歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。

それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?

ちょっと気になりますよね。

今回は採用面接について、解説いたします。

歯科衛生士の仕事内容

まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。

働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。

歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。

歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個のこと

それでは実際に歯科医院で働きたいと思ったら、興味のある歯科医院へアポイントを取り、歯科医院へ出向いて、面接を受けなければいけませんね。

採用面接では、どんなことを聞かれるのでしょうか?

どうしてこの医院で働きたいと思ったのか

まずは基本の質問。

どこの採用面接でも、聞かれる可能性の高い質問ですね!

受け答えのコツ

相手に興味を持っていて、ぜひ働きたいという意欲をアピールできたらいいですね。

具体的には、求人情報や歯科医院のホームページなどをあらかじめチェックして、医院が力を入れている仕事を中心に、そういった仕事がやりたくて応募したと伝えると、イメージがいいのではないでしょうか?

例えば予防歯科に力を入れていて、患者担当制のクリニックだったら、「予防歯科の仕事が好きだから、ぜひこちらで働きたいと思いました」ですとか。

インプラントに力を入れているクリニックだったら、 「インプラントに興味があり、勉強したいと思いました」などです。

その歯科医院と全く関係ない業務内容を言ってしまうと、イメージが悪くなると思うので、あらかじめどんな歯科医院なのか、リサーチしておくといいでしょう。

どうして歯科衛生士になろうと思ったのか

この質問も、されることがあります。

受け答えのコツ

どうしてと言われても、医療系の国家資格で、就職に有利だから、手に職をつけようと思って、資格を取ろうと思った人も多いとは思います。

ただ、そのまま言ってしまうと、あまりいいイメージではないかもしれません。

少しアレンジして、「最初は、医療系の国家資格で、就職に有利だと思って歯科衛生士学校になろうと思いましたが、勉強してみて、患者様のお口の健康を守ることができる、やりがいのある仕事だと感じています。」などと答えるといいかもしれませんね。

どんな仕事をしたいか

アシスタント業務が好きなのか、スケーリングなどの予防業務なのか、色々な仕事がありますね。

受け答えのコツ

基本的には、面接先の歯科医院が、どのような業務に力を入れているのかリサーチしておいて、その業務を中心に話すとイメージがいいですね。

どんなことが得意か?

歯科医院によっては、歯科衛生士が色々な仕事をしていることもあります。

受け答えのコツ

自分の得意なことを、アピールしたらいいですね。

スケーリングが得意とか、TBI(歯磨き指導)が得意など、どんどんアピールしましょう。

また、転職の場合は、前職でどのような仕事をしていたのか、聞かれるかもしれません。

歯科医院によっては印象(歯型)をとったり、石膏を流したり、TEK(仮歯)を作ったり、レントゲン撮影の準備をしたり色々やっていたかもしれませんね。

歯科医院によって歯科衛生士にどこまで求めるかは、それぞれなので、柔軟に対応すると伝えると好印象でしょう。(不法行為は除いて)

やったことがなければ、素直にそう伝え、これから勉強すると伝えたら良いのではないでしょうか。

転職の場合、どうして前職を辞めたのか

転職の場合は必ず聞かれるので、準備して行きましょう。

受け答えのコツ

どうしても、前職の悪口を言っていしまいがちだと思います。

しかし、悪口ばかりだと聞いている方も嫌な気持ちになりますし、ネガティブな人間だと判断されてしまうかもしれません。

前向きな回答を準備していくと、いいでしょう。

例えば、「前職は常に忙しく、簡単な診療補助や、片付けばかりをまかせられる職場だったので、もっと自分のスケーリングのスキルを磨きたく、予防処置に力を入れている職場に転職したいと考えました。」

などと、前向きに答えるといいかもしれませんね。

休日や勤務時間などについて

歯科医院にもよリますが、交代制で休日をとる場合があります。

歯科医院自体は日曜祝日休診ですが、スタッフは週休2日や週休3日休みのため、平日に交代で休んだりする場合があります。

出勤時間も、交代制の場合もあります。

面接の時に、働き方を、向こうから提示されるかもしれません。

受け答えのコツ

他のスタッフとの都合があるので、基本的には提示された条件を飲むと好印象ですね。

ただ、もしどうしても都合が悪い場合は、面接の時にしっかりと伝えましょう。

働き始めてから、面接と違う話をすると、相手に迷惑をかけてしまいます。

どうしても自分の希望と合わなければ、諦めて他の求人を探しましょう。

最後になにか質問などありますか?

