歯科衛生士にそろそろ復職したい、復職しようかどうか迷っている方へ。

歯科衛生士は離職率が高い仕事の一つと言われています。

やはり女性が多く結婚や妊娠を機に辞めてしまう人も少なくありませんよね。

また、復職をためらう人も多く、歯科衛生士の資格を取得しているのに活かせてない人も多くいます。

ではそれはどうしてなのでしょうか。ブランクのある理由や復職する際の注意点までお話ししたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「歯科衛生士」の仕事例をチェック

歯科衛生士の仕事とは

まず初めに、歯科衛生士の仕事についてお話しします。

歯科衛生士の仕事を簡単に言うと、歯科医院の看護師のような役割をしています。

歯科衛生士の主な業務はスケーリングというものになります。

スケーリングとは歯のお掃除のことを言います。

「プラーク」と呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを「歯石」と言うのですが、プラークは簡単に日々の歯磨きで落とすことが出来ます。

すなわち歯磨きをする一番の目的はこのプラークを取り除くことになりますね。

しかし、歯磨きで上手く落としきれず残ってしまい石灰化して歯石になってしまうと、歯ブラシで行う歯磨きではいくら磨いても取り除くことが出来ません。

歯石を放置しておくとお口の中の状態が悪くなり歯周病の原因になってしまいます。

では、その歯石はどのように落とすことが出来るのでしょう。

ここで私たちの主な業務のスケーリングの出番です。

超音波と呼ばれる歯を削ることなく歯石のみを取り除くことが出来る水が出る専用の器械を使って治療していきます。

クリーニング以外にも

  • 「定期的な検査(3〜4ヶ月ごとに来院を進めているもの)」
  • 「虫歯のチェック」
  • 「歯茎の状態の検査」
  • 「歯磨き指導」
  • 「歯科衛生士の業務記録の記載」
  • 「歯茎の中の汚れを取り除く治療」
  • 「歯周病の進行を抑制するためのお話や指導や治療」
  • 「歯科医師が行う治療のアシスタント」
  • 「電話応対や受付業務」
  • 「歯科助手も行うことが出来る歯科医院全般の業務」

などの仕事が挙げられます。

歯科衛生士は、歯科衛生士業務以外にも行うことがたくさんあるため、毎日忙しいのが現状です。

しかし、とてもやりがいがあり、日々充実して仕事をしています。

歯科衛生士はブランクがある人多い?

歯科衛生士はブランクがある人は多いです。

現在歯科衛生士の国家資格を取得している人は24万人以上いると言われています。

しかし、実際に働いている人は半数以下なのです。

そのため離職率が高い仕事と言われていますが、この結果を見てみるとその通りですね。

では、なぜ歯科衛生士は復職をせずブランクがある人が多いのでしょうか。

そのことについてお話しします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ブランクがある人が多い理由

ブランクを抱えている人は皆さん同じ悩みを持っています。

そのことについてお話しします。

女性が多い仕事だから

歯科衛生士はほとんど働いているのは女性になります。

そのため、女性には結婚や出産がある場合があるため離職率が高くなるのです。

育児が落ち着いてから復職したいなと考えている場合などは、「気がついたら10年間も歯科業界から離れてしまっていた」なんてこともよくありますね。

産休や育児休暇などがもらえないことが多いため

歯科衛生士は産休や育児休暇などをもらえない職場が多いです。

その理由は歯科医院が個人事業主で経営しているところがほとんどだからです。

中には取得出来るところもありますが、それは「20人〜30人歯科衛生士が勤務している大規模な歯科医院や大学病院や総合病院」、「パートの歯科衛生士がたくさん勤務している歯科医院」などであれば、一人が産休や育児休暇を取得し長期間いなくなっても代わりのスタッフがたくさんいるため、歯科医院にとってはそれほど大きなダメージはなく制度を受け入れてくれるところが多いでしょう。

