歯科衛生士とはよく聞く職業のうちの一つですが、歯科助手と同じと思っている方が多いです。

歯科衛生士は専門の学校に通って国家試験を合格しなければなれないのです。

今回はその歯科衛生士について詳しくお話したいと思います。

歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?

歯科衛生士はどのような仕事かと一言で説明してと言われた際いつも考えてしまいます。

簡単に言えば歯科医院の看護師です。

歯科衛生士が専門的に行う治療もありますし、先生のアシスタントも行います。

歯科衛生士の具体的な仕事内容とは?

続いて具体的な仕事内容を説明させていただきます。

具体的な業務

歯のクリーニング

細菌の塊のプラークと呼ばれるものが石灰化したものを歯石と言います。

プラークは歯ブラシで落とすことが可能ですが、歯石になってしまうと歯科医院で使われている器具でないと取れないです。

歯石は放置していると歯周病の直接の原因になってきますので定期的なクリーニングを行っております。

歯茎の中まで歯石がある方には先生が麻酔をかけた後、歯茎の中の歯石もお掃除します。

歯磨き指導

歯科衛生士は歯磨き指導にも力を入れています。

汚れのチェックを行う際に全ての歯に対して何パーセントほど汚れがついてるのか計算します。

20%以下を目標にお願いしていますが、なかなか一度で改善するのは難しいです。

患者さんのいつも磨くことが難しいと感じている箇所や、汚れが多く残っているところを一緒に確認してアドバイスします。

この指導を苦手とする歯科衛生士は多いと思います。

私もそうでした。

しかしこれは数をこなすことが大事です。

自身の持っている知識をどう伝えることが大事なのか、納得してもらう説明をするためにはどうすればいいのか日々勉強しながら取り組んでいます。

患者さんごとにもちろん口の中の状態は違うのでその方にあった指導をすることが大切ですね。

専門用語を使わずにお話しすることも簡単なようで難しいです。

歯周病の検査

歯周病の検査も歯科衛生士は行なっています。

歯茎の状態を詳しく専用の器具を使ってチェックしたり、歯の揺れがないかの確認、歯茎から出血はないかなどの検査を行います。

またその結果を歯科医院だけが把握するのではなく、患者さんにも説明し結果の紙をお渡しすることで情報を共有するようにしています。

歯科医院はどうしても改善するためには長い期間治療が必要になってしまいます。

そのため痛みがなくなると途中で治療を辞めてしまう方も多いです。

そういったことを少しでも減らすために、きちんと説明し結果を共有して治療に取り組みことが大事ですね。

ホワイトニング

ホワイトニングには家で行うホームクリーニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングは主に歯科衛生士の仕事です。

ホームクリーニングより結果がすぐに出やすいことがメリットですが、強い薬品を使用するため知覚過敏などのダメージが出やすいことや保険適応外のため費用が高いことがデメリットになります。

そのこともきちんと患者さんに説明をし、一緒に綺麗な歯を目指すことが重要です。

ホワイトニングにはホワイトニングコーディネーターという専門の資格もあります。

興味がある方は資格を取得しスキルアップすることもいいですね。

歯科衛生士の仕事に就くためにはどうしたらいい?

歯科衛生士になりたいと思ってもまずはどう行動することが正解なのかわかりませんよね。

「ユーキャンなどの資格サイトで取れるのかな?」「学校に通わなければいけないのかな?」「試験や実習はあるのかな?」など疑問に思うことが私もなりたいと思った時に多くありました。

そのことについてお話したいと思います。

まずは歯科衛生士の勉強や実習を学べる学校を探す

歯科衛生士は大学、短期大学、専門学校、夜間学校のいずれかに通う必要があります。

そのなかでも国立や県立、私学があり学費が変わってきます。

国立や県立の学校は、一番安く3年間の学費の総費用は約100万〜150万、私立の学校は300万〜350万になります。

そこで国家試験を受ける権利を取得することが可能です。

これまで修業年限は2年制以上でしたが、歯科衛生士学校養成所の規則が改正され、平成17年4月1日を施行日にし平成22年4月1日より全ての歯科衛生士学校養成所で3年制以上になりました。

4年制の大学と3年制の短大は専門学校に比べて数が少ないです。

一般社会と比べて大学と専門学校の給料の差はないので、自分の希望する場所、学費、特に学びたい内容、その他希望する条件や、その学校の魅力などを考慮し通うことができるところを選ぶといいですね。

