歯科衛生士は、特殊な仕事です。

物相手ではなく人間相手だからです。

医療系の職種は、全てがそうなりますが、人間相手だからこそ、苦労することも多いです。

また、歯科衛生士は技術職でもありますので、毎日技術の向上に励む必要もあります。

では、実際どういう苦労があるのでしょうか?

今回は、歯科衛生士を約20年経験した私が感じてきた苦労に関して、詳しくお話していきます。

歯科衛生士ってこんな仕事

歯科衛生士の仕事は、多岐にわたります。

就職先によっても、仕事の内容は変わってきます。

開業医の一般歯科だと、基本的には、歯科衛生士の業務全般をこなすことになります。

また、その医院の院長の得意分野によっては、認定衛生士の資格取得が必要な場合もあります。

例えば、院長がインプラントの専門医であれば、インプラントに関しての知識がインプラントをやらない医院よりも、必要になってくるでしょう。

そして、開業医でも矯正専門歯科もあります。

矯正専門の歯科では、基本的に一般歯科の治療はしません。

ですので、虫歯の治療や歯周病の治療に関しては、他の一般歯科に紹介して診てもらう形となります。

その代わりに、矯正に関しては、専門的な知識が必須となります。

こちらも、矯正に関しての認定衛生士の資格取得が必要となるでしょう。

ただ、矯正している患者さんへの、歯磨き指導は必要ですので知識は必要です。

あとは、市民病院や大学病院の中にある口腔外科です。

口腔外科では、一般歯科で紹介される難抜歯や難外科手術の診療が中心です。

外科的処置が大半ですので、一般歯科ではあまり見られない症例を勉強することができます。

他には、歯科関連の企業で就職をし、歯ブラシなどに関しての商品を、一般開業医院に行き、商品説明や商品のデモを行ったりします。

企業への就職は、4年生大学の衛生士学科の卒業生が多い傾向にあります。

そして、市町村保健センターや介護施設なども就職先となります。

保健センターでは、歯磨き指導や検診の補助が中心です。

また、介護施設では、利用者さんの口腔ケアが中心となり、嚥下・摂食・咀嚼などに関しての知識も必要となってきます。

就職先によっては、業務内容が変わってきますが、口腔内に関しての知識は幅広く必要となります。

色々な分野の知識を豊富にしておくと、活躍の場も広がります。

歯科衛生士の仕事で苦労すること7選

今まで、歯科衛生士をやってきて、色々と苦労はありました。

患者さん相手の仕事であること、技術や知識が十分に必要であること、院長やスタッフとの人間関係で大きく環境が変わることなどがあります。

具体的にどういうことなのか、くわしくお話していきましょう。

患者さんの顔や名前を覚えるのに苦労をした

初めて歯科衛生士になった時は、患者さんの名前を呼び間違える事もありました。

漢字も読み方が色々あります。

自分の思い込みで呼んでしまい、失礼な事をしました。

また、患者さんからすれば担当衛生士は私一人ですが、私からすれば担当患者さんは大勢いる中の一人です。

印象の強い患者さんは覚えていますが、正直印象の薄い方はなかなか覚えられず、苦労をしました。

メンテナンスで来ている時は問題ないですが、治療来た時にアシスタントについて話しかけられた際に思い出せず、たどたどしい会話になり気まずい思いをしました。

また、街中で声をかけられた時も、すぐ名前が出てこずに失礼な対応になったと思います。

その時どう乗り越えた??

名前の呼び間違いは、大変失礼なことですので、今でもしっかりとカルテのフリガナ欄を確認してから呼んでいます。

また、顔と名前の一致は、とにかくその患者さんの特徴や会話の内容を書き留めておくことにしました。

そうすることで、次回に活かせた上に、患者さんからの信頼も得られるようになりました。

会話を多くすることで、自然と覚えられるようになり、経験を積むと、口腔内の状況も一緒に思い出せるほどになりました。

担当患者さんの口腔内がなかな改善されてこない苦労

歯周病治療は、患者さんとの二人三脚がとても重要となります。

というのは、日頃の歯磨きで結果に大きく左右されるからです。

モチベーションの高い患者さんは、治したい意欲も高いので一度の指導で成果がみられる場合が多いのですが、危機感の低い患者さんや歯医者に来ていたら大丈夫という患者さんは、なかなか成果が出ません。

そこで重要なのが、コミュニケーションをとり、信頼関係の構築をすることなのですが、人見知りの私はかなり苦労をしました。

その時どう乗り越えた??