しかし、一般の歯科医院は歯科衛生士がだいたい3〜4人在籍していたらいい方であると言われています。

今の現状歯科衛生士が不足している歯科医院がとても多く、ギリギリの人数体制で歯科医院が成り立っています。

そのため一人が産休や育休を取得し抜けてしまうと歯科医院にとって大きな負担になってしまいます。

「勤務体制や時間の変更」、「1日に受け入れる患者数の変更」、「残業時間の増加」などをせざるを得なくなることもありますね。

これらのことから育休や産休受け入れることよりも、新しい歯科衛生士を雇用するという状況になるのです。

歯科衛生士会の調査でも、産休や育休の制度が存在していても、実際に取得している実績はないというところが多いと報告されています。

こういった現状から出産を機に辞めることになりブランクに繋がってしまうということになりますね。

資格が一度取得すると更新などの必要がないから

歯科衛生士の国家資格は一度取得してしまえば一生使える資格なのです。

そのため、専業主婦になったり他の仕事をしていたため、長期間歯科衛生士を行なっていない場合でも国家資格を持っているため就職には困りません。

しかし、逆に捉えてみると長期間歯科衛生士をしていなくても手軽に復帰できる環境のため、「そう簡単にもう一度歯科衛生士ができるのかな」と不安に覚える方も多く復職をためらってしまいます。

技術職のため不安を覚えやすいから

先ほどもお話ししましたが、歯科衛生士は資格を一度取得すると一生使うことができますが、歯科衛生士業務は技術職のためブランクがある人のほとんどが最も不安に感じることでしょう。

辞めてから2〜3年ほどでしたら多少の不安はありますが、少し勇気を出してみると意外と覚えているかもと思う方もいると思います。

しかし、育児のタイミングなどで復帰したいと考えていてもなかなか復帰することが出来ず、気がついたら長期間のブランクになっていたということはよくありますね。

その場合不安だけが大きくなり結局違う仕事に就いているというケースも耳にします。

ブランクを経て復職する際の注意点

ブランクを経て復職する際にはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

そのことについてお話しします。

変なプライドは捨てることが大切

歯科衛生士は平均年齢が若い傾向にあります。

特にフルタイムで働いている正社員は若い人が多いです。

歯科衛生士はアルバイトの雇用も多いため、主婦などの方は正社員は少ないです。

そのため教えてもらうのは自身より年下の方になるケースもあります。

「昔はこうだったのに」、「このやり方でやっていたからこうやりたい」、「この方法はおかしいんじゃない」などと言われてしまうと、教える側もいい気持ちにはなりませんよね。

時には間違いを指摘してアドバイスすることも大切ですが、年下であっても先にその歯科医院で勤務している人が先輩であり指示に従うことを念頭に置いておいてください。

メモを必ず取ること

聞いたことをその都度メモを取ることが面倒に感じる方もいるのではないでしょうか。

よく聞く話では20代の時に比べて30代から覚えが悪くなってしまったというケースがあります。

これは皆さん感じていることなので安心してください。

決してメモを取ることは恥ずかしいことではないのです。

歯科医院は覚えることが多いため、メモを取ることが大切になってきます。

また歯科衛生士は仕事量が多く忙しいため、教える側としても同じことを何度も聞かれると「前も教えたのにな」と捉えられ教える側の作業を止めてしまうことになりますね。

また、正社員ではなく週に2〜3回の勤務であれば覚える速度が遅くなってしまうのは当たり前です。

メモを取っているとわからないと思ったときは聞く前にメモで確認することが出来ますし、お家に帰ってから復習することも可能ですね。

メモを取ることで教えてもらったことが覚えやすくもなりますし、覚えたいという意欲も教える側によく伝わりますのでしっかりメモは取るように心がけましょう。

新人の頃と同じような気持ちで仕事に取り組むと気持ち的に楽である

歯科医院は経験があっても職場によって治療方針や治療内容、治療に使う器具や薬品が異なります。

そのため転職すると誰でも一から覚えることになります。

ある程度歯科衛生士の経験がありブランクを経て復職する場合、歯科医院に合わせて働くことは難しいと感じてしまうこともあるかもしれませんが、一度初心に戻り新人の時と同じ気持ちで仕事に取り組むと自分自身の気持ちも楽になると思いますよ。

