歯科衛生士って、男性でも出来るってご存知でしょうか?

あまり、出会ったことはないかもしれません。

どんなお仕事をしているのでしょうか?

大変なことはあるのでしょうか?

そんな疑問に答えるべく、今回は男性歯科衛生士について、解説いたします。

歯科衛生士の仕事について、おさらいしておこう

歯科衛生士は、歯科医師のもと、歯科診療補助、歯科衛生処置、歯科保健指導などの仕事をします。

治療のアシスタントや、スケーリングなどの歯のお掃除、ブラッシング指導などの仕事ですね。

その他にも歯科医院の受付や掃除、器具の準備や滅菌消毒など、色々なお仕事をします。

大学病院の病棟で働く歯科衛生士もいますし、歯科関係の企業で働く人もいますし、保健センターなどでお口の健康に関する啓蒙活動をおこなっている人もいます。

歯科衛生士は女性が多いのはなぜ?

歯科衛生士って、女性が多いような気がしますよね。

どうして女性が多いのでしょうかか?

昔は、女性にしか取得できない資格だったから

もともと、「歯科衛生士法」という法律で、女性が歯科衛生士になるという記載がありました。

歯科衛生士法 第二条によると、『この法律において「歯科衛生士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、歯科医師の指導の下に、歯牙及び口腔の疾患の予防処置として次に掲げる行為を行う行為を行うことを業とする女子をいう』という記載が以前はあり、女性の仕事でした。

しかし2002年に「男女雇用機会均等法」が改定され、「看護婦」が「看護師」になり、「保健婦」が「保健師」と名称を変え、男性の看護師、保健師も増えてきました。

歯科医師会や厚生労働省もそれを受けて、歯科衛生士も男性が就けるように、法律を改正し、歯科衛生士学校も男性の入学を受け入れるように徐々に変わっていきました。

現在は、「女子」という記載がなくなって「者」という記載に変わっています。

さらに『また、第二条に規定する業務を行う男子については、この法律の規定を準用する。』という附則も加わり、今では男性も取得できる資格となり、就業も可能となりました。

ちなみに日本で初めて男性歯科衛生士が誕生したのは、2012年だそうです。

2012年時点での男性歯科衛生士は、43人でした。

ただ、同年の全体の歯科衛生士就業者数は10万人を超えていますから、やはり女性の方が多いですね。

まだまだ男性歯科衛生士は、少ない存在です。

近所の歯科医院であまり見かけないのも、当然かもしれませんね。

現在は、約200人ほどの男性歯科衛生士がいるというデータもありますが、男女の割合でいうと99%は女性だそうです。

そこまで給料や待遇が良くない

女性の仕事としてはそこまで悪くないお給料なのかもしれませんが、男性が一生の仕事として働いて、家族を養っていくには、満足できる給料がもらえない事が多いです。

各種保険や退職金などの待遇も、個人歯科医院勤務の場合はあまり良くありません。

給料や待遇の問題から、歯科衛生士の資格を取ろうと思う男性は、少ないのかもしれません。

歯科医師が、女性歯科衛生士を好む場合がある

これは歯科医師によっても違うかと思いますが、歯科衛生士は女性の仕事というイメージがついてしまっているため、男性歯科衛生士をあえて雇用しない人もいるかもしれません。

歯科医師が治療に専念する際に、細やかな気遣いができる女性歯科衛生士、歯科助手を頼りにしているということもあります。

女性の方が細やかな気遣いができるというイメージを、歯科医師が持っているのかもしれません。

また、歯科医院内のスタッフは女性が多いため、女性のスタッフの中に男性が入って仕事をするのを、つらく感じる人もいるでしょう。

しかし、女性でも細やかな気遣いができない人も結構いますし、男性でも気遣い上手だったり、女性と馴染むのが得意な人もいますし、人それぞれですよね!

男性歯科衛生士がこの先増えれば、解決していくかもしれませんね。

歯科衛生士は男性でもできる?

男性でも歯科衛生士ってできるのでしょうか?

