数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。

しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。

歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?

今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。

歯科衛生士の離職率ってどれくらい?

公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、

  • 「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。
  • 「1回ある」が24.3%。
  • 「2回以上ある」が51.4%。

となりました。

この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになります。

歯科衛生士の転職理由には何がある?

実際、転職理由は主に大きくわけると3つあります。

1つ目は、「職場での人間関係」です。

歯科医院の雇用規模は様々です。

診療チェア台数が少なく、スタッフ人数が数名の医院もあれば、診療チェア台数が多く、スタッフ人数が数十名の医院もあります。

どこの職場でも、人間関係はつきものですが、歯科医院は基本的にすべての人間と関わらなければいけません。

院長との人間関係が悪い。

大半の医院の院長は、診療に携わっています。

ですので、院長とは毎日接しなければいけません。

院長は歯科医師としても、経営者としても責任が重く、教育に厳しくなりがちです。

これは、医院がより良く向上していく為には仕方がありません。

その厳しさで、自分自身が歯科衛生士として成長できるのであれば、感謝すべきことです。

しかし、中には理不尽な理由で、叱咤されることもあります。

スタッフの中でも、同じ事をしているのに、自分だけが強く注意される、自分のミスでないことまで責任転嫁される、気分で八つ当たりされる、わざと無視される、歯科衛生士業務を自分だけさせてもらえない。

など、自分の努力不足ではない、あきらかなパワハラ・モラハラ行為がある場合は院長への信頼が無くなり、不満となっていきます。

女性スタッフとの人間関係が悪い。

歯科医院の大半のスタッフは、女性となります。

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、クリーンスタッフなど、女性が活躍する職場です。

また、年齢も様々な場合が多く、スタッフ間でのコミュニケーションが上手くいかないと、派閥やいじめなどが生まれやすい状況でもあります。

歯科医院はチームワークが大切ですので、スタッフ間でも様々な気遣いが必要となってきます。

自分勝手な行動や医院のマナーやルールを無視するような行動は、いじめの対象となります。

自分に非がある場合は、改善をする事が必要です。

しかし、自分に非がない場合もあります。

昔からいるいわゆる「お局様」と言われるスタッフに気に入られないと、理不尽な態度を受けることもあります。

そして、自分だけが、院長に気に入られるといった場合も、それをよく思わないスタッフから嫌がらせや無視などの行為を受けるといったような事もあります。

常に、スタッフの顔色を見て、気に入られるように気を遣わなければいけない環境は、仕事以前に精神的に疲れ、仕事への意欲も失われていきます。

2つ目は「仕事内容や診療システムへの不満」です。

歯科衛生士の業務内容は、法律によって定められています。

しかし、実際はグレーな部分も多く、定められている内容をきちんと守っている医院もあれば、ずさんな医院もあります。

また、診療システムは医院によって様々です。

入社してみないと分からない部分が多いのが、この不満です。

歯科衛生士の業務範囲外の内容をさせられることがある。

基本的に歯科衛生士の業務は決まっています。

しかし、歯科医師不足の医院によっては、歯科医師の業務範囲の内容を指示されることもあります。

歯を削ったり、麻酔をしたりすることはありませんが、かぶせ物のかみ合わせの調整をする行為を指示されたり、削った部分にプラスチックの詰め物をする行為を指示されたり、レントゲン写真のスイッチを押す行為を指示されたりする、保険外の患者さんへの型どりや、インプラント患者さんへのネジを外したり付けたりする行為、などはあるようです。

