歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。

実際もその通りだと思います。

理由は様々ですが、

「人間関係に疲れた、、、」

「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」

「労働条件が厳しすぎる、、、」

「体力、精神的にもう限界、、、」

という理由が多いのではないでしょうか。

今回はその転職について詳しくお話させていただきます。

歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 

現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。

そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。

つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。

その中から狙い目な職場についてお話しします。

福利厚生がしっかりとしていること

個人で経営しているところは、福利厚生がしっかりしているところは少ないのが現状です。

法人の歯科医院や、保健センターで働く公務員、歯科衛生士養成学校の教師、大学病院などはしっかりとしていると思います。

しかしそれぞれにメリット、デメリットがあるため最終的に福利厚生を選ばないケースが多いのではないでしょうか。

やはりみなさん初めに思うのが福利厚生があるかどうかですよね。

歯科衛生士は、産休や育休などはなくそのまま退職、、、ということが多いため転職率が高いと言われていることの一つの要因です。

法人の歯科医院で勤務する歯科衛生士の例をお話しします。

メリットは、『福利厚生があるところ』『社会保険であること』『給料がいいところが多い』『法人のため他の医院もあり様々なところへ行くこともできる』『働いている人数が多い』などです。

デメリットは、『忙しい』『大変なことが多い』『他院に出張がある』『大きい歯科医院だと医師の数が多い』などです。

一見メリットの方がいいように見えますが、『忙しい』と『大変』は歯科衛生士にとっては選びたくない条件のうちのツートップです。

歯科医院は予約制のため常に時間に追われています。

そのため『次の患者さんを待たせてしまっている、、、』『そうするとその次の患者さんも待たせてしまってどんどん遅れてしまう、、、』となります。

治療は急ぐことはできないので、治療と治療の間の片付けなどがバタバタになったり、滅菌や裏仕事の治療以外の仕事には手を付けられない、、、休む暇もなく気づけば午後の診療終了時間を過ぎてしまってる、、、ということもよくあります。

こういった忙しい歯科医院を希望してはいる方もいると思いますが、現状は精神的にも体力的にも続かないことが多いです。

なので選ぶ際は福利厚生がしっかりしつつ、自分が続けられそうと思ったところが見つかればとてもいい条件です。

入れ替わりが少ない

入れ替わりが多い歯科医院はやはりそれなりに何かあります。

入れ替わりが激しいということは募集の際には人気があるけれどすぐ辞めてしまうということですね。

特にいつも求人が出ているところは要注意です。

これは求人票に記載しているところとしてないところがあるので実際に面接に訪れた際に在籍スタッフについて聞いてみるといいですね。

歯科衛生士がきちんと在籍している

こちらもいつも必ず確認するポイントです。

歯科衛生士という資格を持っていて歯科医院で勤めていても他院に転職すれば、また一から知識を学ぶ必要があります。

その理由は医院によって治療方針、治療手順、器具、薬品など全て異なるからです。

技術的なベースの部分は経験でまかなえますが、上記のことは教えてもらい医院に従う必要があるため先輩の歯科衛生士がいるところで勤務した方が気持ち的にも安心して仕事が行えます。

また、歯科衛生士独自の悩みや相談など話す相手がいるのといないのでも大きく違いますね。

先生がたくさん在籍していない

これは人それぞれで感じ方は違うと思いますが、私は経験上先生の人数は少ない方がいいなと感じました。

その理由はやはり先生が多いとそれだけ覚えることが多いからです。

先生が多いところは研修医や、大学からの派遣、隔週で来ているなど様々です。

歯科衛生士はアシスタントにつくこともあるのですが、先生によって同じ治療でも手順や使う器具、薬品などが異なってきます。

歯科衛生士は歯科衛生士業務がメインのためアルバイトで毎日長時間勤務してない場合は特にアシスタントが久しぶり、、、なんてこともよくあります。

その際に「この先生はこうだったっけ?」となることがあり大変でしたので、私はなるべく先生が少ないところをオススメします。

歯科衛生士への転職方法

歯科衛生士の転職は一般企業とは少し異なる点があります。

一般企業であれば、履歴書やエントリーシートなどがまず重要視されますよね。

歯科衛生士はそのようなことはあまりないように感じます。

歯科衛生士の転職方法についてお話します。

求人を探す

歯科衛生士の求人はインターネット上でもたくさん掲載されていますし、希望する条件をハローワークなどに提示し直接そこに出向いて探してもらうのもいいですね。

しかし働きながら求人を探すとなればインターネットで探した方が効率がいいかもしれません。

一般企業であればアルバイト以外はインターネットで探すと言うのはなかなか難しいのではないでしょうか?