ブランクの年数は関係ないが、医療は常に進歩しているため変わっていることが多いこと

ブランクの年数が長くなればなるほど復帰に対しての不安も大きくなるのは自然なことですね。

しかし歯科衛生士の仕事にブランクの長さはあまり関係ないように感じます。

その理由は上記でもお話ししましたが、歯科医院は職場によって全く異なるため、基本的な知識や技術は同じですが一から学ぶということが多いからです。

また医療は日々進歩しているため、歯科衛生士全員が常に学ぶことを求められています。

誰でも一歩踏み出すまでには不安を感じ勇気がいりますよね。

一度歯科衛生士を経験していると復帰してみると意外と体は覚えているものですよ。

ブランクがあるときの就職先の見つけ方のポイント

ブランクがあるときの就職先の見つけ方はどのようなことをポイントにすると良いでしょうか。

そのことについてお話しします。

ブランクについてきちんと求人に記載してあり、積極的にブランクの育成を行なっているところがおすすめ

歯科衛生士はブランクの多い仕事の一つと言われているため、求人を出している歯科医院側もブランクの受け入れを積極的に行っているところが多いです。

そういったところは求人に、「ブランクがある方でも大歓迎です!」、「◯◯年ブランクがある方も過去に勤務していた経験があります」、「現在ブランクから復職した人も勤務しているため安心です」などを記載しています。

ブランクに対して不安があったり、本当に雇ってもらえるのかと感じなかなか復職に踏み出せない人も、上記のような記載があるとより安心して働くことが出来るのではないでしょうか。

ブランクの経験がある方が勤務していると気持ちをわかってもらえたり、相談に乗ってもらえるなんてこともありますね。

働く上で自身と似た環境の方がいるのはとても大きいことですよ。

先輩の歯科衛生士がいるところを選ぶ

現在歯科衛生士が大変不足しているため、歯科医院に歯科衛生士が一人もいないなんてこともよくあります。

そういったところは誰でもいいというのは言い方に語弊がありますがブランクも関係なく採用する傾向にあります。

一見何の問題もないように感じますが、ブランクから復職する場合やはり指導してくれる人が必要です。

歯科医院も歯科衛生士が行う治療は出来ますが、歯科衛生士業務に詳しくない人が多いです。

新卒の場合もそうですがやはり復職した最初が一番肝心です。

曖昧に知識や技術を覚えるのではなく、先輩の歯科衛生士にしっかり指導してもらいながら学ぶことで、今後の歯科衛生士としてのスキルをしっかりと得ることが出来ますよ。

歯科衛生士ならではの悩みももちろんありますので同じ職種のスタッフがいるのはとても安心ですね。

自身の譲れないポイントをいくつか決めてから求人を選ぶようにする

歯科衛生士の求人はとてもたくさんあり、全ての求人を隅から隅まで目を通すのは相当な時間と労力が必要になってきます。

働くとなると誰でも自分が働きやすい条件が揃った環境で長期間働きたいと思うものです。

そのためには自分が譲れない条件を3つほど決めておくといいですよ。

例えば、「給料」、「勤務時間」、「有給の取得日数」だとします。

それを決めておくことで求人も探しやすくなりますし、万が一この3つ以外に不満に思う点があったとしても3つを満たしているから頑張ろうと思えるからです。

誰でも職場に対して不満の1つや2つはあるのではないでしょうか。

そういったときにすぐに転職するのではなくもう一度自身に問いかけることも大切ですね。

まとめ

今回は歯科衛生士のブランクについてお話ししました。

歯科衛生士は若い時には働いていたけど、長期間現場から離れてしまうとなかなか復職は難しいと思われている方も多いと思います。

しかし、歯科衛生士はブランクがあっても大丈夫です。

しっかりとサポートしてくれる歯科医院を見つけることも大切になってきます。

歯科衛生士はとてもやりがいのある一生働くことが出来る仕事です。

今回の記事を通して、歯科衛生士の国家資格を手持ち無沙汰にしている方が少しでも少なくなり一緒に歯科衛生士業界を盛り上げてくれると嬉しいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

歯科衛生士求人

歯科衛生士求人についてもっと深堀りした情報を見る

歯科衛生士で50代が働く上の悩みとは?色々な経験談などを紹介

歯科衛生士は、比較的求人が年間通して多く、歯科衛生士不足と言われている昨今は、退職後も再就職に困ることはあまりありません。しかし、採用する側の医院もすぐに辞められないように、人選には慎重です。1回の面接では、その人の人間性まで見極めることは難しく、面接担当者が参考にするのは、履歴書の内容と面接時やスタッフに対しての挨拶などの態度です。歯科衛生士は、経験年数が多いほど即戦力として活躍してもらえるのですがその反面、今在中している若いスタッフと上手くやっていけるかなども採用点に大きく関わってきます。特に50代の歯科衛生士の転職は、迎い入れる医院側も少し構えます。今回は、既存スタッフよりも経験も年齢も

歯科衛生士のあるある。歯科衛生士だからこその内容を徹底解説!