女性のみの学校もありますが、最近は看護師と同様に男性も働く方が増えている職業になってきました。

歯科衛生士学校の受験

高校生からの受験の場合歯科衛生士学校は、AO入試、指定校推薦、受験があります。

歯科衛生士学校への入学は主にAO入試と指定校推薦が多いです。

指定校推薦が多い理由は歯科衛生士になりたいと希望する学生が、大学側が高校に推薦を提示している枠より少ないからです。

なので指定校推薦の枠が取りやすく、受験しなくても入学は可能です。

AO入試では主に面接と論文なので、自分がなぜ歯科衛生士になりたいかなどアピールしやすいのでみなさん受験ではなく、AO入試を選択する方が多いです。

歯科衛生士学校は、入学するのは簡単と言われていますが進級して卒業するのが難しいです。

その理由については下記でお話したいと思います。

学校に通って学科の単位を取得する

私が通っていたのは歯科衛生士の短期大学だったのでその例をお話します。

一年生は主に学科の座学がメインになります。

大学は自分で単位を選べて、授業がない時間は友達とお喋りしたり学校を抜けてランチや買い物をしたり、、、というのを想像して入学しましたが4年制の通常の大学生活とは大きくかけ離れていました。

朝の9時から夜の6時まで毎日授業があります。

もちろん出席も取るため毎日学校に通って授業を受けなければ単位を落とします。

単位を落とした場合、普通の大学でしたら2.3.4年生で落とした単位を取得することが可能なのですが、歯科衛生士の場合2.3年生でも学科や実習が朝の9時から夜の6時まで入っているので落とした単位をもう一度とることは不可能になるのです。