男性でも歯科衛生士ができる理由

法律が変わったので、男性でも歯科衛生士免許を取得して、歯科衛生士の仕事ができるようになりました。

看護婦が看護師に変わって、男性ナースが活躍しているように、男性にだって歯科衛生士として働ける

男性看護師も最初は抵抗がある人もいたかもしれませんが、今ではたくさんの男性看護師が活躍していますよね。

特に力が強い男性は、寝たきりや足の悪い患者様の介助の際、とても重宝されているようです。

また、女性にされるのは少し抵抗がある処置など、男性看護師にしてもらいたいと思う人もいます。

歯科衛生士だって、男性が資格を取って働けるでしょう。

職業の男女差別をなくすべき

男性だから、女性だからという区別をなくし、性別に関係なく職業を選択できるように、世の中が変わってきています。

男性だから、女性だからこの仕事はできないと法律で決めてしまうのではなく、個人の適性にあわせて職業選択できたほうがいいですね。

女性が多かった、キャビンアテンダントも、少しずつ男性が増えてきています。

また、男性が多かった電車やバスやタクシーの運転手さんなどにも、女性が増えてきていますよね。

最初は違和感があったかもしれませんが、時間が経てばだんだん慣れてくるものですよね。

男女の区別なく、自分の好きな仕事を選べるほうが、素敵な社会ですね!

海外では男性歯科衛生士が活躍している

海外では、たくさんの男性歯科衛生士が活躍しています。

アメリカでは1972年にはすでに、男性歯科衛生士が活躍していたそうですよ。

グローバル化に伴い、日本でも男女の区別無く、男性歯科衛生士が活躍できる環境が増えてくるかもしれません。

歯科衛生士で男性ができること

男性の歯科衛生士ができる仕事って、どんな仕事でしょうか?

男性ならではの特性を活かせる歯科衛生士の仕事って、あるでしょうか?

介護や福祉などの分野の仕事には、より向いているのでは

高齢化社会に伴い、介護の現場で働く歯科衛生士が増えています。

老人ホームや介護施設、デイサービスなどで、歯科衛生士の募集をしている所が増えていますね!

そういった、体の不自由なお年寄りを相手にする仕事は、力のある男性の方が向いているかもしれません。

特に、最近は、医科歯科連携の推進が国によって行われています。

医師と歯科医師が連携して、患者様の口腔機能管理をし、口腔内のトラブルや、誤嚥性肺炎、感染症の予防などを行う事を推進しています。

従来の虫歯や歯周病治療の他に、歯科医療の幅が増えているのです。

実際に、口腔内が汚れてる患者様の場合、口腔内の細菌が肺に入ってしまい、合併症を起こしている事例も発表されていて、歯科と医科は密接に関わっているということがわかってきています。

お口の清掃やマッサージなどをして機能回復をする、歯科衛生士の仕事の重要性が、高齢化社会において認識されつつあります。

そういった介護関係の仕事では、男性歯科衛生士が活躍できる場が、より多いかもしれませんね。

歯科訪問診療

昔は珍しかった、訪問歯科診療を行う歯科医院が、近頃増えていますね!

超高齢化社会に伴い、自宅介護で、歯科医院に直接足を運べない患者様が増えているので、訪問診療のニーズが高くなっています。

また近年、厚生労働省による「地域包括ケアシステムの構築の推進」により、訪問歯科診療の保険点数が上がりました。

保険点数が上がれば収入が増えるということなので、歯科訪問診療をする歯科医院がどんどん増えています。

訪問歯科診療をする歯科衛生士の求人も、増えてきています。

ただ、持ち運びできる歯科用ユニットや器材などまだまだ重い物が多いので、女性歯科衛生士には大変なこともあるでしょう。

男性歯科衛生士の方が、力を発揮できる現場かもしれませんね。

また、歯科医師とコーディネーターと歯科衛生士でチームを作り訪問診療をすることもありますが、歯科衛生士が単独で訪問する場合もあるそうです。

法が変わり、歯科衛生士単独での訪問ができるようになったからです。

女性よりも男性の方が、安心して単独訪問ができるという利点もあります。

これからは、訪問歯科診療の分野で、男性歯科衛生士がたくさん活躍するのではないでしょうか?