歯科衛生士も経験年数が長いと、業務範囲外の内容も出来てしまうようになってきます。

しかし、これらの業務範囲外の行為をした後、患者さんの歯にトラブル(痛みや違和感や治療中の誤飲)が起こった場合に、責任が取れません。

歯科医師からの指示だからという理由は、通用しません。

とても危険な行為であると言えます。

診療システム(衛生管理など)に不満がある。

歯科医院で使用するものは、患者さんのお口の中に直接入れるものが多いので、基本的に清潔でなければいけません。

しかし、全ての物を、一人一人に使い捨てにしているとかなりのコストがかかります。

滅菌出来るものは滅菌をして、使い捨てに出来るものは使い捨てにするという工夫が必要です。

しかし、その使い捨てにすべきものも、物によってはコストがかかります。

しかし、コストがかかるからといって、医院によっては十分な衛生を保たないまま、診療をしている所もあります。

患者さんに使う、グローブ(手袋)を洗って使いまわしている、歯を削る機械はアルコールガーゼで拭くのみ(滅菌していない)、歯を削るバーや根の治療で使用するファイルは、消毒液の中で洗浄するのみ(滅菌していない)、感染性の高い疾患患者の消毒の方法がアルコール消毒や一般患者と同じ消毒方法である、歯茎を切る時に使用するメスの刃を滅菌して使いまわしている、など、自分自身の感染の危険・患者間での感染の危険を重要視していない医院は、大変危険です。

現在では、歯科医院の衛生管理はニュースでも取り上げられています。

自分が、通院すると想定したときに職場での衛生面で安心ができるでしょうか?

ここを基準とするのが一番良いでしょう。

3つ目は「給料や待遇、就業時間に不満がある」

面接の時点で、給料や待遇内容、就業時間については説明があります。

しかし、実際入社してみると合意した内容と大きく差がある場合もあります。

また、書面で契約をしていない場合は、言った聞いていないの水掛け論になり、雇われる側が不満を持ちながら、勤務する場合が大半です。

給料が仕事内容に見合っていない。

給料の金額に関しては、求人内容通りであるかもしれません。

しかし、業務内容がスタッフによって差があるのに、全て同額だとどうでしょうか?

給料明細は、スタッフ同士で見せ合う事はほぼありません。

しかし、何かの拍子に、知ってしまうことがあります。

評価の仕方は、院長の考えによって様々ですが、やはり目に見えての評価があればモチベーションも上がります。

普段の評価も特にされていない、給料も自分より業務内容が少ないスタッフと変わらない場合、院長がスタッフに対して関心がない恐れがあります。

有給休暇や保険の加入に関して不満がある。

正社員でもパートタイマーでも、有給休暇を取ることが義務化されました。

歯科医院では、有給休暇の制度がない医院の方が多いのかもしれません。

しかし、休暇が必要な時に取れない環境には問題があります。

院長に休暇を願い出たら、嫌な顔をされた、自分の代行スタッフを用意してあるのか?

と注意された、1日ではなく半日しかとらざるを得ない威圧感があった、など他のスタッフには快く了承されても、そう思えない環境はこの先有給休暇が義務化されても変わりません。

また、パートタイマーでも、ある一定の条件を満たしていれば、健康保険(歯科医師国保)に加入することは出来ます。

しかし、正社員と区別するためにパートタイマーは加入していないなど、願い出ても保険の加入を認めてもらえない場合は、理由を聞き、納得のできない内容であれば転職をしましょう。

就業時間(拘束時間)が長すぎる。サービス残業が多い。

歯科医院の診療時間は、全ての医院で決まっています。

しかし、患者さん都合となる部分が多く、治療内容や急な痛みを訴える急患患者さんの対応などで、診療時間を延長することは珍しいことではありません。

しかし、これが毎日となると話は別です。

診療時間を設けている以上、限度があります。

診療時間内に患者さんの治療は終わっているが、後片付けに時間がかかりすぎる(人材不足)、)後片付けの際に医院で決められたルールのチェック項目が多すぎて時間がかかりすぎる、診療以外の雑用業務(資料作りなど)がある、治療時間が長すぎる(最後の患者なので時間を無制限に使っている)、診療後の勉強会時間が長すぎる、など仕方のない理由もあれば、改善すべき理由もあります。