歯科衛生士って綺麗な女性が多くて、憧れている女性も多いのではないでしょうか?そんな歯も容姿も綺麗なイメージのある歯科衛生士の仕事は医療関係のため、憧れはあっても意外と普段話を聞く機会が少なく想像しにくい人も多いのではないでしょうか。歯科衛生士の仕事ならではのあるあるを通してより身近に感じてもらえるような面白エピソードも交えて、今回はそんな歯科衛生士のお仕事あるあるについてお話しします。経験者が語る!歯科衛生士の仕事あるある。歯科衛生士のあるあるとはどのようなことがあるのでしょうか。実際に働いているからこそ話せるあるあるについてお話しします。人と話している時その人の歯をついつい見てしまう人の歯は

歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とおすすめのエージェントの選び方

歯科衛生士が転職する場合、どのように転職活動を行っている事が多いのでしょうか?転職情報を探す方法は、人づてや、ハローワーク、求人情報誌、求人サイト、転職エージェントなど、色々ありますね。そんな数多くの情報の中、最近利用する人が増えてきた「転職エージェント」について今回は、解説いたします。転職エージェントを使って転職活動をすると、どんなメリットがあるのでしょうか?歯科衛生士が転職エージェントを使って転職活動をすべき5つの理由とは?そもそも転職エージェントって、何でしょうか?転職エージェントとは、人材紹介サービスの一つです。仕事を探している人を、手助けしてくれます。料金は求人を出している側には発生

歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

歯科衛生士に向いてない人でも、克服することはできるのでしょうか?今回は、「私って歯科衛生士に向いてないかも。」とお悩みの方におすすめな情報をまとめました。上手く乗り越えるためにやるべきことを詳しく解説させていただきますので、現役の歯科衛生士さんで、今の業務に自信を失ってしまった方はぜひ最後までお読みいただけたらと思います。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士は、「歯科診療補助」「歯科衛生処置」「歯科保健指導」などの仕事をします。歯科医のアシスタントや、歯のお掃除や虫歯予防処置、ブラッシング指導などです。歯科衛生士が向いてない人の8個の特徴それでは、歯科衛生士が向いていない人って、どんな人

歯科衛生士が30代で転職する時に気をつけたいことを教えます!悩んでいたら読んでみて

歯科衛生士は、転職先に困らない職業でもあります。年齢を重ねるごとに経験値も増え、即戦力を求めている医院にとっては、30代の転職は有利ともいえるでしょう。しかし、仕事が出来れば、どこでも働けるわけではありません。医院の中には、自分よりも年齢が下のスタッフがいます。同期で就職をすれば別ですが、既存のスタッフの場合は、年齢が下のスタッフとの調和も大事なポイントです。今回は、30代の転職だからこそ、気をつけなければいけない点について、お話していきます。歯科衛生士が30代で転職する人は多い?高校卒業をして、すぐ歯科衛生士専門学校に行き、歯科医院に勤めると20代は、とにかく自身のスキルの向上と知識を増やす

歯科衛生士の仕事に飽きた・・・。他の仕事に転職するならオススメな4つの仕事

ある程度歯科衛生士としてベテランになってきて、毎日充実しているはずなのに、歯科衛生士というお仕事に飽きてきた...患者さんとのコミュニケーションは楽しいけれど、歯を見る以外のお仕事も経験してみたい....そう感じる瞬間がある歯科衛生士は少なくありません。では、他の職業に転職するとき、歯科衛生士で培ったスキルを活かして働くためには、どのような職が向いているのでしょうか?歯科衛生士の仕事に飽きてしまう時ってどんな時?私自身が歯科衛生士として働く中で、飽きてきたな、他の職業も経験してみたいなと思う瞬間は、冬の退勤時です。診療中は忙しくて飽きたと感じる瞬間もなく、時間が一瞬で過ぎ去っていきます。また、

歯科衛生士の仕事で苦労することは何?経験者が乗り越え方も一緒にお話しします!

歯科衛生士は、特殊な仕事です。物相手ではなく人間相手だからです。医療系の職種は、全てがそうなりますが、人間相手だからこそ、苦労することも多いです。また、歯科衛生士は技術職でもありますので、毎日技術の向上に励む必要もあります。では、実際どういう苦労があるのでしょうか?今回は、歯科衛生士を約20年経験した私が感じてきた苦労に関して、詳しくお話していきます。歯科衛生士ってこんな仕事歯科衛生士の仕事は、多岐にわたります。就職先によっても、仕事の内容は変わってきます。開業医の一般歯科だと、基本的には、歯科衛生士の業務全般をこなすことになります。また、その医院の院長の得意分野によっては、認定衛生士の資格取

歯科衛生士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適性の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

今回は、将来は歯科衛生士として働きたい!歯医者のお姉さんに憧れる!と思っている人に向けて、必要な資格や勉強法、適性など歯科衛生士に必要なことをお伝えします。私が実際にどのように職場を見つけたのか、またどこをポイントに職場を決めたらよいのかなど、知っていて損はない話ばかりです。歯科衛生士になるには?それではまず、歯科衛生士にどうしたらなれるのか、何を勉強しておくべきなのかについてご紹介します。歯科衛生士になるために必要な資格は?歯科衛生士として働くには、歯科衛生士国家試験に合格することが必須です。マークシートの回答で、実技試験はありません。受験資格が与えられるのは、歯科衛生士養成学校を卒業した人

歯科衛生士の仕事の休みは多いの?休日のスケジュールや有休や休みの取り方で気を付けること

歯科衛生士の休日事情、気になる方も多いのではないでしょうか。歯科衛生士は働き方によってシフトや休日の組み方が異なります。働く上で、休日が多いか、連休がとりやすいかはとても気になるところですよね。今回は、雇用形態別に歯科衛生士の休日事情やどのように有給を取るのかについてお伝えします。歯科衛生士の休みは多いの?歯科衛生士の休みは、正社員や派遣社員では月8日程度のところが多く、アルバイトでは比較的自由に休みの日数を決められます。では、具体的に勤務形態別に紹介していきます。正社員正社員は基本的に、休診日に加えて1日休みがある場合が多いです。働く歯科医院によっては、その休日にプラスして1日半休が取れると

歯科衛生士は男性でも出来る?その理由と男性ができること、大変だったこととは?

歯科衛生士の男性ってあまり見かけませんよね?昔は法的に男性は無理な職業だったのですが、実は現在、男性でも可能な職業なんです。今回は男性歯科衛生士だからこそ知っておくべき情報をまとめてみましたので、ぜひご覧いただければと思います。女性が多い理由やこの職業の大変な点などを男性目線でお話しさせていただきます。この職業に世の男性が少しでも興味を持っていただければと思います。歯科衛生士の仕事について、おさらいしておこう歯科衛生士は、歯科医師のもと、歯科診療補助、歯科衛生処置、歯科保健指導などの仕事をします。治療のアシスタントや、スケーリングなどの歯のお掃除、ブラッシング指導などの仕事ですね。その他にも歯

歯科衛生士は未経験でも出来る?未経験でもスムーズに仕事に就く方法をご紹介します

歯科衛生士の国家資格は持っているけど、実際に働くのは初めて。歯科衛生士として働こうかな...でも未経験なのに雇ってもらえるのかな...と心配の皆さん。今回はそんなみなさんに向けて、歯科衛生士は未経験でもできるのか、スムーズに就職できるコツやアピールできる経験をお伝えします!歯科衛生士は未経験でもできるの?歯科衛生士養成学校を卒業し、歯科衛生士国家資格に合格して免許を受け取ったからといって、その全員が新卒で歯科衛生士として働きだすとは限りません。在学中に歯科衛生士以外に興味がわくお仕事を見つけて、一応資格だけは取ったけど、全く関係ない職に就く人もいます。そんな人が改めて歯科衛生士として働き始めた

