今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。

4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。

歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。

私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。

今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。

まずは歯科衛生士の資格について紹介します

歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。

歯科衛生士について簡単に説明します。

歯科衛生士とはどんな資格?

歯科衛生士とは簡単に言えば歯科医院の看護師です。

プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石というのですが、それを取り除いたり、歯磨き指導を行ったり、歯周病の進行を抑制するために歯茎の状態をチェックしたり、お口の中の健康を保つお手伝いを主にしています。

歯科医師の治療のアシスタントも行います。

よく歯科衛生士は歯科助手だよね!と言われますが全然違うのです。

お口の中を触ったり治療したり、直接患者さんと関わることができるのが歯科衛生士なのです。

歯科衛生士になるためには専門の学校に通い、国家資格を取得しなければなりません。

しかし取得してしまえば、更新などもないため一生使うことが出来る資格です。

また歯科衛生士は人手不足なため求人が多いです。

そのため自分の希望する条件を見つけやすいのも特徴です。

女性には結婚、出産、育児があるためどうしてもライフスタイルに合わせた働き方をしなければならないのが難しいですよね。

そういった場合でも働きやすいのが歯科衛生士です。

とてもやりがいがありオススメする仕事です。

歯科衛生士の受験資格

歯科衛生士は資格だけれど、「独学で取得できるのかな?」「ユーキャンなどの資格サイトで取得できるの?」「どんな学校に通うの?」と疑問に思われている方も多いと思います。

歯科衛生士の受験資格を得るためには専門の大学、短期大学、専門学校、夜間学校のいずれかに3年以上通わなければいけません。

これまで歯科衛生士の修業年限は二年制以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の規則が改定され、平成17年4月1日を施行日にし平成22年4月1日より全ての歯科衛生士学校養成所で3年制以上になりました。

一般企業などは大学と専門学校の差はあると思いますが、歯科衛生士はどの学校を出ていても関係ないところがほとんどです。

なので自分が希望する場所や条件、夜間学校のように働きながらでも通えるところがあるのでライフスタイルに合わせて取得できるのも魅力の一つですね。

歯科衛生士の資格取得ルート

歯科衛生士になるためには上記きも記載しましたが以下のいずれかに通う必要があります。

国公立または私立の四年制大学に通う

全国で国公立の四年制は一校、私立の四年制は五校のみになります。

四年制は三年制と比べてゆったりと授業が組まれているため余裕を持って取得することが可能です。

しかし、私立の場合学費が一年分多くかかってしまいます。

場所も限られてきますね。

これも先ほどお話しましたが、歯科衛生士は資格を取得していれば学歴の差がないので三年制と比較してみてください。

私立の三年制の短期大学に通う

全国で私立の三年制は13校あります。

三年制は私立のみになります。

学費の平均は三年間で300〜350万円程になります。

短期大学なので、大学に併設されていることが多く大学生活を体験したい方は専門学校よりおススメです。

しかし、その分歯科衛生士以外の単位も取得が必要になるため勉強が少し大変になるかもしれません。

専門学校に通う

全国で専門学校は91校あります。

学費は短期大学より安くなります。

専門の授業、実習のみを行うため最低限必要な授業を受けて歯科衛生士の免許を取得できるのもメリットです。

しかし短期大学と比べて実習先が一般の歯科医院や大学病院のみのところもあるので、高齢者施設や障害者施設、幼稚園、保育園など様々な施設でも実習したい方には短期大学の方がいいかもしれません。

夜間学校に通う

上記に挙げた大学や専門学校の中に夜間学校を併設しているとこもあります。

夜間学校については下記でお話させていただきます。

合格率はどれくらい?