まず、患者さんとの二人三脚という事に、最初は気づけておらず、歯磨き指導の内容や伝え方に問題があると思い、そこの勉強をしていました。

しかし、先輩衛生士をみると明らかに自分と患者さんとの関係に違いがある事に気づき、そこからコミュニケーションの取り方を勉強しました。

まずは、世間話から積極的に話をしました。

患者さんの身なりや変化などには敏感になり、前回の会話を思い出しながら、関連付けて話すようにしました。

自分との会話を覚えてもらっていると、私も嬉しく思います。

それは患者さんも同じです。

とにかく、沢山会話をしながら、口腔内の状況や歯磨きの重要性なども、お話しました。

信頼関係が築きはじめると、患者さんも耳を傾けてくれます。

そして、次回にどのくらい前回と変化があるのかのお話もすることで、さらに効果がでました。

自分が喋るよりも、患者さんに喋ってもらい沢山話を聞く事が、心を開いてもらう方法なのかなと思います。

小児(1歳~6歳頃まで)との接し方の苦労

小児と接する機会が少ない私は、小児が来るたびに上手に声掛けが出来ずに、Drに何度も注意を受けました。

小児に声掛けをする時は、声のトーンや話し方も変えないといけません。

慣れてないのと、恥ずかしさもあったのでしょう。

小児患者さんが来るたびに、落ち込んでいました。

その時どう乗り越えた??

上手く声かけは出来ないときは、先輩に交代してもらいました。

その時の先輩の声掛けなどはいつも参考にして、脳裏に焼き付けていました。

そして数年が経ち、転職した先が小児の予防歯科に力を入れている所で、1日何人も小児がきます。

そうなると、出来ないではなく、やらざるを得ない状況になり、以前に先輩から学んだ声掛けを思い切ってやってみると、意外とすんなり出来、小児患者さんも上手に出来ました。

これが自分にとって自信が持てたきっかけとなり、そこからは小児患者さんへの苦手意識もなくなりました。

思い切って、演じるということが大事なのだとその時に学びました。

院長やスタッフとの人間関係の苦労

私は、今までスタッフとは良好な関係を保てています。

スタッフとの不仲で退職したことは一度もありません。

しかし、院長との関係には苦労してきました。

今までの退職理由は様々ですが、院長が原因での退職は7割です。

院長の考えを理解し、自分なりにも努力をしながら、多少のストレスは我慢していますが、理不尽な態度をとられたり、その日の機嫌で八つ当たりされたりという面で、我慢ができなくなっていました。

その時どう乗り越えた??

院長以外のスタッフとの関係は、自分の努力も必要です。

私が良好な関係を築けているのは、不仲にならないように努力をしているのもあります。

自分の立場をわきまえて、仕事教えてもらう姿勢や感謝の言葉は必ず伝えています。

そして、先輩がしている雑務などは率先して覚え、自分からやるようにしました。

自分が後輩にしてもらったら嬉しい事なども頭に入れながら、動くようにしています。

そうすることで、スタッフとのコミュニケーションもとれ、良好な関係が築けるようになります。

院長に関しては、院長の性格や考え方をまず理解するところから始めます。

おおらかな先生もいれば、細かすぎる先生もいます。

最終的には、自分との相性であったり、合わない面があったとしても、その院長を歯科医師として、経営者として、人として尊敬できる部分があるのかという事になります。

「〇〇は合わないけど、△△は尊敬できる」という面があれば、大丈夫ですが、尊敬できる部分が出てこない場合は、転職を考えた方が、自分の身体の為にもなるでしょう。

練習と本番の違いの苦労

技術を向上させるには、練習が欠かせません。

スタッフ同士で相互練習をしたり、模型などを使って自己練習をします。

十分に練習を積んで、患者さんへの本番で、上手く出来ない事が多々ありました。

それは、緊張が一番の理由でしょう。

出来るときは、調子よく出来ますが、スランプに陥るとなかなか脱出できない負の連鎖もあり、悩むこともありました。

その時どう乗り越えた??