面接の最後なので、話したことが印象に残りやすいです。

受け答えのコツ

確認したいことがあれば、質問しましょう。

特になければ、「一生懸命がんばりますので、よろしくお願いいたします。」など、前向きにアピールするといいでしょう。

歯科衛生士の採用面接での注意点

採用面接で、どんなことに注意したらいいのでしょうか?

服装

まずは基本の服装ですね。

新卒の場合は、リクルートスーツが無難でしょう。

面接に最適な、身だしなみですね。

ただ、再就職などでスーツが無い、リクルートスーツは年齢的に似合わないという場合もあるかもしれません。

シャツにジャケットなどを羽織り、社会人として常識がありそうなイメージの服を着ていくのがいいでしょう。

ジーンズなどはやめましょう。

また、医療関係の仕事ですので、清潔第一です。

靴が汚なかったり、シャツが汚かったりするとマイナスイメージを持たれてしまいます。

きれいに手入れをした、服や靴がいいでしょう。

また、面接時に歯科医院内を見学することが、あるかもしれません。

あらかじめ電話で確認が必要となりますが、白衣や院内シューズを着用して、院内を見学することが可能な場合もあります。

その場合は、白衣や院内シューズを持参するといいでしょう。

髪の色は、カラーリングしていてあまりにも明るいと、社会人としてマイナスイメージを持たれる場合もあるので、黒か暗めの茶色が無難でしょう。

ただ、歯科医院によっては、脱色しているスタッフが多いところもあるかもしれません。

個人歯科医院は、色々な所があります。

歯科医院によっては、明るい色の髪の毛のスタッフが多くて、真っ黒だと浮いてしまう場合もあるかもしれません。

あらかじめ、ホームページなどを見て、先生やスタッフの雰囲気を確認できたらいいですね。

ホームページが無いなど、どんな歯科医院なのかわからない場合は、黒や暗めの茶色の髪色が、無難ではないでしょうか。

また、髪の色よりも重要なのは、髪型です。

基本的に医療現場では清潔第一なので、しっかりとまとめた髪型が好まれます。

特に、前髪が顔にかかっていると、仕事の邪魔です。

仕事中に髪の毛を触っては、不衛生で、診療にも悪影響です。

前髪やサイドはピンで留めて、後ろ髪が長い人は、しっかりとまとめるといいでしょう。

面接の時から、医療人としての基本姿勢ができていると、高評価です。

基本的に歯科では、診療前に手や爪の間を爪ブラシなど使ってよく洗い、医療用の手袋をはめて仕事をします。

爪が長いと、間に汚れが入って不衛生ですし、手袋にもすぐに穴が空きます。

患者様のお口を直接触る仕事なので、医療用手袋は必須です。

これは患者様を守るためでもありますし、自分を感染症から守るためでもあります。

患者様によっては、自分が感染症に罹っているとは知らずに、歯科治療を受けにくる人もいます。

常に手袋をして、仕事をしなければいけません。

ネイルアートなどは落として、爪は短く切って、よく洗った清潔な状態で面接に行くと、すぐに仕事ができる人だと評価されるでしょう。

メイク

基本的に医療現場では、清潔感のあるナチュラルメイクが好まれます。

老若男女に受けがいい、ナチュラル(またはナチュラル風)メイクで、小奇麗な感じで身だしなみを整えるといいでしょう。

ただ、歯科医院によっては、化粧の濃いスタッフが多いところもあるかもしれません。

あらかじめホームページなどで確認できたらいいですね。

歯を磨く

歯科関係者は普段から、人の歯をよく見ています。

意識していなくても、勝手に目が口元にいってしまうのです。

職業病と言えるかもしれません。

歯が汚いと、それだけで歯科衛生士失格と見られる可能性があるので、歯をきれいに磨いてから面接に望みましょう。

時間を守る

時間を守るのは、社会人として基本常識ですね。

一般的に歯科医院では、院長先生が面接を行う事が多いです。

忙しい診療の合間の時間を利用して、面接を行うことが大部分です。

少しでも時間に遅れてしまうと、大変迷惑をかけますし、それだけで採用したくなくなるのではないでしょうか。

時間は必ず守りましょう。

時間ギリギリに走っていくのも、息を切らして汗を掻きながらの面接では、イメージが悪くなりますね。

時間に余裕を持って、面接へ行きましょう。

ハキハキと笑顔で話す

歯科衛生士は周りのスタッフや患者様と、コミュニケーションを取る仕事です。

面接の時、話し方はよく見られるかと思います。

挨拶をしっかりして、相手によく聞こえるように、ハキハキとわかりやすく話すといいですね。

相手の顔を見て、笑顔で話すとイメージが良いでしょう。

相手の話を聞く姿勢も見られていると思うので、話を聞く時にも気を抜かずに、相手を見ながら、頷いたり相づちを打つといいでしょう。

やる気をみせる

この医院でぜひ働きたいという、やる気を見せるといいですね。

歯科医師が、一緒に働きたいな、他のスタッフともうまくやっていけそうだなと思えるような、素直で明るい人は採用されやすいでしょう。

歯科衛生士の求人情報や面接時の確認事項6個

主に待遇面を、よく確認しましょう。

ただ、面接の最初から、給料や待遇のことばかりを質問しては、金のことしか考えていない人だと、イメージが悪くなるかもしれません。

だからといって、確認しないまま仕事を始めてしまうと、後からは聞きづらくなってしまうものです。

まずは一通り相手の質問に答えて、仕事内容などを十分に話して落ち着いた後に、「待遇についてお伺いしてもいいでしょうか?」と切り出すのが良いでしょう。

給料

求人情報に書いてあるかもしれませんが、求人情報をプリント(または切り抜き)して、見ながら確認してもいいかもしれません。

内訳も聞いておきましょう。

昇給はあるのかも、重要ですね。

勤務時間、残業代、休日

具体的に、現状スタッフが何時に出勤して何時に退社しているのか。

残業代は出るのか、出る場合は何分単位で計算か。

休日は何曜日休みか、祝日は休みか、祝日休みの週は週何日休みになるのか、長期休暇はいつかなど確認しましょう。

ボーナス

ボーナスは出るのか。

出る場合は一年に何回、何ヶ月分出るのか。

勤務開始後何ヶ月立つと出るのかなど、確認しましょう。

保険

社会保険か、国民健康保険か、国保の場合補助はでるのかなど。

セミナー、勉強会、社員旅行等

セミナーの補助金をだしてくれたり、勉強会など積極的に行っている歯科医院もあります。

出戻りスタッフはいるか

一度結婚、出産などで辞めた後に、また仕事を始めたいわゆる出戻りスタッフはいるのか聞いてみましょう。

もしいる場合は、比較的働きやすく、人間関係も良好な、職場環境の良い歯科医院かと思われます。

歯科衛生士の仕事を始めるにあたって知っておきたいこと

歯科衛生士の仕事を始めるにあたって、どのようなことを知っておいたらいいのでしょうか?

歯科衛生士の資格を持っていれば、即戦力だとみなされるでしょう

歯科衛生士の学校に3年以上通って、実習もこなして国家試験に合格して資格を取っているわけですから、即戦力になると思われているでしょう。

医療人として、任された仕事は責任を持って行う気持ちを持ちましょう。

求人面接を受ける前に、見学をすることもできます

基本的に、歯科衛生士に働いてもらいたいと考えている歯科医院は、たくさんあります。

面接に行くと、すぐに働いてほしいと言われるかもしれません。

それなのに、面接後にこちらから断ってしまうと、失礼に当たることがあります。

ですから、迷っている場合は、面接ではなく、まずは見学をしたいと電話で伝えてもいいでしょう。

見学をすると院内の衛生状態ですとか、スタッフがお互いに丁寧な言葉で話しているかとか、少しは把握できるでしょう。

見学をして、印象がよかったら面接に望んでもいいかもしれません。

ただ、見学時の態度が悪いと、歯科医院側からお断りされる可能性もあるので、見学といえども、身を引き締めて望みましょう。

まとめ

歯科衛生士の面接で聞かれることと受け答えのコツ、服装などの注意点についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

基本的な身だしなみに気をつけて、やる気をアピールすればきっとうまくいくと思いますよ!

頑張ってください。

この記事が、少しでもお役に立てたようでしたら幸いです。


関連キーワード

歯科衛生士仕事

歯科衛生士仕事に関するコラム

歯科衛生士の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

今やコンビニエンスストアよりも多いといわれている歯科医院。どこの歯科医院にも、歯科衛生士は必須の存在となりました。歯科衛生士の仕事で思いつくのは、治療の際に唾液を吸ってくれる、歯のクリーニングをしてくれるなどではないでしょうか?では実際、歯科衛生士は毎日どのくらいの数の仕事内容があるのでしょう?今回は、歯科衛生士の仕事内容について詳しくお話していきます。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事

歯科衛生士と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。その理由をお話しします。女社会のため、子育てに理解が得られる歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。特に同じように育児をしながら

歯科衛生士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。歯科衛生士の離職率ってどれくらい?公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。「1回ある」が24.3%。「2回以上ある」が51.4%。となりました。この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになりま

歯科衛生士になるには?働きながら歯科衛生士になる方法、注意点などご紹介します

今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。まずは歯科衛生士の資格について紹介します歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。歯科衛生士について簡単に説明します。歯科衛生士とはどんな

歯科衛生士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと