歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。

しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。

今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。

歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?

私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。

その理由をお話しします。

女社会のため、子育てに理解が得られる

歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。

特に同じように育児をしながら働いている方や子育て経験がある方がほとんどです。

子供は急に熱を出したり、体調を崩したり、怪我をしたり、保育園や幼稚園などから呼び出しがあったり、こちら側が予測できないことがあったりしますよね。

私も子供がいないころはこう言った場合には「仕方ないですよね」程度でしたが、今では痛いほどわかります。

やはり同僚の理解を得ているのと、得ていないのでは働く環境が大きく違います。

なかなか理解を得られない場合は、働くことが難しくなりますよね。

また母親特有の悩みの相談をできることもメリットに感じています。

シフトの自由が効く

私は保育園に預けず主人に預けて週に一度午後の診療四時間のみアルバイトをしています。

また不定休の休みのため固定シフトではありません。

上記のような条件でしたら、雇ってもらうことは厳しいですよね。

しかし歯科衛生士は今とても人手不足です。

求人を募集してもなかなか来ないということを聞きました。

そのためどんな条件であっても来て欲しいと言ってもらえます。

こういった仕事はなかなか珍しいのではないかと思います。

やはり資格は強いなと感じる瞬間でもありますね。

休みが同じ

歯科医院は日曜祝日休みのところが多いですよね。

保育園や幼稚園は日曜祝日がやってないところも多いため休みの形態が似ていると助かります。

午前診療のみ可能

歯科医院は大体朝の9時から昼の1時までのところが多いです。

幼稚園に通っているお子さんだとお迎えがありますよね。

その際に午前診療のみ出勤可能というのはとても都合がいいです。

そのため午前中勤務している方は小さなお子さんを持つママさんが多いです。

上記でもお話ししましたが、歯科衛生士は人手不足のため午前中だけでも来て欲しいと言ってくれるところがたくさんあると思います。

子育てと両立するために意識すべきこととは?必要なこととは?

やはりどの仕事もそうですが、仕事と子育てを両立することはとても大変なことで母親にすごく負担があるのも事実です。

そうならないためにはどうしているかをお話ししたいと思います。

一人で抱え込まず家族の協力を得る

やはりこれは一番大切なことではないでしょうか?

家のことも全てして、育児もして、仕事もしてだとお母さんの体力がいくらあってもありませんよね。

疲れていると子供にも主人にも強く当たってしまったことがある、、、いうことは子育てしている方は一度は経験したことがあるのではないかなと思います。

そうなってしまったら働いているせいで家族みんなが嫌な気持ちになってしまっていると感じてしまい、またお母さんは自分を責めてしまいますよね。

そうならないためにもやはり家族の協力も必要です。

親と同居している人や近くにいる方もいらっしゃると思いますが、大抵は旦那さんの協力が大きな鍵です。

家族それぞれにライフスタイルや考え方がありますので、働き出す前や少ししんどくなってきてうまく家計が回ってないと感じてしまった場合、旦那さんとよく相談し約束ごとや役割分担を決めておくことをおすすめします。

家族みんなで協力して気持ちよく生活しお仕事にも安心して臨みたいですね。

子供優先になって大丈夫かということに理解を得る

一番はやはり自身の子供ですよね。

子供がいながら働くというのはとても難しいというのも事実です。

上記でもお話ししましたが、子供はいつ何が起きるかわからないですよね。

特に急な発熱や保育園や幼稚園の呼び出しが多いのではないでしょうか?

そう言った場合にはやはり母親が仕事を抜け出したり休んだりしなければいけない状況になってしまいます。

働く際には初めからその主をきちんと説明し、理解してもらうことが大切だと思います。

️歯科衛生士と子育ての両立が少し難しいと感じてしまう瞬間

やはりいいことだけではなく、難しいと思うことももちろんあります。

そのことについてお話しします。

診療時間が長いため終わる時間が遅い

歯科医院は午前の診療が午前9時から午後1時まで、午後の診療が午後3時から午後7時までのところが多いのではないでしょうか?

最近の歯科医院は午後8時や9時まで診療を行っているところも増えてきましたよね。

そのため、子供が小さい場合は正社員でフルタイムで働くのは難しいと感じています。

やはり保育園のお迎えの時間や、子供を夜遅くまで一人でお留守番させておくのは難しいですよね。

実際、小さなお子さんが居る方は正社員では働いていない印象です。

歯科医院は休憩時間が長いため、その分の時間ももったいないというのも現状です。

採用の際にその主を相談し時間短縮や何かしらの対応してくれる歯科医院もあります。

例えば午後5時までにしてもらった場合「拘束時間は長いけれど、勤務時間は短い。そのため給料に反映する、、、」など効率が悪く感じてしまうのも事実です。

しかし、歯科衛生士は一生使える資格です。

そのため子供が小さい時は歯科衛生士のアルバイトや他の仕事をして、手が離れてから正社員で働くなど自身のライフスタイルに合わせて歯科衛生士の仕事を続けていくことも可能ですね。

まとめ

今回は歯科衛生士の子育てとの両立についてお話しさせていただきました。

歯科衛生士の資格を取得しているものの、実際育児との両立ができるのかと不安で行動に移せていない方も多いと思います。

歯科衛生士はとても働きやすい環境にある仕事です。

今回の記事を読んで少しでもお役に立てていただけると嬉しいです。


関連キーワード

歯科衛生士仕事

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋


歯科衛生士仕事に関するコラム

歯科衛生士の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

今やコンビニエンスストアよりも多いといわれている歯科医院。どこの歯科医院にも、歯科衛生士は必須の存在となりました。歯科衛生士の仕事で思いつくのは、治療の際に唾液を吸ってくれる、歯のクリーニングをしてくれるなどではないでしょうか?では実際、歯科衛生士は毎日どのくらいの数の仕事内容があるのでしょう?今回は、歯科衛生士の仕事内容について詳しくお話していきます。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。歯科衛生士の離職率ってどれくらい?公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。「1回ある」が24.3%。「2回以上ある」が51.4%。となりました。この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになりま

歯科衛生士になるには?働きながら歯科衛生士になる方法、注意点などご紹介します

今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。まずは歯科衛生士の資格について紹介します歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。歯科衛生士について簡単に説明します。歯科衛生士とはどんな

歯科衛生士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと

歯科衛生士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?ちょっと気になりますよね。今回は採用面接について、解説いたします。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個