拘束時間が長いと、体力・気力ともに低下し、翌日の勤務に影響を与えかねません。

自分自身の体を守るためにも、大事な項目です。

また医院によっては、きちんと時間で区切り残業代を出している所もありますが、診療時間外の雑用業務に関しては残業代が出ない医院もあります。

歯科衛生士の仕事でよく聞く不満

上記にお話しした、転職理由が歯科衛生士の仕事の不満につながりますが、細かく分けると以下の内容となります。

日常で起こる不満を紹介していきます。

院長と代診歯科医との連携が取れておらず、間にはさまれる。

歯科医院によっては、院長の他に代診の歯科医師がいます。

患者さんの担当を代わる際には、申し送りが重要となります。

しかし、医院によってはその申し送りがきちんとされておらず、間に入った歯科衛生士が申し送りの伝達係となることがあります。

それによって患者さんや歯科医師から、理不尽な注意を受けることも度々あります。

院長や苦手なスタッフの機嫌でその日1日が決まる。

院長やスタッフも、もちろん人間ですので、自分も含め機嫌の良しあしは日よって違うでしょう。

しかし、立場の弱い者はその機嫌の悪さを外に出すことはできません。

しかし、立場が強い者はその機嫌の良しあしを出します。

それによって、立場の弱い者は理不尽な注意や行為を受けることもしばしばあります。

自分勝手な患者さんからの訴えの対応に困る

予約をしていても「今日は時間がないから早く終わらせて」や、予約外で来院され待ち時間が長いと激怒される。

や、痛みが出てきた理由を「あなた(歯科衛生士)が触ったからだ」と言われ怒られる、など患者さんの訴えの内容には無理がある事も多々あります。

しかし、笑顔で対応するのが歯科衛生士です。

院内旅行やお食事会への強制参加がある

医院の雰囲気が良く、院長やスタッフのコミュニケーションもしっかりとれている医院には楽しい行事となりますが、院長とスタッフの仲が悪い、スタッフ同士の仲が悪い、といった医院ではこの行事は苦痛でしかありません。

キツい時もあるけど、でもやっぱりやりがいはありますよね!

歯科衛生士は、1日の中で沢山の人と接します。

気を使わなければいけない場面が多々ありますが、その中でも人を通して嬉しいことや楽しいこと、癒されること、やりがいを感じることなど、沢山の体験を同時に出来る素晴らしい職種でもあります。

自分以外のお口の健康管理のサポートが出来、改善させることができるという事は、他の職種では味わえない達成感とやりがいがあるのです。

まとめ

歯科衛生士ライフを充実したものになるのかどうかは、就職する医院によって大きく左右されます。

就職する医院によって、自分の歯科衛生士としての才能が開花するのか、しないのか・・と言っても決して過言ではありません。

それぐらい、医院選びは重要なのです。

沢山の試練や辛いことがあるかもしれませんが、それをサポートしてくれる院長やスタッフとの出会いで、乗り越えられる壁が変わってきます。

理不尽な不満を抱えたまま、長く勤務することは自分の身体にとってもよくありません。

転職先には困らないのが、歯科衛生士の職種ではありますが、やはり1ヶ所の医院で長く働いていると、患者さんからの信頼度が違います。

歯科衛生士の本来の業務内容を考えると、やはり患者さんとの信頼関係は必須となります。

転職ばかり繰り返すと、患者さんとのコミュニケーションがとりづらくなるのも欠点です。

転職をする際は、十分なリサーチと自分が求めている職場をしっかりと確率させ、医院見学を事前にして医院の雰囲気をしっかり見定める事が重要となります。


関連キーワード

歯科衛生士仕事

歯科衛生士仕事に関するコラム

歯科衛生士の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

今やコンビニエンスストアよりも多いといわれている歯科医院。どこの歯科医院にも、歯科衛生士は必須の存在となりました。歯科衛生士の仕事で思いつくのは、治療の際に唾液を吸ってくれる、歯のクリーニングをしてくれるなどではないでしょうか?では実際、歯科衛生士は毎日どのくらいの数の仕事内容があるのでしょう?今回は、歯科衛生士の仕事内容について詳しくお話していきます。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事

歯科衛生士と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。その理由をお話しします。女社会のため、子育てに理解が得られる歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。特に同じように育児をしながら

歯科衛生士になるには?働きながら歯科衛生士になる方法、注意点などご紹介します

今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。まずは歯科衛生士の資格について紹介します歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。歯科衛生士について簡単に説明します。歯科衛生士とはどんな

歯科衛生士になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと

歯科衛生士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?ちょっと気になりますよね。今回は採用面接について、解説いたします。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個