そのため一つでも単位を落としてしまうと必然的に留年になります。

また、専門学校との違いは専門学校以外の授業があることです。

例えば英語や中国語、コミュニケーションの授業、パソコンの授業、道徳などです。

なので専門学校の方が歯科衛生士の受験のために必要な学科の授業しかないため、授業時間は短いと聞きます。

しかし大学なので春休み、夏休み、冬休みがあります。

毎回大量の宿題やレポート提出があります。

また、毎年学期ごとにテストがあります。

全教科なので毎学期ごとに25〜30教科を一気に勉強しなければなりません。

一番この短期大学時代が勉強しました。

先程もお話しましたが、これだけ必死にならなければいけない理由は一つでも単位を落としてしまうと留年してしまうからです。

毎年多くの同級生の方が、留年や辛くなってしまい辞めていきました。

それだけ厳しい授業を乗り越えて国家試験を受ける権利を得られるので覚悟が必要になってきます。

私は辛いと思うことも多かったですが、この3年間だけ頑張って乗り越えればいいんだ!といつも自分に言い聞かせて頑張っていました。

周りに一緒に勉強している友達もみんな同じ気持ちです。

励ましあってたくさんの知識を身につけ立派な歯科衛生士を目指して頑張れるといいですね。

たくさんの実習を経験する

上記でたくさんの勉強をしなければならないとお話しましたが、実習も2.3年生から増えてきます。

2年生の後半からは病院での本格的な実習が始まります。

初めにお伝えしますが、実習は本当に精神的にも肉体的にも辛く大変でした。

毎日実習前には身だしなみのチェックが先生により行われます。

黒髪できちんと結ぶ、爪を短く切る、実習着にシワなどがないか、化粧は適度に行なっているか、など細かくチェックされます。

実習は5〜6人で1グループのため、誰か少しでも先生に引っかかってしまえば連帯責任で実習に出させてもらえません。

そのため、みんながお互いをチェックしあって実習に向かいます。

もちろん遅刻は厳禁です。

1分でも遅刻した場合その日の実習は欠席扱いになり、単位に響いてきます。

実習も大学病院の中で本当に来院している患者さんに対して行うため、規則などがとても厳しいです。

医療現場なので失敗は許されませんので当たり前です。

大学病院での実習は歯周病科、補綴歯科、小児歯科、矯正歯科、障害歯科、口腔外科、嚥下のリハビリ科、麻酔科、放射線科など様々な科に行きます。

そこでは歯科衛生士の業務ではなく、アシスタントを行うことが多かったです。

いろんな症例やたくさんの先生のアシスタントにつくことで先生によってはとても厳しい先生がいましたので精神面でも強くなれた気がします。

歯科衛生士業務の実習は1年生の入学した頃から模型を使って行なったり、2年生の頃には友達同士で行なっていました。

3年生の病院実習では歯科衛生士専門の科がありそこで実際に行います。

自身の親なども来院して患者になってもらうという実習も行いました。

実習が終わると実習記録として毎日その日に行なった治療内容や手順などを詳しく記載し、理解していたかの確認と復習を行います。

グループで今日の実習を話し合い反省点や改善点なども提出します。

毎回その日にあったことを反省し、次に活かせることが重要になってきますね。

また毎回科目ごとにレポート提出があり、指定されたお題について調べて提出します。

実習期間中は毎日寝不足で肉体的にも精神的にもしんどかったです。

バイトも行えなかったです。

しかし勉強のときにも同じことを言いましたが、周りには一緒に頑張っている友達がたくさんいます。

怒られることや落ち込むこと、反省することが毎日ありましたが、一人ではこの辛い環境は乗り越えることができなかったと思います。

励ましたりお互い高め合っていくことが大切ですね。

専門学校には付属の大学病院がないところが多いので、ここまで実習を積むことはできないです。

これも学校を選ぶときのポイントの一つです。

実習先は歯科医院だけではない

実習先は大学病院だけではないのです。

大学と専門学校の違いはここにもあります。

私の場合短期大学は、付属の大学病院、一般の歯科医院、障害者施設、高齢者施設、保育園、幼稚園、デイケアサービスなどに行きました。

専門学校は一般歯科のみというところもあります。

もちろん歯科衛生士になるための単位の実習なので歯磨き指導や口腔内チェックなどを行います。

しかし、それは1日の中で1時間程度で後の時間はその施設の方とのふれあいになります。

普段なかなか直接接する機会が少ない方と、お話や一緒に生活することで様々な経験をさせていただきました。

この経験をさせてもらい、高齢者や障害者、子供への接し方、今まで自分が見えていない環境のことを学ぶ機会がたくさんあり、その経験が今の一般歯科での勤務でも生かされています。

国家試験の勉強対策

2月の末から3月の頭にかけての期間のいずれかで歯科衛生士の国家試験があります。

1月まで実習がありますので、並行して勉強しなければなりません。

主に過去の国家試験の問題を解くことですが、ただ解くだけではダメです。

何回もやっているうちに答えを覚えてしまうからです。

似たような問題は出るかもしれませんが、同じ問題は本番の試験にはでません。

大変ですがなぜその答えなのか説明できるまで調べ、他の選択肢はなぜ違うのか、またその他の選択肢が正解の問題文を自分で作ることをしていました。

後のおすすめの勉強法は自分でまとめたノートを作ることです。

自分でまとめることで頭に入りますし、復習するときも見やすいです。

私はいつもその自分のまとめたノートを持ち歩いていました。

国家試験の本番もそのノートのみ持参しました。

それくらい活用します。

科目ごとにポイントをまとめ、間違えた問題から得た知識をそのノートにどんどん記載していくと、自分に合ったオリジナル参考書が完成です。

あともう一つ何回も間違えてしまう問題のノートを別で作ります。

今まで何かしらの試験を受けるために勉強したことがある方なら分かると思いますが、間違えてしまう問題はいつも同じ、、、ということがあります。

毎日分厚い過去の問題集を何冊も持ち歩くのは大変ですよね。

なので少し面倒ですが、間違えた問題のみ印刷をしてノートにまとめるのです。

これは過去に歯科衛生士の国家試験を受けた先輩からのアドバイスで実行していたのですが、みなさんにもおすすめします。

実習もあり勉強する時間が限られてしまいますが、効率よく勉強することが大切ですね。

国家試験を受ける

地域によって違いますが、関東の場合試験会場は千葉と東京が毎年交互に受験会場になります。

朝早くから試験があり、お家が遠い受験生や電車の遅延なども考慮してよほど近くでない限り会場付近のホテルを予約して泊まります。

その方が不安要素が一つ減り安心して試験に集中できますよね。

ただみんながいっせいに探し出すので、私は九月ごろに予約をしましたがそれでも埋まっているところが多かったです。

毎年交互に変わるため今年はどこの会場か予測できます。

なので試験前にバタバタしないように早めに行動することがオススメです。

受験の手続きは学校で行います。

試験の時間は朝の9時から夕方の5時までの長時間になります。

問題数は毎年度変わりますが、選択問題の約400題です。

しっかり体調管理をして落ち着いて臨みたいですね。

歯科衛生士国家試験の合格発表

合格発表は三月の末に行われます。

四月から就職なのでギリギリです。

ですが、試験後にすぐインターネット上で非公認の速報の回答が出ます。

そこで大体の判断は可能です。

試験の次の日にも学校に出向き、先生たちの予想回答が出されるので自分が答えたものと照らし合わせた結果を提出します。

速報も確実ではないのでプラス10点ほど多く正解しているとより安心です。

歯科衛生士の国家試験は96%と言われています。

一見高いように感じますが、その理由は上記でもお話ししましたが、国家試験を受ける権利を取得するのが難しいからです。

受験まで進んで来れたなら大丈夫です。

後は自分を信じて待つしかないですね。

合格発表はインターネット上で受験番号が発表されます。

発表後は急いで受験後に必要な様々な手続きを行います。

これも学校側で案内があります。

就職先を探す

就職活動が開始されるのは9月からですが、受験後に行う人もいます。

私は受験前に不安な状態で挑みたくないのと、受験後の就職までの期間頑張った分思いっきり遊びたかったので早めに就職活動を終わらせました。

大体の人が12月末には決まっている印象でした。

世間で言われている就職活動の大変さはないです。

なぜなら生徒の人数に対して10倍近くの求人が来ているからです。

裏を返せばそれだけ全て求人に目を通すことがとても大変でした。

歯科衛生士は個人医院が多いので条件が様々です。

他の学校にも求人を出しているところもありますので自分が希望する条件が見つかると早めに行動し、面接することをオススメします。

歯科衛生士に求められる資質、スキルとは?