歯科衛生士の合格率は高いと言われており、約96%と言われています。

なので一見簡単に取得できる資格だ!!と思って目指す場合は厳しいかもしれません。

合格率が高い理由の一つは受験までの資格を得ることが難しいことです。

歯科衛生士の学校は厳しい実習と勉強があります。

3年間みっちり勉強と実習のスケジュールが組まれているため、少しでも休んでしまったりさぼってしまうとすぐに留年してしまいます。

受験にたどり着くまでに多くの生徒が耐えれなり学校を辞めてしまったり、スムーズに卒業できなかったということがあります。

最後まで耐え抜き残った生徒のみ受験しているため、合格率が高く出ています。

国家試験も決して簡単ではないため、とても勉強が必要です。

落ちてしまうと次の試験が同じ時期の一年後なので一発で合格するためにみなさん必至に頑張っています。

働きながら歯科衛生士なるための注意点

歯科衛生士は医療資格のため学費が他の一般の大学に比べて高くなります。

そのため働きながら歯科衛生士の免許を取得するための学校もあります。

その際の注意点をお話します。

精神的にも体力的にも大変

やはり働きながら学校に通うというのは歯科衛生士以外もそうですが、大変なことだと思います。

そのため不安が先立ってしまい、なかなか一歩を踏み出せない方もいると思います。

しかし、夜間学校はそういった方が通っている学校のため短期集中型の授業を取り入れています。

また他の生徒もみなさん同じ境遇のため分かち合えるところが多いのではないでしょうか?

友達と励まし合い、助け合いながら乗り越えていけるといいですね。

短期集中型のため余分なことがない

こちらはメリットでもありますがデメリットでもあると思います。

昼間の短期大学であれば、一般歯科医院の実習のほかに「大学病院、障害者施設、高齢者施設、デイサービス、幼稚園、保育園」など様々な実習先で学ぶことができます。

これはもちろん歯磨き指導などを行うため実習に行くのですがそれは昼食の後など一時間程度です。

それ以外はその施設にいる方々とお話したりいつもしている作業を一緒にしたり、職員の方の手伝いをしたりします。

こういった経験をすることで、普段なかなか直接接することのない方々とお話をしたり、対応について学ぶことができました。

この体験は一般の歯科医院で働く際にもとても役に立つと思います。

様々な施設に伺うことはこれから先も実習以外でなかなか経験できないことだと思うので、歯科医院以外にも経験したいという方にはデメリットに感じるかもしれませんね。

歯科衛生士の就職先や募集状況は?