緊張せずにすることは難しいのと、多少の緊張感は必要です。

まずは、練習とおりにやり、自信を持つことが大事です。

失敗してしまったら、何が原因だったのかをしっかり考えて、理解した状態でもう一度チャレンジします。

なぜかというと、分からない状態でチャレンジしても、また同じ失敗を繰り返すからです。

自分で考えて分からなければ、先輩に聞きましょう。

ここで大事なのは、安易に先輩に頼らず、自分で答えを導き出す事です。

また、スランプ時は、なにをやっても上手くいかないものです。

そういう時は落ち込みすぎることが、負の連鎖を生んでしまうので、気持ちを切り替え、確実に失敗しない業務を多くし、自信を取り戻すようにしましょう。

苦手な患者さんとの接し方の苦労

毎日接する患者さんですが、クレームを言われたり、キツイ口調だったり、質問が多い患者さんなどは、経験が浅いと特に苦手意識が強くなってしまいます。

私も、一度患者さんに怒られたことがあり、その患者さんが来るたびに、ビクビクしていました。

私は、自分が何で怒られているのか全く分かりませんでした。

患者さんの話をきくと、最後マスクもずらさず、目も見ず「お大事にしてください」と言った、私の態度が気に入らなかったとのことでした。

私は、マスクはそのままでしたが顔は見たつもりでした。

ですが、伝わっていなかったのと、患者さんが不快に思うような態度だったのでしょう。

色々な患者さんに柔軟に対応できる、コミュニケーション力が備わっていないと苦労します。

その時どう乗り越えた??

その時は私も若く、「ちゃんとしたのに・・」と思っていましたが、後から先輩が「きっと患者さんからしたら、マスクで表情が見えないのもあるし、声のトーンや目でそう思ったのかもしれないね」とアドバイスをもらいました。

確かに、マスクでほぼ顔が隠れているので、目の表情はとても大事です。

それに加え、声のトーンも表情の一部だと学びました。

マスクを外さないのであれば、この2つの表情はとても重要なのでその日からは、気をつけるようにしました。

その後は、怒られることもありませんでした。

転職の度に覚える内容が多い苦労

これは、最近の苦労ですが、転職をするとまた1からその医院のシステムや器具・方法を覚えなければいけません。

現在の医院の院長はとにかく細かく、医院のルールが多いのもあり、昔(20代)に比べて覚えるスピードが遅くなったのと、覚えられる容量が減ってきていると実感しました。

年齢を重ねてからの転職は、医院のシステムや院長の性格なども吟味する必要があります。

その時どう乗り越えた??

とにかく、どんな細かいこともメモに書き、家で分かりやすいように書き直す作業の繰り返しをしました。

スタッフにも、「何度も聞いてすみません」と、断りを入れながら覚えていきました。

聞かなくていいように、メモ書きを見ますがどうしても分からず聞きたい時があるので、日頃から聞きやすいようにコミュニケーションを沢山とり、スタッフとの関係も大切にしました。

まとめ

苦労は、どんな職業でもあると思います。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざもありますが、まさにその通りだと思います。

私は過去の苦労があるからこそ、色々な経験を経て現在、歯科衛生士の仕事が楽しいと感じています。

とは言え、今も苦労はあります。

しかし、その苦労がのちに役に立つのだと思うので、考え方もポジティブシンキングに変えました。

考え方によっては、気が楽に感じることもありますので、苦労をマイナスにとらえずに前向きに乗り越えることが大事なのです。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的