歯科衛生士に必要なスキルについてお話ししたいと思います。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は歯科衛生士にはとても大切になってきます。

直接治療を行うことが多いため、患者さんと接する機会も多いです。

歯科の治療は恐怖を持たれている方が多いですよね。

その理由の一つに器具の音が苦手とおっしゃる方が多いように感じます。

それは口の中が自分では見えないため、なにをされているかわからない不安からも来ると思っています。

そのためこちらが今日行う治療内容を分かりやすく説明して、治療中も患者さんに声かけをするなど不安を取り除くことが大切になってきますね。

日々コミュニケーションにも重要視して治療わ、行なっています。

気配りの重要性

歯科衛生士は歯科衛生士業務だけではなく、先生の治療のアシスタントも行います。

アシスタントをする際は常に先のことを考えて行動します。

次使うであろう器具や薬品を準備してすぐ使えるようにしたり、先生が使いやすいように器具の位置などにも気を配ります。

また先生が患者さんと話している内容を他の作業をしながら盗み聞きし、治療を予測し話の後すぐに治療に取り組めるよう準備したりもします。

歯科医院は予約制のため少しでも一人の患者さんに時間がかかってしまうと、後の患者さんにまで迷惑がかかってしまいます。

そうならないようにスムーズに治療を行えるようアシスタントすることが重要になってきます。

根気強さ、忍耐力

上記でもお話ししましたが、歯科衛生士になるためには辛い勉強や実習を乗り越えなければなりません。

何度も挫けそうになったこともありますが、今社会に出てその経験が生かされています。

また歯科衛生士は細かい作業が多いため、根気強さが必要になってきます。

患者さんと直接接する機会が多いため、いいことだけではありません。

もちろんクレームなどを言われることがあります。

その時に落ち込むのではなく、改善点を見つけ次に繋げていけるように努力する力と大切になってきますね。

まとめ

今回は歯科衛生士になるためにはどうすればいいか、歯科衛生士が実際に行う業務についてお話しさせていただきました。

歯科衛生士になることは決して簡単ではありません。

大変な勉強や実習が待っています。

しかし、それを乗り越えて歯科衛生士になった時に得るものはたくさんあると思います。

精神的にも一回り大きく成長出来るでしょう。

社会に出ると辛いこと、落ち込むこと、反省することなど沢山の壁にぶち当たります。

その時に歯科衛生士養成学校で勉強して学んだことが生かされると日々感じます。

人生のうちの3年間。

通っている間は長く感じるかもしれませんが、その3年間を必死で頑張ると後の人生、歯科衛生士という肩書きはとても役に立つはずです。

養成学校にはたくさんの同じ目標を持った仲間がいます。

みんなが笑顔で歯科衛生士になり、今後の歯科医院を盛り上げてくれるといいです。


関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士について解説したいと思います。歯科衛生士の仕事内容まずは、どんな仕事なのかが気になりますよね?簡単に解説いたします。歯科衛生士の仕事は大きく分けて、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」の三つに分けることができます。歯科診療補助(歯科医師のアシスタント)歯科医師の診療のサポートをする仕事です。歯科医師の指導の下、患者様の口の中の水を、バキュームという小さな掃除機のようなもの


歯科衛生士求人に関するコラム

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士の仕事は医療関係のため普段話を聞く機会が少なく想像しにく人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通して身近に感じていただければ嬉しいです。今回はそんなあるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は職業柄的にとても気になってしまいます。いわゆる職業病ですね。「あの人、前歯に補綴物入ってるぽいなーなんの補綴物だろう?セラミックかな?」「あの人、歯並び綺麗なのは元からだな

歯科衛生士での復職はあり?ブランクのある方々への復職の際に注意するべきことをご紹介します。

歯科衛生士は離職率が高いと言われている仕事の一つと言われています。また、復職をためらう人も多く歯科衛生士の資格を取得しているが生かせてない人もいます。ではそれはどうしてなのでしょうか。今回はそのことについてお話しします。歯科衛生士の仕事とはまず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。すなわち歯磨

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士が向いてない人って、どんな人でしょうか?向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回はそんな、歯科衛生士に向いてない人について解説いたします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人でしょうか?どんな特徴があるのでしょうか?人とコミュニケーションを取るのが苦手な人歯科医院には、老若男女様々な人々が訪れます。しかも、歯科医院が好きだから積極的