歯科衛生士は今とてもどこの歯科医院も人手不足です。

その理由の一つは歯科医院はコンビニの数より多いからです。

就職に困らないというのも魅力の一つなので就職についてお話します。

歯科衛生士の主な就職先

歯科衛生士は様々なところで活躍できる仕事です。

今からどのようなところがあるか紹介します。

一般の歯科医院

歯科衛生士の9割が一般の歯科医院に就職しています。

求人がとても多いため勤務地や、勤務時間、希望する条件など自分にあったところを見つけて働くことができます。

また小児歯科専門、矯正歯科専門、審美歯科専門のところなどもあるため興味があったりもっと学びたいと思っている分野を選ぶことが出来るのも魅力ですね。

パートなども行う際も主に一般の歯科医院になると思います。

上記でもお話しましたが、歯科衛生士のメリットの一つであるライフスタイルに合わせて働くのは一般の歯科医院になります。

保健所などの公務員

市町村の自治体が運営する市町村保健センターが勤務先です。

そこでは歯磨き相談を行ったり、妊婦の方に向けて妊娠中の口腔内の変化についてお話したり、1歳6ヶ月や2歳の歯の検診の補助や相談などが主な仕事内容になります。

媒体を使ってお話することが得意な方や、相談に乗って適切なアドバイスをすることが好きな方にオススメの職場です。

普段歯科衛生士が行う仕事をほとんどしないため歯科衛生士業務が好きな方にはオススメしません。

公務員のため福利厚生がしっかりしていることや、残業がなく安定した勤務時間なこともメリットですね。

しかし、人気の職場の上募集人数もほんのわずかでなかなか欠員も出ないため狭き門になります。

大学病院や総合病院

大学病院や総合病院などは、歯科衛生士業務もありますが、主に歯科医師の治療のアシスタントや歯科衛生士学校養成所から来ている生徒の教育などになります。

また、大学病院や総合病院に来る患者さんは一般歯科医院からの紹介の方もいます。

そうなれば難しい治療や、口腔外科などで行う手術が多いです。

歯の治療だけではなく、舌や頬、顎も歯科の領域になるため本格的な手術もあります。

血が苦手な方などはやめたほうがいいかもしれません。

矯正専門、小児専門、口腔外科専門、障害専門、補綴専門など、様々な科が一緒の病院にあるため経験できるのが魅力です。

こちらも定時で帰れることや福利厚生がしっかりしているのもいいですね。

学校などの講師

こちらはほとんどいないと思いますが、学校の先生もみなさん歯科衛生士免許を持っています。

試験も厳しく、臨床経験もある方が必要とされます。

未来の歯科衛生士を育てる立場になるため、教えることが好きな人、責任感が強い人、人前に立つことが好きな人がとても望まれる就職先になりますね。

一般企業

医療機器や治療用品、薬品など歯科に関連する企業でも歯科衛生士が活躍しています。

こちらも歯科衛生士業務を行わないため現場からは離れてしまいますが、歯科衛生士としての学んできた知識を生かして商品開発や提案などで能力を発揮できます。

少し歯科衛生士の業務に疲れたな、普通に働きたいなと思っている方は一度こちらも考えてみるといいですね。

介護、福祉施設

高齢になってくると、私たちが何気なく出来ている生きていくために基本的な機能「食べる、飲み込む」ということが難しくなってきます。

人間は食べるということを基本としているため、そうなってきたときに様々な生活に支障が出てきてしまいます。

衰えを少しでも保つために、摂食、嚥下、咀嚼のリハビリテーションを行うのも歯科衛生士の仕事です。

また誤嚥性肺炎などを防ぐためにも口腔ケアが重要になってきます。

実務経験が5年以上の歯科衛生士は、ケアマネージャーの受験資格を得ることもできるので、興味のある方は福祉の分野にも挑戦してみるのもいいですね。

歯科衛生士の転職事情

歯科衛生士は転職が多いと言われている仕事のうちの一つです。

その理由は様々ですが、「人間関係がうまくいかない、、、」「提示されていた勤務条件とは違う、、、」「残業が多くプライベートが充実できない、、、」などが多いのではないでしょうか?

歯科衛生士は人手不足のため、求人がたくさんあります。

そのため資格を持っている歯科衛生士は、一般企業と比べて転職しやすいというのもあります。

また歯科衛生士は女性が多い仕事のため結婚、出産、育児などのライフスタイルに合わせて希望の条件に合うところに転職しているという場合もあります。

しかし、自分のライフスタイルに合わせて働けるというのはとてもメリットだと感じます。

頑張って取得した歯科衛生士の資格をその時々で活躍できるのは素晴らしいことですね。

まとめ

今回は働きながら歯科衛生士の学校に通う際の注意点や、歯科衛生士が一般歯科医院以外で活躍している場についてお話しさせていただきました。

歯科衛生士免許を取得すると、自分が興味を持っていることなど様々な形で社会に貢献していくことが可能な仕事です。

歯科衛生士は離職率が高く復職が難しいと言われている仕事ですが、私は一生役に立つ仕事だと感じています。

今社会人として働きながら歯科衛生士の免許を取得するか迷っている方が、この記事を読んで少しでも後押しになれれば嬉しいです。


関連キーワード

歯科衛生士仕事

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋


歯科衛生士仕事に関するコラム

歯科衛生士の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

今やコンビニエンスストアよりも多いといわれている歯科医院。どこの歯科医院にも、歯科衛生士は必須の存在となりました。歯科衛生士の仕事で思いつくのは、治療の際に唾液を吸ってくれる、歯のクリーニングをしてくれるなどではないでしょうか?では実際、歯科衛生士は毎日どのくらいの数の仕事内容があるのでしょう?今回は、歯科衛生士の仕事内容について詳しくお話していきます。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事

歯科衛生士と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。その理由をお話しします。女社会のため、子育てに理解が得られる歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。特に同じように育児をしながら

歯科衛生士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。歯科衛生士の離職率ってどれくらい?公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。「1回ある」が24.3%。「2回以上ある」が51.4%。となりました。この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになりま

歯科衛生士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと

歯科衛生士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?ちょっと気になりますよね。今回は採用面接について、解説いたします。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個