女性より男性に診てもらいたい患者様もいる

患者様にも色々な方がいますから、女性歯科衛生士に診てもらうより、男性歯科衛生士に診てもらいたいと感じる方もいます。

例えば美容院で、美容師さんに髪の毛を触られるのに、女性がいいと感じる人もいれば、男性がいいと感じる人もいて、人それぞれですよね。

口の中を触られるのも、同じではないでしょうか?

男性歯科衛生士に歯石をとってもらいたいという患者様も、いるかもしれません。

TBIなどの歯磨き指導も、男性に指導された方がやる気になるという場合もあるでしょう。

力仕事

歯科医院内で、力仕事をしなければいけないことがあります。

歯科材料など、結構重いものもあります。

唯一の男性である歯科医師は忙しいので、仕方なく女性スタッフが運んでいることも多いですが、男性歯科衛生士が積極的に力仕事をしてくれると、とても喜ばれるでしょう。

総合病院

総合病院の歯科に勤務する、歯科衛生士もいます。

病棟勤務の場合など、力仕事がより多いため、女性よりは男性歯科衛生士を採用したいと考える病院も多いかもしれません。

企業に就職

歯ブラシなどの歯科関係商品を扱っている企業に、就職する歯科衛生士もいます。

男性のほうが、妊娠出産などのライフステージの変化で職場を離れる時間が少ないので、より重宝されるかもしれませんね!

男性歯科衛生士だから大変だったこと

それでは、男性歯科衛生士だから大変なことって、どんなことでしょうか?

歯科衛生士学校に入学できないことも

以前は女性だけが取得できる資格だったので、女性だけが歯科衛生士学校に入学できました。

そのため男性のための施設などが整っていなく、未だに女性のみ入学を受け付けている歯科衛生士学校もあります。

女子トイレしか無いとか、女子更衣室しか無いなど、女性の園だった歯科衛生士学校が変わるのにはまだ時間がかかるようです。

もちろん、男子の入学を歓迎している歯科衛生士学校も増えてきています。

受験前に、よく調べてから進路を考えるといいですね。

女性スタッフばかりで、着替える場所などもない

個人歯科医院は色々な所がありますが、スタッフは女性ばかりなので、ドアを開けたらそこはすぐに女性更衣室という歯科医院もあります。

男子更衣室など準備していない場合があるので、事前にどこで白衣に着替えたらいいか、歯科医師と話し合ったほうがいいですね。

女性の人間関係が大変

歯科医院は女性スタッフが多いので、人間関係が大変だと感じる場合もあるかもしれません。

女同士の人間関係は、結構面倒くさいものです。

女性に混ざっても仲良くやっていける方でないと、つらいと感じるでしょう。

給料がそこまで高くないので、家族を養うのには大変かも

歯科衛生士の年収は、平均340万円ほどと、男性が一生の仕事として選ぶには少し心もとないです。

40代、50代になってもそこまで昇給しない事が多いです。

もちろん歯科医院によっても違いますが、一般的な男性の年収と比べると少ないでしょう。

女性が結婚出産するまで働き、退職して、その後また再就職するという働き方には向いている資格かもしれません。

しかし男性の場合、新卒で一般企業に就職して、順調に昇進を重ねれば、もっとお給料を貰える可能性が高いです。

ですが、最近は年功序列制度も崩壊してきていますし、就職すれば一生安泰というわけでも無いですよね。

男性だからといって、メリットがまったく無いわけではないでしょう。

歯科衛生士は一生の資格なので、一度資格を取ればどこででも働けますし、やりがいもありますので、そういったことにメリットを感じる方には良い資格かもしれません。

まとめ

今回は、男性歯科衛生士についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

まだまだ男性歯科衛生士は少ないですが、これから増えていくかもしれませんね。

男性歯科衛生士の方々が、楽しくやりがいを持ってお仕事ができるような、職場が増えていくといいですね。

読んでくださり、ありがとうございました。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的