最近の歯科医院はホームページなどがあるところも多いため医院の雰囲気を見ながら探せるのもインターネットのメリットですね。

いいところがあれば見学

電話で見学をしたいという旨を伝えます。

歯科医院は面接の前に見学を行なっているところも多いです。

求人にはよく「面接だけでもきてください!」と記載してあるところもあります。

見学では医院の治療中の雰囲気を見ることができ自分がこの医院で働いているイメージが想像できやすいので、面接前に見学をすることを強くオススメします。

面接の前に今の職場に退職の旨を話す

見学の際に大体はここに就職できるかという判断ができると思います。

「求人が多数きている」「面接の結果の保留を何人かにしている」などの話があればまた状況は変わってきますが、見学の時に詳しくお話する時間を持ちたいですと前向きなお話があり、なおかつ自分もここに就職したいということであれば、それまでに今の職場に転職する旨を伝える必要がありますね。

面接が終わって採用が決まってからでいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、採用する側としてはできるだけ早くきて欲しいですよね。

「採用しても、本当に今の職場を辞めてきてくれるのかな?時期はいつになるのだろう」と不安要素が一つでもあると、もし他に採用を検討している方がいる場合早く来てくれる方を雇いたいのが普通です。

そうならないように、面接の前には「今の職場に退職の旨を伝えており、いつから勤務することが可能です。」と言えるように準備しておくといいですね。

面接

見学の際にも面接のようなことをしている場合がありますが、もう一度行います。

見学がない場合でも上記でお話した今の職場をいつ退職できるかはきちんとこの面接で伝えれるようにしておきましょう。

面接では

「なぜこの医院を希望しているか」

「この医院で何をしたいか」

「自分が目指す歯科衛生士とは」

など聞かれると思いますので、そちらも準備しておくとスムーズに面接を行うことができますね。

結果発表

一週間ほどで結果がわかると思います。

電話で合格の場合のみ連絡というところが多いのではないでしょうか。

内定の場合、その後の流れについてのお話をしたいということが多いので一度来院してあいさつなどを行います。

歯科衛生士への転職する前に準備・勉強しておくべき5個のこと

もう一度参考書に載っている基礎を復習する

歯科医院はその医院ごとのやり方や決まりがあるため、参考書通りに全ての手順や方法が同じというところは少ないです。

そのため、現在働いているところに慣れてしまっているため本当の基本が分からなくなっていることが多いです。

特に薬品などは使っているものが全然違うので、一通り参考書などを確認しておくとよいでしょう。

普段使っていないと知識というのは忘れてしまいますよね。

しかし一度勉強していたことであれば復習することで頭に入ってきます。

「そんなこともわからないのこの歯科衛生士、、、」と言われないように、転職前にはもう一度基礎を学びなおすことをオススメします。

予定通り入社できるように計画を立てる

現在働いているところの引き継ぎや、患者さんへの挨拶、各種手続きなどが間違いなくスムーズに終わるよう気を抜かず準備してください。

気持ちよく退職して、新しい環境で心機一転頑張りたいですね。

面接の際にその歯科医院の規約や流れなどを書いた紙を貰える場合がある

面接を受けた際に読んでおいてくださいと渡される紙があります。

そこには医院の規約や注意事項、その歯科医院でのルールなどが記載してあるのでトラブルを避けるためにも入職前によく読んでおきましょう。

不安や疑問点があった場合は速やかに質問することをオススメします。

中には「こういう治療の時にはこれを準備する」

「1日の歯科衛生士の流れ」

「機械の使い方」

などを記載した紙を貰えるところもあるので、これは実際に働いてみないとわからないところも多いですが目を通しておくとよいでしょう。

新しい職場の提出書類の準備

入職手続きの書類は思っているより多かった、、、と記憶しているかたもあるのではないでしょうか?