歯科衛生士のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

歯科衛生士の仕事はどんなイメージがあるでしょうか?難しそう・業務内容がきつそう・老若男女と接する仕事だから大変そう・女性ばかりの職場だから人間関係に苦労しそう・・など、マイナスなイメージを持たれる事が多いのかもしれません。しかし、歯科衛生士は、とてもやりがいがある素晴らしい職種なのです。どういったやりがいがあるのか、詳しくお話していきましょう。歯科衛生士の大まかな仕事内容について理解しておこう歯科衛生士は、基本的に歯科医院で働いている人が大半です。歯科医院での仕事の内容は、大きく分けて3つです。1つ目が「診療補助」です。これは、歯科医師の治療の介助、仮歯の作製や型どり、レントゲン写真撮影のセッ

歯科衛生士の悩みで多い6個のこととその解決法。

歯科衛生士の悩みで多いことって、なんだと思いますか?現役の方は今回ご紹介させていただく「悩み」に共感される方も多いのではないでしょうか。人によって、色々な悩みがあるかと思いますが、今回は歯科衛生士の仕事をする上で、技術的なことを中心に様々なことをご紹介いたします。さらに解決法もお教えしますので、悩みを解決させたい歯科衛生士さんは必見です。歯科衛生士の悩みで多い6個のこと歯科衛生士の悩みについて、基本技術的なことを6個ご案内してみますね。歯科医師のアシスタントが上手くできない歯科医師のアシスタントは、うまくできないと先生に注意されることが多いですよね。怒られるとガックリ来ますし、自信をなくしてし

歯科衛生士に高卒でもなれるの?歯科衛生士になるまでの方法やおすすめの就職方法教えます

歯科衛生士はよく聞く国家資格のうちの一つですが、どうやって取得ことが出来るのか疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?「ユーキャンなどの資格サイトで取得できるのかな?」「自分で参考書などを買い、独学で取得することができるのかな?」「専門の学校に通う必要はあるのかな?」「高卒でもなれるのかな?」など様々な疑問があると思いますので今回は歯科衛生士になるためにはどのような方法があるのか、また就職についてもお話しします。歯科衛生士って高卒でも大丈夫?歯科衛生士は高卒でなることは不可能です。歯科衛生士になるためには歯科衛生士養成学校を卒業しなければ国家資格を受験する資格を得ることができません。歯

歯科衛生士の働き方で皆が悩む5個のこととその解決方法

時代が進むにつれ、職業だけでなくその働き方までも自分で選択できるようになってきました。それは歯科医療においても例外ではありません。歯科衛生士として働く上で、働き方が多様化してきたからこそ、働き方自体に悩む場合があります。この悩み、どうやって解決したらいいんだろうと思っているみなさん、今回はみなさんの悩みへの解決方法をお伝えします!歯科衛生士の働き方で皆が悩む5個のこととその解決方法どのような働き方が自分に合っているのか、自分にとって楽に仕事ができるのかという働き方に関する悩みは、自分にぴったり合った職場に巡り合うまで尽きることがありません。歯科衛生士のお仕事自体は好きなのに、働き方への悩みでそ

歯科衛生士の転職を成功させるために!狙い目な歯科医院の4個の特徴と上手に転職するための注意点

歯科衛生士は転職の多い仕事の一つと言われています。実際もその通りだと思います。理由は様々ですが、「人間関係に疲れた、、、」「提示されていた条件とは違いすぎる、、、」「労働条件が厳しすぎる、、、」「体力、精神的にもう限界、、、」という理由が多いのではないでしょうか。今回はその転職について詳しくお話させていただきます。歯科衛生士への転職でおススメ、狙い目な職場の特徴とは? 現在歯科医院はコンビニの数より多いと言われています。そのため歯科衛生士の求人もとても多いです。つまりこちら側が自分の希望する条件を選び放題なのです。その中から狙い目な職場についてお話しします。福利厚生がしっかりとしていること個人

歯科衛生士とはどんな仕事?その仕事内容や役割、なり方など詳しく解説します!

