。解決法についてもご案内いたします。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてしまいます。上手なアシスタントについてもらうと、先生も治療をしやすいので、うまくできれば褒められることもありますし、自分の自信に繋がります。ぜひ、

歯科衛生士に高卒でもなれるの?歯科衛生士になるまでの方法やおすすめの就職方法教えます

歯科衛生士はよく聞く国家資格のうちの一つですが、どうやって取得ことが出来るのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?「ユーキャンなどの資格サイトで取得できるのかな?」「自分で参考書などを買い、独学で取得することができるのかな?」「専門の学校に通う必要はあるのかな?」「高卒でもなれるのかな?」など様々な疑問があると思いますので今回は歯科衛生士になるためにはどのような方法があるのか、また就職についてもお話しします。歯科衛生士って高卒でも大丈夫?歯科衛生士は高卒でなることは不可能です。歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成学校を卒業しなければ国家資格を受験する資格を得ることができません。歯

歯科衛生士の働き方で皆が悩む5個のこととその解決方法

時代が進むにつれ、職業だけでなくその働き方までも自分で選択できるようになってきました。それは歯科医療においても例外ではありません。歯科衛生士として働く上で、働き方が多様化してきたからこそ、働き方自体に悩む場合があります。この悩み、どうやって解決したらいいんだろうと思っているみなさん、今回はみなさんの悩みへの解決方法をお伝えします!歯科衛生士の働き方で皆が悩む5個のこととその解決方法どのような働き方が自分に合っているのか、自分にとって楽に仕事ができるのかという働き方に関する悩みは、自分にぴったり合った職場に巡り合うまで尽きることがありません。歯科衛生士のお仕事自体は好きなのに、働き方への悩みでそ

歯科衛生士とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

歯科衛生士とはよく聞く職業のうちの一つですが、歯科助手と同じと思っている方が多いです。歯科衛生士は専門の学校に通って国家試験を合格しなければなれないのです。今回はその歯科衛生士について詳しくお話したいと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士はどのような仕事かと一言で説明してと言われた際いつも考えてしまいます。簡単に言えば歯科医院の看護師です。歯科衛生士が専門的に行う治療もありますし、先生のアシスタントも行います。歯科衛生士の具体的な仕事内容とは?続いて具体的な仕事内容を説明させていただきます。具体的な業務歯のクリーニング細菌の塊のプラークと呼ばれるものが石灰化したものを歯石と言い

歯科衛生士の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

今やコンビニエンスストアよりも多いといわれている歯科医院。どこの歯科医院にも、歯科衛生士は必須の存在となりました。歯科衛生士の仕事で思いつくのは、治療の際に唾液を吸ってくれる、歯のクリーニングをしてくれるなどではないでしょうか?では実際、歯科衛生士は毎日どのくらいの数の仕事内容があるのでしょう?今回は、歯科衛生士の仕事内容について詳しくお話していきます。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事

歯科衛生士と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。その理由をお話しします。女社会のため、子育てに理解が得られる歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。特に同じように育児をしながら

歯科衛生士におすすめの転職サイト5選。おすすめの理由も紹介します

今回は歯科衛生士の転職で、おすすめの転職サイトについてお話しします。歯科衛生士の仕事・種類についておさらいしておこう歯科衛生士は専門の学校に3年間通って実習や勉強をし、国家試験を受けて取得できる資格です。歯科衛生士の仕事は主に予防歯科と呼ばれるクリーニングを中心に行います。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化した歯石と呼ばれるものを取り除いたり、歯磨きの方法について指導したり、歯茎の状態をチェックしたり、定期的なメンテナンスを行ったり、、簡単に言えば歯科医院の看護師なような役割を行なっています。もちろん先生の治療のアシスタントも行います。患者さんと直接関わる機会が多いとてもやりがいのある仕事です

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

歯科衛生士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。歯科衛生士の離職率ってどれくらい?公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。「1回ある」が24.3%。「2回以上ある」が51.4%。となりました。この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになりま

歯科衛生士になるには?働きながら歯科衛生士になる方法、注意点などご紹介します

今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。まずは歯科衛生士の資格について紹介します歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。歯科衛生士について簡単に説明します。歯科衛生士とはどんな

歯科衛生士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと

歯科衛生士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?ちょっと気になりますよね。今回は採用面接について、解説いたします。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個

歯科衛生士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

歯科衛生士は、国家資格を必要とするプロフェッショナルなお仕事で、安定感があることから年々人気が高まっている仕事の1つです。今回は歯科衛生士の将来性について待遇やお給料の面から、私が考えるこのお仕事をずっとやっていたいと思う理由について詳しく解説していきます。歯科衛生士の仕事内容は?まず、歯科衛生士の仕事内容について簡単に説明します。診療補助歯科衛生士ときくと、歯医者でドクターの隣にいる女性を思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。これは診療補助といって、診療中のドクターに器具を渡したり、バキュームで患者さんの唾液を吸ったりする仕事です。なお、この仕事については一部について歯科助手もでき、国家資