  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 年金手帳

をはじめ、歯科医院によっては

  • 健康診断表
  • 給与振込の指定銀行の通帳のコピー
  • 住民票記載事項の証明書
  • 名札に使用する写真や文字

などです。

指定銀行は持ってない銀行口座を指定される場合もあるので、入職前の時間がある時に作ることができればいいですね。

指示をよく聞き、入職日にもれのないように準備してください。

出勤時刻の確認

前職での手続きや入職前の手続きなどでバタバタとしてしまっていた場合、「出勤日当日から時間を間違えてしまった、、、前の職場の同じ時間に出勤してしまった、、、」というケースは意外となさそうであるのではないでしょうか?

もう一度気持ちを新たに新しい医院についての情報を確認して出勤してくださいね。

歯科衛生士の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

歯科衛生士は自分の努力次第で年収をあげることも可能です。

そのことについてお話しします。

認定歯科衛生士の資格を取得する

歯科衛生士は国家資格ですが、それを取得している方でもっとスキルアップしたい場合は認定歯科衛生士という資格を取得することができます。

現在歯科衛生士が取れる認定歯科衛生士の種類は15種類あります。

  • 日本歯周病学会認定歯科衛生士
  • 日本歯科審美学会認定歯科衛生士
  • ホワイトニングコーディネーター
  • 日本小児歯科学会認定歯科衛生士
  • インプラント専門歯科衛生士
  • 指導歯科衛生士
  • 認定矯正歯科衛生士2級
  • 認定矯正歯科衛生士1級
  • 院内感染予防対策認定歯科衛生士
  • 日本ヘルスケア歯科学会認定歯科衛生士
  • 日本口腔衛生学会認定歯科衛生士
  • 日本障害者歯科学会認定歯科衛生士
  • 日本顎咬合学会認定歯科衛生士
  • 日本歯科衛生士認定歯科衛生士(認定資格A)
  • 日本歯科衛生士認定歯科衛生士(認定資格B)

それぞれに受験するための基準や条件などがあり、狭き門になります。

例えば『日本歯周病学会認定歯科衛生士』の場合

申請条件は

  • 歯科衛生士免許
  • 5年以上の臨床経験者または同等の経験者
  • 歯周病学会会員
  • 30単位以上の実務経験単位、教育研修単位
  • 研修(2回以上の歯周病学会参加、日本歯周病学会関連委員会主催の教育講演)

申請は

  • 年に2回
  • 5症例の書類提出(そのうち3症例は歯科医師の指示のもと、スケーリングの処置を行ったもの)

試験は

  • 年に2回
  • ケースプレゼンテーション10分、口頭試問5問
  • 写真からメンテナンス(SPT)期間を通して担当した症例

審査、理事会は

  • 審査会で審議、理事会で承認

それを経て認定歯科衛生士の交付になります。

「日本歯周病学会認定歯科衛生士」は認定歯科衛生士の中でも取得難易度が高い資格のうちの一つです。

また生涯研修の継続義務と5年毎の更新が義務付けられています。

「日本歯周病学会認定歯科衛生士」を目指す人の多くは、歯周病専門医の在籍している歯科医院で申請条件を満たすため、研修参加や実務経験を行なっています。

簡単に取得できないため、認定歯科衛生士の資格を取得している歯科衛生士は限られてきます。

そのため歯科医院にとっては貴重な人材です。

興味があることを追求し、スキルアップし続けることで年収のアップにも繋がりますね。

勤続年数を長くする

どこの仕事場もそうですが、勤続年数を長くすることで年収のアップに繋がります。

しかし歯科衛生士は個人事業主が多いため、毎年の給料アップにも差が出てきてしまいます。

例えば月収25万円で「毎年昇給が1万円」と「毎年昇給が1000円」のところを比べてみましょう。

10年間勤続した場合、ボーナスも変動あると思いますが月収で見たとき「毎年昇給が1万円は35万円」、「毎年昇給が1000円は26万円」になります。

昇給の値段だけを見た場合そんなにピンとこないかもしれませんが、長いスパンで見てみると違いは一目瞭然ですよね。

歯科衛生士は女性が多い職業のため、結婚、出産、育児があるとなかなか勤続年数を増やすことは難しいかもしれません。

そのため昇給についてはあまり求めないという方もいるかもしれませんが、歯科衛生士の場合、求人に記載してある条件より大幅に年収をあげることは不可能に近いのが現状です。