歯科衛生士とはよく聞く職業のうちの一つですが、歯科助手と同じと思っている方も多いです。どこが違うかというと、歯科衛生士は専門の学校に通って「国家試験」を合格しなければなれない難易度の高い職業です。今回はその歯科衛生士になりたいという方に役立つ情報をまとめてみましたので、ぜひご覧いただければと思います。歯科衛生士の仕事内容や求められる資質についてなど、今あなたがやるべき事をしっかりお伝えします。歯科衛生士の仕事とはどんな仕事?歯科衛生士はどのような仕事かと一言で説明してと言われた際いつも考えてしまいます。簡単に言えば歯科医院の看護師です。歯科衛生士が専門的に行う治療もありますし、先生のアシスタン

歯科衛生士と子育ての両立は可能?両立するためのアドバイスをご紹介します

歯科衛生士は、国家資格のためいつでも復帰することが出来るというメリットがあります。しかし、一度歯科衛生士の世界を離れてしまうと復帰するのが難しいと感じてしまう方も多く、現実は歯科衛生士の資格を無駄にしている方もいます。今回は、歯科衛生士の仕事に復職するタイミングの一つでもある子育てとの両立についてお話しします。歯科衛生士の子育てと両立しやすい理由とは?私は現在2歳の子供を育てながら働いていますが、歯科衛生士は子育てと両立しやすいと感じています。その理由をお話しします。女社会のため、子育てに理解が得られる歯科医院は女性が多いため、子育てに理解が得られることが多いです。特に同じように育児をしながら

歯科衛生士におすすめの転職サイト5選。おすすめの理由も紹介します

今回は仕事を辞めたい歯科衛生士のおすすめ転職サイトについてご紹介していきます。女性に人気な職業の歯科衛生士は実は転職率が高いんです。女性が多いという職場なので、育休・産休の制度がある歯科医院が少ないということも背景にあるそうです。そんな、自分のライフスタイルに合う職場を探したい元歯科衛生士の方におすすめな転職サイト5選をまとめてみました。ライオンコーディアルサポートなどの歯科衛生士専用の転職サイトもご紹介していきますので、ぜひ転職の参考にしてみてはいかがでしょうか?歯科衛生士の仕事・種類についておさらいしておこう歯科衛生士は専門の学校に3年間通って実習や勉強をし、国家試験を受けて取得できる資格

歯科衛生士の仕事での人間関係でストレスに感じる4個のこと。その解決方法も合わせて解説します

歯科衛生士が辛いと感じることの一つに職場での人間関係があります。どこの会社でも人間関係の問題はあると思いますが、歯科医院は特に狭い空間で毎日同じ人とコミュニケーションを取るため難しいのではないでしょうか?今回はその人間関係についてお話しします。歯科衛生士のおおまかな仕事内容とは?歯科衛生士とは簡単に言うと歯科医院の看護師です。主に予防歯科を行なっています。プラークと呼ばれる細菌の塊が石灰化したものを歯石と言うのですが、それは歯ブラシで落とすことができないため歯科衛生士が機械を使って落としていきます。そういった定期的なクリーニングや、歯磨き指導、虫歯チェック、歯周病の進行を遅らせるためのアドバイ

歯科衛生士の転職理由には何がある?年収・人間関係・身体的なつらさなど。でもやっぱりやりがいはありますよね!

数ある職種の中でも、就職先に困らないと言われている「歯科衛生士」。しかし、離職率が高いと言われている職種でもあります。歯科医院に勤めている歯科衛生士は、仕事内容に大きな差はないはずなのですが、どうして離職率が高いのでしょうか?今回は歯科衛生士の転職理由について、詳しくお話していきます。歯科衛生士の離職率ってどれくらい?公益社団法人 日本歯科衛生士会の調べによると、常勤・非常勤を含めた歯科衛生士を対象に、「今まで勤務先を変えたことはない」が24.3%。「1回ある」が24.3%。「2回以上ある」が51.4%。となりました。この結果を見ると、歯科衛生士の約7割以上が転職の経験があるということになりま

歯科衛生士になるには?働きながら歯科衛生士になる方法、注意点などご紹介します

今の時代資格があればな、、、と社会に出てみて思うこともあると思います。4年間大学に通い就職してみたものの、辞めてしまい手に職がないと復帰するときに難しいと痛感し、資格が欲しいと感じる方も多いですね。歯科衛生士はそんなときにもってこいの資格です。私も歯科衛生士の資格を持っていますが初めに言われるのが「資格を持っているのは強いよね」ということです。今回は働きながらでも歯科衛生士の資格を取得する方法、歯科衛生士が活躍している仕事場についてのお話します。まずは歯科衛生士の資格について紹介します歯科衛生士と言われてもピンとこない方もいると思います。歯科衛生士について簡単に説明します。歯科衛生士とはどんな

歯科衛生士バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

歯科衛生士というお仕事はフルタイムの正社員だけでなく、アルバイトという形でも働くことができます。結婚や出産で1度は離職してしまったけど、一生ものの国家資格を活かして働きたいという方におすすめなバイトです。歯科衛生士のアルバイトについて、仕事面や収入面での違いや募集事項で注目すべき点を解説します。歯科衛生士バイトはどんな仕事?歯科衛生士のバイトはフルタイムの歯科衛生士と勤務形態が異なるだけで仕事は変わりません。歯科衛生士国家資格を持った人のみがおこなうことができるアルバイトです。歯科衛生士としてフルタイムで働くことが難しい人のために短時間でも働けるように、また常勤の歯科衛生士の穴が開く時間帯を埋

歯科衛生士になるには資格は必要?国家試験の勉強法や就職先・募集状況についても教えます!

最近では虫歯の治療を行う一般的な歯科医院のほかに、ホワイトニングやインプラント治療など専門に特化した歯科医院が増加しています。また、人々の口腔ケアへの意識も高齢化とともに高まってきました。その流れの中で今、歯科衛生士というお仕事の需要が高まり注目されています。今回は、そんな歯科衛生士ってどんなお仕事をしているの?歯科衛生士になるにはどんな資格がいるの?どんな事を勉強しておいたらいいの?といった疑問に、基本的なことからお答えしていきます。歯科衛生士というお仕事に少しでも興味があるなら必読です。歯科衛生士ってどんな仕事をするの?まず歯科衛生士のお仕事内容について簡単に説明します。歯医者さんに行くと

歯科衛生士の面接で聞かれる7個のことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

歯科衛生士学校に通っていたり、なんとなく興味を持っていて、実際に働いてみようと考えている方がいらっしゃるかもしれませんね。それでは、採用面接ってどんな感じなのでしょうか?ちょっと気になりますよね。今回は採用面接について、解説いたします。歯科衛生士の仕事内容まずは歯科衛生士の仕事内容って、どんなものかおさらいしましょう。働く場所にもよりますが、歯科衛生士の大多数が働いている歯科開業医の場合、「歯科診療補助」、「歯科予防処置」、「歯科保健指導」を中心に仕事をします。歯科医の診療アシスタントの仕事や、歯石や歯の汚れを取る仕事、歯磨きの仕方などをご案内する仕事ですね。歯科衛生士の採用面接で聞かれる7個

歯科衛生士の将来性とは?私が考えるこの仕事をずっとやっていたいと思う、待遇やお給料面での理由

歯科衛生士は、国家資格を必要とするプロフェッショナルなお仕事で、安定感があることから年々人気が高まっている仕事の1つです。今回は歯科衛生士の将来性について待遇やお給料の面から、私が考えるこのお仕事をずっとやっていたいと思う理由について詳しく解説していきます。歯科衛生士の仕事内容は?まず、歯科衛生士の仕事内容について簡単に説明します。診療補助歯科衛生士ときくと、歯医者でドクターの隣にいる女性を思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。これは診療補助といって、診療中のドクターに器具を渡したり、バキュームで患者さんの唾液を吸ったりする仕事です。なお、この仕事については一部について歯科助手もでき、国家資

歯科衛生士の仕事内容や向いている人の特徴

「歯科衛生士」って、どんな仕事をしている人でしょうか?歯科医師のとなりでアシスタントをしている人?歯石を取る人?歯科衛生士に興味があったり、憧れがある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、歯科衛生士の仕事内容や向いている人の特徴など解説したいと思います。歯科衛生士の大まかな仕事内容歯科衛生の仕事内容は、大きく以下の内容に分けられます。(但し、歯科医院によっては多少異なります)診療補助業務予防処置業務保健指導業務器具の消毒・滅菌、材料に関しての管理、その他雑務受付業務となります。歯科衛生士の仕事は大きく5個の役割に分けられる 診療補助業務主に歯科医師のアシスタントに付き、治療を進めて