希望する年収に近い仕事場を選び、昇給していくことが年収を上げていく近道になるような気がします。

自分にあった歯科衛生士の求人の選び方や注意点

歯科衛生士の求人は本当にたくさんあって選ぶことが大変です。

全ての求人の隅々まで目を通すことができるのであればそれが一番理想ですが、転職などの場合限られた時間の中でそれを行うことはなかなか難しく億劫ですよね。

少しでも自分にあった歯科衛生士の求人の選び方のポイントについてお話しします。

何に力を入れたいか

歯科医院によって、何に力を入れているところなのか記載してあるところがあります。

矯正歯科専門や、インプラント専門、小児歯科専門、ホワイトニング専門など、専門のみを行なっている医院であれば見つけやすいと思います。

しかし、一般歯科医院の場合は行なっているものと行なっていないものがありますよね。

例えば「専門のみを行うのはちょっと、、、だけどホワイトニングにも興味があるし、歯周病についても興味がある!!」といった場合には、求人やホームページを見てその医院の治療内容や方針について見てみるのもいいかもしれません。

やはり歯科衛生士の仕事の中でも様々なジャンルがあるため、一度少しでもやってみたいなと思うことをチャレンジさせてくれる歯科医院が見つかるのが一番理想ですね。

給料

給料はとても大切ですよね。

いくら職場の人間関係が良くて働きやすくても、給料が自分の希望通りの額とは違う場合はそのことがずっと引っかかりながら働いている、、、ということもあるのではないでしょうか?

しかし、給料が他の求人と比べていいところは何かあるところだと思っています。

例えば「先生に癖があり働きにくい」「1日に来院する患者数がとても多い」「労働時間が長い」などです。

給料が高いから割り切って頑張れる人とそうでない人がいますよね。

自分はどちらなのか考えながら求人を見ていくのもいいかもしれません。

ライフスタイルに合っているか

自分の希望しているライフスタイルに合っている職場かも重要になってきます。

例えば朝が少し苦手な方は

「午前診療が10時からのところを選ぶ」

逆に朝が得意で早く帰りたい方は

「午前診療が早く始まるところ、午後診療が早く終わるところ」

を選ぶといいですね。

また、歯科医院はお昼の休憩が2時間以上あるのが少しデメリットだと感じることの一つなのですが、午前診療と午後診療を分けずに休憩を交代して行っている歯科医院もあります。

その分早く終わることができます。

昼から出勤が週に何回かあるというところも最近増えてきていますので、自分に合ったライフスタイルで働けるところを見つけることができればいいですね。

歯科医院以外の求人も見てみる

歯科医院以外にも歯科衛生士が活躍する場があるということは意外と知られていないのではないでしょうか。

  • 大学病院
  • 総合病院
  • 歯科衛生士学校の講師
  • 保健センターで勤める公務員
  • 歯科関連の一般企業

です。

大学病院や総合病院は一般の歯科医院と似ていることをすることが多いですが、その他に口腔外科で手術などを行うことが大きな違いです。

歯科は歯だけというイメージですが、舌や頬、顎などの手術も行います。

一般の歯科医院ではなかなか経験ができないことができます。

歯科衛生士学校の教師はみなさん学校に通っていたらなんとなく想像がつくと思いますが、主に生徒に技術の指導を行います。

実際に働く場合は自分のやりやすいやり方でみなさん行なっていますが、教える立場の場合教科書通りに指導する必要があります。

また、募集も少なく就職が難しいです。

保健センターで働く公務員も一般の歯科医院とは行うことが全く違い、主に検診の際の口腔指導になります。

最大のメリットは公務員のため、福利厚生がしっかりしていることと、勤務時間がきちんと決まっているため働きやすい、給料も安定しているということです。

しかし、こちらも募集が少なく難しいため狭き門になります。

お話が好きな方や教えることが好きな方にはおススメです。

歯科関連の一般企業は歯科衛生士の資格や経験を生かし、口腔用品などの販売や開発を行なっています。

少し臨床現場に疲れたな、、、と感じている方は一度歯科衛生士の資格を無駄にせず社会に貢献できる歯科関連の一般企業で、OLと呼ばれる仕事を体験してみるのもいいですね。

まとめ

今回は転職について詳しくお話させたいただきました。

歯科衛生士の転職は一般企業と違うところも多いのではないでしょうか。

転職を考えているところを見学し、実際に雰囲気を味わうことは大切なことだと思います。

書面だけではわからないことが多いです。

出来れば自分に合ったところを見つけて長く働くことが理想ですよね。

後悔しないような転職ができるよう少しでもこの記事がお役に立てればと思います。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの